ペルシアン 弱点 サカキ。 【ポケモン剣盾】ペルシアンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

サカキとバトル!出したポケモンと倒したポケモンは?報酬は?

ペルシアン 弱点 サカキ

「ストーンエッジ」は消費エネルギーが多いのでシールド破壊には向かないが、EPTの高い「ロックオン」で 短いスパンで連発可能だ。 ドラゴン技はペルシアンに等倍相性だが、DPTが高い「りゅうのいぶき」でゴリ押ししつつ、省エネの「ドラゴンクロー」で シールド破壊も余裕で、2番手がガブリアスの場合はそのまま投入できる。 W耐性とはいえ、技の性能が良くないのでギリギリの戦いになることもあるだろうが、シールド破壊とペルシアン撃破の役割は遂行可能。 悪やフェアリーには耐性を持つが、フェアリーが弱点となるので、こちらも シールドを温存せずに使って良いだろう。 耐久性は若干劣るが、省エネのスペシャル技「ブレイズキック」によりシールド破壊はしやすい。 ただし、 地面技が弱点になるので2番手にまで出張るのは難しくなってる。 バシャーモと同じく地面技が弱点ではあるが、攻撃力が上がった状態であれば、 被弾を最小限に抑えながら突破するポテンシャルを持つ。 「れいとうパンチ」を解放しておけば2番手のカバルドン対策にも。 レガシー技の「ハイドロカノン」を覚えていない場合は、次戦のライコウ戦にも使える「じしん」でも良いが、ゲージ技の発動による硬直頻度が下がるので安定性も下がる。 単純に高い種族値の伝説ポケモンなので、ゴリ押すことができるだろう。 「ゆきなだれ」はカバルドンに効果抜群なので、ハガネールでなかった場合も様子見や、そのまま勝ちにいくこともできる。 グラードンと同じく高種族値なので、等倍相性の通常技であっても受けながらゴリ押し可。 「ソーラービーム」が一発でも当たればほぼ勝ち確定なので、ペルシアンでシールドを使わせておこう。 地面技にも耐性があるので、ドダイトスが「どろかけ」を使ってきても問題ない。 タイプ一致の弱点タイプで攻撃できる。 「でんきショック」のEPSが高いので硬直を狙いやすい。 「りゅうのいぶき」は相性等倍であるものの、与ダメージ効率がとても高い技。 シールドがないと厳しい戦いになるのは他と同様だが、あれば安定して勝つこともできる。 通常技は効果抜群タイプではないものの、省エネの草技「リーフブレード」がささる。 ゲージ技の使用スパンは長く、通常技は効果抜群ではないが、それだけでも十分エンテイのHPを削れる。 最大CPが3000にも満たないため、育成不足の場合は他のポケモンで少しでもエンテイのHPを削っておきたい。 攻撃力ダウンは4回で下限に達するので、それ以降は余裕があれば少し威力が高い「みずのはどう」がおすすめ。 ラグラージを投入する前に他のポケモンでHPを減らしておかないと、シールドが残っていても厳しい面があるため、交代硬直も狙うのがおすすめ。 サカキのライコウ対策 サカキの場合も他のリーダー対策の例にもれず、1番手のペルシアンでシールドを使わせるのがセオリー。 なお、ここではギラティナをパーティーにいれていますが、ペルシアンが「だましうち」型の場合はシールドを使わせるのもままならないので、その場合は カイリキーやルカリオなどで入り直しましょう。 キングラーへは素早くゲージ技を使用でき、硬直を狙いやすいジュカインがおすすめ。 キングラーは危なげなく攻略できるものの、続くエンテイには相性不利。 そのまま瀕死になるまで戦うのではなく、 交代して硬直を狙うと良いでしょう。 最後のエンテイは高火力高耐久なため、弱点を狙うのはもちろん、炎技に耐性を持つポケモンで必ず戦いましょう。

次の

『ペルシアン』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

ペルシアン 弱点 サカキ

GOロケット団のボス、サカキとのバトルが始まりました。 第一戦がペルシアン、最終戦がフリーザーと固定しているので他の幹部よりは対策がしやすい印象です。 私は残念ながら未プレイ。 みんなの対戦動画を広い集めて勉強したいと思います。 GOロケット団用ポケモンとして話題になっているルカリオ、メルメタルなどはどれぐらい使えるんでしょうか。 それではどうぞ。 「いわなだれ」を4発撃ててますね。 シールドは1回使用し、ペルシアンのいかさま(あく)をブロック。 なかなかのカチカチ具合でいい感じです。 メルメタル。 *いわ技は最終戦フリーザーがこおり&ひこうで二重弱点ですので重宝しますよ。 バンギラス・ラグラージ・メルメタル(サカキ二匹目サイドン) やっとこさサカキ様と対戦できました!サカキ様カッコイイ! — まりえ maremarri 1戦目:ペルシアンVSバンギラス バンギラス(あく&いわ)がけっこう削られてますね。 ペルシアン(ノーマル)の技1はひっかく(ノーマル)でしょうか。 だましうち(あく)ならバンギラス(あく&いわ)がダメージ軽減できたのでしょう。 かみくだく(あく)を1発撃ってシールドを使用させ、2発目を撃てずに引っ込むことになります。 次に登場したラグラージ(みず&じめん)がペルシアンのじゃれつく(フェアリー)をブロック(1回目) 次にペルシアンがラグラージのハイドロカノンをブロック(2回目) もう一度ハイドロカノン発動でペルシアン撃破。 ラグラージの体力は6割強。 2戦目:サイドンVSラグラージ ランダムの2匹目はサイドン(じめん&いわ)。 サイドン登場と同時にハイドロカノンがチャージ完了。 このチャージの速さがすごすぎますね。 このラグラージの技1、マッドショットなんですがゲージを貯める能力に優れているんですよね。 EPTと言いますが、これが高いとスペシャルアタックを早く撃てます。 サイドン(いわ&じめん)に対しては本来ならみずが二重弱点(2. 56倍)なのでみずでっぽう(みず)で攻撃すべきですが、ハイドロカノンを撃つ目的なら1. 6倍ダメージのマッドショット(じめん)のほうが良いということになります。 この動画でも2発目のハイドロカノンまであっという間ですね。 3戦目:フリーザーVSメルメタル そういえばメルメタルのでんきショックもEPTが高いですね(4. 50)。 すぐにいわなだれ(いわ)がチャージされ、フリーザー(こおり&ひこう)に大ダメージ。 二重弱点なので2. 56倍です。 いわなだれを2発撃ち、残りをでんきショックで削り終わりそうですが耐えられましたね。 でんき技もひこうにばつぐん(1. 6倍)なので効いてはいるんですが。 フリーザーがげんしのちから(いわ)を撃ってきてそれをブロック(シールド2回目)。 最後にもう一発いわなだれを撃ってフィニッシュです。 後半戦は余裕のある戦いになりました。 ルカリオ・ラグラージ(3匹目未使用)サカキ二匹目サイドン レイド終わってから急いでしたっぱ12人とアルロとクリフを倒してサカキ撃破!!! ラグラージゲーだわ — 🍁🍠HASESHYO🍠🍁 524731shotaday 1戦目:ペルシアンVルカリオ ルカリオは珍しいかくとう&はがねタイプ。 さらに攻撃色の上がるグロウパンチは貯まりも早いです。 一戦目がペルシアン(ノーマル)確定なので、かくとう技はばっちり。 *GOロケット団のクリフが一匹めにニャース確定でこれもノーマルタイプなのでルカリオは重宝されています。 ルカリオはかくとう&はがねタイプなのでペルシアンがひっかく(ノーマル)、だましうち(あく)を使ってこようが0. 625倍にダメージを軽減。 あくがかくとうにいまひとつ、ノーマルがはがねにいまひとつだからですね。 動画ではペルシアンを倒したあと、サイドンにグロウパンチを2発撃っています。 これはルカリオを使いたくなるはずです。 ちなみにサイドンはいわ&じめんタイプですが、技1はどろかけ(じめん)といわくだき(かくとう)です。 どちらもルカリオの弱点となります。 動画ではどろかけなので1. 6倍のダメージを受けているはずですが、グロウパンチの出が早すぎてどろかけ撃ててないですね。。 2戦目:サイドンVSラグラージ サイドンをルカリオがほぼ削り切っているのでラグラージはマッドショット(じめん)だけで倒しています。 サイドンがいわタイプなのでじめん技がばつぐん(1. 6倍)になりますね。

次の

【ポケモン剣盾】ペルシアンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ペルシアン 弱点 サカキ

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 名前 ゲージ数 威力 DPS 硬直時間 発生時間 70 35. 00 2 1. 7 80 27. 59 2. 9 1. 95 90 31. 03 2. 9 1. 00 0. 7 0. 73 2. 2 1. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 70 1. 56 45 - 80 1. 33 60 - 90 1. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし ペルシアンの進化系統.

次の