黒 にんにく 効果 女性。 【こんなにあるの!?】黒にんにくの効能効果を一挙大特集!

美肌とアンチエイジングに効果がある「黒にんにく」のパワー

黒 にんにく 効果 女性

健康食品として有名で大人気の黒にんにく。 知人からの紹介やテレビなどで知って興味を持った方も多いのではないでしょうか? 黒にんにくの人気のヒミツは、 ・健康に良い成分がにんにくの何倍にも増えている。 ・にんにく独特のニオイがなく、味も甘くておいしい。 ・原材料がにんにくのみ・無添加という安心感。 といった、いいことずくめだから。 そして何より、 多くの方が食べ続けている最大の理由は「食べてみたら、健康に良いことを本当に実感しているから」なんです。 感じる効果の内容は人それぞれですが、黒にんにくには実にたくさんの効能効果があるので、何かしらの違いを実感しやすいのも特徴です。 あなたの健康上のお悩みは何ですか? ここで、黒にんにくに期待できる効能効果を一挙にまとめますので、その中にあなたのお悩みにピッタリなものがあるかもしれませんよ。 ぜひチェックしてみてください! 関連記事疲労回復がメインなら【にんにく卵黄】もおすすめ! 目次• 黒にんにくがすごい理由 黒にんにくとは、通常の白いにんにくを高温・高湿環境で30日ほど自己熟成させた、真っ黒なにんにくのこと。 もともと白にんにくは滋養強壮に良い食品だということは誰もが知っているところですが、ニオイもすごいし、刺激が強くてたくさん食べられないという弱点がありました。 でも 黒にんにくなら、熟成の過程でにんにく臭は消え、甘く食べやすくなるのです。 しかも食べやすくなっただけでなく、 「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アミノ酸」などの有用成分が何倍にも増え、これらの成分が主役となって、にんにくにはなかったさまざまな効能を生み出しているのです。 黒にんにくを世に広めたといっても過言ではない、佐々木甚一教授の黒にんにくの効果と成分に関するインタビュー動画がこちら。 黒にんにくの効能効果 大特集 黒にんにくは、にんにくが持っていた効能効果にプラスして、新たに生み出された成分の作用も加わりますから、ちょっと多すぎるくらいにたくさんの効能効果が期待できます。 具体的にはどんな効果が期待できるのでしょうか?• 抗がん作用• 生活習慣病予防• 動脈硬化、高血圧予防• 疲労回復、滋養強壮効果• 体ポカポカ作用、冷え性改善• 免疫力アップによる風邪予防• アレルギー予防・軽減• 便秘解消・腸の働きを正常化• 肝機能の向上• 糖尿病予防• 認知症予防・集中力アップ• 殺菌・抗菌作用 お、多すぎる・・・ これから、これらの効能効果についてひとつづつ説明していきますが、注意しなければならないのは、黒にんにくは薬ではなく「食品」ですから、食べればこの病気が治るなどの効果はありません。 病気を予防するとか、健康維持という観点でお考え下さいね。 黒にんにくには抗がん作用が期待できる 黒にんにくは、がん細胞と戦うNK細胞を活性化させる力があるということが分かっています。 先ほどのyoutubeにも登場していた、佐々木甚一教授の実験によると、10匹のがんにかかっているマウスを5匹ずつのグループに分けて実験したところ、黒にんにくを与えたグループは5匹中2匹のがんが消失し、残りの3匹もガン細胞が40%ほど減少していました。 いっぽうの与えなかったグループは、がん細胞が約2倍にまで増殖していた。 この作用は、黒にんにくに豊富に含まれている「S-アリルシステイン」によって、がん細胞と戦うNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性が高められたからだと考えられます。 このS-アリルシステインは、世の中の食べ物の中で、 にんにくにしか含まれていない成分で、しかも黒にんにくにすることによって、約4倍に増えるのです。 70代男性 抗がんに一番効果があると聞き、ここ数年食べ続けています。 自宅でも作れるのですが、臭いと手間がかかるので市販品を購入しています。 抗酸化作用による生活習慣病予防 体内に存在する活性酸素は、シミシワや認知症などの老化現象のほか、動脈硬化、糖尿病、メタボ、肝機能障害などの生活習慣病の引き金となる厄介な物質なんです。 もともと人間には活性酸素を取り除く力(=抗酸化力)があるのですが、40代頃からその力が衰え始め、徐々に体内の活性酸素が蓄積されていくようになります。 そこで、普通の白にんにくの10倍の抗酸化力のある黒にんにくを食べることにより、 活性酸素を取り除き、さまざまな生活習慣病の予防に役立つのです。 血液サラサラ作用による動脈硬化、高血圧予防 ドロドロの血液は、免疫力の低下、高血圧や動脈硬化、がんの発生にもつながってしまいます。 動脈硬化は症状が現われにくく、放っておくと、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などに発展する危険な病気ですから、是非とも予防したいものです。 黒にんにくには ・悪玉コレステロール低下作用 ・血圧低下作用(血圧を正常にする) ・血栓の除去を促す作用 ・血行を良くする作用 など、 血液の質と流れを良くするパワーがあり、動脈硬化予防、血圧正常化、免疫力アップ、冷えの改善などが期待できるのです。 50代男性 毎日1粒ずつ食べて2週間ほどで、130台だった血圧が110台で落ち着いています。 まだ残っているので継続的に測り、効果の程を確かめていきたいと思います。 疲労回復、滋養強壮効果 黒にんにくに多く含まれる アルギニンは、エネルギー生産効率を高め、疲労物質を体外に排出させるよう働きます。 アルギニンは体内でも生成されるアミノ酸ですが、加齢とともに減少し、40代では最盛期の約半分にまで落ち込むと言われていますから、食べ物からも補いたい成分です。 また、 アリチアミンという成分も体のエネルギー生産をサポートして、体力アップという側面からも疲れにくい体に。 必須アミノ酸もバランスよく豊富に含まれていますから、毎日の栄養補給という点でも優れているのです。 黒にんにくを食べ続けている人は、毎日元気に過ごせるようになったから続けている、という人も多いんですよ。 30代女性 肌の乾燥やお化粧ノリの悪さが目立ち始めた時に、知り合いから黒にんにくが美肌にいいと教えてもらいました。 食べ始めてポカポカと血行が良くなったからか、お肌の状態が明らかにハリとツヤが良くなってました。 ファンデーションのノリが良くなったことはもちろんですが、顔色も明るくなりました。 免疫力アップによる風邪予防 体温が1度上がると免疫力は5~6倍になると言われています。 黒にんにくの血行促進効果や冷え改善作用によって 体温を上げ、病気と闘う力である免疫力をアップさせます。 免疫力が上がれば、風邪やインフルエンザにかかりにくい体質へと生まれ変わっていきますね。 実際、黒にんにくを愛用する方の意見の中でも「風邪をひかなくなった!」という声は本当に多いんです。 40代女性 私は香料アレルギーがあり、突然顔が真っ赤に膨れることもあります。 佐々木先生のお言葉にアレルギーに関する数値が低下するとあったので、黒にんにくを食べるようにしたら、そのアレルギーが出なくなりました。 肝機能の向上 黒にんにくの成分が、肝臓の機能である「糖質の代謝」と「解毒作用」をお手伝いすることで、肝機能が効率よく、活発になるのです。 アルコールも肝臓の解毒作用により分解されますので、二日酔い防止にも役立ちますね。 便秘解消・腸の働きを正常化 黒にんにくに含まれているアリシンには強力な抗菌・殺菌作用があり、 腸内の悪玉菌を除去してくれ、腸内環境が整います。 さらには腸の中に溜まっている食べ物を外へ押し出す「ぜん動運動」を促進する働きもあるので、お通じで困っている人は、ぜひ食べ続けてみてほしいです。 30代女性 便秘解消のために今までミドリムシや青汁などいろいろ試してきましたが、黒にんにくを食べ始めて3日が過ぎた頃に腸がゴロゴロ!毎日快調にお通じが出て、何となく元気な気がします! 10. 糖尿病予防 黒にんにくには、 糖の代謝をサポートし、血糖値の上昇を抑える作用がありますので、血糖値の改善に効果があります。 黒にんにくの甘み成分のほとんどは、果物と同じ「果糖」で、代謝にインスリンを必要としない糖分なので安心です。 ただし、黒にんにくにも少量含まれているアミノ酸「システイン」には、多く摂取することでインスリンの分泌を抑制する可能性があるとの研究結果がありますので、すでに糖尿病と診断されている方は、食べる前に医師に相談することをおすすめします。 驚いたことに、食べ始めて2週間ぐらいで血糖値も血圧も安定するようになり、こんなに早く成果が出るもんなんですね。 認知症予防・集中力アップ 東京大学名誉教授の齋藤洋氏によると、にんにくと黒にんにくにしか含まれていない 「S-アリルシステイン」という成分が、神経細胞の死滅を抑制し、記憶力や集中力の低下、認知症の予防につながる可能性が見いだされたのです。 参考: 12. 殺菌・抗菌作用 アリシンの持つ強力な殺菌作用で、ピロリ菌や大腸菌、O157菌、カンジダなどの有害な病原体を殺菌したり弱めたりしてくれます。 実際に私が感じる効果は? 私もかれこれ2年ほど黒にんにくを食べていますが、特に違いを感じるのは 「体がポカポカして調子が良くなる」ことです。 寒くなってくると特に下半身が冷たくなって、靴下なしでは眠れないほどでしたが、それがかなり軽減されました。 他にも• 朝スッキリ目覚め、疲れにくくなった。 お通じが良くなった気がする。 お肌が乾燥しなくなった。 といった違いを感じます。 なんとなく体調が整っていて、1日元気に過ごせる日が多くなるんですね。 だからやめられないという感じです。 黒にんにくに副作用はある? 黒にんにくはあくまでも「食品」であり「医薬品」ではありませんので、 副作用はありません。 普通の白にんにくは、刺激が強いので、人によっては1片食べただけでも胃腸を壊してしまうこともあります。 でも、黒にんにくは刺激成分は熟成過程でほとんどなくなっているので、多くの方は1日2片程度なら全く問題ないでしょう。 また、 にんにく独特のニオイもほとんどありません。 食べた瞬間はにんにくのニオイを感じることもありますが、口臭として外に出るようなものではありませんし、その感覚も10分~20分でなくなってしまいます。 黒にんにくの効果的な食べ方 基本的には好きな時に1日1~2片、体調や疲れ具合などに合わせて食べればOK。 とにかく毎日食べることがいちばん大事です。 そして、 おすすめの食べ方は「夜に1~2片」 NK細胞という体の免疫の働きをする細胞の活動は、夜の11時を過ぎると下がり始め、寝ると体温も下がるので、体の免疫力が下がります。 また、夜中は成長ホルモンが分泌される時間帯ですので、お肌の修復などが進みます。 その時間に合わせて黒にんにくを食べておくことで、効率的に黒にんにくパワーを利用できることになりますよね。 ちなみに、黒にんにくは目が冴えて眠れなくなることはありませんから安心ですよ。 おすすめの黒にんにくがコレ 黒にんにくにはこれだけの効能効果が期待できるので、毎日食べたいのですが、唯一の難点が「価格が高い」んですよ。 安く抑えるために自分で作ることもできますが、手間もすごいし、何といっても製造中のにんにく臭が強くて、お隣さんがすぐ隣の我が家では無理というもの。 ですので私は市販の黒にんにくを利用しています。 いろいろ買って試してきましたが、市販品を選ぶときは 「しっかりと成分が入っているのか?」をチェックするようにしています。 一般論として「黒にんにくはポリフェノールが8倍!」などと広告には書いてありますが、肝心のその商品に入っているのかは別問題ですよね。 そこで私は、味もさることながら、 自社商品で成分を検査して含有量を公表しているものを選ぶようにしています。 そんな厳しい私のお眼鏡にかなう商品が3つありますのでご紹介しますね。 岡崎屋【純黒にんにく】 青森のブランドにんにく「福地ホワイト六片」を使用した大粒のまるごと黒にんにく。 独自の遠赤技術で30日以上の熟成することによって、栄養・味ともに申し分ない出来栄えになっています。 純黒にんにくに含まれる栄養分は、通常のにんにくと比べて、S-アリル-L-システイン16倍、アルギニン3倍、総ポリフェノール6倍に増加していることが確かめられているので、しっかりと栄養を摂れそうです。 お味のほうは、甘過ぎもせず、酸味もそれほど強くなく、苦味は感じない、市販品の黒にんにくの中では1,2を争う食べやすさ(個人的意見)。 これを最初に食べた人は、他のが美味しくないと感じるかも!? 粒も大きいので、1粒で満足できる点も嬉しいポイント。 松尾農園【熟成黒にんにく】 こちらは九州の自社農場で採れる「嘉定種」という、福地ホワイトよりちょっと小ぶりで辛い品種を使った黒にんにくです。 味のほうは、「嘉定種」のもつ辛み成分が熟成させることで逆に甘みへと変わっていくので、岡崎屋のものより甘いです。 食べるとにんにくらしさがなく、ホクホク焼き芋みたいな印象を受けるほどなので、甘めが好きな方にはおすすめ! 福地ホワイトより小ぶりな品種ではありますが、大粒のものだけを選別して封入しているので、「小さいな~」という印象は受けません。 もみきの黒にんにく【くろまる】 こちらも九州・四国で採れる「嘉定種」を使った黒にんにくです。 長年の試行錯誤により編み出された、絶妙な温度と湿度のバランス管理で熟成させ、甘みと栄養価を大幅にアップさせた黒にんにくがここにあります。 パッケージには中~大粒のものが入っているので、食べ応えもあります。 味は、メーカー曰く、全般的には甘いものが多いそうですが、私が買ったものは、甘いだけでなく適度な酸味もありました。 黒にんにくは毎日食べ続けるのが基本ですから、価格も重要。 小粒だったり、訳ありなら安いものもありますが、このくろまるは、しっかりした大粒の正規品が31粒入って1,900円ほどなので、比較的リーズナブルなのも魅力です。 黒にんにくの効能効果 大特集 まとめ 黒にんにくの良いところは ・疲労回復作用 疲労回復・エネルギーサポート成分が何種類も入っていて、疲れにくい体を目指せる。 ・高い抗酸化作用 老化、生活習慣病、慢性病、がんなどのもととなる活性酸素を除去してくれる。 ・血液サラサラ効果 あらゆる病気・不調の原因となる血流悪化を予防し、血栓(脳梗塞、心筋梗塞)の予防、血圧の正常化に始まり、冷え性改善、免疫力アップ、便秘解消や美肌作用などにつながる。 大きくはこの3点に集約されるものです。 人工的なサプリではなく、無添加の食品でこれだけの作用をしてくれるのは他にないのではないでしょうか? 黒にんにくは、年齢のせいで健康に不安も出てきたけど、そんなことに負けていられない!毎日元気に過ごしたいんだ!という方にはピッタリ! 転ばぬ先の杖じゃないですけど、健康のお守りとしてはこの上ない食べ物ですよね。 当ブログは、にんにくやにんにく卵黄で健康を目指したい方に情報発信するブログです。 私は、アラフォーに入ると毎日疲れが抜けなくなってしまって、ドリンク剤のアルフェミニが手放せなくなりました^ ^。 「歳のせいかな」と諦めていましたが、ある日知った「にんにく卵黄」を飲み始めることに。

次の

にんにくの恐るべき6つのパワー

黒 にんにく 効果 女性

にんにくの歴史は古く、紀元3000年頃から民間薬として愛用されてきました。 古代エジプトではピラミッドをつくるために、にんにくを活用したともいわれ、日本では江戸時代の参勤交代のときにもにんにくを口にしていたようです。 e-ranou. 韓国人がにんにくをよく食べるのは、そもそも国の生産量が多いことも関係していそうですね。 「にんにく」の栄養素 にんにくは代謝ビタミンとも呼ばれる、ビタミンB群が豊富で、また「モリブデン」と呼ばれる、糖質脂質の代謝を助けたり、デトックスを促す成分がたくさん含まれています。 アリシンは、にんにくやねぎなど香りの強い野菜に含まれている香気成分です。 生の食品に含まれるアリインという成分が分解されることによって、アリシンとなります。 特ににんにくに多く含まれており、疲労回復を助け、病気から体を守る働きがあります。 wakasanohimitsu. O-157やピロリ菌など、人間の体に害のある菌を殺菌したり、血液中のコレステロール値の上昇を抑えて、生活習慣病を予防してくれます。 また、アリシンはもともとにんにくに含まれている、ビタミンB1の吸収を高めてくれる働きがあることから、 「美肌ビタミン」と呼ばれています。 「にんにく」の効果効能 ここで「にんにく」の効果効能をじっくり見てみましょう。 美肌効果 もともとにんにくは、代謝ビタミンであるビタミンB群がとても多い食材です。 そのため古くから瘢痕形成作用や殺菌作用が高いことからニキビや皮膚障害に処方されていたのだそう。 にんにくを食べると、血液循環が良くなることから酸素と栄養を供給することができ、 肌のターンオーバーがスムーズに進みます。 腸内環境改善効果 美肌とも関係しますが、にんにくには新陳代謝を促して脂肪の燃焼を促進する効果があります。 また、水溶性食物繊維もたくさん含まれるため、腸内細菌のエサとなり、 腸内環境を整える力があります。 便秘解消効果もかなり高いと言われています。 冷え性改善効果 これもまた女性にとってうれしい効果ですが、にんにくは血液がさらさらになり血行を良くしてくれるため、冷えやむくみ、肌荒れなどを緩和すると言われています。 老化防止・アンチエイジング効果 にんにくの強壮作用は、体全体を強化し、主に細胞の生産に影響する甲状腺の活動を規則的にする作用によって老化の過程を遅らせ、リンパ系の働きを活発化して、解毒を促進することが知られています。 「にんにく」の臭いを抑える方法 どんなに「にんにく」の効果効能が魅力的でも、あの臭いが嫌いで食べられない・・・周りの人の迷惑になりそうだから食べられない・・・と思っている方も多いハズ。 とりあえず臭いを消すためには、牛乳を飲みなさいと言われることも多いのではないでしょうか? でもね、実はもっとにんにくの臭いを抑えるために効果的な方法があるんだって。 普通のにんにくとは全く違う見た目をしていますが、これは別に品種が違うわけではありません。 黒にんにくって、どうして黒いの? 黒にんにくは、白にんにくと材料は同じです。 白いにんにくを高温、高湿の環境でしばらく熟成すると、なんと黒くなるんですね~!この黒くなる現象をメイラード反応と呼びます。 メイラード反応は、味噌や醤油、チョコレートなどを作る際にもおきる現象で、その物質 =この場合はにんにく に含まれる糖とタンパク質が反応して、褐色物質(メラノイジン)が生まれることで、黒く色が変わると言われています。 黒にんにくの栄養素は、白にんにくと違う? 黒にんにくブームの火付け役となったのは、弘前大学医学部の佐々木 甚一教授が発表された、驚くべき研究成果です。 hizuya.

次の

黒にんにくで更年期障害を乗り切る!女性ホルモンとの意外な関係

黒 にんにく 効果 女性

広告 普通のにんにくと黒にんにくの違い まず、普通のにんにくと黒にんにくとはどう違うのか、その違いについてご紹介していきたいと思います。 ・色と臭い 普通のにんにくは色が白いですが、黒にんにくはその名前のとおり色が真っ黒なのが特徴です。 また、にんにくを食べると、あの独特の臭いが気になってしまいますよね。 しかし、黒にんにくは普通のにんにくのような刺激臭があまり感じられないのも特徴です。 ・食感と味 黒にんにくは、通常のにんにくとは食感も味も異なっています。 味は少し甘みがあり、ドライフルーツのような食感が特徴です。 見た目だけでなく、味や食感にも違いがあるのですが、黒にんにくの素晴らしさはその効果にあるのです。 黒にんにくの効果 黒にんにくの効果は、健康的にはもちろんですが、美肌効果も抜群です。 その秘密は、黒にんにくを食べることによる、これらの効果がもたらすものなのです。 広告 1.抗酸化作用 黒にんにくは、抗酸化作用がとても強い食材です。 これは、にんにくを発酵させることにより増加した、ポリフェノールや、有効成分であるS-アリルシステインが理由だとされています。 抗酸化作用は、アンチエイジングには欠かせないもので、体を老化させる原因とされる活性酸素の働きを抑制させる効果があるのです。 これにより、年齢肌の大敵である、シミやしわを予防する効果が得られるのです。 2.免疫力向上効果 黒にんにくは、免疫力を高める効果が認められています。 これは、黒にんにくのある働きがもたらす効果なのです。 免疫力を高めるためには、免疫細胞の活性化が必要となります。 黒にんにくは、免疫細胞の活性化させる働きをも助けてくれるのです。 中でも、ナチュラルキラー細胞と呼ばれるウィルスを排除する働きをする細胞を、活性化させてくれるため、風邪などのウィルス性の感染症にも効果があるのです。 3.ガン予防効果 そもそも、黒にんにくが注目を集め始めた最大の理由は、ガンを予防する効果があることにあります。 もちろん、普通のにんにくに含まれる栄養成分にも、ガンを予防する効果はあります。 しかし、黒にんにくが持っている抗酸化作用・免疫力向上効果は、ガン予防に特に効果をあらわすといわれているのです。 それは、ナチュラルキラー細胞の働きを助ける効果が大きく関係しているのです。 ナチュラルキラー細胞は、ガン細胞の抑制にとても効果的なので、その効果は、さまざまな研究者によって研究がすすめられているほどなのです。 発酵食品が良い理由 黒にんにくは、にんにくを発酵させることでその効能が絶大にアップするといわれていますが、そもそもなぜ発酵食品は、健康面や美容面において良い効果をもたらすのでしょうか。 1.栄養価の上昇 発酵食品の代表であるヨーグルトや納豆は、発酵させることにより、栄養価がとても高まっているのです。 ヨーグルトは乳酸菌で発酵させることにより、腸内環境の改善効果を得ることが出来、納豆は、納豆菌を用いて大豆を発酵させることにより、酵素が増え、血圧の値を正常にする効果を得ることができるのです。 2.抗酸化作用の上昇 抗酸化物質は、発酵する過程によって、強くなるといわれています。 抗酸化作用が強くなることにより、発酵食品の効能は素晴らしくアップするのです。 黒にんにくを作ってみよう それでは最後に、黒にんにくの作り方についてご紹介していきたいと思います。 まず、自家製の黒にんにくを作るためには、炊飯器が必要となります。 ただ、黒にんにくを作る過程により、炊飯器ににんにく特有の臭いが付着してしまいますので、使わなくなった古い炊飯器などを活用すると良いでしょう。 1. 炊飯器の底に金網をしきます。 その上に、キッチンペーパーをしいてからにんにくを入れます。 キッチンペーパーで包み込むように入れることがポイントです。 また、にんにくは丸ごと入れるようにしましょう。 2. 新聞紙で全体を包みます。 この状態でふたをして保温を開始すれば熟成させることができますが、初めは臭いがかなり漂いますので、通気性の良い木箱などに炊飯器を入れ、雨などがかからないお公害に置いておくようにしましょう。 3. 5日ほどで臭いはだんだん薄くなっていきますが、一定の時間がたつと、保温を自動的に停止される炊飯器の場合は、スイッチを入れ直しながら様子を見ていきましょう。 4. この状態のまま、約10日から2週間程度で黒にんにくは出来上がります。 市販の黒にんにくのような色味に変化してきたら、皮をむき、にんにくの表面の湿りを確認しましょう。 少し湿った状態で濡れている方がおいしく召し上がれるので、そのタイミングを見逃さないように、10日頃からチェックすることが失敗しないポイントですよ。 ぜひ自家製黒にんにくを食べて、美肌・アンチエイジングを目指して下さいね。

次の