外だし。 相続法40年ぶり大改正に想定外の「わな」!余計な税負担、争族リスク…

バレンシアに激震…“カピタン”パレホやFWロドリゴ、守護神シレッセンが来季構想外

外だし

小雨が降る中、災害ごみが積まれた道を進む男性=2020年7月11日午前、熊本県人吉市 浸水エリア外でも多くの建物が被害に 令和2年7月豪雨は、熊本県を中心に九州・中部地方に大きな被害をもたらした。 とりわけ熊本県では24時間雨量が「多いところで200ミリ」としていたところ(気象庁)、実際には400ミリを超える雨量となるなど、全国で75名の死者を出している()。 浸水リスクゼロのエリアを選ぶのがベストだが、大きな河川が近くを流れる街などでは、リスクゼロの土地を探すのは難しい。 自治体によるハザードマップの確認や、万が一の備えへの重要性が改めて浮き彫りになった形だ。 忘れてはいけないのが、浸水のなかったエリアでもこうした豪雨の中では多くの建物が被害を受けていることだ。 これまでの被害事例を、主に一戸建てについてご紹介する。 1.「基礎の低い家」は床下浸水しやすい ハザードマップで浸水の可能性が指摘されているエリアでは、都心部・都市部の狭小地に建つ3階建てに多い「基礎の低い家」が、最も水害のリスクが高い。 半地下を設けた一戸建てと同様、建物の高さ制限を守ることを目的として、あるいは高齢者に配慮し、バリアフリーの観点から、建物の「基礎」を低くしている一戸建ても多く、水害のリスクが高い構造の典型例だ。 地表面からの基礎の高さは、40センチ以上取ることが望ましいとされているが、建築基準法で定める下限の高さは30センチ。 そのため、基礎高が40センチに満たないケースも珍しくない。 筆者が創業したさくら事務所が調査した住宅では、後から設置した花壇が原因で、地表面の高さが上がり、基礎高が10センチ程度しかない状態で、ゲリラ豪雨の際に床下浸水の被害を受けた。 もし花壇を作らなければ、被害を受けずに済んだはずだ。

次の

「お願いだから外に出ないで」ジダン、リーグ優勝達成もファンに自制を呼びかける(GOAL)

外だし

大きな被害が出た熊本県人吉市で最大の避難所「人吉スポーツパレス」。 担当職員はこう話し、新型コロナ対策に神経をとがらせる。 同避難所の避難者は13日午後6時現在、830人。 職員らは事前準備していた非接触型の体温計を使っての検温や手指の消毒、避難者以外を入所させないといった対策を徹底。 医師や看護師が常駐し、避難者が発熱を訴えた場合は別室に隔離するなどの対応をとっている。 だが、想定を超えたのが避難者の人数の多さだ。 市は今年5月、感染症対策を盛り込み避難所運営マニュアルを改定。 通常なら最大千人を収容できる同避難所だが、世帯ごとに2メートルの間隔を設けた場合は300人強を収容できると見込んでいた。 だが、避難者の数は日を追うごとに増し、想定の倍以上となった。 同避難所は市役所の庁舎や市災害対策本部の入る主要施設に隣接しており、対象地域外の住民らも多く押し寄せたためとみられる。 このため市は、密集を避けるため、1階の大、小のアリーナのほか2階の空きスペースにも生活区域を分散。 飛沫(ひまつ)を防ぐため、卓球のパーティション(間仕切り)を世帯間に設置するなどして応急的に対応した。 PR 徐々に環境は改善され、現在は国から支給されたパーティションを導入。 ウイルスを吸い込むリスクを軽減できる段ボールベッドも、10日中に全員分の配置を終えた。 現状、世帯ごとの距離間は2メートル近くを確保できているといい、同市の渕上聖也企画課長は「ここまで大規模な災害が起こるとは夢にも思わなかった。 とにかく、走りながら対応している状態だ」と話す。 他の自治体も手探りの避難所運営が続く。 同県球磨(くま)村の住民ら延べ27人が一時身を寄せた同県氷川町の「竜翔(りゅうしょう)センター」(11日閉鎖)では、感染症対策下で196人と見込んでいた収容上限人数を40人に見直した。 感染症対策を含めた事前のマニュアルでは想定していなかった通路や物資置き場などのスペースを設ける必要があり、介護が必要な高齢者も多く避難。 常駐できる職員数などを考慮し、計算し直したという。 こうした収容可能人数の見直しは他の自治体でもある。 約250人が避難生活を送る同県八代市の総合体育館では、1800人程度とする事前想定を320人程度に変更。 当初はスタンド部分も含めた全床面積をもとに算出していたため、修正を強いられた。

次の

「浸水エリア外でも関係ない」川から遠いのに豪雨で浸水する家3タイプ 都市部にありがちな一戸建ての盲点

外だし

介護保険サービスには、介護保険法に定められている厳格な利用基準があるため、サービスの種類や利用条件に制限があります。 そこで、 介護保険では提供できないサービスを提供するのが「介護保険外サービス」です。 介護認定を受けている高齢者も、受けていない高齢者も利用できるのが特徴です。 ここでは、介護保険外サービスの種類や利用方法について解説します。 【目次】 介護保険外サービスとは何か 介護保険サービスは、サービス内容が介護保険制度の枠内のものに限定されています。 また、介護認定を受けていない比較的元気な高齢者には、介護保険サービスは提供ができません。 そこで、 介護保険サービスが提供できない部分を補うのが、介護保険外サービスです。 介護保険サービスで提供できるサービスと、できないサービスをまとめると下記の通りです。 散歩や趣味のための外出介助• 金銭の管理や契約書の記入などの手伝い• 同居する家族の援助となる洗濯、調理、買い物、布団干し、掃除などの家事援助• 正月・節句などのために特別な手間をかけて行う調理• 大掃除、窓のガラス磨き、床のワックスかけ、家屋の修理、家具の移動や修繕• 草むしりや花木の水やり、犬の散歩などペットの世話• 車の洗車や清掃• 来客にお茶を出す、食事の手配をする など 以上のようなサービスが、介護保険外サービスでは提供することができるのです。 なお、 同居家族がいる場合は、介護保険サービスでは 「生活援助」を原則として利用することができません。 そうした場合に「介護保険外サービス」として利用することができます。 利用者も要介護者から比較的元気な高齢者まで幅広く対象となるものがあり、料金も一部自己負担のものから全額自費になるものまであります。 ニーズに応じて、条件に合った利用しやすいサービスを選ぶことが大事です。 サービス提供者のカテゴリー別に、利用条件やサービスの内容・費用の目安をまとめます。 1.市区町村が実施する高齢者在宅サービス 全国の各市区町村が独自に行うサービスです。 そのためサービスの種類や料金、利用条件などは市区町村により異なります。 主に、要介護者や一人暮らしの高齢者・高齢者のみの世帯が対象になります。 利用する場合は、市区町村に直接問い合わせるか、地域包括支援センターに相談してください。 また、市区町村のホームページや広報紙にも案内があります。 おむつサービス 現物を月1回自宅に配送、または購入費を助成(費用の目安:上限6,000~10,000円/月) 訪問理美容サービス 外出困難な人に理髪店、美容院から訪問(費用の目安:500~2,500円/回、年間回数に制限) 寝具の丸洗い・乾燥・消毒サービス 寝具の衛生管理が困難な人に(費用の一部を自己負担) 配食サービス 日常的に食事の準備が困難な人に食事を配達(費用の目安:500円前後/1食) 移送、送迎サービス 通院や高齢者福祉施設までの送迎、車いすリフト付き自動車などで移送 緊急通報システム ひとり暮らしの高齢者に民間受信センターに通報する機器を貸与(費用の目安:1,300円/月) 2. 市区町村が中心となり実施する「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」 全国の市区町村で、2017年4月から完全スタートした地域支援事業の1つです。 地域の実情に応じて各市区町村が独自のサービス基準を設定します。 利用対象者は、要支援者と、心身の状態を客観的に把握するために用意された基本チェックリストを受けて「該当」となった人です。 要介護者が利用できるサービスもあります。 サービスの利用回数や時間などに制限があり、地域包括支援センターによる適切なケアマネジメントが必要となります。 費用はサービス料金の1割~3割(所得に応じて変動)が自己負担となります。 既存の介護サービス事業者、地域住民によるボランティア、NPO法人、民間企業、協同組合など多彩なサービス提供者が参画し、地域包括支援センターが窓口となります。 訪問による生活援助サービス 掃除、食事の準備などの家事支援、外出支援など。 訪問介護事業者、NPO、民間事業者、シルバー人材センターなどの住民ボランティアがなどサービスを提供(自己負担額の目安:200~250円/1回60分まで) 通所による活動援助サービス 生活機能維持のための運動やレクリエーション、口腔機能改善など。 デイサービス、高齢者会館、スポーツ・コミュニティ、住民主体の交流の場などで開催(自己負担額の目安:300~400円/回、無料サービスもあり) 3. 介護サービス事業者による介護保険外サービス 普段、要介護者に介護保険サービスを提供している事業者による、介護保険外サービスです。 介護保険サービスでは提供できないサービスが利用できます。 介護認定を受けていない高齢者も利用できます。 介護保険サービスは介護給付の1割~3割の自己負担で利用しますが、介護保険外サービスの場合は10割自己負担になります。 利用したいときはケアマネジャーに相談します。 介護認定を受けていない場合は、サービスを実施している介護サービス事業者に直接問い合わせるか、地域包括支援センターに相談しましょう。 介護保険サービスでは提供できない生活援助 家族の洗濯、調理、買い物、掃除などの家事全般、手間のかかる料理、大掃除 など 介護保険サービスでは提供できない身体介護 入院中の世話、病院や介護施設等からの一時帰宅時の世話、冠婚葬祭や趣味などの外出の付き添い、認知症の見守り など (費用の目安:利用料金はサービス内容により2,000~4,000円/時間) デイサービスのお泊りデイ デイサービスの利用者がそのまま宿泊(費用の目安:1,500円前後/1泊+朝夕食事代1,000円) 4.社会福祉協議会の高齢者支援サービス、シルバー人材センターの家事・福祉支援サービス 全国の市区町村に設置されている社会福祉協議会やシルバー人材センターが実施する有償ボランティア事業です。 サービス内容を知りたいときは、それぞれに問い合わせてみてください。 なかには市区町村が中心となり実施する「総合事業」として提供しているサービスもありますので、地域包括支援センターに問い合わせてもよいでしょう。 社会福祉協議会の高齢者支援サービス(年間の会費3,000円が必要などの場合) ・家事支援サービス:調理、洗濯、掃除、買い物、話し相手、草むしり、大掃除、趣味のお手伝いなど(費用の目安:800円/時間) ・介護援助サービス:外出の付き添い、通院介助、車いす介助、見守りなど(費用の目安:1,000円/時間) シルバー人材センターの家事・福祉支援サービス 掃除、窓ガラス拭き、食事の支度、洗濯・布団干し、買い物、通院の付き添い、見守り、留守番・話し相手など(費用の目安:1,067円~/時間) 5.民間企業の介護サービスや高齢者支援サービス 民間企業が提供するサービスは、市区町村などが提供するサービスに比べると費用はかかりますが、サービス内容が豊富であり、介護保険サービスや市区町村のサービスにはないサービスや、緊急時にも利用しやすいなどのメリットがあります。 また、基本的に誰でも利用ができるので便利です。 サービスを探す方法としては、地域で実際に利用している人の口コミやインターネット検索がよいでしょう。 また、各市区町村では、民間企業による地域の介護保険外サービスの情報を収集して公開するシステムが進められていますので、地域包括支援センターや市区町村などでサービスの情報を得ることもできると思います。 配食サービス コンビニチェーン、生協、弁当チェーンなどが行う配食サービス。 手渡しが原則なので安否確認を兼ねる(費用の目安:500~700円/1食、惣菜のみなどメニューも豊富) 家事代行サービス 清掃会社、警備会社、家事代行サービス会社などいろいろな企業が参入。 定期的に複数回来てもらうプランを中心に月1回利用や単発利用も可能(費用の目安:3,000円前後/時間) 移送サービス 介護タクシーを利用し、通院、転院、買い物、観光、イベントに参加。 寝台車両使用や看護師・ヘルパーの同乗、緊急時対応なども(費用設定タイプ:時間運賃、貸切運賃、メーター運賃など) 国も推進する介護保険外サービス 住み慣れた地域で長く住み続けるには、一人ひとりの高齢者ができるだけ健康で質のよい生活を送り、生きがいをもつことが大切です。 そのために国は、住まい、医療、介護、生活支援・介護予防を一体的に提供する 「地域包括ケアシステム」の構築を現在、急ピッチで進めています。 この「地域包括ケアシステム」実現に大きな役割を担うのが、 きめ細かく高齢者の支援ができる介護保険外サービスです。 また、要介護者が介護保険外サービスをより利用しやすくするために、国は介護保険サービスを提供する同じヘルパーが保険外サービスも同時に提供できるような 「混合介護」の規制緩和策も進めています。 介護保険外サービスでは、地域の介護保険サービス事業者、NPOや住民ボランティア、様々な業種の民間企業が、生活支援や介護予防サービスを提供することが可能になります。 これまで連携や提携の機会のなかったサービス提供者間で相乗効果が生まれることで地域の交流が活発になり、高齢者が働く場所も確保されるなど 地域の支え合いのかたちの拡充が期待されています。 まとめ 介護保険外サービスは、介護保険サービスでは対応できない部分をカバーするものとして、今後の需要が大きく高まるものと思われます。 利用するためには情報の収集が必要です。 ケアマネジャーや地域包括支援センターに相談しながら、アンテナを張り巡らせてみてください。 介護保険サービスとともに、介護保険外サービスを上手に組み合わせることで、より充実した介護サービスを受けることができ、家族の介護負担の軽減にもつながるでしょう。

次の