里 漢字。 「里」の書き順(画数)|正しい漢字の書き方【かくなび】

「里」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

里 漢字

によるからの画像 「里」は村里を意味し、主に女の子共に名付けで定番の漢字です。 平和で、おおらかで温かみのあるイメージと、左右対称で書きやすい文字であることも人気の一つとなっています。 「さと」「り」の響きを持ち、名付けで使いやすい漢字で、「」「」といった名付けに活用されます。 「り」の響きを持つ漢字は他に「」「」「」「」などがあり、名前の雰囲気やイメージ、他の漢字との相性、字画によって検討することができます。 「里」に関連する熟語 跛鼈千里 はべつもせんり 困難なことでも努力をすれば成し遂げられるということ。 跛鼈とは足の悪いスッポンのこと。 沃野千里 よくやせんり 広々とした肥えて豊かな土地。 一望千里 いちぼうせんり 広々として見晴らしのよいこと。 千里結言 せんりけつげん 遠方にいる友人と約束した言葉。 万里鵬翼 ばんりほうよく 広大な天空、遠く隔たった地への旅路などのたとえ。 また、雄大な気概や勢いのたとえ。 「里」を含む単語と意味の一例(3件).

次の

日語里漢字的發音有什麼規律嗎?

里 漢字

字詞屬性:• 字詞號:• 字詞名:• 部首字:• 部首外筆畫數:• 縂筆畫數:• 異體字: 否• 釋義: [名] 物體或人體的分量。 如:「 物重」、「」。 [形] 1. 物體的分量大。 與「」相對。 如:「這塊石頭比那塊木頭重。 」 2. 濃、厚。 如:「 口味重」、「 顏色重」。 《呂氏春秋.季春紀.盡數》:「凡食無彊厚味,無以烈味,重酒,是以謂之疾首。 」 3. 嚴峻的。 如:「 重刑」、「」。 要緊的。 如:「 庫房重地」。 劇烈的。 如:「」。 價值高的。 如:「」、「」。 [動] 1. 比……為重。 《文選.司馬遷.報任少卿書》:「人固有一死,或重於泰山,或輕於鴻毛。 」 2. 如:「」、「」。 如:「」。 《呂氏春秋.季夏紀.制樂》:「今故興事動眾以增國城,是重吾罪也。 」《漢書.卷四.文帝紀》:「今縱不能博求天下賢聖有德之人而嬗天下焉,而曰豫建太子,是重吾不德也。 」 [副] 1. 如:「」。 《荀子.議兵》:「重用兵者強,輕用兵者弱。 」《文選.司馬遷.報任少卿書》:「古人所以重施刑於大夫者,殆為此也。 」 2. 每每、屢次。 《文選.司馬遷.報任少卿書》:「僕又佴之蠶室,重為天下觀笑。 」唐.白居易〈渭村雨歸〉詩:「復茲夕陰起,野色重蕭條。

次の

里 漢字

字詞屬性:• 字詞號:• 字詞名:• 部首字:• 部首外筆畫數:• 縂筆畫數:• 異體字: 否• 釋義: [名] 1. 量詞: 1 計算長度的單位。 公制一釐等於千分之一公尺。 2 計算地積的單位。 一釐等於百分之一畝。 3 計算重量的單位。 一釐等於千分之一兩。 4 計算利率的單位。 年利率一釐是本金的百分之一,月利率一釐是本金的千分之一。 通「」。 《文選.張協.七命》:「煢釐為之擗摽,孀老為之嗚咽。 」 3. 如五胡十六國時後秦有釐豔。 [動] 1. 《書經.堯典》:「允釐百工,庶績咸熙。 」漢.孔安國.傳:「釐,治。 工,官。 」《資治通鑑.卷一七一.陳紀五.宣帝太建六年》:「群臣表請,累旬乃止。 命太子總釐庶政。 」 2. 改正、改變。 《後漢書.卷三四.梁統傳》:「議者以為隆刑峻法,非明王急務,施行日久,豈一朝所釐?」《梁書.卷三八.賀琛傳》:「今若釐其風而正其失,易於反掌。 」 3. 《詩經.大雅.既醉》:「其僕維何?釐爾女士。 」漢.毛亨.傳:「釐,予也。

次の