いとあはれなり。 『枕草子』の現代語訳:26

古典 文法 助動詞 らむ

いとあはれなり

跡見群芳譜 文藝譜 清少納言「枕草子」40段 枕草子 第40段「花の木ならぬは」 作者名 清少納言 ca. 966-? 作品名 枕草子 成立年代 ca. 1008? その他 文中、【 】内にカタカナで今日の標準和名を示した。 花の木ならぬは、かへで。 かつら 【カツラ】。 五葉 【ゴヨウマツ】。 そばの木 【カナメモチ】、しなな 品無 き心地すれど、花の木どもち 散 りはてて、おしなべてみどりになりたるなかに、時もわかず、こきもみぢのつやめきて、思ひもかけぬ青葉の中よりさし出でたる、めづらし。 まゆみ 【マユミ】 、さらにもいはず。 そのものとなけれど、やどり木 【ヤドリギ】 といふ名、いとあはれなり。 さか木 【サカキ】 、臨時の祭 11月の賀茂の臨時の祭;3月の石清水の臨時の祭 の御神楽のをりなど、いとをかし。 世に木どもこそあれ、神の御前のものと生ひはじめけむも、とりわきてをかし。 楠の木 【クス】 は、木立おほかる所にも、ことにまじ 交 らひた 立 てらず、おどろおどろしき思ひやりなどうとましきを、千枝にわかれて恋する人のためしにいはれたる 「和泉なる しのだの森の 楠の木の 千枝にわかれて 物をこそ思へ」古今六帖二 こそ、たれかは数を知りていひはじめけんと思ふにをかしけれ。 檜の木 【ヒノキ】 、またけぢか 気近 からぬものなれど、三葉四葉の殿づくり 「この殿は むべも富みけり さき草の 三葉四葉に 殿造りせり」催馬楽 もをかし。 五月に雨の声をまなぶらん 方干「長潭五月雨氷気を含み、孤檜終宵雨声を学ぶ」 もあはれなり。 かへで 【カエデ】 の木のささやかなるに、もえいでたる葉末のあかみて、おなじかたにひろごりたる、葉のさま、花も、いと物はかなげに、虫などの乾 か れたるに似てをかし。 あすはひの木 【アスナロ】 、この世にちかくもみえきこえず。 御岳にまうでて帰りたる人などのもて来める、枝ざしなどは、いと手ふれにくげにあら 荒 くましけれど、なにの心ありて、あすはひの木とつけけむ。 あぢきなきかねごと 予言 なりや。 たれにたのめたるにかとおもふに、きかまほしくをかし。 ねずもちの木 【ネズミモチ】 、人なみなみになるべきにもあらねど、葉のいみじうこまかにちひさきがをかしきなり。 楝 あふち の木 【センダン】。 山橘 【ヤブコウジ】。 山梨の木 【ナシ】。 椎の木 【シイ】 、常磐 ときは 木はいづれもあるを、それしも、葉がへ 滅 せぬためしにいはれたるもをかし。 白樫 【シラカシ】 といふものは、まいて深山 みやま 木のなかにもいとけどほ 気遠 くて、三位二位のうへのきぬ染むるをりばかりこそ、葉をだに人の見るめれば、をかしきこと、めでたきことにとりいづべくもあらねど、いづくともなく雪のふりおきたるに見まがへられ 柿本人麻呂「あしひきの 山路も知らず 白樫の 枝にも葉にも 雪の降れれば」拾遺集 、素盞嗚尊 すさのをのみこと 出雲の国におはしける御ことを思ひて、人丸がよみたる歌 上記の歌を言うか などを思ふに、いみじくあはれなり。 をりにつけても、ひとふし 一節 あはれともをかしとも聞きおきつるものは、草・木・鳥・虫もおろかにこそおぼえね。 ゆづり葉 【ユズリハ】 の、いみじうふさやかにつやめき、茎はいとあかくきらきらしく見えたるこそ、あやしけれどをかし。 なべての月には見えぬ物の、師走のつごもりのみ時めきて、亡き人のくひもの 十二月晦日に亡魂を祭る に敷く物にやとあはれなるに、また、よはひを延ぶる歯固め 新年に長寿を祈り餅・猪肉・押鮎などを食う の具にももてつかひためるは。 いかなる世にか、「紅葉せん世や」といひたる 「旅人に 宿かすが野の ゆづる葉の 紅葉せむ世や 君を忘れむ」古今六帖拾遺 もたのもし。 柏木 【カシワ】 、いとをかし。 葉守の神のいますらんもかしこし。 兵衛の督・佐・尉などいふ 柏木は衛府の官の異名 もをかし。 姿なけれど、椶櫚 すろ の木 【シュロ】 、唐めきて、わるき家の物とは見えず。 織りこまれた花 、、、、、、、、、、、、、、、、、、シュロ そばのきについては、ほかにブナ・ニシキギなどとする説がある。 『古事記』を見よ。 Copyright C 2006- SHIMADA Hidemasa. All Rights reserved.

次の

「みのむし、いとあわれなり。鬼の生みたりければ、親に似てこれも...

いとあはれなり

まずは 小野小町の和歌(古今和歌集939)。 あはれてふ ことこそうたて 世の中を 思ひはなれぬ ほだしなりけれ 「あはれ」と歌を詠まずにいられないから、この世にとどまりたい。 現世で恋歌を詠って生き続けます!、って小町の決意表明なんだって。 「あはれ」は もともと喜怒哀楽すべてを含んだ「!」的な感動詞。 源氏物語で多く使われたから、恋の切なさを愛おしむ心、嘆く心はもちろん、 景色の美しさや情緒深さに感動する心などなど、多様な意味があった。 月は有明の東の山ぎはにほそくて出づるほど、いとあはれなり(枕草子)• 夕暮れの静かなるに、空の気色いとあはれに…(源氏物語・夕顔) でも、いつの間にか「あはれ」は「哀れ・憐れ」を表す言葉になってしまう。 なんでだろ? 唐木順三は「無常」のなかで、こんなことを言っている。 「 無常を語る場合、きわだって雄弁になり、それを書く場合、特に美文調になるという傾向がきわめて顕著であるということが、日本人のひとつの特色と言ってよいだろう。 」P177 無常を雄弁に語る、美しい文章の中で、くり返し使われることで、 「あはれ」の中から、特に悲哀を表す感情が、立ち上がってきたのだろうか。 たしかに、「あはれ」に含まれる「せつなさ」や「はかなさ」は、無常に近い。 より共感できるのは、 本居宣長が「石上私淑言」のなかで語った、 「 おかしき事、うれしき事などには感く事浅し、かなしき事、こひしき事などには感くこと深し。 故にその深く感ずるかたを、とりわきてあはれという事あるなり。 俗に悲哀をのみあはれといふも、この心ばへなり。 」 楽しさよりも悲しさの方が、深く心を動かすから、という理由。 そうかもしれない。 身に覚えがあるから。 「この幸せがずっと続いたらいいな」と願っても、いずれ壊されてしまう。 永遠へのあこがれが含まれる感情は、最後は悲哀に集約される。 永遠へのあこがれが一度きりの美しさを感じる心を鈍らせる。 その美しさに気づけても、永遠を望めば、やがて悲しみに変わってしまう。 それでもまだ、ほんのひとときでも、心から喜べる瞬間に出会いたいと思う。 たとえ喜びが悲しみに変わっても、人生を豊かにすることには変わりないから。 参考文献一覧• P28-31,P107-108• P67-71,P119• P232-236.

次の

古典 文法 助動詞 らむ

いとあはれなり

言い切りが「なり」「たり」で終わる。 ナリ活用とタリ活用の2種類がある。 形容動詞の活用 ナリ活用(あはれなりの場合) 基本形 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 あはれなり あはれ なら なり に なり なる なれ なれ あ は れ な り 見すぐしたらむ中こそ、契り深く あはれならめ。 (源氏物語・掃木) ((どんな場合も)見過ごして暮らすような夫婦こそ、因縁深くしみじみとした仲でしょう。 ) [未然] あはれなりし世のありさまかな。 (源氏物語・澪標) (愛情深い夫婦仲でしたね。 ) [連用] 空の雲 あはれにたなびけり。 (源氏物語・明石) (空の雲がしみじみ心にしみるようにたなびいていた。 ) [連用] 寺のさまもいと あはれなり。 (源氏物語・若紫) (寺の様子もとても尊く感じられる。 ) [終止] あはれなる御気色にかきなでたまひて、 (源氏物語・松風) ((光源氏は)かわいく思われるご様子で(姫君の頭を)お撫でになり、) [連体] 折節の移りかはるこそ、ものごとに あはれなれ。 (徒然草・一九段) (季節の移り変わるときこそ、全てにわたって趣のあることである。 ) [已然] タリ活用(堂々たりの場合) 基本形 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 堂々たり 堂々 たら たり と たり たる たれ たれ 涼風 颯々たり [さつさつたり]し夜なかばに、 (平家物語・青山之沙汰) (涼風がさっと吹いた夜の半ばに、) [連用] 高山 森々として一鳥声きかず、 (奥の細道・尿前の関) (山は高く、木々が生い茂り、鳥の声ひとつ聞こえず、) [連用] 舟のうへは 平々たり。 (平家物語・水嶋合戦) (船の上は(板を敷いたので)平らである。 ) [終止] かの滋藤 漫々たる海上を遠見して、 (平家物語・五節之沙汰) (あの滋藤は広々とした海の上を遠く見て、) [連体] 活用の知識 語幹…活用しても変わらない部分。 未然形…「ず」「む」につながる形。 終止形…言い切りの形。 基本形ともいう。 仮定形…「ども」につながる形。 活用語尾…活用によって変わる部分。 連用形…「ける」「なる」につながる形。 連体形…「とき」「こと」につながる形。 (枕草子・七段) (まして、修験者などはとても苦しそうである。 ) 形容動詞の語幹 1 文を終止して、感動を強める。 今はと行くを、いと あはれと思ひけれど、 (伊勢物語・一六段) (これが別れと出で行くのを、ひどくかわいそうだと思ったが、) 2 語幹+格助詞「の」で連体修飾語になり、感動を強める。 いかに、 かやうの所には御渡り候ふやらん。 (平家物語・小督) (どうして、このような所においでになさっていらっしゃるのでしょうか。

次の