考え あぐね る。 「考えあぐねる」とは?意味や使い方をご紹介

メンマの名前の由来|丸松物産株式会社

考え あぐね る

自分の考えていることや感情について周りの人に伝えることのできる大人になるのは、重要なことと言えます。 なぜなら、自分の率直な意見について周りの人に伝えることができないのであれば、場合によっては、何も考えていない人とみなされてしまう可能性もあるからです。 そのような事態を避けるためにも「考えております」というフレーズを使えるようになる必要があるでしょう。 ただこのフレーズを使えるようになることが目標なのではなくて、正しい言葉遣いや敬語で「考えております」というフレーズを使いこなすことができなければなりません。 そのような目標を達成するためにも、この記事から「考えております」の意味や使い方、正しい敬語表現の作成の仕方について詳しく理解することができるでしょう。 今後の生活に役立つ情報を見つけることができるはずです。 「考えております」の辞書での意味 「考えております」を正しい仕方で使ったり、敬語表現で言い換えて他のフレーズを作成したいのであれば、まず最初に「考えております」の正しい意味について理解しておく必要があるでしょう。 意味を理解することのできていないフレーズを使いこなすことはできませんから、必要最低限の知識ということができるでしょう。 辞書などで調べてみると「そのことについて、心を知的に使って判断する」という意味が「考えております」に含まれていることがわかります。 簡単に言うのであれば、ある特定の内容についてよく考えながら判断している事を表現することのできるフレーズであることがわかります。 思考が伴うことのない感情も存在しますが「考えております」というフレーズを使うことによって、思考の伴う感情を表現することが可能になります。 なんだか「考えております」には、難しいイメージを持ってしまうのではないでしょうか。 敬語「考えております」の使い方 「考えております」の正確な意味について理解することができていたとしても、この言葉を会話の中で使うことは難しいとされています。 なぜなら、意味を理解しているだけでは、自分の会話の中で「考えております」を使うことができないからです。 「考えております」を会話で使用するためには、いろんな種類の「考えております」の敬語について精通する必要があるでしょう。 敬語の種類 ある人たちは敬語は1つしかないと考えています。 そのような人たちは、自分が学んだ数少ない敬語を会話の中で何度も使うことによって、自分の考えを適切に表現することができていると感じています。 自分が上手に周りの人に意見を伝えることができていると感じていたとしても、周りの人も同じように感じているとは限りません。 場合によっては、同じような敬語が何度も使われていることから、違和感を感じたり、自分の語彙の少なさに悪いイメージを持ってしまう可能性があります。 そのような事態を避けるためにも「考えております」の敬語表現について詳しく紹介します。 考えています 例えば「考えております」を「考えています」という敬語表現に言い換えることができるでしょう。 相手に伝えることができる意味は、ほとんど同じです。 そのため「考えております」という表現を使いたいと感じた時には「考えています」も使えることがわかります。 使い方 普段の会話の中で「考えております」を使うことは難しいです。 「考えております」の敬語が使われているフレーズに精通していたとしても、それなのフレーズを使うことのできる状況を理解していなければ、普段の会話に取り入れることはできないでしょう。 より実用的な知識を増し加えるためにも「考えております」の使い方を詳しく紹介します。 職場の同僚や目上の人と会話をしている時にも使うことのできる、実際的なフレーズを見つけることができるでしょう。 そのことについて 「考えております」をそのまま使ったとしても問題はありません。 正しい敬語なので、自分と会話をしているのが職場の上司であったとしても、不快に感じてしまうことはほとんどないでしょう。 それでも「考えております」をどのようなフレーズと組み合わせて使うことができるのか理解することは非常に重要です。 例えば「そのことについて」と組み合わせながら「考えております」を使用して、別の敬語表現を作成することができるでしょう。 実際的なフレーズ 簡単に言うのであれば「そのことについて、今も考えております」という敬語表現を作成することができます。 誰かとある特定の内容について話し合っているとします。 その人と話し合った内容について、忘れることができず、他の日も同じ内容について考え続けてしまっているとします。 そのような時に「そのことについて、今も考えております」という敬語表現を使うのであれば「この前話したことを今も考え続けています」という意味を会話をしている相手に対して伝えることが可能になります。 非常に便利なフレーズと言えるのではないでしょうか。 履歴書での使い方 履歴書の中で使うことのできる文章はたくさんあります。 それでも、履歴書の中で使われている敬語が誤りなのであれば、履歴書を読んでいる人は悪いイメージを持ってしまうに違いありません。 自分の希望する会社に就職することができるように努力することができますが、正しい敬語を使うことは必要最低限のスキルと言えるでしょう。 実際、履歴書の中で使われている敬語が原因になって、内定をもらうことができれば、もらうことのできない場合もあることでしょう。 自分の人生を左右しかねない履歴書をしっかり書くことができるためにも「考えております」の敬語表現を詳しく紹介します。 全身全霊を尽くしたいと考えております 場合によっては「全身全霊を尽くしたいと考えております」という敬語表現を履歴書の中で使用することができるでしょう。 「考えております」という言葉が使われることによって、将来どのようなことをしたいと願っているのかを伝えることができます。 すでに就職しているにもかかわらず「考えております」という敬語表現を使うのであれば、今、努力をしていないというイメージを与えてしまいかねません。 しかし、就職する前の段階である履歴書の中で「考えております」を使うのであれば、相手に違和感を与えることはほとんどありません。 現時点での自分の希望を表現しているに過ぎないからです。 むしろ「考えております」という敬語表現が使われていることに、好印象を抱いてくれる人がほとんどと言えるでしょう。 ビジネスでの使い方 友達との会話と同じようにビジネスの場面で使用することはできません。 もし、ビジネスの場面で正しい敬語を使うことができなければ、自分だけではなくて、自分の会社のイメージを下げてしまうことになります。 そのような失敗を犯さないためにも「考えております」の敬語表現を、どのようにしてビジネスの分野で使うことができるのか詳しく紹介します。 普段会社に勤めていて、取引先の人と会話をすることの多い人にとって有益な情報を見つけることができるでしょう。 考えておりますが 例えば「考えておりますが」という敬語表現を使用することができるでしょう。 「考えております」とほとんど同じ意味を伝えていることになりますが、使われ方が違うということができるでしょう。 どういうことかと言いますと「考えております」は文章の最後に使われるのに対し「考えておりますが」は文章の前半に使用することができる敬語です。 例文としては「来月行いたいと考えておりますが、いかがでしょうか」という敬語使われている質問を作成できます。 「考えておりますが」で文章を終わらせていないので、他の質問や、考えを1つの文章で表現することが可能になります。 時間がないときなどに、まとめて自分の考えを表現しなければならないことになりますが、そのような時に非常に便利な敬語表現ということができるでしょう。 メールでの使い方 普段の会話で正しい言葉遣いをすることのできる人であったとしても、メールの中で誤った敬語表現を使ってしまう人もたくさんいます。 理由は単純で、会話と同じフレーズをメールの中で使ってしまっているからです。 非常に難しいメールの中の文章であったとしても「考えております」の敬語表現をどのようにして使用することができるのでしょうか。 「検討します」で代用することも 場合によっては「検討します」という敬語を使用することができるでしょう。 「考えております」という言葉では伝えることのできない、真剣な思いや考えを含んでいるフレーズと言えるでしょう。 何かの深刻な問題について、考えるように依頼されたとします。 そのような時に「検討します」という敬語表現を使うのであれば、その問題について、自分自身も深刻に受け止めている事を表現することが可能になります。 敬語「考えております」の例文 「考えております」の敬語表現が使われている例文をたくさん記憶することができれば、結果として、自分の言葉のバリエーションを増やすことができるでしょう。 そのような、語彙の豊富な大人になることができるように「考えております」の別の敬語表現の例を紹介します。 考えています 例えば「考えております」を「考えています」と言い換えることが可能になります。 「しっかり考えています」と言うのであれば、思考の伴った判断を下している事を表現することができるでしょう。 主語の部分に、自分や友達の名前をつけることによって、第三者がしっかりと考えている事を表現することもできるでしょう。 丁寧語 丁寧語について理解することは基本中の基本です。 敬語の中でも、比較的リーズナブルに使われている文法になるからです。 結論から言うのであれば「考えております」はすでに丁寧語になりますので、正しい敬語であることがわかります。 「考えております」と「思っております」の敬語の違いとは? 「考えております」と「思っております」には、違いがあります。 「考えております」には、思考が伴っているので、知的な考えを表現することが可能になります。 では「思っております」には思考が伴ってないことになるのでしょうか。 「思っております」という敬語が使われている場面で、必ずしも思考が伴っていないことにはなりませんが、場合によっては思考のない感情が表現されていることになります。 「非常に残念に思っております」という敬語によって、残念に感じている事を表現することができていますが、よく考えていることは表現できていません。 思考について重きを置いて表現したいのであれば「非常に残念だと考えております」という敬語表現を使用することができるでしょう。 この2つの表現を使い分けたいのであれば、自分の表現したい考えが知的なものか感情的なものかを分析する必要があります。 「考えております」の敬語で思考力をアピールする 自分がいろんなことを頭を使いながら考えていたとしても、そのことについて上手に周りの人に伝えることができなければ意味がなくなってしまいます。 もちろん、思考力を働かせた恩恵を自分自身が受けることができますが、周りの人からは、何も理解をしていない人とみなされてしまう可能性があるでしょう。 そのような悲しい状況を避けるためにも「考えております」の敬語表現を使うことは非常に重要と言えます。 実際のところ「思っている」という言葉をいつも使っているのであれば、感情で会話をしていると捉えられてしまう可能性もあります。 悪い方向に勘違いされないためにも「考えております」の敬語表現を積極的に自分の会話の中で使うようにしていきましょう。 そのようにすることによって、自分の思考力を周りの人に対してアピールすることができるようになるはずです。

次の

ズボラ主婦でも味決まる!黒瀬のスパイスを使ったレシピ8選

考え あぐね る

年末近くになると,大学のパソコン室は卒論を書く学生でいっぱいです。 私もデータを計算する合間に,そんな学生たちを眺めていたのですが,ふと面白いことに気付きました。 かわるがわる頭をかくのです。 初め,みんな風呂に入ってないのかと思いましたが,かきながら,「ああ,もうわかんない」などとつぶやく人も多いので,かゆいからではなく,困ったから頭をかいているのでしょう。 でも,困ると頭をかくのはなぜでしょうか。 A.菅原健介 英語にも,「scratch one's head」とか,「scratching head」 などの表現があり,ちょっと困ったり,考えあぐねたりしたときのしぐさを示します。 少なくとも,日本人だけの習慣ではないようですね。 では,なぜ困ったときに頭をかくのでしょうか。 今のところ,明快な定説はないようです。 そこで,頭をカキカキしながら,次のような答案を作ってみました。 刑事ものの番組で,よく捜査会議のシーンが出てきます。 容疑者の顔写真などとともに,聞き込みなどで得られた情報が黒板にびっしり書かれています。 刑事たちは情報と情報を線で結び付けたりしながら推理を進めていきます。 このように,物事を「考える」とは,すでに知っている情報の断片と断片をつなぎ合わせながら,新たな関係性や意味を見いだしていく作業です。 そのために,とりあえずいくつかの情報を目の前に並べておく必要があるわけです。 時々,私たちもメモ帳などを使い,いろいろ書き込みながら考え事をすることがありますが,実際にメモを使わなくても,私たちが考える際には頭の中でメモ帳を広げているのです。 メモ帳の役割をするのが「作業メモリー」などと呼ばれるものです。 しかし,この容量には限界があるため,あれこれと考えているうちに,頭の中のメモ帳が書き込みでいっぱいになり,考えが先に進まなくなることがあります。 「困ってしまう」とはこのような状態をさします。 ここから脱却するためには,メモ帳から不要な書き込みや線分を消して,すっきりさせた状態から再スタートする必要があるのです。 まずは目下の課題からいったん注意を逸らせなければいけません。 気晴らしに散歩やゲームもいいでしょう。 しかし,それでは時間がかかりすぎます。 もっと手っ取り早く,ほんの少しだけ複雑な思考活動から解放される方法は,何か無意味な日常動作を行うことです。 「頭をかく」などはもってこいのしぐさです。 もちろん,かくのは頬でも耳でも構いませんし,どこかをかかなくても,指で机を叩くのでも,鉛筆をぐるぐる回すのでもよいわけです。 卒論を書きながらの無意味な動作,それらは,執筆を進めるために頭の中の不要なメモを懸命に消している姿ではないでしょうか。 そう思うとどこか健気な感じがしますね。 すがわら けんすけ 聖心女子大学文学部教授。 専門は,社会心理学。 主な著書は,『人はなぜ恥ずかしがるのか』(サイエンス社),『羞恥心はどこへ消えた?』(光文社)など。 心理学ワールド第49号掲載 (2010年4月15日刊行).

次の

【あぐねる】の例文集・使い方辞典

考え あぐね る

「考える・考えている」の正しい敬語変換について紹介していきます。 こういった敬語変換は以外に思うかもビジネスシーンでも間違えて使われていることが多いようです。 間違えないためにも「考える・考えている」の尊敬語変換をマスターしましょう。 考える行為を「お考えになる」、考えて察する行為を「ご高察になる」と使い分けます。 その他応用の使い方と常套句としての使い方も確認してみましょう。 「考える」を相手の方に使う場合の尊敬語は… 「考える」を相手の方に使う場合の尊敬語に変換すると、 「お考えになる」 「ご高察くださる」になります。 この機会に「考える」の尊敬語の正しい変換を覚えておきましょう。 なお、「考えてください」というのは命令形なので、目上の方に「考えてください」と使うのは失礼にあたりますので、考えてくださいの尊敬語はありません。 考えてくださいのかわりに「ご検討くださいませ」といった言葉を使いましょう。 「考える」を尊敬語にした際の例文 「お考えになる」を使わずに目上の方の考えをうかがう場合の別の表現例。 教えを乞う気持ちを言葉に表すのがポイント。 「考え」に「お」をつけて丁寧語に。 「もらう」も尊敬表現に変えますのでここがポイントです。 」 「ご高察」はお断りの常套句としても 使われる丁寧な言い方です。 次は、「考える・考えている」を謙譲語へ変換してみましょう 上記では、「考える・考えている」の尊敬語でしたが、次は「考える・思う」の謙譲語になります。 この謙譲語は自分をヘリくだして、相手を持ち上げる言い方になりますので、そのポイントを知っておきましょう。 「考える」の謙譲語変換を確認してみましょう。 普段あまり口にする事がない「拝察する」の使い方や、自分が思うという意味の場合の「存ずる」についてもあわせて確認してみましょう。 「考える」の謙譲語は… 自分が考えるという意味の「考える」の 謙譲語として、 「考える」 「拝察する」 「愚考する」 というのが、「考える」の謙譲語になりますので、しっかりと変換した言葉をおさえておきましょう。 また、相手の状態を推察する場合と、相手の気持ちを思い遣る場合の2種類があります。 後者の場合は、お悔やみ状の中でよく用いられる変換なのでおさえておきましょう。 「考える」を謙譲語にした際の例文 ここで、「考える」を謙譲語にした際の例文をみていきましょう。 「拝察」「愚行」は手紙などで使うことがある程度です。 」 「思う」と「考える」を同じ意味合いで使う場合 さらに、「考える」を「思う」の意味で使う場合、「存じます」も使えるでしょう。 「存じます」は、「思う・思います」という意味の敬語表現で、「思う」の謙譲語「存じる」に丁寧語の「ます」が付いた形ですが、「存じます」は、目上の人やお客様など敬意を払うべき人に対して「思う」ときにも使います。 例えば… 「私もそのように存じます。 」 「お食事をお出ししたいと存じますが、よろしゅうございますか。 」なども違和感なく使えるでしょう。 「考える」を「思う」という意味合いで使う場合は「存じます」と使う、と覚えておきましょう。 二重敬語となる誤用例や少し変わった変換の例 よく使ってしまう誤用例「お考えになられる」を挙げてみました。 又、2つの言葉を使って謙譲語として使う場合の変換例もまとめてみました。 尊敬語「お考えになる」の誤用例とは… 尊敬語「お考えになる」の誤用例です。 「この問題について、どうお考えになられますか?」は間違いです。 ここでは、尊敬語の「~られる」が加わり 二重敬語のようになっていますので正しい敬語とは言えません。 例えば… 「この問題について、どのようにお考えに なりますか?」や、もっとシンプルに丁寧語を使って「この問題について、どのようにお考え ですか?」「この問題について、どのようにお考えでしょうか?」といった表現にしましょう。 尊敬語よりも丁寧語のほうがよい場合もあるのです。 少し変わった変換をした言い方とは… 「考える」の尊敬語・謙譲語には「考える」+に「いる」の謙譲語「おる」を加えて「考えておる」とする使い方もあります。 例えば 「お考えになる」 「ご高察なさる」 「考えておる」 「拝察する」などもありますので、こういった使い方も覚えておきましょう。 ビジネスシーンでよく使われる「考える・思う」の敬語表現はしっかり覚えておこう! 今回は、考えるという言葉を敬語 尊敬語・謙譲語・丁寧語 に変換する正しい方法と、「思う」についての敬語表現についてもみてきました。 「考えている」「考えてください」などよく使う言葉の敬語のマナーは、ビジネスシーンにおいてとても重要ですが、難しいマナーでもなります。 「考える」の敬語変換での、二重敬語など間違って使っている社会人もいますので、そういった正しい言葉遣いができるだけでも、好印象になる時代とも言えます。 この際にしっかりと敬語 尊敬語・謙譲語・丁寧語 などの正しい言葉遣いを身につけておきましょう。

次の