アテローム 血栓 性 脳 梗塞。 アテローム脳梗塞とは?原因と予防、症状

アテローム血栓性脳梗塞とは?症状、画像診断、治療まとめ!

アテローム 血栓 性 脳 梗塞

アテローム血栓性梗塞 アテローム血栓性梗塞の症状 アテローム血栓性梗塞は、脳の血管のうちどの部位が詰まってしまったかによって症状は以下の4種類に分類されます。 中大脳動脈の詰まりによる症状 普通に話すことができなく、相手の言っていることも理解できなくなります。 顔面や皮膚の感覚、そして一方の手足などにマヒが起こったり、 意識障害が起きることもあります。 脳底動脈の詰まりによる症状 眼球の動きに関する障害や意識障害が起きます。 両手足がマヒすることがあります。 内頸動脈の詰まりによる症状 身体の片側で 運動障害や 感覚障害が起きます。 一方の目の視力が一時的になくなることがあります。 会話をしようとしても、相手の言葉が理解できなかったり、言いたい言葉が出てこないなどの症状が見られます。 椎骨動脈の詰まりによる症状 吐き気や嘔吐、目まいなどの症状が見られます。 飲食物が飲み込めない、うまくしゃべれないなど、舌や口の動きに異常が起きます。 なお、こうした症状の多くは 就寝中に発生するケースが多いようです。 アテローム血栓性梗塞の原因 アテローム血栓性梗塞の原因とされるのは、 アテローム動脈硬化でもある 粥状動脈硬化です。 これは、 悪玉コレステロールが血管の壁の中に入ってしまって、ドロドロの固まりができてしまう動脈硬化の一種。 このドロドロの固まりが 粥腫(じゅくしゅ)であり、アテロームもしくは プラークともいいます。 この状態を放置しておくと固まりは大きくなり、血管内部を狭めてしまいます。 それに伴って血液の流れが阻害されることで、動脈硬化に至るわけです。 また、血管がこのような状態で、高血圧になってしまうと、固まりができている部分に負荷がかかって、内壁が破れます。 血管はそれを治そうとするわけですが、いってみればかさぶたのような固まりになるため、これも血流の悪化につながります。 この血管修復時にできる血液の固まりは 血栓と呼ばれるものです。 こうした状況は 生活習慣病ともいわれる高血圧や高脂血症、糖尿病などによって起きやすくなるのも注意すべきポイントです。 アテローム血栓性梗塞の初期症状 脳血管の中でも、比較的太い動脈に血栓が付着し血管が詰まるアテローム血栓性梗塞は、血管が詰まった場所により症状は異なります。 初期症状としては、心原性脳梗塞と同じく、片目が見えなくなる、顔面麻痺が片側におこる、片側の手足の運動麻痺、ろれつが回らない、めまい、吐き気、嘔吐などが挙げられます。 アテローム血栓性梗塞は、心原性脳塞栓症よりは症状が軽いことが多い一方、ラクナ梗塞よりも重くなりやすい脳梗塞です。 また、発症する時間帯としては起床時や睡眠時に起こることが多いのも特徴の一つです。 異変を感じたら、一刻も早く最寄りの病院で診療を受けましょう。 出典: アテローム血栓性梗塞の治療法 アテローム血栓性梗塞の治療は、rt-PA静注に加え、抗血小板剤や抗凝固剤などを使った薬物療法が主流です。 また、発症後は抗炎症作用のあるアルピリンなどの服用も勧められています。 アテローム血栓性梗塞,ラクナ梗塞は当初軽く見えても進行することが多いので発症早期に搬送された場合症状が軽くても使用すべきと考えられる.しかし rtPA静注療法単独では再増悪することが多く当初から神経保護薬,抗血小板療法,抗凝固療法,内皮保護薬などとの併用が必要であると考えられる.また脳主幹動脈の閉塞,及び狭窄を伴うアテローム血栓性梗塞では rt-PA 静注療法が無効の場合,脳血管内治療の追加も考えるべきである. 出典: rt-PA静注療法は、脳卒中発症後4. 5時間以内に採用される治療法です。 rt-PA静注療法は、脳卒中発症から治療開始が早ければ早いほど予後がいいことがわかっています。 こうしたことからも、アテローム血栓性梗塞を発症した場合には、一刻も早く病院に行き、治療をスタートすることが大切となるのです。 アルテプラーゼ静注療法は、発症から 4. 5 時間以内に治療可能な虚血性脳血管障害患者に対して行 う【エビデンスレベル Ia, 推奨グレード A】。 発症後 4. 5 時間以内であっても、治療開始が早いほど良好な転帰が期待できる。 このため、患者が来院した後、少しでも早く(遅くとも1時間以内に)アルテプラーゼ静注療法を始めることが望ましい 出典: こうした薬物療法に加え、アテローム脳梗塞の程度によっては、バイパス手術や頸動脈剥離術などの外科的治療が用いられることもあります。 もし起きてしまったら…後遺症などの心配はある? アテローム血栓性梗塞は、発症初期には症状が軽かったとしても、その後進行し重篤な症状に陥ることの多い脳梗塞です。 動脈硬化が原因として引き起こされるため、心筋梗塞・歌詞閉塞性動脈硬化症などが合併することもあると言われています。 発症後の回復には早期治療開始が大切であることは、先程ご紹介した通りです。 万が一発症した場合、心原性脳塞栓症と同じく、治療開始が遅れれば後遺症が残るリスクは、最悪の場合命を落とすことも。 再発を繰り返してしまえば、後遺症が起こる確率は高くなり、言語障害や運動障害、感染症リスクの増大なども高まります。 再発予防のためには、血圧コントロールや生活習慣の改善、肥満の改善なども非常に大切です。 再発予防のために、血液を固まりにくくするお薬が処方されることも多く、再発予防のためにはきちんとこうした薬を服用することも大切です。 アテローム血栓性梗塞の脳梗塞のうちに占める割合 アテローム血栓性梗塞は脳梗塞の全体の 30%程度の割合。 近年は別ページで紹介している ラクナ梗塞とも大きな差がないほどのシェアを占めています。 情報参照元: 情報参照元:.

次の

重度の脳梗塞の方の後遺症とリハビリについて

アテローム 血栓 性 脳 梗塞

詰まる部分によって症状も異なります。 まひなどの運動障害やしびれなどの感覚障害、意識障害、失語(思うように話せない、他人の話が理解できない)、失行(状況に合わない行動をとる)、失認(左右の区別がつかなくなったり、体の部分の名前がわからなくなる)などの症状が現れます。 血管が徐々に詰まっていくタイプでは、症状が数時間から数日にわたって段階的に進みます。 原因 血液中のコレステロールなどが増えると、動脈の内壁に沈着して、粥状のコブになってきます。 この状態をアテローム硬化(粥状硬化)といいます。 アテローム硬化が進むと血管の内壁が傷つき、それを修復するために血小板が集まってきて血栓をつくります。 この血栓が血管を詰まらせ、血流障害を引き起こします。 アテローム硬化を生じさせる危険因子としては、喫煙、高血圧、脂質異常症、糖尿病などがあげられます。 治療法 血管が詰まることで、血流が停滞して、新たな血栓がつくられやすくなります。 それを防ぐために、血液の凝固作用(血が固まろうとする働き)を抑制する抗凝固薬が用いられます。 それと併せて、脳のむくみをとり、脳組織へのダメージをできるだけ抑える治療が行われます。 症状が安定したあとは、再発予防のために、血栓がつくられるのを防ぐ抗血小板薬を服用します。 それに加えて、血栓除去手術や、カテーテルを用いた血管拡張手術、頭皮の動脈から脳動脈へ血液を流す血管吻合手術などの外科的治療が行われることもあります。

次の

脳梗塞急性期におけるカテーテル治療(血管内治療)とは?治療法や再発の予防について

アテローム 血栓 性 脳 梗塞

アテローム血栓性脳梗塞とは?アテローム血栓性脳梗塞について解説〜高齢者の生活習慣病 アテローム血栓性脳梗塞 - アテローム血栓性脳梗塞の基礎知識について解説 アテローム血栓性脳梗塞 当サイトでは、様々な生活習慣病の中でも高齢者に見られる病気を中心に解説紹介しています。 このページでは、脳梗塞 (のうこうそく)について解説しています。 脳梗塞は誰でもなりうる病気ですが、特に中年から高齢になると注意したい病気です。 そして、脳梗塞はとても危険な病気なのです。 ですから脳梗塞について理解し、脳梗塞の症状・原因・治療・検査や、さらに気になる色々な情報・基礎知識などから、脳梗塞を早期発見・予防できるようにしましょう! 脳梗塞について知りたい方のために当サイトが少しでもお役にたてると幸いです。 それではそれぞれについて見ていきましょう。 アテローム血栓性脳梗塞とは? (あてろーむ けっせんせい のうこうそく) アテローム血栓性脳梗塞 (あてろーむ けっせんせい のうこうそく)とは、太い動脈に動脈硬化が起こることで発症する脳梗塞です。 脳の太い動脈に動脈硬化が起こり、血栓が発生して血管が詰まることで、アテローム血栓性脳梗塞が発症してしまいます。 また、頸部 (けいぶ)の太い動脈である頸動脈 (けいどうみゃく)に動脈硬化が発生しても、アテローム血栓性脳梗塞になります。 頸動脈とは、首の左右にあり脳へ血液を流している血管なのですが、頸動脈で血栓ができて、それが脳の血管へと流れついて詰まり、脳梗塞になる場合もあります。 また、動脈硬化により動脈(血管)が狭くなっているときに血液の粘りけが増えることで、血流が狭い部分へ届かなくなって脳梗塞が発症することもあります。 アテローム血栓性脳梗塞は、脳梗塞の3つの種類の中では、ラクナ梗塞に次いで多くみられるものですが、最近では、このアテローム血栓性脳梗塞が増えてきています。 アテローム血栓性脳梗塞の原因 動脈硬化には、「粥状動脈硬化 (じゅくじょう どうみゃくこうか)」、「中膜硬化 (ちゅうまくこうか)」、「細動脈硬化 (さいどうみゃくこうか)」、の3つの種類がありまが、そのうち、「 粥状動脈硬化(アテローム動脈硬化とも呼ばれる)」がアテローム血栓性脳梗塞の原因となります。 粥状動脈硬化 (じゅくじょう どうみゃく こうか)とは、血管(動脈)の壁にLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が入り込んでしまうために、お粥 (おかゆ)のようなドロドロとした固まりである「 粥腫 (じゅくしゅ)」が発生してたまってしまう動脈硬化のことです。 粥腫 (じゅくしゅ)がたまってどんどん大きくなっていくと、血管の空間を狭くしていき、血流が悪くなってしまいます。 さらに、高血圧などにより力が加わることで、粥腫が破裂して中身が出てしまうと、そこを修復しようとして血の固まりである血栓 (けっせん)ができてしまい、狭くなっていた血管をふさいで血流を止めてしまう場合もあります。 脳で、粥状動脈硬化が起こり血栓による血流の停止が起こると、 アテローム血栓性脳梗塞になってしまいます。 粥状動脈硬化は、糖尿病、高血圧、高脂血症などにより発生する可能性が高くなります。 アテローム血栓性脳梗塞の原因となる「粥状動脈硬化(アテローム動脈硬化)」は、、、などの生活習慣病により発生したり、またさらに進行したりしてしまいます。 また、肥満やタバコ(喫煙)でも、動脈硬化の発生・進行のリスクは高くなります。 動脈硬化は加齢により誰でも起こりやすくなります。 ですから、高齢者の方は特に生活習慣病や肥満、喫煙などにも注意しましょう。 アテローム血栓性脳梗塞の症状・発作 アテローム血栓性脳梗塞の症状は、血管が詰まる場所により様々です。 症状として起こるものは、「一時的に片側の目が見えなくなる」、「片側の顔面や手足の感覚・機能がなくなったり、麻痺 (まひ)したりする」、「皮膚の感覚が麻痺する」、「言語障害」、「意識障害」、「失語」、「失行 (しっこう)」、「失認 (しつにん)」、「めまい」、「吐き気・嘔吐 (おうと)」、嚥下障害 (えんげしょうがい:物が飲み込みにくくなる)」、「四肢(手足)の麻痺」、などが起こることがあります。 症状は、睡眠中に起こることが多いです。 それでは次のページでは、ラクナ梗塞について見ていきましょう。

次の