エクセルで割り算の仕方。 四捨五入,切り上げ,切り捨ての関数の使い方(ROUND,ROUNDUP,ROUNDDOWN):Excel関数

エクセルの割り算を使いこなす方法5つ

エクセルで割り算の仕方

四捨五入,切り上げ,切り捨ての関数の使い方 ROUND,ROUNDUP,ROUNDDOWN :Excel関数• 四捨五入,切り上げ,切り捨ての関数の使い方 ROUND,ROUNDUP,ROUNDDOWN• エクセルでの数値の丸め処理に関する様々な関数について説明しています。 同じような機能の関数が複数あり、結果が微妙に異なりますので各関数の特性を理解して使用してください。 このページではすべての関数について説明がありますので、それぞれの特性をよく調べてみてください。 四捨五入はROUND関数、切り上げはROUNDUP関数、切り捨てはROUNDDOWN関数を使います。 このページのスリム化に伴い、移動した関数はこのリンク先で説明をしていますので、リンク先をご覧ください。 【問題】各教科の平均点を、四捨五入後、整数と小数第1位の桁で表示しなさい。 B C D 2 氏名 国語 数学 3 今田浩次 80 85 4 内田あかり 70 65 5 江藤公正 90 88 6 岡田太郎 55 62 7 川口宏 77 64 8 木村次郎 64 75 9 平均点 整数 73 73 10 平均点 小数第1位 72. 7 73. 【解答例】• 平均はAVERAGE関数を使います。 平均は AVERAGE C3:C8 で求めることができます。 これをROUND関数の引数の数値部分に入れます。 C9セルは、平均点 整数 のC9セルは 整数に丸めるので、桁数は 0 とします。 C10セルは、平均点 小数第1位 のC10セルは 小数点以下1桁で丸めるため、桁数を 1 とします。 引数の桁数は下図のようになります。 引数の桁数は、一の位が 0 となり、小数点以下第一位を四捨五入して整数で表示することになります。 また、小数点以下を表示させたい場合は、桁数で 1 を指定すると小数点以下第二位を四捨五入して、小数点以下一位に丸めることができます。 【操作例】関数の挿入ボタンを使う方法 ROUND関数とAVERAGE関数の複数の関数を使うケースですので、ちょっと面倒ですので注意してみてください• C9セルをクリックしてアクティブにします。 【関数の挿入】ボタンをクリックし、関数の挿入ダイアログボックスを表示します。 関数の分類で「すべて表示」を表示します。 関数名のリストから「ROUND」を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 ROUND関数の関数の引数ダイアログボックスが表示されます。 数値のボックス内をクリックしてカーソルを表示します。 リスト内に AVERAGE 関数が表示している場合は AVERAGEをクリックします。 ここではAVERAGEが表示されていないケースを想定して説明しています• 関数の挿入ダイアログボックスで 関数の分類で「すべて表示」を選択し、関数名で AVERAGE を選択して、[OK]ボタンをクリックします。 AVERAGE関数の引数 数値1に セル範囲C3:C8を指定します。 ここでは [OK]ボタンをクリックしてはいけません。 数式バーの ROUND関数部分をクリックします。 ROUND関数の関数の引数ダイアログに切り替わります。 数値の欄に AVERAGE C3:C8 と入力されています。 桁数に 0 と入力して、[OK]ボタンをクリックします。 数式バーで、関数名の部分をクリックしてカーソルを表示します。 例 上記数式のROUND関数の場合 数式バーのROUNDの所をクリックしてカーソルを表示します。 [関数の挿入]ボタンをクリックします。 数式バーのROUNDの所をクリックしてカーソルを表示します。 [関数の挿入]ボタンをクリックします。 「5」は切り捨てて「6」から切り上げる場合は、A〜Cの3通りの方法が考えられます。 該当桁数の値を「-1」して、四捨五入する ROUND関数を使う :下図の2行目• 該当桁数の値に「4」加えて、切り捨てする ROUNDDOWN関数を使う :下図の3行目• 該当桁数の値を「-5」して、切り上げする ROUNDUP関数を使う :下図の4行目 ROUND関数の桁数 引数 について• 正の数値と負の数値の計算結果の例を示します。 ワークシート関数の場合は"算術型"丸め処理で「. 5」は常に切り上げられます。 VBA関数の場合は"銀行型"丸め処理で「. 5」は結果が偶数になるように丸められます。 つまり、切り上げたり切り捨てられたりするということです。 また、整数部分での丸めを行うことはできません。 microsoft. bsddiary. html• C列はVBA関数 Round で求めた値を表示形式で小数以下第1位まで表示しています。 C列は下表にコードを使って求めています。 Value Next i End Sub VBAの Round関数では整数部分が偶数の時は0. 5では切り上げはされません。 整数部分が奇数の時は0. 5は切り上げられます。 いわゆる"銀行型"丸め処理の例です。 ある値を基準に四捨五入したい• 【例】50単位で四捨五入したい。 25以上は50に切り上げ、25未満は切り捨てとしたい場合の例 、およびはそれぞれのページで説明していますので参照願います。 小数点の位置が0となり、左側へ-1 1の桁),-2 10の桁),-3 100の桁 ・・・ 右側へ1 小数第1位 ,2 小数第2位 ・・・• 【問題】 テレビとパソコンの販売価格を決めたいと思います。 それぞれの販売価格は1000円単位に切り上げることにします。 1000円単位に切り上げるには、ROUNDUP関数の桁数に「 -3」を入れます。 【操作例】関数の挿入ボタンを使って数式を入力する場合の操作手順• E4セルをクリックしてアクティブにします。 [関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数の分類で「すべて表示」を選択します。 関数名で「ROUNDUP」を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 関数の引数 ダイアログボックスが表示されます。 【桁数】の欄に、1000円単位で切り上げするので、 -3 と入力します。 【OK】ボタンをクリックします。 E4セルに数式が入力されます。 E4セルの数式はオートフィルでE5セルにコピーして完成です。 ROUNDUP関数の桁数 引数 について• 正の数値と負の数値の計算結果の例を示します。 小数点の位置が0となり、左側へ-1 1の桁),-2 10の桁),-3 100の桁 ・・・ 右側へ1 小数第1位 ,2 小数第2位 ・・・• 【問題】テレビとパソコンを販売しました。 それぞれの消費税(5%で1円未満は切り捨てとします)はいくらでしょうか? B C D E 2 3 品名 販売価格 台数 消費税 4 テレビ 43,888 1 2,194 5 パソコン 185,888 1 9,294• 【解答例】• 05」となります。 1円未満は切り捨てますので、ROUNDDOWN関数を使い、桁数は「0」を入力します。 05,0• 【操作例】• 詳細はROUNDUPと同様のため省略します。 【関数の引数】ダイアログの設定は下図のようになります。 ROUNDDOWN関数の桁数 引数 について• 正の数値と負の数値の計算結果の例を示します。 省略すると2 小数第2位 を指定したと見なされます。 省略するとFALSEと同じになります。 FIXED関数の結果は 文字列であることに注意してください。 例えば、FIXED関数の結果をSUM関数やAVERAGE関数で計算しようとしても、文字列は計算から除外されますので、0 となってしまいます。 TRUEを指定したときには桁区切りの , (かんま)が表示されていません。 B C D E F 2 TRUE FALSE TRUE FALSE 3 1234. 6 1,234. 6 4 -1234. 6 -1,234. 6 5 1234. 【使用例】必要な個数に最も近いケース単位での個数を求めます。 たとえば、50個欲しい場合、12個単位 1ケース で 50を四捨五入するわけです。

次の

【エクセル】引き算のやり方

エクセルで割り算の仕方

つまり 、セルの数字を変更することで 引き算の数が変更され、計算結果も数値に応じて変更されます。 これが、エクセルの最大のメリットであり、特徴になります。 引き算したいセルを指定することで引き算結果を出力される。 これら2種類の引き算のやり方は基本として 覚えておきましょう。 エクセルの関数を用いた引き算のやり方 それでは、エクセル独自のプログラム「関数」を用いて 引き算のやり方について解説していきます。 先ほどの同じ表を用います。 引き算を可能にする関数は、 「SUM関数」と呼ばれる とても関数の中ではポピュラーな関数になります。 この関数を用いて、引き算した結果が下記図になります。 ここで言いたいのは、関数の条件式はつまり数式のことを指しており、 関数の種類によって、それら数式が自由自在に計算される、ということ。 数式の考え方、基本が理解できれば、関数もおのずと理解できるようになります。 算数などの四則演算に慣れている方には このエクセルの機能を使いこなすには少しだけ時間がかかるかもしれません。 エクセルで引き算するやり方、数式、関数 まとめ エクセルで引き算するやり方、数式、関数について解説してきました。 エクセルを使う上で、四則演算の計算は基本中の基本ですので、 まずは基本をしっかり押さえた上で、数式や関数などの次のステップへ進むようにしましょう。 しかし、使っていけば引き算はすぐに慣れていくと思います。 いくつも数式を書いて覚えていきましょう。

次の

【エクセル】割り算のやり方

エクセルで割り算の仕方

この記事の目次• 割り算のやり方 それでは始めていきましょう! 割り算の計算結果を出したいセルをクリックして選ぶ まずは割り算の計算結果を 表示したいセルをクリックしてください。 割り算の数式を入力する つぎに割り算の数式を 入力していきましょう。 数式のはじまりに 「=(半角英数文字)」を 入力して数式をいれます。 数式を入れたら「Enter」キーを押して完了! すると 引き算の計算結果が出てきます。 割り算の数式を入力したら 「Enter」キーを押します。 そうすると 割り算の計算結果を表示できます。 とはいえ、割り算の整数部分を求めるQUOTIENT関数 割った余りを求めるMOD関数というものがあります。 まとめ• 割り算の計算結果を出したいセルをクリックして選ぶ• 割り算の数式を入力する• 数式を入れたら「Enter」キーを押して完了! お疲れ様でした。 割り算の数式計算は できましたでしょうか? エクセルを使っていく中で 四則演算は、頻回に使用していきます。 これを避けて通ることはできません。 ですので、しっかりとマスター していきましょう。 あなたの作業が 詰まることなく 進められることを 心より応援しております。 四則演算の数式まとめ これらの数式は、使う機会が多いので覚えておきましょう。

次の