エモーショナル 類語。 「エモーショナル」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

オマージュの意味とは?パロディ・パクリ・インスパイアとの違い

エモーショナル 類語

エモーショナルの意味とは エモーショナルは、心や感情の動き、状態を言い表す語句です。 感情といっても様々な状態がありますが、エモーショナルは感動・情緒を表現するものとなります。 怒りや哀しみというよりは、感動や心のに触れた事象、影響を受ける自身について述べるものです。 エモーショナルの由来 由来となるのは、英単語のemotionalで、感情的な、情緒的な、感動的なといった意味合いを持ちます。 カタカナ語と同じく、物事による影響で感情を動かされた、影響を受けたという表現に使われます。 若者の間では、若者言葉としてエモーショナルを「」と表現する事もあります。 エモーショナルの文章・例文 例文1. 風に流れていく雲の変化は、でエモーショナルだ。 例文2. ピアニストのエモーショナルで細やかな表現に心を打たれる。 例文3. 今年の紅葉は例年よりもエモーショナルな雰囲気を漂わせていた。 例文4. この彫刻は革新的でエモーショナルな造形美に溢れている。 例文5. 彼が持つ独自のエモーショナルな雰囲気に飲まれてしまった。 エモーショナルは多数の意味合いを持つ語句のため、心理状態を断定してしまう表現としては不です。 複雑で深みのある心象やその状態を端的に表すときに使うのが相応しいといえます。 心のに触れる物事や産み出され感情・行動に当てはめるとき、エモーショナルという語句は輝きます。 エモーショナルの類義語 類義語には、ロマンチック、など、感動や情緒を表現するものが該当します。 これらの語句はエモーショナルと同様に、感情の動きを表現するものですが、特定の想いを強めるものです。 ロマンチックは、フワフワとした空想的な世界や甘い雰囲気を感じさせます。 は、感傷的でどこなく寂しく、心に影が差し込むような印象を与えます。 エモーショナルは感動・情緒といった一言で表せない深く多面的な感情を内包しているので、置き換えは要注意。 文意を読み取り、的確な表現を当てはめなければ、チグハグでおかしな文章となってしまいます。 エモーショナルまとめ 感情は人間を突き動かす、見えないけれどとても大切なエネルギーです。 無味乾燥な心持ちでは、感情は冷たくなっていく一方で、自身が持つ活力も低下していってしまいます。 その様な状態だと、エモーショナルが持つ意味を理解することは、なかなか難しいかもしれません。 日頃から様々な物事に関心を持ち、柔軟で繊細な心持ちでいることが、感情表現を使いこなすコツとなります。 映画、芸術、音楽、人との交流など、趣味や出会いを楽しみ、エモーショナルな感性を磨いていきましょう。

次の

エモーショナル(な)(演奏)の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

エモーショナル 類語

エモーショナルとは「 感情的。 情緒的。 感情に突き動かされるさま。 」という意味です。 英語では「emotional」と綴ります。 感情を意味する名詞「エモーション」の形容詞形です。 「エモーショナルな音楽」「エモーショナルなパフォーマンス」などのように、感情を揺さぶるような、深く心に感じるようなものを表す言葉です。 最近ネットで流行している言葉に「エモい」がありますが、これは「エモーショナル」や「エモーション」といった「感情的」を意味する言葉が日本語の形容詞化した言葉です。 意味は、「(言葉に表せないほど)感情が揺さぶられる」といったような感じで、「切ない」「愛しい」「やるせない」などの感情が複雑に入り混じって、言葉に表すのが難しいほど心を揺さぶられる様子を表しています。 特にTwitterなどの文字数が限られている媒体では、感じたことを余すことなく書きたくても文字数が足りないということが起こります。 しかし「エモい」という一言はそういったあらゆる感情を集約することができるので、SNSを中心に多用されています。

次の

「エモーショナル」とは?意味や使い方を解説

エモーショナル 類語

「センセーショナル」の意味 「センセーショナル」という言葉は、ワイドショーなどメディアでもよく用いられる言葉のひとつです。 具体的にはどういった意味なのでしょう。 興味や関心を強く引き付ける様・扇情的 「センセーショナル」は、興味や関心を強く引き付ける様を指す言葉です。 感情をあおりたてたり、揺さぶる様子にも使います。 日本語では、「扇情的(せんじょうてき)」という言葉が当てはまりますが、日常的に使われることはあまりありません。 「センセーショナル」という表現のほうが定着しているといえるでしょう。 英語「sensational」に由来 日本語で使われている「センセーショナル」は、英語の「sensational」からきています。 この「sensational」は、感じるような、という意味のラテン語が語源とされています。 「センセーショナル」と似た響きの言葉に、「センセーション」があります。 「センセーション」は名詞で、その形容詞形が「センセーショナル」です。 「センセーション」には「世間を驚かせる事件や事柄」という意味があり、それを踏まえると「センセーショナル」の意味もイメージしやすくなるのではないでしょうか。 良い意味でも悪い意味でも使われる 「センセーショナル」という単語は、事件など悪い意味で世間を驚かせる物事をイメージしがちですが、実際には良い意味・悪い意味の両方で使うことのできる言葉です。 たとえば、「センセーショナルな作品」というと、衝撃的な作品というニュアンスの他に、人々の興味を惹きつける素晴らしい作品、というニュアンスもあります。 どちらの意味になるかは、前後の文脈や状況から判断が必要です。 「センセーショナル」の使い方と例文 ここからは、「センセーショナル」を使ったよくある表現を順に紹介していきます。 「センセーショナルな事件」は大事件の意味 「センセーショナル」には良い意味と悪い意味の両方がありますが、「センセーショナルな事件」という場合にはどちらかというと衝撃的な事件、悲惨な事件というニュアンスで使用される場合が多いといえるでしょう。 一方で、「センセーショナルな事件」とされるものでも、実際にはマスメディアが騒ぎ立てているだけ、という場合もあります。 「センセーショナルな事件」と言われても、過度に反応するのではなく、自分で情報を正しく読み解く力が必要です。 「センセーショナルな出来事・話題」もよく使う 「センセーショナルな事件」という言い方とあわせて、「センセーショナルな出来事」「センセーショナルな話題」という言い方もよく使う表現です。 先述したように、事件という言葉と使うと悲惨な事件・重大犯罪などといったニュアンスになりがちですが、出来事・話題という言葉と使った場合には、良い意味ということもあります。 人々の関心を惹きつけるようなトピックスに関しては、「センセーショナルな話題が舞い込んできた」「センセーショナルな出来事にスタッフ全員が喜んだ」という使い方も可能です。 「センセーショナルな人」は話題にのぼるような人 「センセーショナル」は人に使うこともあります。 「話題にのぼるような人」を意味し、好意的な表現では「評判になる人」というニュアンスです。 一方で、問題行動を起こす人というネガティブなニュアンスで使用されることもあります。 たとえば、業績が良く社内の注目を集めるような人を指して「彼は今最もセンセーショナルな人材だ」ということもありますが、トラブルメーカーで困り者、という意味で「センセーショナルな人に振り回されるのは疲れた」という風にも使えます。 どちらの意味なのかは、その都度判断が必要です。 「センセーショナル」の類語 「センセーショナル」は人を驚かせるような・関心を惹きつけるような、といった意味の言葉ですが、類語にはどういった言葉があるのでしょう。 言い換え表現としても使えるものをいくつか紹介します。 刺激的・衝撃的などと言い換えられる 「センセーショナル」の類語には、刺激的・衝撃的・世間を沸かせる・驚くべき、などといった言葉が挙げられます。 「刺激的な事件」「世間を沸かせる話題」「驚くべき人材」という風に、「センセーショナル」の言い換えとして使うことも可能です。 また、「センセーショナル」と同じカタカナ語では、「ショッキング」も類語のひとつです。 「ショッキングなニュース」というように、どちらかというと悪い意味で「センセーショナル」と言いたい場合に使える表現です。 大評判の・すばらしい、も類語 好意的な意味で「センセーショナル」という場合には、大評判の・素晴らしい・注目を集める、などといった類語があります。 また、世間に評価され人気のある様子を指す「脚光を浴びる(浴びた)」という表現もまた、「センセーショナル」の類語と言えるでしょう。 「エモーショナル」は感情的の意味 「センセーショナル」と似た語感の言葉に「エモーショナル」があります。 「エモーショナル」は「エモーション(感情)」の形容詞形で、感情的な・感情に動かされやすい・感激しやすい、などといった意味を持つ言葉です。 「情熱的な人」という味で「エモーショナルな人」ということもあります。 たとえば、素晴らしい音楽を指して「エモーショナルな音楽」というと感情に訴える音楽・感動的な音楽、という意味になります。 人の関心を惹きつけるという意味では「センセーショナルな音楽」に通じる部分もありますが、基本的には「エモーショナル」と「センセーショナル」は異なる意味の言葉です。 まとめ 「センセーショナル」は、良くも悪くも、人を驚かせたり、興味関心を惹きつけたりする様を意味する言葉です。 「センセーショナルなことがあった」「センセーショナルな事件が報じられた」という風に物事に使う一方で、「センセーショナルな人」という言い方もできます。 「センセーショナル」のようなカタカナ語はビジネスで使われる例も増えていますので、ぜひ覚えておきましょう。

次の