コロナ 陰謀。 ビル・ゲイツの陰謀|新型コロナを予言した意味、そして人類削減計画関与の真相に迫る

新型コロナウイルスは人工的な生物兵器?陰謀論で片付けられない特殊性と迫る政変=斎藤満

コロナ 陰謀

米国や世界の大部分で新型コロナウイルスの感染拡大を遅らせる取り組みが本格化する中、ウイルス関連の陰謀論が盛り上がっている。 具体的には、5G技術が新型コロナと関係があるという誤った陰謀論だ。 5Gの陰謀を何年も吹聴している陰謀論者の影響も手伝い、暗がりから騒がしい主流へと顔を出した。 新型コロナに関する基本的な医学的事実については科学的なコンセンサスが得られているが、研究者らはなお、5カ月前には誰もその存在を知らなかったウイルスに関して研究を続けている。 情報不足と言える状況は、通常インターネットの周辺部に追いやられているアイデアが、パンデミックに関する言説に幅広く忍び込むチャンスとなる。 前例のない世界的なヘルスクライシスの危険な特徴だ。 偽情報が含まれるオンライン上の会話を監視するAI企業のによると、陰謀論は通常、周辺部のグループにとどまっているが、流行の間にすばやく主流に移った。 新型コロナの偽情報に関する同社の報告によると、この不確実な時代には「普段とは異なり、陰謀的な考え、噂、警告、パニックが主流として受け入れられる」。 現在世の中にみられる偽情報の動きを説明する現象だ。 同社は「周辺部の流言」がインターネットの端から主流に移動するまでに通常6〜8カ月かかると見積もるが、新型コロナ感染拡大後は3〜14日となっているようだ。 「現在のインフォデミックでは、陰謀論やその他の形の誤った情報が前例のない速度でインターネットに広がっている」とYonderの最高イノベーション責任者であるRyan Fox(ライアン・フォックス)氏はTechCrunchに語った。 同氏は、誤った情報が広がる際に「非常に熱心な個人で形成される小グループ」が非常に大きい影響を及ぼす傾向があり、「5G陰謀説」もそうだと考えている。 新型コロナに関する5G陰謀説は目新しいが、5Gに関する陰謀論そのものはそうでもない。 「QAnon(Qアノン)やAnti-Vaxxers(ワクチン反対派)などのオンライングループ由来の5Gに関する偽情報は数カ月前から存在していたが、新型コロナとの関連で急速に主流になっている」とフォックス氏は述べる。 の報告によると、誤った「新型コロナ5G原因説」の種がまかれたのは、5G技術が健康に危険をもたらしウイルスに関連している可能性があると示唆した1月下旬のベルギーの医師とのインタビュー記事だった可能性がある。 インタビューから間もなく、オランダ語を話す反5G陰謀論者たちがこの理論を取り上げ、すでに他の5G陰謀説が流布していたFacebookページやYouTubeチャンネルを通じて広まった。 その過程のどこかで、携帯の電波塔に者が英国で現れ始めた。 政府当局者はウイルスに関する誤まった情報に関連した行為だと考えている。 だが電波塔は明らかに間違った標的だ。 「英国では5Gの導入が遅れているため、破壊された塔の多くに5Gは入っておらず、攻撃によって3Gと4Gの機器が損傷しただけだ」とThe Guardian(ガーディアン紙)が。 今週、陰謀論は主流になり、俳優のなどの真に受けた有名人の間で勢いを得ただけでなく、彼らのTwitterとInstagramの大勢のフォロワーに対して偽の5G陰謀説を広げることになった。 Twitterを少し検索すると、陰謀に関して豊富なバリエーションがいまだに流布しているのがわかる。 「5Gが武漢で最初にテストされたことは誰もが知っている。 偶然ではない!」と、あるTwitterユーザーが主張する。 「5Gは最初武漢で、その後他の主要都市で設置されている。 偶然?」と別のユーザーが聞く。 過去にも5Gに関する偽情報を助長する材料は多く存在した。 昨年ニューヨークタイムズがように、ロシアの国営メディアRTアメリカは、5Gと健康について警告する情報を2018年に放映し始めた。 RTアメリカは昨年5月までに、5Gに関して実証されていない主張を特集した7つのプログラムを放映した。 その中には、5Gの電波塔が鼻血、学習障害、さらには子供のがんを引き起こす可能性があるとの内容もあった。 今人気がある5Gに関するデマは、可能性があるが、詳細はすぐには判明しないと思われる。 ソーシャル分析会社のGraphikaは以前、5G関連の陰謀論に関する調査で、5Gに関するオンライン上の会話のが健康への影響に焦点を当てていることを発見した。 この種の陰謀を共有するアカウントは、反ワクチン、平らな地球、ケムトレイルに関して誤った情報を主張するアカウントと重なっている。 5G新型コロナ陰謀説は離陸したばかりだが、オンライン上を駆け巡るパンデミック関連の偽情報として最近唯一のものとはとても言えない。 危機の早い時期から、偽の治療法や予防的な手当てに関する情報が詐欺師らに稼ぐ機会を提供していた。 ソーシャルメディア企業がこの上なく誤った情報を取り締まるを発表した後でも、詐欺や陰謀論は依然としてAIの目を盗んで表に出てくる余地がある。 一部の詐欺師はYouTubeで、自動システムに警告する「コロナウイルス」といった、ウイルスを防げるとうたう粉末サプリメントのような製品を販売している。 人間のモデレーターらがとなった今、YouTubeやその他のソーシャルプラットフォームはこれまで以上にAIに依存している。 ソーシャルネットワークは、インターネット上を漂う新型コロナ偽情報の多くを早く拡散した一因だと思われるが、すべてがそれで説明できるわけではない。 Twitter、Facebook、YouTubeはすべて、2018年にInfowarsの創設者であり著名な陰謀論者であるAlex Jones(アレックス・ジョーンズ)氏をプラットフォームに出入り禁止としたが、同氏は自身のサイトで販売する製品が新型コロナの予防または治療に使えるという誤った主張を展開している。 その主張は非常に危険なためFDA(米食品医薬品局)が、ジョーンズ氏に製品販売を中止するように警告する書簡を発行した。 FDAが引用したInfowarのビデオでは、新型コロナを心配する視聴者に「Infowarsストアに行って、免疫システムを強化し感染を撃退するために本当に機能する『銀貨』を少しだけ選ぶ」よう促している。 新型コロナが引き起こした日常生活の混乱が今後も続く可能性が高いことが明らかになった今、新型コロナに関する陰謀論や詐欺もまた留まりそうだ。 最終的には壊滅的なウイルスに対抗するワクチンが広く接種されることになるだろうが、から予見できることがあるとすれば、ワクチンでさえオンライン上の陰謀家にとっての格好の餌食になる可能性が高い。

次の

新型コロナ感染症:「陰謀論」を信じる人は「感染防止の社会規範」を守らない:COVID

コロナ 陰謀

もくじ• 新型コロナウイルスに関連する6つの陰謀説 今回の新型コロナウィルス騒動において、信ぴょう性が高いと思われる陰謀説は以下の6つです。 中国人スパイ陰謀説• イルミナティ陰謀説• ビル・ゲイツ陰謀説• 安倍晋三首相陰謀説• 東京オリンピックの中止を狙った陰謀説• 中国の武漢研究所から新型生物兵器が漏れたとされる説 一つづつ見ていきます。 中国人スパイ陰謀説 まず一つ目が「中国人スパイ陰謀説」です。 2020年現在、世界中で蔓延しているのは新型コロナウィルスなのは皆さんもご存じの通り。 ですが、コロナウィルス自体は以前から存在し、2013年にも流行の兆しがありました。 (その際のコロナウィルスを旧コロナウイルスと呼びます) 旧コロナウィルスは研究の過程で、オランダからカナダの「NML研究所」へ運び込まれました。 NML研究所は「カナダ国立微生物研究所」と呼ばれ、世界各国で致死率の高い、エボラ出血熱、MERS、SERS、コロナウイルスなどを管理・研究している実在する研究施設です。 カナダ唯一のバイオセキュリティーレベル4の研究所で、上記のような危険度の高いウイルスを用いた様々な実験を(なかには動物実験も)行われているとされてます。 NML研究所には中国人研究者も多数参画しています。 この中国人研究者の中に、中国の「生物兵器戦争プログラム」に関与している人物がスパイとして送り込まれていたという噂が存在するのです。 ちなみに、この生物兵器戦争プログラムに関わっているとされる研究所は中国国内で複数存在するのですが、その一つが「武漢ウイルス学研究所」です。 そして、事件は2019年3月に起こります。 NML研究所から非常に毒性の強いウイルスが運び出され、中国に持ち込まれたという噂が飛び交ったのです。 調査の結果、この事件に大きく関与していたのがNML研究所に勤務していた中国人エージェントによるものと判明しています。 中国に持ち込まれた非常に毒性の強いウィルスは武漢に持ち運ばれ、武漢ウィルス研究所で生物実験をしていたという説がこの中国人スパイ陰謀説の骨子となる部分です。 武漢ウイルス研究所から、新型コロナウイルスの感染源であるとされる武漢海産物市場はわずか20マイルほどの距離しか離れていません。 あくまで一つの陰謀論ですが、カナダのNML研究所から非常に毒説の強いウイルスが中国人の手によって持ち出されたのは紛れもない真実。 皆さんはこの一連の出来事をどうとらえますか? イルミナティ陰謀説 2つめはイルミナティ陰謀説です。 イルミナティは世界を闇で牛耳っているとも噂されており、悪魔「ルシファー」を最高位とあがめる秘密結社のことです。 世界的な財閥であるロスチャイルド家やロックフェラー家との関連も頻繁に取りざたされています。 そんなイルミナティが今最も力を注いでいるとされるのが「人口削減計画」と言われています。 これは別名「人間選別」とも言われており、この選別に選ばれなかった者は死に絶えるのではないかとさえ噂されています。 そしてここからが本題。 今回の新型コロナウイルスが、その人類削減計画の一端なのではないかという都市伝説が存在するわけです。 ただ、新型コロナウイルスの致死率は現状2%ほど。 「人口削減計画」にしては致死率が低すぎるため、新型コロナウイルスだけで人口を削減しようとしたとは考えづらいです。 このような説があります。 今回の新型コロナウィルスは人口を減らそうとしているのではなく、人類削減計画の第一幕に過ぎないのではないかと。 その第一幕で成し得たかったことは、以下のデータを取得したかったのではないかというものです。 新型コロナウィルスの致死率• 新型コロナウィルスによる人口の推移• 各国の新型コロナウィルスへの対応• パニック状態の人の動き 今回の地球全体を襲ったパンデミックで、イルミナティは果たして何を得ることに成功したのでしょうか。 そして、そのデータが活用されるであろう第二幕が実行された時、我々の未来に待ち受けているものとは。 ビル・ゲイツ陰謀説 3つ目はビル・ゲイツ陰謀説です。 ビル・ゲイツはビル&メリンダ・ゲイツ財団という慈善団体を運営しているのは有名です。 そんなビル&メリンダ・ゲイツ財団は、新型コロナウイルスのワクチン開発を研究をしているパーブライト研究所へ多額の資金を提供しています。 もちろん慈善団体ですから、現在地球全体が窮地に立たされている最中、このような研究所へ資金を提供することに何ら不思議なことはありません。 ですが、ここに陰謀説が存在します。 新型コロナウィルスワクチンの研究は、全世界待望の研究であることは言うまでもありません。 このまま新型コロナウイルスが長期化すればするほど、ワクチンの需要が高まる一方です。 もしパーブライト研究所がワクチン開発に成功すれば、想像を絶するほどの莫大な利益を得ることになるでしょう。 ウィルスを拡散する者と鎮静化する者。 パーブライト研究所は、すでにワクチンの開発に成功しているのかもしれません。 安倍晋三首相陰謀説 4つ目は安倍晋三首相陰謀説です。 もともと新型コロナウィルスが広がり始めたのは「中国の武漢」で間違いはありません。 しかし、その武漢でのウィルス拡散に手を貸していたのが安倍晋三首相ではないか、という陰謀論です。 理由としては、安倍晋三首相は新型コロナウイルスが流行り始める直前に「桜を見る会」という問題で連日メディアに取り上げられていました。 内容が安倍晋三首相にとってネガティブなものだったため、支持率も大きく下降していたのは周知の事実。 ところが、新型コロナウィルスが蔓延してからは、ほとんどメディアで取り上げられることはなくなりました。 すなわち、そういうことです。 すこし突拍子もない陰謀論ではありますが、新型コロナウイルス流行前は「分が悪かった」という状況でしたので、1つの説としては筋が通っています。 東京オリンピックの中止を狙った陰謀説 東京オリンピックの延期が正式に発表されましたが、日本にとって延期による経済打撃はとてつもないほど大きいものです。 東京オリンピックに向けて数年前から粛々と準備をしていたすべての建造物や施設、人員、サービス、商品、それらすべてが水泡に帰すわけですか想像に難しくありません。 万が一東京オリンピックが中止ともなれば、日本は総額で30兆円の損失を出すとも噂されています。 例えば日本のことをあまり良く思っていない国が、日本に経済的大打撃を与えるという狙いで新型コロナウィルスを拡散させたとしても、十分にうなずける動機といえるのではないでしょうか。 100年に1度の規模と言われるほどの伝染病が、50年ぶりの東京オリンピックと同じタイミングで拡散した訳ですから、その信ぴょう性は決して低くありません。 今回の新型コロナウィルスでもっとも被害を被っている国は、中国でもアメリカでもなく、日本であることを皆さんご存じでしたか? 中国の武漢研究所から新型生物兵器が漏れたとされる説 最後が「中国の武漢研究所から新型生物兵器が漏れ出した」という説です。 これはYahooニュースなどでも取り上げられていたためご存じの方も多いのではないでしょうか。 実は、アメリカはこのことをすでに把握しており、そのためトランプ大統領による連日の中国バッシングにつながっているとも噂されています。 2020年4月18日にはトランプ大統領が「新型コロナウイルスの発生源については多くの怪しい点がある」と正式なコメントして言及しており、中国・武漢市にある研究所から流出した可能性について公に追求していく意向をしめしています。 画像はの動画より引用 武漢にはウイルス学研究所があるのはまぎれもない事実。 そして、新型コロナウィルスは武漢からはじまりました。 これらをつなげて考えないほうが逆に不自然です。 【総括】新型コロナウィルスの6つの陰謀説から導かれる1つの仮説 以上6つの陰謀説を見ていきました。 6つすべてが、あり得なくはない、と思う一方でばかげている、とも受け取れるものばかり。 ですが、一見ばかげていると思えるものほど、真実に近い可能性もあります。 下記のような仮説も成り立つのではないでしょうか。 木を隠すなら森の中。 皆さんはどれが真実か、分かりましたか?.

次の

「新型コロナウイルスの陰謀論5つ」真偽を全まとめ! 生物兵器、ビル・ゲイツのワクチン、遺体の大量焼却…!

コロナ 陰謀

この記事のコンテンツ• コロナウイルスは某国の生物兵器だった! な、なんだってー!? こんなネタをキバヤシが放っておくわけがありません。 もしMMRが現在も連載されていれば、確実に取り上げられたであろう 緊急事態です。 僕は今からデタラメなことを書きます。 陰謀論なんて眉唾ものです。 今から世の中に出回っている陰謀論について書きますが、 うっかり信じたりしないでくださいね。 あくまでも可能性の話でしかありません。 MMRを読んでるつもりで、暇つぶしとしてお楽しみください。 まじめな記事も書いています・・・。 え?MMRを知らない? そいつは人生損しているぜ リンク 小学生の時に読み漁ったMMRが、現在の僕を形成しているといっても過言ではありません。 ちょっと歪んだ大人になれる魔法のコミックです。 では本題いきます! 世に出回っているコロナウイルス陰謀論 武漢のウイルス研究所で作られたウイルス兵器 陰謀論を唱える者の主張はこうです。 「新型コロナウイルスが最初に確認された中国の武漢にはウイルス研究所があり、そこから流出、拡散したのではないか?」 というものです。 コロナウイルスの元の宿主は 「コウモリ」ではないかと言われており、この研究所はコウモリに関する ウイルス研究の権威だそうです。 詳しくはの記事をお読みください。 一部引用させてもらうと 石正麗のチームはかつて2017年に、SARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルスがいくつかのコウモリを起源とする、SARS型コロナウイルスが変異したものであることを突き止めた。 新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大して以降、石正麗のチームは1月23日に、生物学論文のプレプリント・プラットフォーム(注:論文原稿を査読の前にいち早く公開するためのサーバー)であるbioRxivで、「新型コロナウイルスの発見とそれがコウモリを起源とする可能性について」という研究論文を発表した。 その研究の中で、新型コロナウイルスと2003年のSARSウイルス(SARS-CoV)のDNA配列の一致率は79. 要点を抜き出しますと• 研究チームはSARSがコロナウイルスが変異したものと突き止めた• 新型コロナとSARSのDNA配列は79. コウモリの持つ既存コロナとは96%一致している• 新型コロナはコウモリが起源の可能性が高い• よってこの研究所は怪しい こんな感じ。 まあ怪しいところをピンポイントにつけばそれらしく見えるものです。 これだけでは確証には至りません。 そして陰謀論を唱える者たちは、この研究所が遺伝子操作によって既存コロナから新型コロナウイルスを生み出したのではと主張しているわけです。 当然研究チームはこの主張を否定しています。 また、有識者によると 新型コロナウイルスは自然発生が濃厚で遺伝子操作された形跡はないそうです。 こんな感じで眉唾物なんですが、 とはいえですよ。 僕、陰謀論は大好きなんです(笑) 小学生のころ布団に潜り込み、薄明かりの中MMRを読んだときのあの興奮が蘇ってくるのです。 絶対、何かある。 この世界を動かしている者たちの陰謀に違いない。 そして僕は妄想ワールドに引き込まれていきます・・・。 可能性はあります。 ただ自国でばらまくって意味不明ですよね。 「ヒーヒッヒヒ!地球はぼくの実験場~!」 みたいな頭のイカれたマッドサイエンティストがいるのかしら? いや!爆発的に増え続ける 人口を減らすためにやったのでは!? 中国の人口問題は昔から聞きますもんね。 よくは知らんけど。 一人っ子政策? たしか授業で習いました。 ただあれって若者が減るじゃないですか?どう考えても愚策ですよね。 ただ今回の新型コロナウイルスは高齢者ほど重症化しますから、人口問題を抱える国には好都合ですよね。 「あれ?」 なんか中国の近くにありますよね 少子高齢化が問題になってる国 超高齢化社会がどーとか言われている国 じゃっぱーん! え? 「おいおい、まじかよ・・・」 国家ぐるみの高齢者間引き計画 水際対策がザルとか叩かれてたけど、あれはワザとやっているってこと? 国民に気付かれぬように、後手に回ってばかりのだらしない対応と見せかけて、その実、少しずつ感染者を増やしていく・・・・。 高齢者を中心に重症化するコロナウイルスは超高齢化社会という問題を解決するために確かに好都合ですよね。 言い方が悪いですが、まさに 「一掃」できるわけですから国家規模、いや世界規模での 「高齢者間引き計画」なのかもしれません マスコミを隠れ蓑に情報統制? 僕はテレビって くだらないと思っています。 視聴者が食いつきそうな偏ったニュースばかり、国民の不安を無駄に煽ってきます。 それで今度は デマが発端のトイレットペーパーの買い占め事件。 これも報道されて余計に買い占めに拍車がかかる始末。 でもさこれって、 政府が本当に隠したいことから国民の目を背けさせようとしているのかもよ? 全国一斉休校もそう。 賛否両論だけどやっぱおかしいよねコレ。 みんなこれ叩いてるけどさ。 本当に隠したいのは 「国家ぐるみの間引き」かも? 日本の未来は暗い あなたはどう考えているかわかりませんが、 日本ってかなり危機的状況に陥っています。 ざっくりこんな感じ• 年金が無くなる• 退職金が減っている• 定年退職が無くなる• 仕事が減っている• 優秀な人材の流出• 競争力の低下 以前から将来年金はもらえなくなる。 って言われていますよね。 僕も全然期待してません。 また退職金の金額もどんどん落ちています。 ピーク時と比べて1000万円のダウン。 ここ15年間では700万円も減ったそうです・・・。 人生100年の時代ですが、この現状考えると定年退職という概念は完全に崩壊し、最悪の場合100歳まで働かないといけないって時代が来そうです。 また最近はAI技術の発展が目覚ましく、今回のコロナの騒動でリモートワークに踏み切る企業も出てきました。 今後在宅での仕事はどんどん増えていくでしょう。 なぜなら企業の体力が落ちているからです。 在宅であれば交通費の支払いも要りません。 また通勤時間が無くなれば生産性が向上します。 正社員ではなくフリーランスを使う選択肢も増やせます。 そうすれば人材を流動化でき人件費も削減できます。 こういった時代の変化についていけない人は単純労働をするわけですが、老人になっても働かないといけないので 少ない仕事を若者と高齢者が取り合うことになります。 本来ならリタイヤして席を譲らないといけないのに譲れない。 だってそうしないと生きていけない。 どうしようもないですよね。 また税金で徴収しようと思っても、今の時代は海外移住する人も増えていますから、締め付けすぎるとみんな逃げてしまいます。 こりゃ万策尽きたなと・・・。 僕はこれらを引き起こしている原因の一つとして 「超高齢化社会」があると考えています。 これらの問題は企業が発展・拡大している間は問題になりませんでした。 しかし、残念なことに 日本のGDPは20年以上横ばいです。 中国に抜かれたのはご存じかと思いますが、GDP上位国は日本以外すべて伸びています。 また韓国や台湾、マレーシアといったアジアの国々もどんどん伸びてきています。 日本だけが止まっているのです。 日本のIT技術は遅れている 日本にいると実感が湧きませんが、日本のIT技術はかなり遅れています。 ここ5年間ほどでIT後進国の地位を築き上げています(笑) IT技術もそうですが、日本人のITスキルも遅れています。 これはWindowsが普及し始めたころから言われています。 原因は2つあると思います。 高い品質やサービスを求めすぎ• 年寄りを無視できない 日本人は高品質なサービスを提供するのも受けるのも当たり前と考えています。 それがかつては武器になっていましたが弊害が生まれました。 例えば自動車のメンテナンスを日本人は自分でやりません。 ディーラーやガソリンスタンドに持って行ってやってもらうのが当たり前です。 パンクしても自分でタイヤ交換や補修をする人はほとんどいません。 僕も聞いた話でしかないですが、アメリカ人は結構自分で直してしまうそうです。 アメリカ人は車は壊れるのが当たり前と考えているからです。 たいして 日本人は壊れるのは品質が低い。 メーカーの怠慢と考えます こういった国民性ではパソコンやインターネットをうまく使えるわけがありません。 日本仕様(ガラパゴス化)もこういったところから生まれていると考えています。 電子化、IT化が進まない ここ数年で様々なものがIT化されています。 病院の予約もスマホでやれる時代になりました。 国税調査もネットでやる時代です。 こういったものは一本化すれば経費を大きく削減できますが、全然一本化できる気配がありません。 理由は簡単で 国民の大半を占める高齢者が対応できないからです。 それは上記で説明した国民性に起因することです。 また 高齢者の多くは自分たちが変わる必要は無いと考えています。 見捨てられることは無いとタカを括っています。 時代の変化に対応しようとPCやスマホの学習に踏み切る高齢者はほんの一部です。 そして実際、見捨てることはできないのです。 何故なら人数が多いからです。 多数決を取れば高齢者が勝つからです。 つまり現代の日本は高齢者に合わせるしかありません。 結果平均年齢の低い他国にどんどん引き離されていきます。 ここは個人の意見を発信する場なので、遠慮せずにいいますが 高齢者が足を引っ張ています 自動運転が良い例です。 日本が強いはずの自動車産業も自動運転では大きく遅れています。 それは安全性を重視しすぎる点、IT弱者に配慮した操作性の確保などが原因と考えられます 控えめに言って日本大丈夫か?と心配になります。 そんな中、ウイルスで高齢者人口を減らせたら・・・。 悪魔の囁きに乗ってしまう権力者がいてもおかしくないですよね ここから現実パート なんちゃってね。 さすがにそんな非人道的な真似しないですよね(汗 ここまでぜーんぶ眉唾です ただですね。 陰謀論とかありえない。 そんなことするはずない。 僕もそう思います。 そう信じたいです。 人生を選択する自由を手に入れよう しかし、こういった非人道的な行為を 「やる・やらない」はともかく 「できる・できない」でいえば 「できる」 なんですよね。 現実として やろうと思えばウイルスや細菌をバラまくことくらい出来るんですよ。 国家は。 だから、その可能性は頭に置いておいてもいいかなって思います。 日本に住んで労働し、税金も納めているのですから、国に頼る権利はあると思います。 どのような状況になっても 自分の人生を自分で選択できるだけの力や知恵は付けておきたいものですね。 情報は色々なソースから入手してください。 テレビだけを信じたり、みんながやっているからと思考停止に陥らないでください! 今日のお話はこんなところ。 まとめると• 陰謀論は眉唾です• しかし本当に笑い話で済むのか?• これからの日本を考え準備はするべき• 様々な情報を入手して考えよう さーて久々にMMRでも読むかな!.

次の