朝 イチ ゆっきー。 【目指せ万枚】せいっせいやーー!! 朝イチから嬉しい物が☆

Unbreakable

朝 イチ ゆっきー

さぁ、スタート時間になりました。 いよいよ本日のティオフです。 空はどこまでも青く、爽やかな風がティーグラウンドを吹き抜けていきます。 でも、初心者のあなたにはそんな余裕などありません。 朝の1番ティには順番待ちの後続組が続々と集まってきました。 空気がピンと張り詰めています。 ドキドキと波打つ心臓の鼓動が、周りに聞こえるのではないかというほど緊張してきました。 自分でも素振りがぎこちなく感じて、なんとか まっすぐ飛んでくれないかと祈るような気持ちになりますね。 ではこんな時、どうやったら 大ミスをしないで 無難なショットを打てるかという方法をわかりやすく解説しましょう。 朝の第一打は誰でも似たような気持になるものですが、初心者とベテランは少し違います。 その違いはこんな時の 「考え方と対処法」を知っているかいないかです。 ゴルフは技術を知識が補うもの、では ~上手に打てる朝イチショット~の解説を始めます。 「緊張」を味方につけるためには 朝イチの出だしから、大勢のギャラリー(?)の前で トップしたりダフってチョロしたくない、いやいや空振りするのではないかという不安さえ脳裏を過(よぎ)ります。 ミスした人がよく口にする言葉に 「緊張して体が動かなかった」といいます。 気持ちは十分伝わりますが、もうすこし「緊張」の正体がわかっている人は心の余裕が違い、その わずかな知識の差がボールをまっすぐ飛ばしてくれます。 ゴルフは「メンタル」がプレーヤーに大きな影響を与えていることは間違いない事実です。 朝イチのショットに限りませんが、ゴルフでは「緊張」と「自信」というふたつの相反する意識が常にせめぎ合っています。 ミスしたくないという意識が強いほど、中枢神経が筋肉を硬化させ「緊張」を呼びさまします。 半面、「自信」という意識がその「緊張」を和らげています。 初心者は緊張感90%対自信10%という構図で、ベテランほど数値が反転します。 経験値が違うのですからある程度仕方のないこと、最初は 「初心者だからミスしてもいいんだ」くらいに考えたほうがベターです。 自信は 『知識と経験(練習)を積む』ことで徐々に育ってきます。 ゴルフは知識を身につけないまま、 運動神経に頼ったり上手い人の見よう見まねで上達はしません。 朝イチのティーショットをまっすぐ飛ばすには、学んだ知識をもとに『何も考えなくてもスイングできるようになる』、それまでの練習量と経験を積み上げれば誰でもできるようになります。 それでは上達するための基本ステップを理解したところで、朝イチのショットをまっすぐ飛ばすためのアドバイスを3点ご紹介しましょう。 いかに初心者といえど、ここさえ抑えておけば知識が緊張を大きくカバーしてくれます。 朝イチのショットをまっすぐ飛ばすための3つのポイント 以下の3つのポイントを学んで実践すると、一気にミスが少なくなります。 <ポイント-1>自分のルーティーンをキッチリ守ること ルーティーンという言葉を聞いたことがあると思います。 ショットに入る前のイメージ作りから、アドレスに入るまでの動作を毎回変えることなく流れ作業のように繰り返すことをルーティーンといいます。 ではわかりやすく一例を書きましょう。 ティーを刺してボールを乗せる• 2~3歩その後方に行き、ターゲット方向をクラブのシャフトを使って確認する• その場で素振りを二回する• スッとボールに向かって立ったらそのまま澱みなくスイングします これが一連のルーティーンで、わずか30秒程度の作業になります。 人間は行動を体系化し、流れを作ることで 余計な思考を排除できます。 さらに「発達心理学」では、同じ行動の繰り返しが思考回路の発達を促進することが証明されています。 ゴルフは特に 自分を機械化することで強い安心感が生まれるものです。 朝イチのショットに限らず、ボールをまっすぐ飛ばすには日頃の練習から自分のルーティーンを決めておきましょう。 <ポイント-2>いつもよりゆっくり振る 朝イチのスイングを見ていると、 初心者の80%以上は「早打ち」しています。 冒頭に書いた緊張感がプレッシャーになり、早くこの仕事を済ませたい…という気持ちにさせるからです。 ここは逆に常日頃の練習の振り方より、遅すぎるんじゃないか?というほどゆっくりしたバックスイング、止め過ぎではないかというほどのトップを保ちます。 こうすることで脇の締まったダウンスイングと、落ち着いてしっかりしたインパクトができます。 <ポイント-3>一点集中、「ヘッドアップしないこと」以外は考えない 初心者の方で、 アドレスしたポーズのまま固まってしまう人を見かけます。 体は止まっていますが、頭の中は練習場で覚えたチェックポイントが高速回転しているせいでしょう。 そもそも人間は複数のチェックポイントを、一度に考えれば考えるほど良い結果が出なくなります。 朝イチでまっすぐ飛ばすコツは構えたら思考を 「ヘッドアップ」一点に絞ることです。 もちろんヘッドアップ以外でも「自分の癖」をしっかりと理解している方は他の項目でも良いですが、肝心なところは 「ただ一つの事を考える」ことです。 目の前のボールに集中することで意外と簡単にうまくいきます。 そのクラブで本当にいいの? 上記3つのポイントを踏まえたうえで、一番重要なことをお伝えします。 それは 「朝イチから250ヤードのショットが必要なのか」を自分に問いかけることです。 これから約100回もボールを打つことになる最初の1打です。 気持ちよくビッグドライブが出ればその日がハッピーな気分になれるかも知れませんが、 もし失敗したとしたらどうでしょう? 残り99打への影響は大いにあるでしょう。 それにまだ体が温まっていない状態で、 果たしてどのくらいの確率でナイスショットが生まれるのか? いきなりベストショットが打てるのなら苦労しませんよね。 「まずは肩慣らし」というぐらいの気持ちで、自分が一番自信のあるクラブを持ってティショットに向かうこと が安定した朝イチショットを生む一番の秘訣です。 たとえそれが7番アイアンであっても全然問題ありません。 朝イチショットのまとめ 偉大なプレーヤーでさえこんなことを書き残しているのですからね。 この言葉を覚えておくと、朝イチのショットであなたに 安心感を与えてくれます。 プロのツアーで69勝した人も緊張するのです。 気楽にいきましょう。

次の

【質問】朝一スロットのハイエナ狙い台が微妙な場合ガッツリ並びますか?毎日朝イチからだと疲れませんか?

朝 イチ ゆっきー

さぁ、スタート時間になりました。 いよいよ本日のティオフです。 空はどこまでも青く、爽やかな風がティーグラウンドを吹き抜けていきます。 でも、初心者のあなたにはそんな余裕などありません。 朝の1番ティには順番待ちの後続組が続々と集まってきました。 空気がピンと張り詰めています。 ドキドキと波打つ心臓の鼓動が、周りに聞こえるのではないかというほど緊張してきました。 自分でも素振りがぎこちなく感じて、なんとか まっすぐ飛んでくれないかと祈るような気持ちになりますね。 ではこんな時、どうやったら 大ミスをしないで 無難なショットを打てるかという方法をわかりやすく解説しましょう。 朝の第一打は誰でも似たような気持になるものですが、初心者とベテランは少し違います。 その違いはこんな時の 「考え方と対処法」を知っているかいないかです。 ゴルフは技術を知識が補うもの、では ~上手に打てる朝イチショット~の解説を始めます。 「緊張」を味方につけるためには 朝イチの出だしから、大勢のギャラリー(?)の前で トップしたりダフってチョロしたくない、いやいや空振りするのではないかという不安さえ脳裏を過(よぎ)ります。 ミスした人がよく口にする言葉に 「緊張して体が動かなかった」といいます。 気持ちは十分伝わりますが、もうすこし「緊張」の正体がわかっている人は心の余裕が違い、その わずかな知識の差がボールをまっすぐ飛ばしてくれます。 ゴルフは「メンタル」がプレーヤーに大きな影響を与えていることは間違いない事実です。 朝イチのショットに限りませんが、ゴルフでは「緊張」と「自信」というふたつの相反する意識が常にせめぎ合っています。 ミスしたくないという意識が強いほど、中枢神経が筋肉を硬化させ「緊張」を呼びさまします。 半面、「自信」という意識がその「緊張」を和らげています。 初心者は緊張感90%対自信10%という構図で、ベテランほど数値が反転します。 経験値が違うのですからある程度仕方のないこと、最初は 「初心者だからミスしてもいいんだ」くらいに考えたほうがベターです。 自信は 『知識と経験(練習)を積む』ことで徐々に育ってきます。 ゴルフは知識を身につけないまま、 運動神経に頼ったり上手い人の見よう見まねで上達はしません。 朝イチのティーショットをまっすぐ飛ばすには、学んだ知識をもとに『何も考えなくてもスイングできるようになる』、それまでの練習量と経験を積み上げれば誰でもできるようになります。 それでは上達するための基本ステップを理解したところで、朝イチのショットをまっすぐ飛ばすためのアドバイスを3点ご紹介しましょう。 いかに初心者といえど、ここさえ抑えておけば知識が緊張を大きくカバーしてくれます。 朝イチのショットをまっすぐ飛ばすための3つのポイント 以下の3つのポイントを学んで実践すると、一気にミスが少なくなります。 <ポイント-1>自分のルーティーンをキッチリ守ること ルーティーンという言葉を聞いたことがあると思います。 ショットに入る前のイメージ作りから、アドレスに入るまでの動作を毎回変えることなく流れ作業のように繰り返すことをルーティーンといいます。 ではわかりやすく一例を書きましょう。 ティーを刺してボールを乗せる• 2~3歩その後方に行き、ターゲット方向をクラブのシャフトを使って確認する• その場で素振りを二回する• スッとボールに向かって立ったらそのまま澱みなくスイングします これが一連のルーティーンで、わずか30秒程度の作業になります。 人間は行動を体系化し、流れを作ることで 余計な思考を排除できます。 さらに「発達心理学」では、同じ行動の繰り返しが思考回路の発達を促進することが証明されています。 ゴルフは特に 自分を機械化することで強い安心感が生まれるものです。 朝イチのショットに限らず、ボールをまっすぐ飛ばすには日頃の練習から自分のルーティーンを決めておきましょう。 <ポイント-2>いつもよりゆっくり振る 朝イチのスイングを見ていると、 初心者の80%以上は「早打ち」しています。 冒頭に書いた緊張感がプレッシャーになり、早くこの仕事を済ませたい…という気持ちにさせるからです。 ここは逆に常日頃の練習の振り方より、遅すぎるんじゃないか?というほどゆっくりしたバックスイング、止め過ぎではないかというほどのトップを保ちます。 こうすることで脇の締まったダウンスイングと、落ち着いてしっかりしたインパクトができます。 <ポイント-3>一点集中、「ヘッドアップしないこと」以外は考えない 初心者の方で、 アドレスしたポーズのまま固まってしまう人を見かけます。 体は止まっていますが、頭の中は練習場で覚えたチェックポイントが高速回転しているせいでしょう。 そもそも人間は複数のチェックポイントを、一度に考えれば考えるほど良い結果が出なくなります。 朝イチでまっすぐ飛ばすコツは構えたら思考を 「ヘッドアップ」一点に絞ることです。 もちろんヘッドアップ以外でも「自分の癖」をしっかりと理解している方は他の項目でも良いですが、肝心なところは 「ただ一つの事を考える」ことです。 目の前のボールに集中することで意外と簡単にうまくいきます。 そのクラブで本当にいいの? 上記3つのポイントを踏まえたうえで、一番重要なことをお伝えします。 それは 「朝イチから250ヤードのショットが必要なのか」を自分に問いかけることです。 これから約100回もボールを打つことになる最初の1打です。 気持ちよくビッグドライブが出ればその日がハッピーな気分になれるかも知れませんが、 もし失敗したとしたらどうでしょう? 残り99打への影響は大いにあるでしょう。 それにまだ体が温まっていない状態で、 果たしてどのくらいの確率でナイスショットが生まれるのか? いきなりベストショットが打てるのなら苦労しませんよね。 「まずは肩慣らし」というぐらいの気持ちで、自分が一番自信のあるクラブを持ってティショットに向かうこと が安定した朝イチショットを生む一番の秘訣です。 たとえそれが7番アイアンであっても全然問題ありません。 朝イチショットのまとめ 偉大なプレーヤーでさえこんなことを書き残しているのですからね。 この言葉を覚えておくと、朝イチのショットであなたに 安心感を与えてくれます。 プロのツアーで69勝した人も緊張するのです。 気楽にいきましょう。

次の

【目指せ万枚】せいっせいやーー!! 朝イチから嬉しい物が☆

朝 イチ ゆっきー

突発性虚血心不全で死去 11月15日、滝口さんのブログにて「ご報告」というタイトルにて滝口さんの訃報が知らされました。 滝口さんは、13日の未明に突発性虚血心不全で突然この世を去ることになってしまいました。 以下、滝口さんのブログからの引用です。 皆様へ 誠に突然のことでございますが、弊社所属の滝口幸広が2019年11月13日未明、 突発性虚血心不全のため永眠致しました。 (享年34歳) 通夜、葬儀につきましては、ご家族の意向を尊重し、 近親者のみで執り行なわせていただきます。 これまで温かく応援してくださったファンの皆様ならびにお世話になった関係者の皆様へ、ご報告致しますとともに厚く御礼申し上げます。 2019年11月15日 株式会社スターダストプロモーション より引用 死因となった突発性虚血心不全とは? 滝口さんの死因と言われる突発性虚血心不全は、突然死の原因で最も多いと言われる心不全の一種です。 狭心症や心筋梗塞なども突発性虚血心不全に含まれるものであり、突然死の場合は検査などをする前に亡くなってしまうので、はっきりと診断がつかない場合が多くあります。 そのため、突然死の多くが突発性虚血心不全、もしくは突発性虚血心疾患と言われます。 実際に、滝口さんの周囲からは「元気だったのに」「突然のことで何も考えられない」という声が聞こえてきます。 死亡の原因は、冠状動脈という心臓の血管が狭窄や閉塞を起こし、心臓に血液が供給されなくなって止まってしまうことです。 この病気になりやすい人は、高血圧・糖尿病・高脂血症、そしてストレスをかかえている人もかかりやすいそうです。 ハマインのCMやミュージカル、料理でも活躍! 滝口幸広さんといえば、ミュージカル「テニスの王子様」を思い浮かべる人が一番多いのではないでしょうか? 大石秀一郎役を見事に演じ切り、その後も多くのミュージカルを中心に活躍してきました。 また、静岡県の浜名湖自動車学校のCMには、2009年から現在までの約10年間出演しており、東海地方では「ハマインの人」という認識が広がっています。 滝口さんの特技が料理ということで、調理師免許も取得。 そのため、『得する人損する人』(日テレ)ではウル得マンタロウとして時短料理を紹介しました。 NHK『あさイチ』では2012年~現在まで料理コーナーのアシスタントとして出演しており、ゆっきーの愛称で親しまれていました。 突然の訃報に衝撃を隠せない人々の声 15日放送のNHK『あさイチ』では、一番に訃報として滝口さんのことを取り上げました。 ニュースを読んだ近江友里恵アナは、まだ心の整理ついていないと語っています。 急な訃報にファンも動揺を隠せず、悼む声が上がっています。 エーステ秋単独から"滝口幸広"の名前とビジュアルが消えるの嫌だからスクショしてきた…たっきー…ご冥福をお祈りします。 そう、ハマインの滝口先生です。 13日に34歳の若さで永眠されました。 ハマインのCMでたっきーが復活した時は嬉しかったなぁ。 もう続編も見られないと思うと悲しいです。 滝口さんのご冥福をお祈りしながら 仮面ライダードライブ2話を今から見たいと思います。 月1回、「夢の3シェフ競演」コーナーでアシスタントとしてレギュラー出演していた滝口さん。 番組ではゆっきーの呼び名で親しまれていました。 もしかすると、テレビで滝口さんを観られるのは、ハマインのCMとこの追悼企画が最後になるかもしれません。 まだまだこれからという年齢での突然の訃報、滝口さんのご冥福をお祈りします。

次の