西遊 記 キャスト。 西遊記2妖怪の逆襲(映画)のストーリーあらすじとキャストを紹介

西遊記 はじまりのはじまり : 作品情報

西遊 記 キャスト

Contents• 西遊記 西遊記は日本テレビと国際放送により制作されました。 1978年からパート1の26話が放送されたのですが、 その好評を受けて1979年にパート2が制作されたのでした。 パート1もパート2も日曜日の午後8時に放送されました。 このドラマ西遊記は、16世紀後半に書かれたものを題材にしており、 芥川隆行の素晴らしいナレーションが各話を締めくくっています。 「それはまた次回の講釈で」 この西遊記は日本国内のみならず、海外でも何度も再放送が行われて、 オーストラリアなどの英語圏でも「MONKEY」というタイトルで知られています。 また、イギリスでは英語版のDVDも発売されています。 西遊記パート1 放送期間:1978年10月1日 - 1979年4月1日 オープニングテーマ:『Monkey Magic』 エンディングテーマ:『ガンダーラ』 平均視聴率は約19. 天界から孫悟空が追放されてから500年が経った頃、 沙悟浄、猪八戒、三蔵法師らに出会い、天竺へ向けての取経の旅をするというストーリーです。 旅の途中に様々な困難に出会いながらも、それを乗り越えていきます。 短気な一方で優しく人情のある悟空。 仏の道を信じて仏門に入った三蔵法師。 飄々とした雰囲気がある沙悟浄。 愛嬌のあって、女性にめっぽう弱い八戒。 このような個性的なキャラクターが見どころでした。 本来は三蔵法師は男性として描かれていたのですが、それを女性である夏目雅子が演じる事で、 高貴な雰囲気がする三蔵法師の演出に成功しました。 ただ、あまり西遊記を知らない人々は、三蔵法師は元々も女性だと勘違いしてしまったようです。 そしてこの作品で三蔵法師を女性が演じたということがきっかけで、 それ以降の西遊記では美人女優が演じるのが定番となっていったのでした。 そしてクライマックスの最終回は「到着したのはニセ天竺だった」ということになっており、 再び天竺へ向けての旅路につくというところで終わっています。 ただ、この時点ではパート2の制作を意識していた訳ではなく、 製作サイドが視聴者に神秘的なイメージのある、 天竺を印象付けるための演出だったのです。 制作の背景 このドラマは日本テレビの開局25年記念番組として制作されたものです。 1978年というのは、日中平和条約が調印された記念すべき年で、 その当時としてはかなり画期的な中国での長期ロケも行われました。 放送日は日曜の8時で、NHKの大河ドラマと同じであったために、 それに引けを取らないために、その当時の金額で10億円の予算が投じられたのです。 基本的にはパート1と同様でありながら、猪八戒役を演じた西田敏行が降板して、 新しく左とん平が演じることになったのです。 三蔵法師の愛馬である竜の化身玉竜役には、 藤村俊二という新しいレギュラーが加わりました。 製作サイドができるだけ新しくしたいという意図を持っていたことから、 前作よりかなりバラエティーに富んだ内容となっていてます。 敵の妖怪がかなり大きくなったりと、特撮色が強まりました。 またパート2では、原作の『西遊記』には登場しない妖怪が出てくるなど、 多くの原作にはない要素が取り入れられていたので、 『平妖伝』や日本の映画や童謡などのモチーフが増えたのです。 制作サイドは人気作とあってパート3の製作を考慮していたために、 最終回で天竺への到着はせずに、ナレーションも続編を思わせるような言葉で締めくくっています。 制作の背景 中国ロケの際には、孫悟空を演じること47年の大ベテラン京劇のスターである 張松林から堺正章は如意棒の使い方を教えられたのです。 そして2人は意気投合し、如意棒だけでなく、剣戟などもその場で習得したと言います。 また、全編を通じてワンカメだけで撮影されていました。 まとめ 西遊記は素晴らしいドラマでした。 日本国内だけでなく、国際的にも人気のあるドラマというのが凄いですね! 夏目雅子が早くこの世を去ってしまったのは残念ですが、 後世に語り継がれる素晴らしい先鵜品を残してくれました。 そして、こんな素晴らしい作品を残せた昭和という時代は やはり懐の深い良き時代だったのだと思います。 スポンサーリンク.

次の

西遊記 はじまりのはじまり : 作品情報

西遊 記 キャスト

で、原作は全100話でとても長いんですが (👇上)、出回ってる本はたいてい 子供向けに縮めたものですね(👇下)。 はい、それでこれから読んでもらうのは、 その縮めたものをさらに縮めた 「簡単なあらすじ」です。 本家中国ではどんな感じ? さて、その「あらすじ」に入る前に、 『西遊記』の映画化で最も新しい 香港・中国合作のファンタジーアクション 『モンキー・マジック 孫悟空誕生』 ( The Monkey King,2014 の 予告編をチラ見してもらいましょうか。 こちらをクリック! 👉 日本人がイメージしているのと違う 部分もけっこうありますよね。 でも、これが本家の『西遊記』。 以下ではそのへんの違いにも注意しながら、 ストーリーを見ていきましょう。 ただ、なにしろ全部で100話もありますから、 最後(結末)まで行くとはいっても、 いろいろな妖怪との戦いなど、すべての エピソードを紹介していくわけには いきません。 その意味でだいぶはしょった「簡単な あらすじ」にはなりますね。 簡単なあらすじ さあ、それでは参りましょう。 はしょったとは言いましても、まだ長い ことは長いので、孫悟空が五行山に 閉じ込められるまでを描く「悟空編」と、 三蔵法師らとともに旅をする後半の 「遊行編」の2部に分けています。 それでは、始まり始まり~ Sponsored Links 🐵【悟空編】 天地開闢(てんちかいびゃく。 世界の 始まり)以来、花果山のてっぺんに あった霊力ある仙石が卵を生み、 それがはじけて金色の目の石ザルが 生まれました。 👉 この石ザルを中国内陸部に生息する キンシコウ 金糸猴 という種類だと する説もありますが、特に根拠は ないようです。 インド神話のハヌマーン(👇 中)がモデルだ という説もあって、むしろその方が 説得力ありますね。 サルの群のなかで遊んでいた石ザルは ある日、滝に隠された「水簾洞」 (すいれんどう)を見つけ、そこへ 仲間も引き入れてサルたちの王になり、 美猴(びこう)王と名のります。 気ままな生活を300年も続けた美猴王は、 自分もいつか死んでしまうことを 悲しみはじめました。 家来から、仏と神と仙人は死なないという 話を聞くと、では「死なない術」を さずかろうと、山を出て仙人に 弟子入りします。 仙人から「孫悟空」という名前をもらい、 72通りの変化(へんげ)の術を身につけた 石ザルは、一息に6万キロも飛べる 「觔斗雲」(きんとうん)もゲット。 自国軍を強化しようと考えた孫悟空は、 傲来国を攻めて武器を奪い、海底の龍宮 水晶宮 に行き東海龍王に「如意金箍棒」 (にょいきんこぼう。 略して如意棒)を むりやり差し出させます。 龍王の訴えを聞いた天の玉帝は、 悟空をおとなしくさせようと馬屋番の 官職を与えますが、悟空はバカにするな と大暴れして花果山に割拠。 Sponsored Links 毘沙門天の化身といわれる李天王と その子、ナタ太子に攻めさせたものの 撃退され、玉帝は仕方なく悟空に 「斉天大聖」の名を与え、「蟠桃園」 (天界の桃畑)をとりしきる仕事を させます。 そこでも横暴をきわめるので、玉帝は 甥であるつわもの、顕聖二郎真君 (けんせいじろうしんくん)を 呼んで、戦わせます。 南天門では、観音、西王母、老子らが 戦いを見守っていましたが、やがて 老子が左腕から「金剛琢」 こんこうたく という輪をはずして、ほうり投げますと、 それが脳天に当たって悟空は倒れました。 ついに御用となった悟空は、天上で コマ切れの刑に処されることに なりましたが、「仙丹」を食べていた おかげで切られても焼かれても無傷。 困り果てた玉帝が釈迦如来に 助けを求めますと、如来は悟空の ところへ行ってやさしく話します。 「その觔斗雲でわたしの右の手のひら から飛び出して見せてくれたら、 天界の神の座にすえてあげましょう」 悟空が空のはずれまで飛んで行くと、 五本の柱が立っていたので、 「斉天大聖」と署名しておしっこを かけてから釈迦如来のもとへ戻ります。 如来の指には悟空が書いた文字と おしっこの湯気が残っていました。 釈迦如来は五本の指を五行山に変え、 悟空の体をそこに押し込めます。 てっぺんの四角い石の上にお札を 貼り付けると、山に根が生えてすきまが 縮まり、悟空はわずかに身動きすること しかできなくなりました。 Sponsored Links 🐵【遊行編】 それから500年ほどして、下界の乱れを 案じた釈迦如来は、手もとにある三蔵の 真経を立派な僧に託したいと思い、 それにふさわしい人物を観世音菩薩 (観音さま)に探させ始めました。 中国の観世音菩薩像(北宋時代) 観音が出会ったのは、もとは天界で 捲簾大将(けんれんたいしょう)をつとめ ながら、玻璃の杯を壊したせいで 下界に落とされた妖怪。 観音から沙悟浄(さごじょう)という 法号をもらった妖怪は、取経者が来るのを ひたすら待つことになりました。 👉 この沙悟浄、日本では河童の イメージが定着していますが、 河童は日本の妖怪。 原作ではもちろんそんな姿では ありません。 「水怪」とされ、やがて「和尚」とも 呼ばれるというだけで、外見の特徴は 特にないので、中国人のイメージ だと下の人形 右から2つ目 のように なるんですね。 上の動画も参照してください。 続いて観音が出会ったのは、もと天界で 天蓬元帥(てんぽうげんすい)でありながら 嫦娥(じょうが)という女神にいたずらを したため下界に落とされ、ブタの腹から 生まれてしまった妖怪。 観音から猪悟能(ちょごのう)という法名を もらい、取経者の弟子になって旅をすれば 罪が許されると聞いて、この妖怪も同じく 取経者を待つことにしたのでした。 そしてようやく玄奘という若い優秀な僧を 見つけ出した観音は、「小乗の教えでは 亡者を救って昇天させることができないが、 わたしのところにある大乗仏法の三蔵なら それができる」と告げ、取経者に 任命します。 三蔵のお経を取りに行くということから、 玄奘は「三蔵」と名のるようになり、 太宗皇帝に許しを得て唐の都、長安から 天竺(インド)へ旅立ちます。 👉 三蔵の一行がたどる 道がいわゆる「シルクロード」。 五行山を通りかかった三蔵は、 孫悟空の封印を解き、弟子にしますが、 悟空はまるで三蔵の言うことを聞きません。 三蔵が観音から授けられた「緊箍児」 (きんこじ)という宝のついた頭巾を、 悟空にかぶらせました。 呪文を唱えると、その輪っかが ぎりぎりと悟空の頭を締め付けるので、 悟空は言うことを聞くようになります。 👉 この「緊箍児」、現代では頭部用だけ ではない各種のアクセサリーにも なっていますね。 ところでこの「緊箍児」に類似した 秘密兵器に「金箍児」「禁箍児」 というのもあって、孫悟空がすでに 手に入れている「如意金箍棒」 (略して如意棒)が新種自在なのは 「金箍児」が装着されているからだ ということになっているんですね。 「緊箍児」について詳しくは こちらで。 ・ 三蔵が悟空と旅していくと、いきなり 現れた妖怪が馬を食べてしまいました。 悟空が戦ううち、それは実は西海龍王の 子で、火事を起こして天界を追われた 龍であることが分かります。 観音の導きで龍は姿を変えて三蔵が乗る 馬になり、天界での罪の許しを求め、 ともに西へ向かうこととなります。 Sponsored Links 妖怪を退治しながら、西へ向かう一行は、 やがて猪悟能と沙悟浄にも出会い、 はじめは相手を知らないせいで戦いますが、 やがて仲間とわかって同行します。 猪悟能は、なまぐさものを食べないように 戒めを守っていたことから「八戒」と、 悟空は「行者」、悟浄は「和尚」とも 呼ばれるようになります。 各地の妖怪たちは、取経者の一行が やって来るのを今か今かと待ち構えて いましたが、それはこんな噂が 流れていたから。 「唐の坊主が大乗のお経を取りに 来るというが、そいつは金蟬子の 生まれ変わりで、十世にわたり 修行を積んだとびきりの善人だから、 その肉をひと切れでも食べると、 長寿長生まちがいなしだ」 👉 日本では女性が演じることの多い 三蔵法師ですが、原作ではもちろん男性。 上の動画も参考に。 妖怪たちはまず悟空、悟浄、八戒を 何とか始末してしまおうと、 あの手この手を使って来ます。 平頂山に巣食う2匹の妖怪、金閣大王と 銀閣大王が持っていた「紅ひょうたん」は 名前を呼び、相手が返事をしたら 吸いこんでしまうという不思議な法具。 悟空は得意の変化の術を使い、一時は その宝を奪ったりもするのですが、 また奪い返され、ふとした油断から 絶体絶命の危機に陥ってしまいます。 ウソの名前なら吸いこめないと思って 返事をすると、たちまちピューッと 紅ひょうたんに吸いこまれ、ぺたんと 封印のお札を貼られてしまいます。 紅ひょうたんは中のものをどろどろに 溶かされてしまうので、悟空は焦る ものの、いろんな仙術を駆使して 切り抜けます。 火焔山という難所では燃えさかる火で とても先には進めず、そこを通るには、 「芭蕉扇」(ばしょうせん)という 法具を使うしかありません。 それを持っているという鉄扇仙こと羅刹女 (らせつじょ)に貸してくれるよう頼みに 行きますが、羅刹女は悟空を見るなり激怒。 以前に悟空が退治した妖怪、紅孩児 (こうがいじ)の母だったから。 なんとか知恵を働かせて芭蕉扇を奪おうと しますが、やがて羅刹女の夫でやはり 悟空に恨みを抱く牛魔王も出てきて、 激しい戦いをくり広げます。 そのほかいろんな妖怪との戦いを 切り抜けて、一行がようやく天竺 (インド)までたどり着いたのは 長安をあとにして14年目のこと。 霊鷲山の雷音寺に入ると、釈迦如来が 現れて35部、全部で5048巻のお経を 授けられます。 八戒が帰り道の心配をすると 八大金剛が現れて、風を起こし、 一行を一瞬のうちに長安へ運びました。 悟空の頭の輪っかはいつの間にか なくなていました。 Sponsored Links どう書く? 感想文 さあ、どうでしょう。 これでもう内容はバッチリ。 感想文やレポートを書かなければ ならない場合も十分対応できますよね。 ん? 何を書けばいいかって? そうですねえ… たとえば中国人に子供のころどんな 童話を読み聞かされたかと尋ねると、 『西遊記』と答える人が多いんですね。 それほどに親しまれているわけですが、 それじゃあ、これに似た日本の童話に 何があるかというと、まず浮かぶのは 『桃太郎』じゃないでしょうか。 『西遊記』よりうんと短いですけど、 3人の家来を連れて、ある目的を達成 するための道中の話…という点では 同じですね。 なので、この2つの物語の共通点と 相違点を調べて行って、その違いから 思うところを書いて行ってみては どうでしょうか。 たとえば『桃太郎』が勝手に鬼ヶ島に 攻め込んで宝をぶんどることについては、 あの福沢諭吉先生も「けしからぬこと ならずや」と批判されているわけですが、 この点、『西遊記』の場合はどうなのか… とか。 ありがたいお経をいただきに…という わけですが、どんな大きな隔たりも けっきょくはお釈迦さまの掌の内で、 実際、目的地には釈迦が待っている ということならば、なぜそんな長く 困難な旅をさせる必要があるのか…とか。 👉 福沢諭吉の『桃太郎』観については こちらをご参照ください。 👉 この問題についてはこちらで 詳しく検討していますので、 ぜひご参照ください。 ・ また『金太郎』『浦島太郎』については こちらで。 ・ ・ 世界に視野を広げて、グリム、 アンデルセンなどの様々な童話・ 民話と比べてみるのも面白そうです。 👉 こちら探してみてもらえたら と思います。 ・ ・ ・ ・ ・ ん? 書けそうなテーマは 浮かんできたけど、具体的に どう進めていいかわからない  ̄ヘ ̄)? そういう人は、「感想文の書き方 《虎の巻》」を開陳している記事の どれかを見てくださいね。 👉 当ブログでは、日本と世界の 種々の文学作品について、 「あらすじ」や「感想文」関連の お助け記事を量産しています。 参考になるものもあると思いますので、 どうぞこちらからお探しください。

次の

西遊記 原作のあらすじ//全百話の結末までを簡単にたどると…

西遊 記 キャスト

概要 [ ] が製作したのの作品で、三蔵法師は同様に女優が演じている。 の破局会見後初のドラマ出演作としても話題になった が、製作元が国際放映からに変わり、撮影もフィルムからビデオに変更された。 は26. 9パーセント(瞬間最高33. 9パーセント)(関東地区・調べ) を獲得。 好評のため、翌年に連続ドラマとして・主演で『』が製作された。 ビデオはからメイキングを映像特典にしたものがに発売されていた。 旧シリーズが三蔵法師をあくまで美男子として描き通したのに対し、今作は女性の美しさを持つ男性でなおかつ、悟空の初恋の少女に似ているという設定にされている。 そのため、男性であるはずの三蔵(実際はが変身した姿)にが体を迫ろうとするシーンがある。 悟空、八戒、悟浄は元は人間だった者が落ちぶれて妖怪の姿になった設定に変更されている。 孫悟空は神通力を持ったが高慢なため猿に。 猪八戒は、村の村長が妖怪の誘惑によって村を没落させて豚に。 は、夢を見失った秀才が妖怪の誘惑により人殺しを重ねて河童にという設定である。 最強の敵は金角大王。 旧作では改心するみこみのある妖怪以外は殺していたが、本作では殺生はしてはならないという三蔵の信条により、金角大王とその息子の銀角大王は瓢箪に封印され、それ以外の妖怪は二人が封印された後、逃げ去ったので、敵も味方も誰1人死んでいない。 ただし、三蔵の所持品やお供の二人を殺した山賊は後に悟空によって殺害された。 登場人物・キャスト [ ] 孫悟空 - 三蔵の一番弟子。 本来は人間のガキ大将(原作と前作では石から生まれた石猿)で、子供の時から頭が良く、様々な術を体得して、混世魔王との戦いで如意棒を得る。 しかしながら、高慢さのために猿になる。 筋斗雲に乗って釈迦に勝負を挑むが、負けを認めなかったために五百年間、五行山に封印されてしまう。 三蔵に解放されて緊箍児を頭にはめられて以降、天竺までの旅のお供をすることになる。 高慢な性格で人を馬鹿にしたような態度を取るが、本来は観世音菩薩の言うように義侠心の強い持ち主でどのような状況に置かれても決して挫けず、師匠であり自分の初恋の少女の面影を持つ三蔵のことをいつも心配している。 玄奘三蔵法師 - 長安で人間に化けた銀角大王と白麗の正体を見破ったことから、太宗皇帝の信頼を得た旅の僧。 観世音菩薩のお告げにより、天竺まで取経の旅に出ることを決意し、皇帝から三蔵法師の法名を与えられる。 旅の途中で悟空、八戒、悟浄をお供にする。 人間に化けた妖怪の正体をばらす法力を持ち、銀角大王、白麗、金角大王の正体を見破った。 また醜い妖怪の姿と化した悟空、八戒、悟浄の姿を出来る限り人間に近い姿に戻す力も持つ。 釈迦に対する信仰心は強く、見たこともない釈迦の顔を実物に近い形で想像出来る程である。 「殺されても殺すな」という無殺生の精神が信条。 男性であるにもかかわらず、女性のような美しさと色気を持つ。 悟空の初恋の少女に似ている。 猪八戒 - 三蔵の二番目の弟子。 元々は豊かな村の村長であったが、銀角大王と白麗の誘惑に乗って、村を没落させてしまった。 その代償として、自身も醜い豚の妖怪になってしまう。 観世音菩薩のお告げにより、三蔵の弟子となり、人間に近い姿に戻ると同時に猪八戒の名前も与えられた。 しかし、女好きな部分だけは直らず、きっかけ一つですぐに醜い姿に戻ってしまう。 江戸っ子口調で調子の良い性格で前作同様、熊手を武器に戦う。 沙悟浄 - 三蔵の三番目の弟子。 元は沙水浄という名の長安のエリート学生だったが、銀角大王と白麗の誘惑に乗って、人殺しを重ねて醜い河童の妖怪になってしまった。 観世音菩薩のお告げにより、三蔵の弟子となり、頭の皿以外が人間に近い姿に戻ると同時に沙悟浄の名前も与えられた。 前作よりも控えめで大人しい性格で女性に弱い。 前作同様、宝杖を武器に戦う。 観世音菩薩 -• 金角大王 -• 銀角大王 -• 白麗 -• 太宗皇帝 -• 釈迦の声 -• ナレーター -• 、、、、、、 ほか スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:• 音楽:• 主題歌:「」• 撮影:東原三郎• 照明:淡路俊之• 美術:部谷京子• 録音:瀬川徹夫• VE:入山達彦• 編集:福田憲二• 記録:桧垣久恵• 助監督:井上文雄、城本俊治、張加貝、• 選曲:• 音響効果:()• 特殊メイク:• 殺陣:• ラインプロデューサー:• 特撮ユニット• 特撮スーパーバイザー:• 撮影:木所寛• 照明:林方谷、保坂芳美• 視覚効果:• 助監督:、勝賀瀬重憲、清水信宜、加来千秋• 操演:亀甲船(根岸泉)• CG:• CG協力:、ニューテック、• 中国ユニット• 協力:上海市廣播電視局、東方明珠国際交流公司、• プロデュース:陳雙慶(CHAN, SHEUNG HING)• 技術協力:、• 装飾:• スタジオ:、• 企画:小杉義夫• プロデューサー:、鍋島寿夫、坂美佐子• 制作協力:、、ライトヴィジョン・エンタテイメント• 製作著作: 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の