エウロペ。 エウロペとは

エウロペ (SSR)水着バージョンの詳細・評価

エウロペ

『テュロスビネット』通称エウロペ琴の必要本数とその理由を、具体的な数値を示しながら詳しく解説します。 エウロペ琴の性能・基本情報 水属性の楽器。 攻撃力はLv150で2390。 奥義『テーバイ』 追加効果として• 敵の火属性攻撃10%ダウン• 自分の奥義ゲージ20%UP を持ちます。 効果としては悪くないですが、火力に直結しないので普段メイン武器として使用することはありません。 スキル1『海神方陣・攻刃』• 方陣攻刃14. 5% SLv15時 方陣スキルなので、召喚石『リヴァイアサン・マグナ』の加護が乗ります。 攻刃量はリヴァ短剣よりも低い リヴァ短剣 レヴィアンゲイズ・マグナ の方陣攻刃の効果量はSLv15時で18%。 エウロペ琴の14. 5%よりも高いため、通常攻撃やアビリティダメージの火力はエウロペ琴よりもリヴァ短剣の方が少し上です。 スキル2『海神方陣・必殺』• 水キャラの奥義ダメージ9. 5%UP SLv15• 水キャラの奥義ダメージ上限9. 5%UP SLv15 以上の2つの効果を持ち、方陣スキルなのでやはりリヴァマグの加護が乗ります。 片面4凸リヴァイアサン・マグナを想定する場合、4凸エウロペ琴SLv15を1本編成すると• 奥義ダメージ20. 9%UP• 奥義ダメージ上限20. 9%UP の効果があるということになります。 奥義ダメージUPの上限値 方陣必殺による『奥義ダメージUP』は、最大で100%まで効果があります。 片面リヴァマグではエウロペ琴1本で20. 9%の奥義ダメージUP効果なので、 合計5本までは編成による奥義ダメージUPの恩恵があります。 奥義ダメージ上限UPの上限値 方陣必殺による『奥義ダメージ上限UP』は、最大で30%まで効果があります。 片面リヴァマグではエウロペ琴1本で20. 9%の奥義ダメージ上限UP効果なので、 合計2本まで編成による奥義ダメージ上限UPの恩恵があります。 とりあえずは2本が目標 リヴァ短剣をエウロペ琴に変えた場合、通常攻撃のダメージは下がり、奥義ダメージとその上限は上昇します。 基本的に、 通常攻撃のダメージの低下分よりも奥義ダメージ上昇の増加分の方が大幅に大きいので、エウロペ琴は編成した方が強くなります。 ではエウロペ琴は何本編成するのかについてですが、 『方陣必殺による奥義ダメージ上限UPの最大効果量30%に達する2本』編成するのがとりあえずの目標。 どちらも上限に達しています。 約60万ほど上限がUPしており、リヴァ短剣のみの編成と比べると格段に強くなっているのがわかります。 3本目以降はいくらエウロペ琴の本数を増やしても上限は一切変わりませんので、『エウロペ琴2本』という本数は最もコストパフォーマンスに優れているとも言えます。 火力が足りず上限に届かない場合は3本以上編成 エウロペ琴を2本編成して、方陣必殺の奥義上限UPの最大値である30%を確保したとしても、 『火力が足りずにそもそも奥義ダメージが上限に達しない』場合があります。 具体的には• 全体的な装備の強化度が十分でない• 防御ダウンやバフが不十分• 敵の防御値が高い• 敵が無属性 などのケースが考えられます。 この場合はエウロペ琴の方陣必殺スキルによる『奥義ダメージUP』目当てに、3本以上編成した方が良くなります。 約360万の上限まで全然届いていません。 次はリヴァ短剣1本を外し、代わりにエウロペ琴を追加してエウロペ琴3本とした場合。 約40万ほどダメージがUP。 このように、ダメージが上限まで届かない場合にはエウロペ琴の本数を増やすほど奥義ダメージは伸びていきます。 ただし、 先述のように方陣必殺の『奥義ダメージUP』の最大効果量は100%なので、エウロペ琴は最大5本までの編成となります。 無属性の敵の場合は5本編成したいことが多い• 無属性の敵に対しては火力が出にくい• 天司武器が外れるので武器の枠が1つ空く の2つの理由から、アルバハNなどの敵に対して水マグナ編成で挑む場合にはエウロペ琴を5本編成したい場合が多いです。 一方、無属性の敵に水マグナで行かないという場合には5本編成することはまずないので、最大でも4本で基本OKです。 防御下限• アルタイルの1アビバフ使用• 約300万ダメージで上限まで届いています。 このように、エウロペ琴2本でもバフがしっかり乗っていれば上限ダメージは出ます。 約240万ダメージで、上限まで60万ほど足りません。 よほどの短期戦でなければバフが切れる 少なくなる ターンはあるので、このように琴2本では上限まで大幅にダメージが足りない場合も出てきます。 では 琴3本でアルタイルの1アビバフがない場合はどうでしょうか。 約280万ダメージ。 上限までは若干足りませんが、琴2本の時よりも約40万ほども高いダメージが出ています。 このように 中~長期戦でバフが薄くなるターンが出てくる実戦を想定すると、エウロペ琴は3本編成したいことが多いです。 よって、エウロペ琴は『とりあえず4凸2本を目標とした上で、できれば3本作成する』のがおすすめです。 ヴァルナ編成の場合は3本 ヴァルナ編成の場合はリヴァマグの加護がないので、方陣必殺の奥義上限の上限値である30%まで確保するには、エウロペ琴は3本必要になります。 厳密には9. 5%足りませんが、1. 5%のために4本目を編成することはありません。 guraburukouryakusinannjo.

次の

エウロペ

エウロペ

『テュロスビネット』通称エウロペ琴の必要本数とその理由を、具体的な数値を示しながら詳しく解説します。 エウロペ琴の性能・基本情報 水属性の楽器。 攻撃力はLv150で2390。 奥義『テーバイ』 追加効果として• 敵の火属性攻撃10%ダウン• 自分の奥義ゲージ20%UP を持ちます。 効果としては悪くないですが、火力に直結しないので普段メイン武器として使用することはありません。 スキル1『海神方陣・攻刃』• 方陣攻刃14. 5% SLv15時 方陣スキルなので、召喚石『リヴァイアサン・マグナ』の加護が乗ります。 攻刃量はリヴァ短剣よりも低い リヴァ短剣 レヴィアンゲイズ・マグナ の方陣攻刃の効果量はSLv15時で18%。 エウロペ琴の14. 5%よりも高いため、通常攻撃やアビリティダメージの火力はエウロペ琴よりもリヴァ短剣の方が少し上です。 スキル2『海神方陣・必殺』• 水キャラの奥義ダメージ9. 5%UP SLv15• 水キャラの奥義ダメージ上限9. 5%UP SLv15 以上の2つの効果を持ち、方陣スキルなのでやはりリヴァマグの加護が乗ります。 片面4凸リヴァイアサン・マグナを想定する場合、4凸エウロペ琴SLv15を1本編成すると• 奥義ダメージ20. 9%UP• 奥義ダメージ上限20. 9%UP の効果があるということになります。 奥義ダメージUPの上限値 方陣必殺による『奥義ダメージUP』は、最大で100%まで効果があります。 片面リヴァマグではエウロペ琴1本で20. 9%の奥義ダメージUP効果なので、 合計5本までは編成による奥義ダメージUPの恩恵があります。 奥義ダメージ上限UPの上限値 方陣必殺による『奥義ダメージ上限UP』は、最大で30%まで効果があります。 片面リヴァマグではエウロペ琴1本で20. 9%の奥義ダメージ上限UP効果なので、 合計2本まで編成による奥義ダメージ上限UPの恩恵があります。 とりあえずは2本が目標 リヴァ短剣をエウロペ琴に変えた場合、通常攻撃のダメージは下がり、奥義ダメージとその上限は上昇します。 基本的に、 通常攻撃のダメージの低下分よりも奥義ダメージ上昇の増加分の方が大幅に大きいので、エウロペ琴は編成した方が強くなります。 ではエウロペ琴は何本編成するのかについてですが、 『方陣必殺による奥義ダメージ上限UPの最大効果量30%に達する2本』編成するのがとりあえずの目標。 どちらも上限に達しています。 約60万ほど上限がUPしており、リヴァ短剣のみの編成と比べると格段に強くなっているのがわかります。 3本目以降はいくらエウロペ琴の本数を増やしても上限は一切変わりませんので、『エウロペ琴2本』という本数は最もコストパフォーマンスに優れているとも言えます。 火力が足りず上限に届かない場合は3本以上編成 エウロペ琴を2本編成して、方陣必殺の奥義上限UPの最大値である30%を確保したとしても、 『火力が足りずにそもそも奥義ダメージが上限に達しない』場合があります。 具体的には• 全体的な装備の強化度が十分でない• 防御ダウンやバフが不十分• 敵の防御値が高い• 敵が無属性 などのケースが考えられます。 この場合はエウロペ琴の方陣必殺スキルによる『奥義ダメージUP』目当てに、3本以上編成した方が良くなります。 約360万の上限まで全然届いていません。 次はリヴァ短剣1本を外し、代わりにエウロペ琴を追加してエウロペ琴3本とした場合。 約40万ほどダメージがUP。 このように、ダメージが上限まで届かない場合にはエウロペ琴の本数を増やすほど奥義ダメージは伸びていきます。 ただし、 先述のように方陣必殺の『奥義ダメージUP』の最大効果量は100%なので、エウロペ琴は最大5本までの編成となります。 無属性の敵の場合は5本編成したいことが多い• 無属性の敵に対しては火力が出にくい• 天司武器が外れるので武器の枠が1つ空く の2つの理由から、アルバハNなどの敵に対して水マグナ編成で挑む場合にはエウロペ琴を5本編成したい場合が多いです。 一方、無属性の敵に水マグナで行かないという場合には5本編成することはまずないので、最大でも4本で基本OKです。 防御下限• アルタイルの1アビバフ使用• 約300万ダメージで上限まで届いています。 このように、エウロペ琴2本でもバフがしっかり乗っていれば上限ダメージは出ます。 約240万ダメージで、上限まで60万ほど足りません。 よほどの短期戦でなければバフが切れる 少なくなる ターンはあるので、このように琴2本では上限まで大幅にダメージが足りない場合も出てきます。 では 琴3本でアルタイルの1アビバフがない場合はどうでしょうか。 約280万ダメージ。 上限までは若干足りませんが、琴2本の時よりも約40万ほども高いダメージが出ています。 このように 中~長期戦でバフが薄くなるターンが出てくる実戦を想定すると、エウロペ琴は3本編成したいことが多いです。 よって、エウロペ琴は『とりあえず4凸2本を目標とした上で、できれば3本作成する』のがおすすめです。 ヴァルナ編成の場合は3本 ヴァルナ編成の場合はリヴァマグの加護がないので、方陣必殺の奥義上限の上限値である30%まで確保するには、エウロペ琴は3本必要になります。 厳密には9. 5%足りませんが、1. 5%のために4本目を編成することはありません。 guraburukouryakusinannjo.

次の

【FGO】アトランティス終了したけど、エウロペさん全然出てきてない件。なんで君実装されたの……?みんなの反応まとめ

エウロペ

概要 [ ] テュロスの王女として生まれたエウローペーは美しく成長した。 あるとき、彼女を見たは一目で恋に落ち、彼女を誘惑するために自身を白い牡牛に変え、エウローペーが侍女と花を摘んでいるときに近づいた。 そして白い牡牛を見つけたエウローペーがその背にまたがると、白い牡牛は海を渡ってエウローペーをクレータ島へと連れ去った。 そこでゼウスは本来の姿を現し、エウローペーとの間にミーノース、ラダマンテュス、サルペードーンをもうけた。 その後、クレータ王 ()が3人の息子たちの義理の父になった。 ゼウスはエウローペーにと必ず獲物をとらえる猟犬となくなる事のない投げ槍の、3つの贈り物を与えた。 その後ゼウスは再び白い雄牛へと姿を変え、星空へと上がり、になった。 またエウローペーが海を渡った西方の地域は彼女の名前から「ヨーロッパ」 Europa と呼ばれるようになった。 なお、エウローペーの兄弟たちは彼女を捜索する旅に出たが発見することが出来ず、それぞれが赴いた土地の支配者となった。 特に有名なのはで、にとどまったのち ギリシアに渡り、市を創建した。 西洋美術におけるエウローペー [ ] エウローペーは・時代には、、などで描かれた。 それらの多くは牡牛に変身したゼウスによってエウローペーが連れ去られる場面を描いている。 この点は期においても同じだが、しばしば祝婚、海上進出、領土拡大、子孫繁栄などの意味ともに描かれた。 祝婚の例としては、 ()が描いた ()の板絵が挙げられる(15世紀後半)。 カッソーネとは婚礼用の家具で、その細長い側面に海を渡る牡牛とエウローペーの姿が描かれている。 1566年には、の子ととの結婚を記念する祝賀パレードのにエウローペーが描かれた。 その一方、がの室内装飾で計画した「ユピテルの間」ののように、政治的な意味を伴うこともあった(1555年頃)。 このタペストリーにはエウローペーが描かれたが、その意図についてヴァザーリはコジモ1世がを占領したことによって、がに進出したことを表すと説明している。 エウローペーはの『』をはじめとする文学作品にとして描かれ、ルネサンス以降、西洋絵画においてもエウローペーは人気のある主題となった。 絵画の多くはオウィディウスから主題を取っており、『 エウロペの略奪』( Rape of Europe)あるいは『 エウロペの誘拐』( Abduction of Europa)などと題されている。 最も有名な絵画作品はの巨匠の『』だが、ここに描かれたエウローペーのポーズは文献的、図像的に説明することが困難であるため、画家の独創によると見なされている。 同じヴェネツィア派のは異時同図法を用い、牡牛がエウローペーを連れ去る過程を前景・中景・後景の3つに分けて描き込んでいる。 また他にもよく知られたものとして、、、、20世紀に入ってからは、といった画家がこの主題を描いている。 ギャラリー [ ]• 呉茂一訳『イーリアス(下)』534頁。 『マンガ ギリシア神話2 至高神ゼウス』 2000年、236頁。 オウィディウス『変身物語』2巻。 ヘロドトス『歴史』4巻45。 アポロドーロス、3巻4・1。 細野喜代『ティツィアーノ作《エウロペの掠奪》の意味および形態の源泉』。 参考文献 [ ]• 『ギリシア神話』訳、(1953年)• 『(上)』訳、岩波文庫(1982年)• 『(中)』訳、岩波文庫(1972年)• 『(下)』訳、(2003年)。 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、(1960年)• 細野喜代『ティツィアーノ作《エウロペの掠奪》の意味および形態の源泉』(美術史學會編『美術史』51巻1号, 2001年所収) 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 : 2013年5月より発行される紙幣に描かれている。

次の