プリンタ ドライバ インストール。 プリンタードライバー|ドライバー・ソフトウェアダウンロード|サポート&ダウンロード|エプソン

SPC10 Ver2.00のダウンロード

プリンタ ドライバ インストール

プリンタードライバーとは何か解説します 皆さんこんにちは、タカオマサユキです。 今回はプリンタードライバーとは?について解説していきます。 最近では一昔前ほどの利用頻度は無いようにも感じるプリンターですが、家庭では写真印刷や年賀状印刷、学生さんのレポートや資料印刷、そしてオフィスでの書類印刷などなど、まだまだ紙ベースのプリントは需要が高く欠かす事の出来ない媒体です。 スマートフォンの普及によって個人ベースでの写真プリントこそ減ってはいるものの筆者のように小学生くらいまでのお子さんをお持ちの子育て世代の方にとっては 子供の写真はしっかりとプリントして残しておきたい!と言う方も多いのではないでしょうか? 今回はそんなデータ出力に欠かす事の出来ないプリンターを動かすためのドライバーについて解説させて頂きます。 筆者と同世代、30代半ば〜40代位の方はもしかすると同じ様なご経験があるのではないかと思いますが、筆者は社会人となった時とほぼ同じタイミングでWindowsXPがリリースされました。 まだまだWindows98やme、2000が主流の時代でした。 その頃はOSのアップデートやプリンタードライバーのアップデートの頻度も少なく、オンラインアップデートなんて手段もありませんでしたので、パソコンとプリンターの相性問題も考慮しながら何度も何度もトラブルシューティングした経験があります。 ですので今回の記事はそんな過去の経験から得た知識を元に書き進めさせて頂きます。 プリンタードライバーとは? プリンタードライバーとはお使いのPCとプリンターとの言語の違いを制御するソフトウェアです。 皆さんはプリンターに限らず、パソコンに接続する周辺機器を購入した際にいきなりパソコンに繋いでみたものの 「あれ?使えない…」 なんて経験はありませんか? Windows XP以前ではプリンターはもちろん、マウスですらドライバーのインストールが必須だった時代がありました。 これは パソコンと繋いだ周辺機器との命令を行き来させる橋を作る必要があったからです。 若い読者さんにはちょっと信じ難いお話かもしれませんね。 今でこそパソコン側の プラグアンドプレイ機能を無意識のうちに利用して 繋いだだけで即使える環境に慣れてしまっていますが、プリンターについてはパソコンとの行き来させる情報量が多くかつ複雑ですのでドライバーのインストールが不可欠です。 参考元: プリンタードライバーがないとどうなるの? プリンターが動きません これは当然ですがパソコン側から指示した「このデータをプリントして下さい」と言う命令をプリンターにきちんと伝える事が出来ずにプリント出来ません。 今でこそ多くの家庭用プリンターにはSDカードなどの外部メディア用スロットがあり、差し込んだメディア内のデータを直接プリントする機能がありますが、それもここ10年ほどの話ですし、今でもオフィスで主力のレーザープリンターのほとんどは外部メディアスロットがありませんので パソコンにプリンタードライバーをインストールする以外にはパソコンのデータをプリントする方法はないのです。 プリンタードライバーをインストールする方法は? プリンター付属のインストールディスクをパソコンに読み込ませる 最も手っ取り早く簡単なのはプリンターに付属しているインストールディスクを読み込ませる事です。 インストールディスクにはプリンタードライバーの他にもユーティリティーソフトが多数同梱されていますので、プリンターの使い勝手を上げる意味でもインストールディスクを読み込ませることを第一にすべきでしょう。 メーカーサイトからダウンロードする こちらも最近では主流になりつつある手法です。 メーカーのホームページを見るとサポートページに製品ドライバーの最新バージョンをダウンロード出来るようになっています。 しかし現在では高速回線の普及も手伝って、持ち運びの便利さと小型パソコンの性能でもこなせないタスクがほぼ無くなった事から11〜14型のノートパソコンが主流となっています。 そこでメーカーホームページからプリンタードライバーをダウンロードしてインストールする手法が主流になりつつあります。 またこの手法の場合、常にその時の最新版のドライバーをインストール出来る点もメリットです。 プリンタードライバーがうまく動かなかったら ドライバーを最新のバージョンにアップデートする これには様々な原因が考えられますが、先ずはメーカーホームページを確認してお使いのプリンタードライバーを最新版にアップデートしてみましょう。 お使いのパソコンのOSが最新版にアップデートされている場合、ドライバーがしっかり対応出来ていないケースが考えられます。 別のパソコンで試して環境を比較してみる プリンターが動かないのは他の原因も多く考えられますので、もし試せる環境でしたら、別のパソコンにもプリンタードライバーをインストールしてみて挙動を確認すると良いでしょう。 もしパソコンが変わってもプリンターが動かないようであれば最初に試した1台目のパソコンと同じ原因の可能性が高まります。 これはドライバーどうこうに限らず例えば ・有線接続の場合、USBケーブル・LANケーブルが刺さっていなかった ・ワイヤレス接続の場合、パソコンと同じネットワーク上にプリンターが無かった などが考えられます。 特に後者は無線LANが普及した最近では良くあるミスですよね。 パソコンはIEEE802. 11aに繋がっていてプリンターはIEEE802. 11gに繋がっているとかのケースです。 プリンタードライバーの全てを解説できた訳ではないことに注意 ここまでプリンタードライバーについて書き進めて来ましたがまだまだ解説出来ていない事が多くあります。 例えば近年のスマホ用のプリントアプリもその一つです。 プリンターメーカーのプリントアプリをインストールするだけでドライバーからユーティリティーソフトまでインストール出来てしまうがゆえの 弊害もあるのです。 良く言えば ・誰でも簡単にスマホからプリンターを使える 訳ですがその反面、 ・接続不良や不具合が起きた時に原因を確認するスキルが養えない と言った側面もあります。 もちろん全てのプリンターのトラブルを万人が一人で解決出来る訳ではありませんが、起こりがちなトラブルや、過去に経験した事のある事例でしたらご自身で解決出来ると何かと便利ですよね。

次の

HPプリンタードライバーとソフトウェアのダウンロード

プリンタ ドライバ インストール

1 A-Bタイプ SR-R7900P、SR5900Pの場合 USB 接続 USB2. zip 127. 8MB• ドライバのインストール中に「パソコンと本体を接続してください」というメッセージが表示されたら接続してください。 SPC10で開くことができるファイルは「TEPRA SPC10 tpe 形式」、「SPC9 DRAW tpc 形式」、「SPC7 tpe 形式」です。 「SPC3 te1 形式」、「SPC9DRAW tpa 形式」、「SPC5 tpb 形式」、「SMA3 tm1 形式」、「TEPRA LINK tm1 形式」のファイルは開くことができません。 TEPRA LINKとPCラベルソフトとの連携・互換性はありません。 SPC10で「SPC9 DRAWファイル tpc 形式」のファイルを開くと、レイアウトが崩れる場合があります。 また、SPC10で「定型外国語」を含むファイルを開くと、フォントを正しく表示できません。 SPC9 Ver1. 0~2. 3 、SPC5をご利用の方は以下の方法で、ファイルを開くことができます。 SPC9 Ver3. 7 をからインストールしてください。 SPC9 Ver. 0~2. 3 、SPC5で作成したファイルを開き、「SPC9 DRAW tpc 形式」で保存し直します。 SPC9をアンインストールした後、SPC10をインストールし、「SPC9 DRAW tpc 形式」のファイルを開きます。 転載について 他のメディアへの一切の転載を禁止します。 インストール方法 ダウンロードしたファイルをデスクトップなどに保存し、右クリックして「すべて展開」を選択し、「展開」ボタンを押すとファイルの解凍が実行されます。 exeを実行すると、インストールが開始されます。 詳細については、取扱説明書をご覧ください。 inf を指定してください。 「ソフトウェアを自動的に検索する 推奨 」側で進めると、ソフトウェアを検出できずエラーになる場合があります。 注意 インストールは管理者権限で行ってください。 また、ウィルス対策ユーティリティなど、すべてのプログラムを終了してから行ってください。

次の

e

プリンタ ドライバ インストール

プリンタードライバーとは何か解説します 皆さんこんにちは、タカオマサユキです。 今回はプリンタードライバーとは?について解説していきます。 最近では一昔前ほどの利用頻度は無いようにも感じるプリンターですが、家庭では写真印刷や年賀状印刷、学生さんのレポートや資料印刷、そしてオフィスでの書類印刷などなど、まだまだ紙ベースのプリントは需要が高く欠かす事の出来ない媒体です。 スマートフォンの普及によって個人ベースでの写真プリントこそ減ってはいるものの筆者のように小学生くらいまでのお子さんをお持ちの子育て世代の方にとっては 子供の写真はしっかりとプリントして残しておきたい!と言う方も多いのではないでしょうか? 今回はそんなデータ出力に欠かす事の出来ないプリンターを動かすためのドライバーについて解説させて頂きます。 筆者と同世代、30代半ば〜40代位の方はもしかすると同じ様なご経験があるのではないかと思いますが、筆者は社会人となった時とほぼ同じタイミングでWindowsXPがリリースされました。 まだまだWindows98やme、2000が主流の時代でした。 その頃はOSのアップデートやプリンタードライバーのアップデートの頻度も少なく、オンラインアップデートなんて手段もありませんでしたので、パソコンとプリンターの相性問題も考慮しながら何度も何度もトラブルシューティングした経験があります。 ですので今回の記事はそんな過去の経験から得た知識を元に書き進めさせて頂きます。 プリンタードライバーとは? プリンタードライバーとはお使いのPCとプリンターとの言語の違いを制御するソフトウェアです。 皆さんはプリンターに限らず、パソコンに接続する周辺機器を購入した際にいきなりパソコンに繋いでみたものの 「あれ?使えない…」 なんて経験はありませんか? Windows XP以前ではプリンターはもちろん、マウスですらドライバーのインストールが必須だった時代がありました。 これは パソコンと繋いだ周辺機器との命令を行き来させる橋を作る必要があったからです。 若い読者さんにはちょっと信じ難いお話かもしれませんね。 今でこそパソコン側の プラグアンドプレイ機能を無意識のうちに利用して 繋いだだけで即使える環境に慣れてしまっていますが、プリンターについてはパソコンとの行き来させる情報量が多くかつ複雑ですのでドライバーのインストールが不可欠です。 参考元: プリンタードライバーがないとどうなるの? プリンターが動きません これは当然ですがパソコン側から指示した「このデータをプリントして下さい」と言う命令をプリンターにきちんと伝える事が出来ずにプリント出来ません。 今でこそ多くの家庭用プリンターにはSDカードなどの外部メディア用スロットがあり、差し込んだメディア内のデータを直接プリントする機能がありますが、それもここ10年ほどの話ですし、今でもオフィスで主力のレーザープリンターのほとんどは外部メディアスロットがありませんので パソコンにプリンタードライバーをインストールする以外にはパソコンのデータをプリントする方法はないのです。 プリンタードライバーをインストールする方法は? プリンター付属のインストールディスクをパソコンに読み込ませる 最も手っ取り早く簡単なのはプリンターに付属しているインストールディスクを読み込ませる事です。 インストールディスクにはプリンタードライバーの他にもユーティリティーソフトが多数同梱されていますので、プリンターの使い勝手を上げる意味でもインストールディスクを読み込ませることを第一にすべきでしょう。 メーカーサイトからダウンロードする こちらも最近では主流になりつつある手法です。 メーカーのホームページを見るとサポートページに製品ドライバーの最新バージョンをダウンロード出来るようになっています。 しかし現在では高速回線の普及も手伝って、持ち運びの便利さと小型パソコンの性能でもこなせないタスクがほぼ無くなった事から11〜14型のノートパソコンが主流となっています。 そこでメーカーホームページからプリンタードライバーをダウンロードしてインストールする手法が主流になりつつあります。 またこの手法の場合、常にその時の最新版のドライバーをインストール出来る点もメリットです。 プリンタードライバーがうまく動かなかったら ドライバーを最新のバージョンにアップデートする これには様々な原因が考えられますが、先ずはメーカーホームページを確認してお使いのプリンタードライバーを最新版にアップデートしてみましょう。 お使いのパソコンのOSが最新版にアップデートされている場合、ドライバーがしっかり対応出来ていないケースが考えられます。 別のパソコンで試して環境を比較してみる プリンターが動かないのは他の原因も多く考えられますので、もし試せる環境でしたら、別のパソコンにもプリンタードライバーをインストールしてみて挙動を確認すると良いでしょう。 もしパソコンが変わってもプリンターが動かないようであれば最初に試した1台目のパソコンと同じ原因の可能性が高まります。 これはドライバーどうこうに限らず例えば ・有線接続の場合、USBケーブル・LANケーブルが刺さっていなかった ・ワイヤレス接続の場合、パソコンと同じネットワーク上にプリンターが無かった などが考えられます。 特に後者は無線LANが普及した最近では良くあるミスですよね。 パソコンはIEEE802. 11aに繋がっていてプリンターはIEEE802. 11gに繋がっているとかのケースです。 プリンタードライバーの全てを解説できた訳ではないことに注意 ここまでプリンタードライバーについて書き進めて来ましたがまだまだ解説出来ていない事が多くあります。 例えば近年のスマホ用のプリントアプリもその一つです。 プリンターメーカーのプリントアプリをインストールするだけでドライバーからユーティリティーソフトまでインストール出来てしまうがゆえの 弊害もあるのです。 良く言えば ・誰でも簡単にスマホからプリンターを使える 訳ですがその反面、 ・接続不良や不具合が起きた時に原因を確認するスキルが養えない と言った側面もあります。 もちろん全てのプリンターのトラブルを万人が一人で解決出来る訳ではありませんが、起こりがちなトラブルや、過去に経験した事のある事例でしたらご自身で解決出来ると何かと便利ですよね。

次の