ホイップ クリーム レシピ。 豆乳クリームが低カロリーで女性に嬉しい!作り方と活用レシピ

【みんなが作ってる】 余ったホイップクリームのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

ホイップ クリーム レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の

余ったホイップクリームの簡単な活用法♪今すぐ消費も保存もできる技♡

ホイップ クリーム レシピ

クリームチーズ200g• マシュマロ200g豆乳 牛乳でもOK• 1カップ 200ml• レモン汁大さじ3• 抹茶大さじ2~3 お好みの量)• クッキー10枚• 程度バター30g程度• 耐熱容器にクリームチーズを4~5等分程度ちぎり入れ、さらにマシュマロを加えます。 電子レンジを500wで3分30秒から4分ぐらい加熱して、マシュマロの角がとれてふわっと膨らんでいればOKです。 それらを泡だて器などでなめらかになるまで混ぜ合わせます。 豆乳または牛乳を加えて混ぜ合わせて、さらに抹茶も混ぜ合わせて最後にレモン汁を加えて混ぜ合わせます。 次に、下に敷くクッキーの生地をつくります。 クッキーを棒で砕いて、溶かしバターと混ぜ合わせます。 それを容器の底に敷き詰めます。 クッキー生地が敷き詰め終えたら、クリームチーズとマシュマロ、豆乳クリームを混ぜ合わせた生地を流し込んで、タオルの上などで空気を抜きます。 最後に冷蔵庫で4~5時間冷やせば出来上がりです。 熊本製粉グルテンフリーケーキミックス プレーン 1袋• 豆乳75g• サラダ油24g• 豆乳ホイップクリーム200cc• 砂糖20g• 苺6個• ぶどう6粒• みかん缶 又はオレンジ 6粒• 豆乳とサラダ油を加えて、表示通りに調理して袋から出して冷ましておき、冷めたら両端を落とし6等分にスライスします。 ホイップクリームを作ります。 豆乳ホイップクリームに砂糖を加えて、ハンドミキサーで8分立てに泡立てます。 先ほどのグルテンフリーケーキミックス プレーン のスポンジを1枚、平らなお皿におき、ホイップクリームを薄く塗ります。 さらに、ホイップクリームをに塗り平らにした後で1〜4をもう1度繰り返し、1番上にスポンジをのせます。 表面全体にもホイップクリームを綺麗に塗ります。 上にフルーツをトッピングしたら、残ったホイップクリームを絞り袋に入れて出来上がりです。 スポンジケーキ2枚• 豆乳ホイップ200cc• 砂糖25g• ココア12g• いちご1パック• ココア 飾り用 適量• シロップ用砂糖大さじ1• 水大さじ1• 砂糖と水を合わせてシロップを作ります。 間に挟むためのいちごをスライスします。 豆乳ホイップに砂糖とココアを入れ、アイシングしながら泡立て器で泡立てます。 スポンジの表面にシロップをぬり、ココアクリームから、いちご、ココアクリーム、スポンジの順に重ねます。 残りのクリームを使ってデコレーションしたら、ココアを茶漉しで振りかけ、いちごを乗せたら完成です。 アガー6g• きび砂糖50g• かぼちゃ 加熱前 150g• 豆乳 無調整 100cc• 水100cc• 豆乳クリーム100cc• ラップしたかぼちゃをレンジで600Wで4~5分加熱し、粗熱が取れたら皮を剥いて潰します。 豆乳を少しずつ加えてペースト状にします。 乾いたボウルに アガーときび砂糖を入れ、よく混ぜます。 鍋に水を入れ、かき混ぜたアガーときび砂糖を少しずつ入れて混ぜて、溶かします。 先ほどかき混ぜたアガーときび砂糖が完全に溶けたら火にかけ、沸騰してから少し火を弱めて、1分間絶えずかき混ぜながら加熱します。 火から下ろして、レンジで加熱したかぼちゃを加えてよく混ざったら、火にかけます。 また沸騰したらすぐに火から下ろし、裏漉しします。 豆乳クリームを少しずつ加えて、よく混ぜます。 そこにラム酒も加え、器に注いで冷蔵庫で冷やし固めれば出来上がりです。 そうめん3束• ミニトマト3個• オクラ4本• 無調整豆乳150cc• 水100cc• 氷 50g• オリーブオイル適量• ミニトマトは浅く1ヶ所に切り込みを入れます。 オクラに塩を適量振り、まな板にこすりつけて水で洗います。 鍋に水を入れ沸騰させおたまを使ってミニトマトを入れて20秒程茹でます。 皮がむけはじめたら冷水にとって皮をむき半分に切ります。 同じ鍋にオクラを入れて2分程茹でて、冷水に浸けた後に水気をきり、ガクをとって1cm幅に切っておきましょう。 同じ鍋にそうめんを入れ、袋の表記通りに茹でます。 その後ぬめりを取るように洗ってから水気を切ります。 耐熱容器に味の素KKコンソメと塩と水を入れて、ふんわりとラップをして600Wのレンジで1分30秒加熱して混ぜます。 その容器に豆乳と氷を加えて氷を溶かしながら混ぜてスープを作ります。 器にそうめんを盛り、ミニトマト、オクラをのせてスープ、オリーブオイルをかけたら出来上がりです。 強力粉200g• 全粒粉強力粉50g• ぬるま湯 35〜40度 150g• ドライイースト 白神こだま 小さじ1• オリーブオイル大さじ1• トマトソース お好みの 適量• にんにく1かけ• ほうれん草4〜5束• ナス1本• 黒胡椒適量• 豆乳150g• 米粉大さじ1• オリーブオイル適量• まずはピザ生地を作ります。 ドライイーストにぬるま湯を少し入れ溶かしておきます。 強力粉・全粒粉強力粉・塩をドライイーストと残りのぬるま湯・オリーブオイルをボウルに入れよく捏ねていきます。 2倍の大きさに膨らむまで乾燥しないように注意して下さい。 玉ねぎはうす切りにしてナスはイチョウ切り、にんにくはうす切り、ほうれん草はザク切りにする。 フライパンにオリーブオイルを引き、切った野菜を入れ炒めます。 塩・黒胡椒をして豆乳と米粉を入れ炒めていきます。 ピザ生地が膨らんだら6等分にして丸く伸ばします。 伸ばしたらトマトソースと炒めた野菜を乗せて半分に折りたたみ、フォークで閉じます。 250度のオーブンで15〜20分焼いて出来上がりです。

次の

【みんなが作ってる】 余ったホイップクリームのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが336万品

ホイップ クリーム レシピ

ホイップクリームはおうちで手軽に作れる! ふわふわで甘いホイップクリーム。 ケーキには欠かせない存在ですよね。 カフェや喫茶店、ファミリーレストランやスーパーなどでも、ホイップクリームをたっぷりと使ったケーキなどのスイーツをよく見かけます。 また、ホイップクリームはケーキのデコレーションに使用するだけではなく、ホットケーキやパウンドケーキに添えたり、フルーツやドリンクに合わせていただいたりと、ご自宅でもさまざまな場面で美味しくいただけます。 そんなホイップクリームですが、ご自宅でもとても簡単に作ることができます。 材料と道具を揃えれば、あとはふんわりと泡立てるだけ。 出来立てのホイップクリームを使った自家製ケーキは、家族の記念日やホームパーティーでいただくのにぴったり! お好みのスイーツやフルーツに合わせれば、お子さまのおやつにも最適です。 生クリームを選ぶときのポイント ホイップクリームを作るときに欠かせない「生クリーム」。 生クリームを選ぶときのポイントは以下の2つです。 植物性脂肪か動物性脂肪か• 生クリームの脂肪分の量 詳しく解説していきます。 ホイップには、植物性脂肪と動物性脂肪どちらがおすすめ? ホイップクリームに使用する生クリームは、大きく分けて2種類あります。 植物性脂肪の生クリームと、 動物性脂肪の生クリームです。 使用する生クリームによって、ホイップクリームの出来上がりや味が異なってきます。 植物性脂肪の生クリームは 比較的長い期間保存することができます。 ホイップする際も泡立ちが良く、簡単に泡立てることができるのが利点です。 動物性脂肪の生クリームは風味が良く、 ミルクの濃厚な味わいを楽しむことができます。 色味も真っ白な植物性のものと比べると、ほんのり黄色味がかった色合いになっているものが多いようです。 ホイップにおすすめの生クリームの脂肪分の量は? 脂肪分の違いによって、泡立てやすさや味わいにも違いが出てきます。 お菓子作りやケーキのデコレーションには、乳脂肪分35〜45%のものがよく使われています。 乳脂肪分35%程度の生クリームは、ふんわりと泡立つまでに少し時間がかかります。 しかし、食べたときの口当たりはとても軽く、 ふわっと食べやすいホイップクリームに仕上がります。 一方、45%ほどと脂肪分高めの生クリームは、乳脂肪分が高い分早く泡立てることができます。 乳脂肪分が多いだけあり、味わいは濃厚。 コクがあり、 ミルク感をしっかりと楽しむことができます。 「どんなホイップクリームに仕上げたいか」によって、使用する生クリームを選んでみてくださいね。 ホイップクリームを作るときに必要なアイテム ここからは、ホイップクリームを作るときに必要なアイテム(道具)をご紹介します。 ホイップクリームを作る際に必ず必要になってくるものから、あると便利なものまでご紹介しますので、以下を参考に、ご自分にあった道具を揃えてみてくださいね。 ボウル(大・小 1個ずつ) ホイップクリームを作る際に必ず必要となるのが「 ボウル」。 大きめのボウルとひとまわり小さいボウル、2つ用意しましょう。 小さいボウルには生クリームと砂糖を、大きいボウルには氷水を入れ、冷やしながら泡立てていきます。 ブレンダーの泡立て器を使用する際は、小さめのボウルの代わりに、ブレンダーとセットになっている専用のカップを使えば、生クリームが飛び散ることなく、きれいに泡立てることができますよ。 泡立て器 「 泡立て器」も、ホイップクリームを作る際にはかかせないアイテム。 小さすぎるとホイップできるまでに時間がかかるので、ある程度大きさがあるものを。 時間をかけて泡立てていくので、疲れにくく手に馴染むものをチョイスすると良いでしょう。 また、電動の泡立て器やホイッパー付きのブレンダーを選べば、短時間で力も使わず、とても簡単にホイップクリームを作ることができるためおすすめです。 ゴムベラ 「 ゴムベラ」は、ボウルで作ったホイップクリームを取る際に、とても便利なアイテム。 ゴムベラを使えば、ボウルについているホイップクリームを無駄にすることなく、きれいに取り切ることができます。 せっかく作ったホイップクリームですから、無駄なくしっかりといただきたいですよね。 絞り出し袋と口金 ケーキなどにホイップクリームをデコレーションする際に必要なのが「 絞り出し袋」と「 口金」。 絞り出し袋にホイップクリームを入れ、絞り出し袋の先端に口金をつけてスイーツに絞り出していきます。 口金はさまざまな形の商品があるので、いくつか用意しておくとバリエーション豊かなお菓子作りが楽しめます。 ホイップクリームの作り方 ホイップクリームは、コツさえ押さえれば失敗なく作ることができます。 ここからは、ホイップクリームを作る際に用意するものと、作り方の手順を写真付きでご紹介します。 分量と手順を間違えなければ、おいしいホイップクリームを作ることはとても簡単です。 時間をかけてたくさん泡立てるほど、クリームが硬くなり、ツノが立つようになります。 緩めのホイップにして使用したい場合は、泡立てすぎないよう注意が必要です。 「六分立て」の生クリーム かなりゆるめ。 ケーキをコーティングしたり、ムースなどに使うことが多いです。 ディップソースとしても使えます。 「七分立て」の生クリーム 泡立て器で少しすくうことができますが、すぐに流れ落ちていく状態。 「八分立て」の生クリーム 泡立て器ですくうことができる程度の柔らかさ。 ロールケーキやショートケーキの内側、絞り出しのデコレーションなどに使用するのに向いています。 「九分立て」の生クリーム しっかりとツノが立ち、ある程度のかたさがある状態。 泡立て器でしっかりとすくうことができます。 少し固めですが絞り出しもでき、 ドリンクの上にのせるのにも最適です。 ホイップクリームを上手に作るには? ホイップクリームを失敗なく、おいしく作るためには、いくつか気を付けていただきたいポイントがあります。 こちらではホイップクリームを上手に作るポイントや、作り方を失敗したときのリカバリー方法などをご紹介します。 しっかりと冷やしながら泡立てること• 泡立てすぎないこと 生クリームは、温度が高くなってしまうと泡立ちづらく、ゆるいホイップクリームに仕上がってしまいます。 氷水で冷やすのはもちろん、可能であれば 泡立て器やボウルなどを事前に冷蔵庫で冷やしておくと短時間にきれいなホイップクリームを作ることができます。 また、 生クリームは泡立てすぎると分離してしまうので注意が必要。 電動の泡立て器を使う際は特に注意をし、いっきに泡立てず、途中で何度か固さを確認しながら泡立てていくと失敗がありません。 ホイップクリームを泡立てすぎてしまったときは? ホイップクリームは、泡立てすぎてしまうと分離し、固くボソボソとした状態になってしまいます。 そのままではホイップクリームとして使うことはできなくなってしまいますが、 柔らかく戻す方法や そのままでも美味しくいただける手段を知っていると、泡立てすぎてしまった際にかなり役に立ちます。 以下に、元の状態に近づけるやり方やそのままいただく際のアイデアをご紹介します。 もし分離するまで泡立ててしまった際には参考になさってください。 【1】牛乳を足して元の状態に戻す 牛乳にも生クリームと同様に乳成分が含まれているため、少しづつ足していくことでなめらかな状態に戻すことができます。 牛乳を足す場合は泡立て器を使わずに、ゴムベラや木べらなどを使います。 牛乳を少しずつ加え、全体をゆっくりと混ぜていきます。 牛乳がホイップクリーム全体に馴染むと、とろっとした状態にすることができます。 MEMOもし牛乳を足しても分離したままの状態の場合は、「元の状態には戻せない状態まで泡立ててしまった」ということなので、牛乳をたくさん入れず、そのまま料理などに使ってしまうのがベストです。 【2】シチューやグラタンにプラスして 泡立てすぎてしまったホイップクリームは、シチューやグラタン等のクリーム系のお料理にプラスすると、とても美味しくいただくことができます。 砂糖が入っていますが、大量に入れすぎなければ甘さを感じることはなく、濃厚クリーミーで上品な味わいに仕上がります。 また辛口のカレーにスプーン1杯程度プラスして、お皿の中で合わせながらいただくのもおすすめ。 辛さを少しまろやかにすることができるため、味に変化をつけることができますよ! 【3】スコーンやパンにつけて美味しくいただく 分離したクリームをそのまま、お好みのパンやスコーンにつけていただくのもおすすめ。 自家製のバタークリームとしてとても美味しくいただくことができ、ジャムと一緒に添えればホームパーティーなどにも最適。 砂糖をプラスしてヘラなどで混ぜ合わせれば、焼き立てのトーストにもぴったりです。 ホイップクリームが余ってしまったら? ホイップクリームを作りすぎてしまった、または余ってしまったときは 冷凍保存がおすすめです。 ホーローのタッパーなど保存容器にクッキングペーパーを敷き、絞り袋にホイップクリームをいれたら少量ずつクッキングペーパーの上に絞っていきます。 そのままフタをして冷凍庫へ。 いただくときは、お好みの量を凍ったままコーヒーやココアなどホットドリンクに。 温かい飲みものと合わせれば、解凍も必要ありません。 ホイップクリーム作りにおすすめアイテム ホイップクリームをご自宅で作る際に、あると便利なアイテムを以下でご紹介します。 泡立て器で攪拌するのもなかなか大変な作業。 そんな作業をラクにする、素敵なアイテムばかりです。 気になった方はぜひゲットしてみてくださいね。 ふりふりクリームメーカー ホイップクリームを作ると、道具の準備や後片付けに時間と手間がかかりますよね。 そんな面倒な手間を省いてくれるのが、こちらの 「ふりふりクリームメーカー」です。 生クリームと砂糖を容器にいれ、フタを押さえながら振るだけ。 とっても簡単にホイップクリームを作ることができちゃいます。 100mlのホイップクリームを振るだけで作ることができるのはもちろん、容器の先端が絞り口になっているので、 そのままケーキなどのスイーツに絞って使うことができるんです! 手軽にホイップクリームを作ることができ、デコレーションまでこれ一つで完結!お子さまと一緒にお菓子作りが楽しめる、かなり便利な商品です。 ホイップクリームを使ったおいしいレシピアイデア ケーキなどお菓子作りにかかせないホイップクリームですが、今回はケーキ以外でもおいしくいただけるレシピアイデアをいくつかご紹介します。 いつものドリンクやスイーツにちょっとプラスするだけで、おいしいだけじゃなく特別感のある仕上がりとなり、満足感が高まります。 ぜひ以下のアイデアを参考にしてみてくださいね。 まるで喫茶店のような可愛らしいプリンの完成です。 フルーツ数種類とホイップクリームをたっぷり添えれば「 プリンアラモード」に。 簡単に「 お店スイーツ」が完成しますよ! アイスココアの上にたっぷりとのせて アイスココアを作ってたっぷりとホイップクリームをのせれば、ふわっとクリーミーなおいしいココアが完成します。 ホイップクリームの上にはココアの粉を少し振って。 いつも行くカフェのココアような、上品な仕上がりになりますよ。 抹茶オレやミルクティー、コーヒーにもおすすめ。 こちらは、トーストした食パンにホイップクリームをたっぷりとのせ、イチゴをプラス。 上からはちみつをたらりとかけて、ティータイムに最適なオープンサンドに仕上げてみました。 フレンチトーストも同様に、お好みのフルーツとホイップクリームをのせて。 ふわふわで甘いフレンチトーストには、砂糖控えめのほんのり甘いホイップクリームがおすすめです。 ディップとしてビスケットに添えて 少し塩気のあるビスケットに、ディップとしてホイップクリームを添え、午後のティータイムに。 ホイップクリームを添えるだけで、いつものビスケットやクッキーがワンランクアップ!お子さまのおやつにもおすすめです。 今回は「ホイップクリーム」の作り方とそのポイント、使い方のアイデアなどをご紹介しました。 ホイップクリームはコツさえ押さえれば、ご自宅でとても簡単に作ることができます。 たくさん作りすぎてしまっても、冷凍保存もできるので心配無用です。 上手にホイップクリームを作り、ご自宅でのお菓子作りやティータイムなどにぜひ役立ててみてくださいね!.

次の