ダンゴムシ 大量 発生。 ダンゴムシが大量発生する原因とは?ダンゴムシの習性を知って対策しよう!

ガーデニングの天敵?ダンゴムシの3つの対策

ダンゴムシ 大量 発生

家庭菜園にダンゴムシが大量にいました。 3年ほど家庭菜園をしていますが、 なす・キュウリにダンゴムシがついていたのは今年が初めてです。 毎年畑でダンゴムシを見ることはあっても、 植えたものにアブラムシのようにびっしりとついていたのは初めてです。 キュウリの葉が明らかに食べられていたので、やはり害虫になるのでしょうか? 駆除した方がいいのでしょうか? 花壇のビオラ付近にもたくさんいて、花がぼろぼろです。 これもダンゴムシなのかなと思っています。 以前質問してナメクジと言われましたが、ナメクジよりダンゴムシが大量で・・・。 花にももちろんついています。 子供が大好きなダンゴムシですし、 濡れ衣だと書かれていた方もいました・・・。 でも、せっかく植えたのに全部食べられてしまっては 本末転倒と言いますか・・・。 害虫か否かを教えて頂けると嬉しいです。 また害虫の場合、農薬を使わず駆除する方法も教えて頂けると嬉しいです。 基本的には害虫ではないのだが、条件によっては害虫になることもあります。 と言うのは、ダンゴムシは雑食性だが、生きている植物は好みません。 が、他の昆虫などの食害で葉が傷つくとそこが腐り、腐り始めると腐った部分に集まって食べるのだが、食べた後は更にそこが腐るので、結果的に食害が出るのです。 なので、健全な葉では食害は起きないのです。 ビオラの花の食害も同様で、何らかの原因で花弁が傷つき、そこが腐り始めることによって食害が始まるのです。 キュウリやナス葉が食害を受けることもあるようだが、たぶん地面に近い部分だけだと思いますよ。 薬を使わずに駆除するのは困難だが、餌となる枯葉や落ち葉をまめに掃除すれば数は減るはずです。 ただ、春の花が終わる今頃は、ダンゴムシの最も繁殖率が高いので、駆除は困難でしょう。 明らかに害虫ですよ。 「作物に害をなす虫」は例え普段益虫であっても害虫です。 ダンゴムシは確かに有機物の分解者ですが、実は畑にはいてもいなくても大して変わりありません。 むしろいる事による食害の方が大きいです。 いなくてもおいしい野菜ができます。 特に種を蒔いた後、発芽直後の苗を食べてしまいます。 酷いときには全滅に近い被害を受けます。 農薬と言っても「食べさせて殺す」ものがほとんどです。 毒餌を皿などに乗せて、夕方から明け方までおいておけば、それを食べたダンゴムシが死にます。 水やりや邪魔ならその皿を移動させればいいだけです。 農薬ですので基本的には使用法が正しければ野菜に影響はありませんし、毒性を気にすることもありません。 毒餌を撒くので直接植物にかかりませんし、毒の成分は土に混ざるとわりと早く分解してしまい、土に残ってそれがまた植物に吸収されることはほとんどありません。 プランターや花壇なら土に蒔かずに通路とかプランターの下に毒餌をセットします。 夜間にのこのこ毒餌に誘われていきます。 少し穴を掘れるのなら、穴を掘ってコップを埋めます。 要するに落とし穴。 コップはロウに内側を塗ってあるような紙コップやプラの新しいよく滑りそうなコップ。 それを口元まで埋めて、落とし穴にします。 餌には生ゴミでいいのですが、カボチャが使いやすいと聞いたことがあります。 餌として使えるものはダンゴムシのいるところに幾つか候補を並べておいて夜見に行けばどれが人気があるかわかります。 しかし、うじゃうじゃいるダンゴムシは想像以上にキモイですよw.

次の

ダンゴムシが大量発生!駆除すべき?お酢とかコーヒーって効くの?

ダンゴムシ 大量 発生

指などでカラダをつつくとまん丸になるユニークな特徴で、子どもたちに人気の愛されキャラとも言える「ダンゴムシ」。 人に危害を加えることもなく、落ち葉などを食べて土壌を豊かにしてくれる益虫としての一面を持つ一方で、大切に育てている花や野菜、苔などを食べてしまうといった困った一面もあります。 そこで今回は、そんなダンゴムシの生態や習性について解説するとともに、大切な作物を守るための対策について紹介していきます。 正式名称は「オカダンゴムシ」ムシとつくけれど虫じゃない? 丸まった姿がお団子に似ていることからその名がついたと言われるダンゴムシですが、正式名称は「オカダンゴムシ」。 名前に「ムシ」とついているものの、実はエビやカニなどの仲間で、生物分類学上では節足動物の中の甲殻類に分類されています。 世界共通の学名は「Armadillidium vulgare」といい、同じように危険を感じると体を丸くする「アルマジロ」の名がついています。 アルマジロの語源となったスペイン語の「Armado」には「武装した」という意味があるようです。 よく見かけるのは「オカダンゴムシ科」のダンゴムシ 日本で生息するダンゴムシの種類は、大きく 「オカダンゴムシ科」「コシビロダンゴムシ科」「ハマダンゴムシ科」の3つに分けられます。 その中でもよく見かけるのが「オカダンゴムシ科」に属する「オカダンゴムシ」と「ハナダカダンゴムシ」です。 実はこの2種類は外来種で、一説によると明治時代に船の積み荷に乗ってきたと言われています。 オカダンゴムシ科のダンゴムシは世界に広く分布し、その種類は地球上では約300種、国内では約50種と推定されています。 しかし、ダンゴムシについてはまだまだ分かっていないことが多く、その他の種類についてはまだそれほど確認されていないようです。 ダンゴムシの生態や特徴 庭や公園などにあるちょっと大きな石をひっくり返してみると、わりと簡単にダンゴムシを見つけることができます。 このように人間の生活圏に暮らす身近な生き物なのに、まだまだ知られていないダンゴムシ。 その生態について見ていきましょう。 特徴・形態 ダンゴムシの最大の特徴は体をまん丸にすることができるということ。 これは外敵から身を守るためと言われています。 のろのろした印象がありますが、ダンゴムシは本来夜行性で、夜になるとわさわさと活動的に動き回ります。 夜行性の理由については、昼間は石の下などに隠れていることで天敵(鳥、トカゲ、カエル、クモ、ムカデなど)から身を守るとともに、日光による水分の蒸発を防ぐためと言われています。 ダンゴムシ(大人)の体長はおよそ1cm。 体は14の大節からできています。 1節:頭(触覚、口、目がついています)• 2~8節:胸(1節ごとに1対の足がついています)• 9~13節:お腹(生殖器、呼吸器官、尻尾肢がついています) また、ダンゴムシは成長の過程で脱皮を数回行います。 脱皮した抜け殻はカルシウムが豊富なため、脱皮したあと自らが食べてしまいます。 ダンゴムシに似た姿形をした生き物でワラジムシがいます。 同じく「等脚目」に属する仲間ですが、ワラジムシはダンゴムシのように体が丸まることはありません。 生息場所 湿った場所を好み、落ち葉や枯れ葉の下、石の下や木の根元、最も身近な場所ではプランターや植木鉢の下などの ジメジメした場所で見つかることもあります。 活動時期 一年を通して見かけることができるダンゴムシですが、活動時期はだいたい2月~11月くらいと言われています。 寒い時期には地中に潜ったり、石の下などでひっそりと冬眠します。 4月~9月に繁殖期を迎え、一度の繁殖で数十から数百の幼生を産みます。 ダンゴムシの寿命はおよそ2~4年と言われています。 ダンゴムシの良いところ、悪いところ まずはダンゴムシの良いところから見ていきましょう。 こちらはなんと言っても冒頭でも述べた通り 土壌を豊かにしてくれるという点です。 ダンゴムシは枯れ葉などを食べることで土の中の有機物を分解しやすい状態にしてくれます。 また、ダンゴムシの糞を微細昆虫が食べることでも土が豊かになります。 悪いところは、 植物の葉や茎(特に新芽)、根っこなどを食べてしまう点です。 大切に育てた花や野菜をダメにしてしまうため、ガーデニングをされる人にとって、ダンゴムシ=害虫と思っている人が多いようです。 ダンゴムシが大量発生する原因は? ダンゴムシが大量発生する原因のひとつとして考えられているのが、そこがダンゴムシにとって過ごしやすい場所であるということです。 主食となる落ち葉、湿気を含んだ土、大好物の作物の新芽など、ダンゴムシにとって快適な環境が整えばそこは最高の住処となります。 また、ダンゴムシは一度の繁殖で数十から数百の幼生を産むため、心地よい住処で繁殖期を迎えるとダンゴムシが大量発生する原因となります。 ダンゴムシの駆除・退治方法 ここでは大切な作物にダンゴムシが発生した場合の駆除や退治の方法について紹介します。 落とし穴を仕掛ける ダンゴムシを大量捕獲する方法として「落とし穴」を仕掛けるというのがあります。 用意するのは、ジュースなどの空き缶と、エサとなる野菜の余りなど。 ダンゴムシはコーヒーの臭いを嫌うため、コーヒーの空き缶はおすすめしません。 <落とし穴の作り方> (1)ジュースなどの空き缶の上部を切り取ります。 (2)缶の中にエサとなる野菜など入れ、ダンゴムシがいる場所に埋めます。 この際、切り口が地面より低くなるように埋めます。 (3)エサにおびき寄せられてダンゴムシが缶の中へ。 一度落ちると上がってくることはできません。 酢や木酢液を散布する 酢の臭いを嫌う虫は多く、ダンゴムシも同様にこの臭いを嫌います。 そこで、 酢を水で5%くらいに薄めたものをスプレーボトルにつくって散布します。 また、ガーデニングでよく使われる木酢液を散布するといった方法もあります。 木酢液を使用するときは水で200~500倍に薄めて散布します。 濃いめのコーヒーを散布する 濃いめのコーヒーを冷ましてからスプレーボトルに入れて、そのまま吹きかけるという方法もあります。 注意すべきは、コーヒーはシミになりやすく植物や野菜に色がつく恐れがあるという点です。 スプレーした付近がコーヒーで汚れる可能性が高いため、拭き掃除も忘れずに行うようにしましょう。 もう1点、コーヒーがらを撒くのはNG。 ダンゴムシはコーヒーの臭いは苦手でもコーヒーがらは大好きという変わった特徴があります。 殺虫剤を使用する 確実にダンゴムシを仕留めたいなら殺虫剤の出番です。 ダンゴムシの駆除用としてもさまざまなタイプが販売されています。 殺虫効果があるため、ペットや小さなお子さんがいるご家庭では十分注意が必要となります。 スプレータイプ ダンゴムシの体に直接スプレーするため、確実かつ即効性の高い殺虫剤です。 粉末タイプ 庭などに撒くとその部分がバリアのようにダンゴムシの侵入を防いでくれる長期型の殺虫剤です。 玄関などに撒けば家の中への侵入を防ぐことができます。 誘引タイプ エサとして食べさせて駆除するタイプの殺虫剤です。 粒状やペレット状の薬剤をダンゴムシが出現しそうな場所に撒いて使用します。 山のように盛っておけば目印にもなるので、こうした使い方もおすすめです。 フマキラーでは、ダンゴムシに効果のあるスプレータイプ・粉末タイプ・誘引タイプの園芸用殺虫剤を多数取り揃えております。 100種以上の虫に効く「」や 5種のおいしいエサを独自にブレンドし、優れた誘引力を発揮する「」など用途に合わせた園芸用殺虫・殺菌剤をお選びいただけます。 ダンゴムシの予防・対策 ダンゴムシが生息する場所はダンゴムシにとって住み心地がいい場所と言えます。 つまり、ダンゴムシが住みにくい環境とすることこそ、ガーデニングの花や野菜を守るための第一歩と言えます。 落ち葉や枯れ葉を取り除く 大切に育てている花や野菜に良いとされる環境は、ダンゴムシにとっても住みやすい環境です。 特に落ち葉や枯れ葉はダンゴムシの大好物。 少しでもダンゴムシによる作物の被害をなくすためにも、 落ち葉や枯れ葉はこまめに掃除して風通しのいい環境をつくっておくようにしましょう。 ジメジメした場所をなくす ダンゴムシは湿った土が大好きです。 晴れた日が続くと土の表面は乾燥していきますが、少し大きな石をひっくり返すと湿気を含んだ色の違う土が現れます。 そして、そこにはかなりの確率でダンゴムシの姿も…。 こうした石のほかにも野積みにされた瓦の下や、庭先に置きっぱなしのバケツやプランターの下などはとてもジメジメしているので、こまめに移動させることも大切です。 土を掘り起こして、表面を乾燥させる 土の表面が乾燥していても少し掘ると湿気を含んだ土が現れます。 そこで、ダンゴムシが出現する付近の土を掘り返して、下のほうの湿った土を乾燥させます。 少し手間のかかる作業ですが、こうすることでダンゴムシが好むジメジメした場所を減らすことができます。 ハーブで忌避させる 虫を駆除する方法としてハーブが用いられるケースがあります。 スペアミントは石の下などに隠れている虫を這い出させる効果があるなど、まさにダンゴムシの駆除にはもってこいです。 ペパーミントでも同様の効果が期待できます。 ラバンジンというハーブにはダンゴムシの定着阻害効果があり、シナモンは近寄ってきた虫を引き帰らせる効果が期待できます。 また、ハーブとは異なりますがマリーゴールドは除虫菊花植物としてダンゴムシを近寄らせない効果が期待できます。 ダンゴムシを忌み嫌わず、上手に付き合う気持ちも大切に ダンゴムシは屋外であれば比較的どこでも見かけることのできる存在です。 そのため、一時的に駆除したとしても、またすぐに姿を現す可能性があります。 大切に育てている花や野菜などに良いとされる環境は、ダンゴムシにとっても住みやすい環境です。 また、ダンゴムシは土壌を豊かにしてくれる益虫としての一面も持ち合わせており、生態系のバランスを考えた上でも、ダンゴムシと上手に付き合っていくのも大切なことと言えます。

次の

ガーデニングの天敵?ダンゴムシの3つの対策

ダンゴムシ 大量 発生

「ダンゴムシ」の生態 ダンゴムシは日本に広く生息する生き物で、人間が霊長目に分けられるのに対して等脚目に分けられます。 等脚目の中でもダンゴムシはダンゴムシ化に属します。 日本に生息するダンゴムシは ・オカダンゴムシ科 ・コシビロダンゴムシ科 ・ハマダンゴムシ科 の3種類で、最もよく見かけるダンゴムシは「オカダンゴムシ」です。 見た目がよく似た「ワラジムシ」は別の種類で、ワラジムシ科に属します。 ワラジムシは触っても丸くなりません。 ダンゴムシは 夜行性で夜になるとウロウロと餌やメスを探して動き回ります。 昼間の大半は寝床に隠れています。 明るいうちに触ったりいじったりすると、驚いて丸まってしまいます。 この 丸くなる形状は防御の姿勢で、体内の水分が蒸発するのを防ぐ役割もあります。 ダンゴムシの良い特徴と嫌な特徴 嫌われがちなダンゴムシにも良い特徴があります。 少数のダンゴムシがいる状態であれば、庭の枯葉を食べて糞を排出します。 その糞をダンゴムシよりも小さな虫が食べて、結果として 土の質が良くなる一因になります。 しかし、ダンゴムシが大量発生すると話は異なります。 ダンゴムシに対して枯葉などの餌が少ないと、芽吹いたばかりの新芽や葉を食べてしまいます。 庭に植えていた植物の葉を食べられるなどの被害が発生します。 ダンゴムシは湿った苔を好むため、苔を庭に配置している家庭や苔を趣味として嗜む人にも被害が多いです。 苔を楽しむ人にはダンゴムシ対策が重要です。 何より、ダンゴムシの見た目を苦手とする人が多く、特に大量にいると気持ちが悪いものです。 ダンゴムシは少数ならば気にならない共存相手ですが、大量発生すると駆除したくなる生き物です。 広告 殺虫剤不要の駆除方法 殺虫剤は匂いが残ったり、人間の健康への影響が気になりますよね。 ダンゴムシを駆除したいけれど殺虫剤を使いたくない、手元に殺虫剤がない場合の駆除の仕方を紹介します。 薄めたお酢を撒く スプレーボトルに酢を水で薄めたものを入れます。 濃度は20倍程度に薄めるのが適切です。 酢のスプレーをダンゴムシが発生している場所全域に吹き付けてしばらく待ちましょう。 ダンゴムシは酢のツンとした匂いが苦手なので駆除に役立ちます。 酢ならば匂いが短時間でなくなり、人間への影響もありません。 家の中にダンゴムシが出た時にも使えます。 何より家庭にいつでも置いてある調味料ですから、気になった時にすぐに駆除できるのが便利です。 木酸液を撒く 炭を焼く際に発生する副産物です。 煙のような強い匂いで、ダンゴムシへの効果が高い液体です。 匂いがきついので屋外での使用が適しています。 ホームセンターや園芸用品店で販売しています。 コーヒーを撒く インスタントコーヒーを濃く作り、スプレーボトルに入れて散布します。 コーヒーの香りなので人間には良い香りです。 酢の匂いが苦手な人でも使いやすいでしょう。 屋内でも使えますが、撒いた後にコーヒー色のシミができてしまいます。 水拭きすればすぐに取れるので、拭き掃除の前にやれば簡単です。 もちろん屋外なら色を気にせず撒けますよ。 餌でダンゴムシを集める ダンゴムシが既に大量にいる場合は餌となる植物などを設置して、一度にたくさん集めて駆除しましょう。 ・刈った後の草 ・わら ・かぼちゃやにんじんなどの野菜 ・湿らせた段ボール ダンゴムシの餌になるものを庭や掃除しやすい場所に設置し、ダンゴムシが集まるのを待ちます。 わらわらと集まってきたら、木酸液などで弱らせて一度に回収します。 ダンゴムシの被害を防ぐには? ダンゴムシの被害を予防するには、家の周りに枯葉を溜めないこと、家の中への侵入口を塞ぐことが効果的です。 湿った葉を減らす ダンゴムシは湿った場所が大好きで、乾燥する場所は好みません。 湿った落ち葉や植物、石の下などに集まるので、枯葉を減らすとダンゴムシの予防になります。 長く伸びた草を刈るのも良いです。 また、庭や家の通気を良くし、湿った場所を作らないことも大切です。 鬱蒼と茂る葉をスッキリさせ、風通しを良くしておけばダンゴムシの繁殖を防げます。 隙間を塞ぐ ダンゴムシは様々な隙間から家の中に入ってきます。 窓の隙間・縁側・収納の隙間など、隙間が空いている部分を塞ぎます。 窓サッシであれば専用のウレタンも売っています。 隙間風の防止にもなるので、寒い時期には一石二鳥です。 また、隙間が空きやすい部分に、酢や木酸液を予めスプレーしておくのも効果的です。 これはワラジムシの予防にもなりますよ。

次の