カブトムシ クワガタムシ。 クワガタ・カブトムシ成虫の飼育方法

カブトムシとクワガタムシは一緒に飼育してもOK?飼育の注意点

カブトムシ クワガタムシ

クワガタ・カブトムシ成虫の飼育方法 一般的なクワガタ・カブトムシの成虫の飼育方法について解説します。 クワガタ・カブトムシの成虫の飼育は簡単ですが、産卵・繁殖させたい場合は飼育種に応じた適切な環境を事前に確認することをおすすめします。 また外国産のクワガタやカブトムシを飼育する場合は飼育温度の管理が必要となる可能性があります。 例えば人気のヘラクレスですと飼育温度が18〜30までとなり、寒い地方にお住まいの方は暖房器具の導入を検討する必要があります。 専門ショップでカブトムシやクワガタを購入する場合は、事前に店員さんに相談するのが良いでしょう。 準備するもの 飼育するために次のものを準備しましょう。 ・飼育ケース ・マット 飼育用の土 ・ゼリー 専用の餌 ・のぼり木 餌皿兼用 ・枯れ葉など 転倒防止 ・霧吹き 保湿用 飼育ケース 飼育ケースは大きい方が良いですが、それよりも、小さいケースでもかまわないので、 1つのケースに1ペアで飼う事をお薦めします。 これは、クワガタやカブトムシを1つのケースでまとめて飼いすると、餌を争ってケンカをし、弱ってしまったり、最悪の場合死んでしまう事があるからです。 やむを得ず、まとめ飼いする場合は、出来る限り大きいケースを準備し、餌を多めに入れてあげてください。 固体差もかなり生じます) 温厚 凶暴 コクワガタ オオクワ アカアシ ノコギリ ミヤマ ヒラタ マット 飼育用の土 マット 飼育用の土 はクワガタ・カブトムシ専門店やホームセンターなどで売られています。 成虫のみの飼育で、産卵・繁殖が目的でなければ、拘る必要はありません。 園芸用の土でもOKですが、農薬が混入している可能性があるため注意が必要です。 産卵・繁殖が目的であれば、飼育するカブトムシ・クワガタに応じて、適切なマットを選ぶ必要があります。 ショップなどで聞いてみるか、事前にインターネットで調べておきましょう。 ゼリー 専用の餌 ホームセンターなどで、クワガタ・カブトムシ飼育専用の餌として、ゼリーが売られています。 飼育には専用ゼリーを与えるのが一番無難です。 ゼリー以外では、桃やリンゴ・スイカなどを好んで食べます。 果物は高価ですし、専用ゼリーの場合は各製造メーカーが、クワガタやカブトムシ専用に栄養バランスを考えて製造しているため最適だと言えるでしょう。 のぼり木 餌皿兼用 、枯れ葉など 転倒防止 餌皿は、もちろん餌が 飼育用の土 の上にこぼれ落ちて汚れないようにするためでもありますが、カブトムシやクワガタの遊び場所であったり、転倒防止としても大切です。 私自身も経験していますが、カブトムシやクワガタがつかまる物がなくて起き上がれないでいると、あっという間に弱って死んでしまいます。 転倒防止のために、枝や木の葉、樹皮などを一緒に入れてあげるのも良いでしょう。 なお、ホームセンターなどで材(のぼり木)を購入する際は、誤って朽ち木を購入しないよう注意しましょう。 朽ち木はクワガタの産卵用や幼虫の餌として用いる物で、朽ちているためとてもカビが生え易いです(自然界でもカビは生息していますし、成虫を飼育するうえでで特に害はありませんが) 基本的に見た目の問題、見た目が悪いだけですが、特に飼育初心者の方は間違って購入しないよう注意されると良いでしょう。 セット方法 順番にセットしていきます。 マット マットをバケツなどに入れ水を加えます。 水分量の目安としては、強く握って水がにじまない程度です。 まぜあわせ水分が行き渡ったらマットを飼育ケースにセットします。 マットの量の目安としては、産卵が目的の場合は大き目のケースにマットを沢山入れる必要がありますが、成虫を飼育するだけであれば5cmもあれば十分です。 餌皿・のぼり木、枯葉などのセット 餌皿・のぼり木、枯葉などをセットします。 のぼり木は寝かせたままマットの上に置けば問題ありません。 好みで、のぼれるように立てて置いてもかまいません。 右の写真は枯葉と餌のみの簡単なセットです。 餌皿も使わずに、ゼリーの上ぶたにカッターで十字に切り目を入れて、直接マットの上に置いています。 ホームセンターなどで見かける飼育セット解説では、専用の保湿剤や樹液が出る木などをセットした例が紹介されていますが、クワガタやカブトムシの成虫を飼育をするだけであれば、写真のような簡単なセットでも全く問題ありません。 あとコバエや雑虫の進入防止にケースと蓋の間に新聞紙を挟んでやると良いでしょう。 ゼリーを十字にカット 新聞紙でコバエ進入防止 コバエ侵入防止ケース 日々のメンテナンス 週に1回程度、マットの表面の乾き具合を確認し、乾いているようなら霧吹きで加湿します。 餌をあげる目安として、国産のカブトムシで1〜2日でゼリーを1つ食べます。 カブトムシは大食いで結構餌代がかかります。 餌がなくなっていないかこまめにチェックしてあげましょう。 大きさや種類により異なりますが、国産のクワガタで週に1〜2個ゼリーを食べます。 食べ残しがあっても週に1度はゼリーを新鮮なものに取り替えてあげて下さい。

次の

クワガタ、カブトムシ、カナブンの幼虫の違いについて » クワガタ・カブトムシ飼育情報:月夜野きのこ園

カブトムシ クワガタムシ

今回はクワガタの寿命についてです。 いろんな種類がいるクワガタ、 それぞれ寿命に違いはあるのか?いろいろ探ってみます。 クワガタの寿命はどれくらいだろう? 国産のクワガタの寿命 種類別 国産クワガタはどれくらい生きるのか?種類によって様々ですが、ざっくりと言いますと、こんな順で長生きします。 最長で7年生きた例もあるとの事です。 上位の3種は、分類学的にはドルクス系と言いい、主に長生きをする種類です。 ノコギリやミヤマは成虫での寿命が短い種類の昆虫のため越冬はせず、春を迎えるまえに死んでしまう事がほとんどです。 もちろんこれは一般的な寿命ですので、後ほどご説明致しますが、より長く生きてもらう方法ももちろんあります。 ここでクワガタの成虫の寿命というものの考え方的な部分をご説明致します。 先ほど書かせて頂きました種類別の寿命ですが、但し書きで、成虫としての活動期間と書かせて頂きました。 これはどういう事かと言いますと、実はクワガタは国産のカブトムシと違いまして、 羽化してから野外に出てくるまでの休眠期間が長いのです。 ですので 羽化して成虫でいる期間でいうなれば上記の期間よりは長い事になります。 飼育下ではその辺がごっちゃになり易いですが、野外のクワガタをベースに考えますと整理し易くなります。 越冬とはその名の通り、冬を越すという意味です。 カブトムシなどは幼虫時代に越冬します。 成虫では基本的には越冬しません。 クワガタでも野性のノコギリクワガタやミヤマクワガタは基本的には活動期を迎えて以降は越冬しません。 結果、その2種の活動期が始まってからの寿命は、越冬するクワガタと比べ短いという事になります。 上記の主要5種の中では、オオクワガタやコクワガタは成虫として活動を開始してからも越冬します。 ヒラタクワガタも越冬する事は多々あります。 ここでも活動期を迎えてからという但し書きになりましたが、これは 羽化して成虫になってからもすぐには活動せず、幼虫・サナギ時代を過ごした木の中で越冬しているという事も考えられるからです。 ちなみに外国産のクワガタでも日本同様の気候の地域のクワガタは越冬し、寿命も長い種類も多くおります。 クワガタの寿命はどれくらいだろう まとめ 1 国産クワガタで最も長生きなのはオオクワガタ 2 活動期を迎えて以降の成虫には越冬する種としない種がいる 3 外国のクワガタの中にも越冬する種はいる クワガタの寿命あれこれ オオクワガタはなぜ長生きなのか オオクワガタが国産の中では最も長生きする事は先に述べました。 ではなぜ長生きなのか?まぁそういう種類なのだといえばそれっきりなのですが、中にはこういった理由もあるのではないかという事をご紹介します。 オオクワガタは国産のなかでも最も大型な種類の1つです。 大きいものは80mmを超え、横幅も結構あります。 ですが実は性格は温厚で争いごとは好まない性格です。 ですので動きも比較的にのんびりしていて、エネルギー消費も少ない。 なので長生きが可能なのだと。 この事が全てではないにせよ、何らかの関係はありそうです。 言われてみれば、比較的寿命の短いノコギリクワガタは動きも活発で攻撃的でもあるなぁと考えてみると、この理由もまんざらではないような気もします。 飼育下のクワガタです。 ましてライバルや敵も存在し、バトルになる可能性も大いにあります。 結果体力を消耗し易いのは野性のクワガタになると思われます。 やはり野性の世界で生き抜く事は大変なのですね。 その方法に迫ります。 飼育ケースは何が良い? せっかく飼い始めたクワガタ達、できれば長生きしてもらいたい。 そんな場合はどういった飼育を心がければよいのか。 まず飼育ケースのサイズですが、Sサイズ以上のケースを使用します。 なるべくゆったり感を与えてあげましょう。 ケースの中に入れるハスクチップは4~5分目まで敷き、クワガタ達が潜れるようにしてあげます。 転倒防止用の止まり木や枯葉を入れておく事も尚良いです。 あとは昆虫ゼリーを置いておきましょう。 この事に関しましては、別の記事でもご紹介しておりますのでご参考までに見てみて下さい。 参考記事: NG行為はあるのか では、長生きをさせる上でのNGな事もご紹介します。 要するに快適で過ごしやすい環境にて安静にしていてもらうという感じになります。 月虫の見解では冬眠はさせた方が良い、という事になります。 より自然に近い環境を提供してあげて、冬はしっかり冬眠させてあげます。 冬場は活動を休止してもらって温かくなってきたら活動再開、これも長生きの秘訣だと思います。 冬眠用のセットは別の記事でも扱っておりますので参考にしてみて下さい。 愛情をもって育ててあげて下さい。 > > > > > > > > > > >.

次の

クワガタ図鑑

カブトムシ クワガタムシ

2015年度の樹液採集、10月30日の採集を最後に一応一区切りを付けさせて頂きました。 改めて書き上げた日記の内容を振り返ってみると、採集することばかりに気を取られて肝心なことをご紹介するのを忘れていたような気がします。 それは 「 クワガタ、カブトムシが採れる(集まる)木」 のご紹介です。 いくつかの木は採集記事の中でもご紹介しているのですが、途中途中なので見逃している方も多い事だと思います。 クワガタ、カブトムシはどんな木にでも集まるというわけではございません。 地域や場所によって異なっては来ますが、集まる木は存在します。 集まる木の種類を認識してこそ、初めて採集が可能になると考えます。 本来はシーズン初めに皆さんにご紹介するのがベストでした。 ご紹介が遅れた理由はいくつかありますが一番の理由は木の画像等が集まっていなかったことにあります。 シーズン終了後にご紹介するのは本来ならば不本意なのですが、ようやく画像等もある程度集まってきましたので、来たる来シーズンの樹液採集に向けて、今回より数回に分けて 「クワガタムシ、カブトムシが集まる木」のご紹介をしてみたいと思います。 しかし日本全国にはクワガタ、カブトムシが集まる木はかなり数多くあって、すべての木をご紹介するのは難しいです。 また木の名称も私がご紹介するのは確実なものではないかもしれません。 木は地域によって呼び方も変わったり、愛称などで呼ばれていることもよくあります。 よって今回ご紹介する木の名称も、見る方によっては「えっ、その名前違うよ」と思われる方もいらっしゃると思いますが、そこの所はご勘弁頂きながらご覧頂けますことをご了承くださいませ。 今回は第1回目: 【クヌギ】、【ハルニレ】の木のご紹介です。 クワガタムシ、カブトムシが集まる木としては全国的に最も有名な木の一つではないでしょうか? 樹皮表面はゴツゴツとしていて、肉厚。 樹液も濃厚で、発酵するとかなり強めの甘酸っぱい発酵した臭いがします。 この木が流す樹液は強烈で、遠くまでかなりの臭いがします。 クヌギの樹液。 発酵した甘酸っぱい強烈な臭い 同じくクヌギの樹液:白っぽい所が樹液が煮詰まっている箇所 また台場クヌギと呼ばれるゴツゴツといびつな形をしたクヌギは、人の手で伐採~成長~伐採と繰り返した為、いびつな形になり、木の穴(ウロ)が出来ている事も多く、オオクワガタやヒラタクワガタの格好の住処ともなっているようです。 台場クヌギではありませんが、クヌギのウロ(穴) 上記画像は人の手が加わって形成された台場クヌギではありませんが、クヌギのウロ(穴)。 中からはしっかりと樹液が出ています。 こいいう場所にウロ(穴)を好んで潜むオオクワガタやヒラタクワガタ、コクワガタが入っている場合が多いです。 クヌギの樹液に集まるミヤマクワガタ、カナブン クヌギの樹液に集まる、ノコギリクワガタ、カブトムシ 全国的にみても言わずと知れたクワガタ、カブトムシ採集の木のエース格、クヌギ。 まずはこの木を探してみると良いかもしれません。 【ハルニレ】 ハルニレの全体像:1 ハルニレの全体像:2 ハルニレの葉 ハルニレの葉:表側 ハルニレの葉:裏側 ハルニレの樹皮 樹液を流すハルニレの木 <Shiho採集実績> オオクワガタ、ヒラタクワガタ、ミヤマクワガタ、 ノコギリクワガタ、コクワガタ、スジクワガタ、 ネブトクワガタ、アカアシクワガタ、カブトムシ、 カナブン、クロカナブン、アオカナブン 私の通うフィールドでは大活躍のニレの木。 詳しく調べてみると、ニレの中の 「ハルニレ」。 近縁種にアキニレというのもありましたが、私がよく採集しているのは、ハルニレだと思います。 間違っていたらゴメンなさい。 表面はツヤもなくザラザラとしている。 樹液も良く出てほどよく発酵し、様々なクワガタムシ、カブトムシを引きつけます。 自然に放置されたハルニレの木はとても大きく育ち、ボクトウガなどによって穿孔され続け、木の穴(ウロ)が出来ている事も少なくありません。 そこでは大型のヒラタクワガタや、時にはオオクワガタも入っていることもあります。 勿論木の穴(ウロ)だけではなく、枝先や樹皮裏、幹などにもクワガタムシやカブトムシが付きます。 如何でしたでしょうか? 今回、クワガタムシ、カブトムシが集まる木の紹介、 【クヌギ】、【ハルニレ】の木をさせて頂きました。 勿論、この他にもクワガタムシ、カブトムシが集まる木はまだまだ沢山ございます。 それにつきましてはまた次回以降の飼育日記でご紹介させて頂きたいと思います。 この記事をご覧になっている皆様に一つ注意して欲しい事があります。 日本全国、様々な場所において集まりやすい木はそれぞれ異なる事だと思います。 今回ご紹介したデータはあくまで私:Shihoが実際に私が通うフィールドにて実際に採集して感じたものを元に書いていますので、このデータが必ずしも正論ではないことをご理解&ご了承下さいます様お願い申し上げます。 また確実な正式名称は只今勉強中です。 今回ご紹介した木も、もしかしたら正式な名前が間違っているかもしれません。 ただ <採集実績>がある木は間違いなく私が実際に採集したことのある種類の木ですので、この画像の様な木を皆さんのフィールドで探してみて下さいませ。 きっとそこには皆さんの大好きなクワガタムシ、カブトムシがいることだと思います。 採集する場所が私有地の場合は、 無断では入らないようにしましょう。 必ず持ち主さんに断りを入れるのは必須です。 あと、虫が木の穴の中に入って採れないからと言って、木を切ったり、傷つけたりするのも好ましいとは言えません、自然にやさしく、モラルを守って採集を楽しみましょう。 (^^).

次の