ダイナー。 ダイナー バング (Diner Vang)

Diner ダイナー : 作品情報

ダイナー

ひょんなことから、プロの殺し屋が集う会員制ダイナーでウェイトレスをする羽目になったオオバカナコ。 そこを訪れる客は、みな心に深いトラウマを抱えていた。 一筋縄ではいかない凶悪な客ばかりを相手に、 カナコは生き延びることができるのか? 人の「狂気」「恐怖」を描いて当代随一の平山夢明が放つ、長編ノワール小説。 「血塗られた食堂。 無器用な男女の 愛を語るのが、料理だけというのがたまらない。 北方謙三」 「平山さんの、人として間違ってるところが好きです。 本谷有希子」」 第28回日本冒険小説協会大賞受賞作。 『おすすめ文庫王国2013』 本の雑誌社 国内ミステリー第1位 地獄とはどんな場所か……平山夢明『ダイナー』を読めばそれがわかる 地獄というのがどのような場所かは、死んでから行ってみないことには誰にもわからないけれども、この世にも地獄に類した光景は存在しており、ごく一部の特異な才能に恵まれた作家だけが、それを見てきたようにありありと描くことが出来る。 大藪春彦賞と日本冒険小説協会大賞をダブル受賞した平山夢明の代表作『ダイナー』は、そんな地獄の再現から始まる。 ヒロインのオオバカナコは危険なバイトに参加したのが原因で凄まじい拷問を受け、危うく殺されかけた挙げ句、ある会員制の定食屋 ダイナー でウェイトレスとして働かされる。 ボンベロという謎の男が経営するその店の客は、それぞれ奇抜な必殺技を持つプロの殺し屋ばかりだった……。 著者は天才的な言語感覚で凄惨な光景を克明に紡ぎ出してゆく。 巻頭の拷問シーンの生々しさからして尋常ではないが、店に舞台が移るや、狂気と暴力と奇想が融合した平山ワールドが本格的に炸裂。 客層が客層だけに店では一触即発の事態など日常茶飯事、殺し合いさえ頻繁に起き、店は血まみれとなる。 ウェイトレスも命の保証は全くないが、そんな非日常的な日常の中で、カナコは逞しく成長してゆくのである。 だが本書は、著者の他の作品と同様、ただ残虐で殺伐としているだけの小説では決してない。 過去にボンベロと因縁がある美女・炎眉 えんび が店に現れる四章あたりから、乾いた雰囲気の奥に潜む切ない叙情性が滲み出てくるのだ。 そして最初はひたすら不気味な威圧感を放つ存在だったボンベロが、後半には極めて魅力的な人物に見えてくることに気づくだろう。 地獄を真正面から見据えられる作家こそが、真の優しさを描き得るのかも知れない。 百 評者:徹夜本研究会 週刊文春 2017. 25号掲載 内容(「BOOK」データベースより) 原作未読で映画を先に観ました。 ものすごく面白かったので原作にも興味が。 グロいとレビューにありましたが、そちらは元々平気なので。 映画の評価は、面白い!という人と愚作だ!という人と両極に分かれているようですが、原作を読むと、映画が酷かった!という人の意見も少し納得。 原作の方が何倍も面白かった!オオバカナコの年齢や過去も映画と原作で違っていますが、映画は映画で別のエンターテインメントと思えばそれはそれで楽しかったですが、全てにおいて原作の方がやはり段違いにいい。 ボンベロがオオバカナコを生かすと決めた後、オオバカナコとボンベロの関係が少しづつ変化していくところからの、ラストのバトル。 たまりません。 映画には出てきませんでしたが炎眉が好きでした。 スキンは原作のイメージのまま窪田正孝がつくりあげていて嬉しかった。 WebでダイナーIIが連載されていますが、そちらも先が楽しみです。 この作家さんの他の本も読みたかったですが電子書籍化されてないようでガッカリ。 著者の作品は、ユニバーサル…が受賞した時から気になりつつも、様々なレビューからグロや残虐描写に力を入れた作品なんだろうな、と勝手に予想をつけ、読まずにいました。 しかし、今回映画化されるのをきっかけに購入してみると、なんとまぁ!読みやすい!物語の先が気になる気になる!!一気に読み終えてしまいました。 背筋がぞわぞわするような描写も確かにありましたが、ほんの一部に過ぎず、ストーリーのほんのスパイス程度。 決して、グロや残虐描写に重きを置いた作品ではないではないか。 著者に対するイメージが一気に変わり、現在他作品も読み進めているところです。 豊富で幅広い知識から紡がれる物語は、どれも一級品だと思います。 このダイナーは読みやすく砕けた女性の一人称ですが、様々な文体を操れる方です。 何というか、グロいとか痛いとか残虐とか…著者のレビューや情報を探るとそんな言葉が多く目につき、読む前からそちらにイメージを持っていかれてしまいますが、全くそんなことはないので、そのイメージがつきすぎていることにもったいなさを感じました。 設定自体は現実離れしたファンタジーですし、それぞれ登場する殺し屋の背景や結末も何となく見えるまたは予想の範囲内なので、ストーリーそのものに驚きや新鮮味はないですが、殺し屋自体のキャラクターは面白いし、流れるようにどんどん展開していくストーリーと料理の描写・それに伴う知識は読んでいて飽きません。 後味も決して悪くないので、著者への勝手なイメージで読むことをためらう方がいたのなら、とりあえず読んでみることをおススメします。 ただ、最初のころに痛めの描写があるので、そこさえ乗り越えてしまえば、あとは大丈夫だと思います。

次の

平山夢明『ダイナー』小説ネタバレあらすじ。映画化Dinerのキャスト予想は?

ダイナー

ダイナー ジャンル 、アクション、 、スプラッター 小説:ダイナー 著者 出版社 ポプラ社 発売日 2009年10月22日(単行本) 2012年10月2日(文庫) ラジオドラマ:DINER(ダイナー) 原作 平山夢明 制作 NHK大阪 脚本 演出 小島史敬 放送局 番組 発表期間 - 話数 10 漫画:DINER ダイナー 原作・原案など 平山夢明 作画 出版社 掲載誌 レーベル ヤングジャンプコミックス 発表期間 週刊ヤングジャンプ 2017年36・37合併号 - 2019年2号 となりのヤングジャンプ - 巻数 既刊10巻(2020年4月現在) - ポータル 『 ダイナー』は、によるの。 により単行本が刊行された。 第28回、第13回受賞作。 NHK FMの「青春アドベンチャー」で『DINER(ダイナー)』のタイトルでラジオドラマ化され、からまで放送された。 また、により『DINER ダイナー』のタイトルで漫画化され、『』()にて、2017年36・37合併号から2019年2号まで連載された後、同社のWEBコミックサイト『となりのヤングジャンプ』に移籍して連載中。 には『Diner ダイナー』のタイトルで実写映画が公開された。 監督は、主演は。 からは「」にて、続編となる『ダイナーII』の連載が開始された。 あらすじ [ ] 金に困ったごく普通の女性「オオバカナコ」は、ある裏社会の仕事に関わってしまったがために監禁され、殺し屋たちが通い詰める会員制ダイナー「キャンティーン」のウエイトレスをさせられることになる。 カナコはそこでダイナーのシェフの「ボンベロ」や、殺し屋たちの人間模様に触れていくことになる。 登場人物 [ ] キャンティーン [ ] ボンベロ 「キャンティーン」のシェフ。 本人も元は腕利きの殺し屋であり、店の常連客である殺し屋達の多くと顔見知りである。 シュフとしても天賦の才をもち 、カナコには威圧的に振る舞う一方で料理の腕は一流であり、ハンバーガーからイタリアン、デザートまで一人でこなせてしまう。 オオバカナコ 「キャンティーン」の現ウエイトレス。 真面目に就職せず、携帯裏サイトにあった裏社会の仕事の募集で気軽に仕事を引き受けてしまったものの、犯罪組織を怒らせて監禁され、命と引き換えに次々と死んで入れ替わる「キャンティーン」ウエイトレスの仕事をさせられる。 客の殺し屋に対しても一般人の視点で接し、人間らしさを感じた相手には温情めいた態度も見せる。 菊千代 きくちよ ボンベロが飼っているブルドッグ。 殺し屋たち [ ] スキン 全身傷だらけの殺し屋。 コートに爆弾を仕込んでいる。 スフレが好きでよく注文するが、ボンベロがある理由で意図的に食べられない状態にしている。 それは、母の作るスフレに異常なまでのトラウマがあった為。 それにより、完璧なスフレを食べてしまうと、彼は狂人になってしまう。 ボンベロはそれを知っている為にあえて不純物(吸い殻、剃刀、チェスの城、10円玉など)を入れていたが、それの正体を知らなかったカナコが取り除いてしまいスキンは狂い、犬のボイルとファキールを撃ち殺す。 その後、落ち着いたかと思いきや自爆しようとした為にボンベロに射殺された。 キッド 少年の姿をしているが、実際は中年相当の年齢で、殺し屋の中で最も凄惨な女、子供を標的とする仕事を引き受けている。 母と祖母は淫売をしており、母は子どもができては堕ろし、できては堕ろしをくり返していた。 キッドができたときも堕ろそうとしたが、医者に「この子を堕ろすと2度と子どもはできない」と言われ、産むことにした。 売春宿を経営していた祖母と母に、赤ん坊の頃より身体を売らされていたために精神は歪み、殺し屋が避けたがる、女・子どもの殺害を好んで行うようになった。 ある日、彼は仕事に失敗し自棄になり助手の教授を殺害、カナコも殺害しようとするが菊千代に止められ頭を噛み砕かれる直前にボンベロが止めた為に一命をとりとめるが、その後に無礼図に捕まっていたことが発覚、手榴弾を咥えさせられ爆死した。 炎眉 えんび ボンベロの弟子であった女性の殺し屋。 ボンベロと肉体関係を持っており、子供が出来たが下ろした。 その後ミコトの毒を食らい死亡した。 無礼図の姪。 ブロウ チカーノ3人組の殺し屋のリーダー格。 ボイル ボンベロの顔見知りの殺し屋。 自分と同じ名前のドーベルマンを飼っている。 無礼図 ぶれいず ボンベロとは因縁のある殺し屋で、現在は組織の長老のひとり。 炎眉の叔父。 九十九九 つくも きゅう キャンティーンに連れてこられたアル中の鋸糞(大鋸屑)。 オヅ 白髪と白い口ひげの年配の男。 ボンベロの命の恩人で、菊千代の元の飼い主。 ソーハ 元産婦人科医で堕胎が趣味。 ミコトに毒を使われ死亡する。 名前の由来は掻爬。 ミコト ソーハに連れてこられた次のウェイトレス候補。 正体は毒を使う殺し屋。 ボンベロやカナコやソーハ、そして炎眉に毒を使うが結局殺害できたのはソーハと炎眉だった。 その後殺害される。 ジェロ レスラーのように巨大な大男。 外ではまともに仕事をするが、キャンティーンに来ると赤ん坊帰りする。 夏油 げとう 痩せぎすのスーツを着た黒縁眼鏡の髪の薄い男。 カナコに気付かれないうちに腿を何カ所切れるか、後から来る仲間と賭けていた。 尻焼 しりやき 、道珍坊 どうちんぼう 夏油そっくりの男二人。 同じ服、同じ体系、同じ眼鏡、同じ靴。 それ以外の登場人物 [ ] コフィ 「キャンティーン」のオーナーであり、組織の長老のひとり。 ボンベロの雇い主である。 デルモニコの甥。 デルモニコを暗殺した張本人。 そのことが無礼図にばれ、ディーヴァ・ウォッカを飲まされながらショットガンで顔面を射殺された。 デルモニコ 組織の先代長老。 登場時はすでに死亡。 ファキール コフィの側近。 スキンの流れ弾に当たり死亡する。 マテバ ボイルの雇い主で、組織の長老のひとり。 登場時すでに死亡。 カウボーイ、ディー・ディー カナコと一緒に裏社会の仕事を受けたカップル。 だが仕事に失敗、カウボーイは拷問され惨殺され、ディー・ディーは半身生き埋めで山中に放置された。 ゴリラ カナコ、カウボーイとディー・ディーを捕らえたとある組織の頭目。 書誌情報 [ ] 小説 [ ]• 平山夢明 『ダイナー』ポプラ社• 2009年10月22日• 2012年10月2日 ぽぷら文庫 漫画 [ ]• 原作:平山夢明、河合孝典 『DINER ダイナー』集英社〈ヤングジャンプコミックス〉 既刊10巻(2020年4月17日現在)• 2018年1月19日発売 、• 2018年1月19日発売 、• 2018年4月19日発売 、• 2018年8月17日発売 、• 2018年12月19日発売 、• 2019年4月19日発売 、• 2019年7月4日発売 、• 2019年10月18日発売 、• 2020年1月17日発売 、• 2020年4月17日発売 、 ラジオドラマ [ ] の「」でラジオドラマ化され、からまで22:45 - 23:00に放送された。 全10回。 主演は。 キャスト(ラジオドラマ) [ ]• 原田夏希• 有村茉佐子• 筒井敬子• 亀井賢二 スタッフ(ラジオドラマ) [ ]• 原作 - 平山夢明『ダイナー』• 脚色 -• 音楽 - 内山修作• 演出 - 小島史敬• 技術 - 惣田睦弘、西原毅• 4億円 『 Diner ダイナー』のタイトルで映画化され、に公開された。 監督は『』『』に続いて監督3作目となる、主演は。 は「 ようこそ 殺し屋専用の 食堂 ( ダイナー )へ。 」「 美味いメシを食うか? それとも死ぬか? 」「 客は全員、殺し屋。 キャスト(映画) [ ]• ボンベロ:• オオバカナコ:• スキン:• キッド:• ブロ:• カウボーイ:• ディーディー:• ブタ男:• マテバ:• マリア:• 無礼図(ブレイズ):• コフィ:• 教授:• アラーニャ:• ソロ:• ポリージャ:• 荒烈屈巣(アレックス):• 雄澄華瑠(オスカル):• 歴代ウェイトレス:、、、、マドモアゼル・ユリア、、• 旅行代理店のスタッフ:• 「」を読む女性:• お天気キャスター:• オオバカナコの祖母:• スキンの母親:• デルモニコ:() スタッフ(映画) [ ]• 原作:『ダイナー』(「」)• 監督:• 脚本:、、蜷川実花• 音楽:• 製作:、、池田宏之、井上肇、石垣裕之、瀬井哲也、谷和男、山本浩、千葉 均、吉川英作、、和田倉和利• エグゼクティブプロデューサー:伊藤響• プロデューサー:伊藤卓哉、甘木モリオ• アソシエイトプロデューサー:、金谷英剛• 撮影:• プロダクションデザイナー:enzo• 食堂の装飾美術:• 照明:佐藤浩太• 録音:• 編集:森下博昭• キャラクターデザイン:長瀬哲朗• ヘアメイクデザイン:ShinYa• フードクリエイション:• アクション監督:• VFXスーパーバイザー:• 助監督:川村直紀• プロダクションマネージャー:YANG MINJU、道上巧矢• 配給:• 制作プロダクション:シネバザール• 企画・製作幹事:• 製作:「Diner ダイナー」製作委員会(日本テレビ放送網、、ワーナー・ブラザース映画、、、、、、、、、シネバザール、ラッキースター、、、、、、) 脚注 [ ]• 2019年9月21日閲覧。 WEB asta. 2019年7月6日閲覧。 2019年6月22日閲覧。 2019年6月22日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年6月23日閲覧。 集英社. 2019年8月6日閲覧。 集英社. 2019年10月18日閲覧。 集英社. 2020年3月1日閲覧。 集英社. 2020年4月19日閲覧。 NHKオーディオドラマ. 2019年6月22日閲覧。 2020年1月29日閲覧。 2019年2月5日. 2019年4月20日閲覧。 2019年4月25日. 2019年4月25日閲覧。 2019年2月5日. 2019年2月5日閲覧。 シネマトゥディ 2019年4月23日. 2019年4月23日閲覧。 2019年4月22日. 2019年4月22日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年4月21日. 2019年4月22日閲覧。 クランクイン!. 2019年4月20日. 2019年4月20日閲覧。 モデルプレス. 2019年4月19日. 2019年4月20日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年4月16日. 2019年4月20日閲覧。 ナターシャ. 2019年5月16日. 2019年5月16日閲覧。 外部リンク [ ]• DinerMovie -• dinermovie -• - プレイリスト この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

『Diner ダイナー』豪華すぎる!キャスト&ビジュアルまとめ

ダイナー

解説 藤原竜也と蜷川実花監督が初タッグを組み、平山夢明の小説「ダイナー」を映画化。 元殺し屋の天才シェフ、ボンベロが店主をつとめる殺し屋専用の食堂「ダイナー」。 日給30万円の怪しいアルバイトに手を出したばかりに闇の組織に身売りされてしまった少女オオバカナコは、ボンベロに買われウェイトレスとして働くことに。 ボンベロが「王」として君臨するダイナーには、全身傷だらけの孤高の殺し屋スキンや、子どものような姿をしたサイコキラーのキッド、不気味なスペイン語を操る筋肉自慢の荒くれ者のブロら、ひと癖もふた癖もある殺し屋たちが次々とやって来て……。 ダイナーの店主ボンベロ役を藤原、物語の鍵を握る少女オオバカナコ役を玉城ティナが演じるほか、窪田正孝、斎藤工、小栗旬、土屋アンナ、奥田瑛二ら豪華キャスト陣が殺し屋役で出演。 2019年製作/117分/G/日本 配給:ワーナー・ブラザース映画 スタッフ・キャスト ほとんど人間の中身を描いてない美しいだけの薄っぺらい映画。 そうした毎度の蜷川作品なのだが、以前は気味悪いくらいの鮮やかさが目立っていたのに、今回は闇の世界を描いているため若干抑えめでした。 その点はよかったと思うし、ドヴォルザークの「新世界」が珍しいことに2楽章、3楽章、4楽章と使われていたことが印象的。 好きな曲だけについ喜んでしまいましたが、ほぼ打ち込み音楽だったことは評価が分かれるのだろう。 ほぼ笑いを取るための演出ばかりで、荒唐無稽なのは構わないが、殺し屋という裏社会の恐ろしさは全く伝わらないことも残念な点。 そうした命のやりとりと、結局は料理映画というアンバランスは面白いし、終盤の玉木ティナの夢を叶える部分は好き。 中島哲也作品なんかを意識したかどうかは知りませんけど、結構似てるな~とも思いました。 原作も知らないし、中の殺し屋という扱いもわからないのですが、その真意はどこに?仮に、人間はみな殺し屋の一面を持っているなんてことを描こうとしていたのなら、やっぱり失敗なのかもしれない。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の