京都 市立 芸術 大学 シラバス。 京都市立芸術大学 創立140周年記念展

金沢美術工芸大学、京都市立芸術大学、愛知県立芸術大学の受験科目を教えて下...

京都 市立 芸術 大学 シラバス

教職課程について 教職課程設置の理念・目標及び当該目標を達成するための計画• 芸術のプロフェッショナルを生み出すための専門教育を通じて、芸術の実践者としての視点も持った教員を育てる。 個別教育重視の専門教育システムを通して、きめ細やかな指導のできる教員を育てる。 教養教育分野における常勤教員と多くの非常勤教員が幅広い科目を提供することにより、芸術以外の分野についても広い視野と理解力を持った教員を養成する。 スクール・ボランティアやインターンなど、教員養成に係る体験を提供する体制を整備する。 現職の中高教員や経験者との交流を通じ、学校教育のニーズにあった就職活動をサポートする体制を作る。 教員の養成に係る教育の質の向上に係る取り組み• 本学における教職科目担当教員全員が定期的に会合を持ち、教職課程の維持、改善について恒常的に点検している。 本学の全学部、全専攻・コースから教職担当教員を選任し、定期的に会合を持ち、教職課程の運営ならびに学生の教職への適性などについて恒常的に点検を行っている。 学生の教職への適性などに疑義がある場合は、教職担当教員が学生に直接に面会して事情を聴取すると共に、他の学生に対する今後の指導に資するべく体制を整えている。 教職科目の履修については各学年における制限を設け、順次計画的に履修するよう規定している。 現職の美術、音楽教員、特別支援学校教員、老人介護施設職員等を招き、各現場で求められている教員の質について学生が指導を受ける機会を設けている。 本学で取得できる免許状 学部・研究科等名 学科等名 専攻・領域名 取得できる免許状 美術学部 美術科 日本画専攻 中学校教諭1種免許状(美術) 高等学校教諭1種免許状(美術) 高等学校教諭1種免許状(工芸) 油画専攻 彫刻専攻 芸術学専攻 デザイン・工芸科 デザイン専攻 陶磁専攻 音楽学部 音楽科 作曲専攻 中学校教諭1種免許状(音楽) 高等学校教諭1種免許状(音楽) 声楽専攻 器楽専攻 美術研究科 美術専攻 日本画領域 油画・版画領域 彫刻領域 芸術学領域 中学校教諭専修免許状(美術) 高等学校教諭専修免許状(美術) デザイン領域 中学校教諭専修免許状(美術) 高等学校教諭専修免許状(美術) 高等学校教諭専修免許状(工芸) 陶磁領域 高等学校教諭専修免許状(工芸) 音楽研究科 音楽専攻 中学校教諭専修免許状(音楽) 高等学校教諭専修免許状(音楽) 本学の教育の基礎的理解に関する科目 教員免許状取得及び教員への就職状況 シラバス 免許状・資格の取得に関すること 教育職員免許状 本学では、中学校や高等学校で教員として働くために必要な免許状(教育職員免許状)を得るための「教職課程」を設けています。 教職課程の単位を取得し、所定の手続を行った学生について、卒業(修了)時に教育職員免許状をお渡ししています。 免許状を取得するために必要な授業科目や単位数については、毎年ガイダンスで説明していますので、履修希望者は忘れずに出席するようにしてください。 博物館学芸員資格 本学では、美術館や博物館で学芸員として働くために必要な資格(博物館学芸員資格)を得るための「博物館学課程」を設けています。 博物館学芸員資格を取得するために必要な授業科目や単位数については、毎年ガイダンスで説明していますので、履修希望者は忘れずに出席するようにしてください。

次の

12/6:公開研究会 部落差別と闘ってー京都・崇仁からの発信ー|龍谷大学(りゅうこくだいがく)

京都 市立 芸術 大学 シラバス

研究者名 中川 眞 ( ナカガワ シン ) 所属 大阪市立大学 部署 都市研究プラザ 職名 特任教授 学位• 大阪芸術大学 芸術文化学博士 経歴• 2017年04月- 現在 : 大阪市立大学 都市研究プラザ 特任教授• 2001年04月- 2017年03月 : 大阪市立大学 大学院文学研究科 教授• 1991年04月- 2001年03月 : 京都市立芸術大学 音楽学部 助教授• 1986年04月- 1991年03月 : 京都市立芸術大学 音楽学部 専任講師• 1980年04月- 1986年03月 : 大阪大学 文学部 助手 受賞• 2019年05月 : 司法表彰• 2017年08月 : 在大阪インドネシア共和国総領事表彰• 2010年04月 : 第3回ゆめづくりまちづくり賞• 2010年03月 : 第8回日本都市計画家協会賞特別賞• 2006年08月 : インドネシア共和国外務省功労賞 論文• アジアを視野にいれた社会包摂型アーツマネジメントの形成に向けて 中川 眞 阿部昌樹他(編)『包摂都市のレジリエンス』水曜社 阿部昌樹他(編)『包摂都市のレジリエンス』水曜社 99-110 2017年03月• 現代社会におけるアートの位置 - 社会包摂型アーツマネジメントの可能性 中川 眞 大阪市立大学都市研究プラザ(編)『市大都市研究の最前線』 大阪市立大学都市研究プラザ(編)『市大都市研究の最前線』 76-84 2016年03月• アートによる社会包摂? 中川 眞 共同事業体(編)『地域に根ざしたアートと文化』 共同事業体(編)『地域に根ざしたアートと文化』 29-43 2016年03月• 都市防災のための地域劇団創生プロセス(福島祥行と共著) 中川 眞 大阪市立大学都市防災研究プロジェクト(編) 『都市防災研究論文集』 大阪市立大学都市防災研究プロジェクト(編) 『都市防災研究論文集』 1 43-49 2014年03月• Art as a Mechanism for Increasing Social Accessibility 中川 眞 Urban Culture Research Urban Culture Research 7 43-50 2014年02月 書籍等出版物• Journal of Urban Culture Research Vol. 7-9 Chulalongkorn University Press 2014年• Locality, Sites and Empowerment URP Yogyakarta office 2013年• Social Accessibility through Culture URP Yogyakarta office 2013年• アートの力 和泉書院 2013年• アートと地域:社会実験としての小さな公共圏生成へ 大阪市立大学都市研究プラザ 2011年 講演・口頭発表等• Socially Inclusive Arts Management as Social Engine in the Era of Post-colonialism フンボルト会議(釜山) 2019年11月28日• Reexamination of traditional performing arts as a key cultural resource for sustainable community; beyond dichotomy of urban vs. rural 国際伝統音楽評議会世界大会(バンコク) 2019年07月11日• Socially Inclusive Arts Management in Japan メコン文化ハブセミナー(台北) 2019年06月23日• Gamelan activity in Osaka and its social context 台南芸術大学太平洋アジア研究セミナー(台南) 2019年06月21日 MISC• サウンドスケープ論 中川 眞 根岸一美・三浦信一郎(編)『音楽学を学ぶ人のために』 根岸一美・三浦信一郎(編)『音楽学を学ぶ人のために』 250-263 2003年• 祭礼のサウンドスケープ 中川 眞 民族自然誌研究会(編)『エコソフィア』 民族自然誌研究会(編)『エコソフィア』 9 21-26 2002年• Compounding of Noises Experiment of Public Arts Experiment of Public Arts 65-68 1995年• Transformation of Bon Dance-Case study of Totsukawa Village in Nara Prefecture Bulletin of Faculty of Music, Kyoto City University of Arts"Harmonia" Bulletin of Faculty of Music, Kyoto City University of Arts"Harmonia" 23,88-117 - 1993年• アートミーツケア学会• International Council for Traditional Music• 日本サウンドスケープ協会• 民族芸術学会• 美学会 Works 作品等• Village community and gamelan activities• Musical Crosspoint--from Asia• research on folk songs Rumania• Research on Music and Dance in Thailand 共同研究・競争的資金等の研究課題• アジアにおける社会包摂型アーツマネジメントモデル形成と応用 文科省 : 科学研究費 研究機関 : 2019年04月- 2023年03月• サウンドアート学確立による20世紀アート史の書き換え 文科省 : 科学研究費 研究機関 : 2018年07月- 2021年03月• メコン対話 - アーツマネジメントによるコミュニティの賦活 国際交流基金 : アジア・市民交流助成 研究機関 : 2019年10月- 2020年03月• アジアにおける社会包摂型アーツマネジメントの展開 文科省 : 科学研究費 研究機関 : 2016年04月- 2019年03月• アートとマイノリティ - LGBTの権利獲得運動へのアートの役割 文科省 : 科学研究費 研究機関 : 2016年04月- 2018年03月 学歴• 1977年04月- 1980年03月 : 大阪大学 文学研究科• 1970年04月- 1975年03月 : 京都大学 文学部 委員歴• 2018年10月- 現在 : 監査• 2011年10月- 現在 : 副会長• 1993年- 現在 : 日本サウンドスケープ協会 理事• 1990年04月- 2010年03月 : 東洋音楽学会 委員• 1995年04月- 1997年03月 : 日本音楽学会 関西支部長.

次の

京都市立芸術大学

京都 市立 芸術 大学 シラバス

教職課程について 教職課程設置の理念・目標及び当該目標を達成するための計画• 芸術のプロフェッショナルを生み出すための専門教育を通じて、芸術の実践者としての視点も持った教員を育てる。 個別教育重視の専門教育システムを通して、きめ細やかな指導のできる教員を育てる。 教養教育分野における常勤教員と多くの非常勤教員が幅広い科目を提供することにより、芸術以外の分野についても広い視野と理解力を持った教員を養成する。 スクール・ボランティアやインターンなど、教員養成に係る体験を提供する体制を整備する。 現職の中高教員や経験者との交流を通じ、学校教育のニーズにあった就職活動をサポートする体制を作る。 教員の養成に係る教育の質の向上に係る取り組み• 本学における教職科目担当教員全員が定期的に会合を持ち、教職課程の維持、改善について恒常的に点検している。 本学の全学部、全専攻・コースから教職担当教員を選任し、定期的に会合を持ち、教職課程の運営ならびに学生の教職への適性などについて恒常的に点検を行っている。 学生の教職への適性などに疑義がある場合は、教職担当教員が学生に直接に面会して事情を聴取すると共に、他の学生に対する今後の指導に資するべく体制を整えている。 教職科目の履修については各学年における制限を設け、順次計画的に履修するよう規定している。 現職の美術、音楽教員、特別支援学校教員、老人介護施設職員等を招き、各現場で求められている教員の質について学生が指導を受ける機会を設けている。 本学で取得できる免許状 学部・研究科等名 学科等名 専攻・領域名 取得できる免許状 美術学部 美術科 日本画専攻 中学校教諭1種免許状(美術) 高等学校教諭1種免許状(美術) 高等学校教諭1種免許状(工芸) 油画専攻 彫刻専攻 芸術学専攻 デザイン・工芸科 デザイン専攻 陶磁専攻 音楽学部 音楽科 作曲専攻 中学校教諭1種免許状(音楽) 高等学校教諭1種免許状(音楽) 声楽専攻 器楽専攻 美術研究科 美術専攻 日本画領域 油画・版画領域 彫刻領域 芸術学領域 中学校教諭専修免許状(美術) 高等学校教諭専修免許状(美術) デザイン領域 中学校教諭専修免許状(美術) 高等学校教諭専修免許状(美術) 高等学校教諭専修免許状(工芸) 陶磁領域 高等学校教諭専修免許状(工芸) 音楽研究科 音楽専攻 中学校教諭専修免許状(音楽) 高等学校教諭専修免許状(音楽) 本学の教育の基礎的理解に関する科目 教員免許状取得及び教員への就職状況 シラバス 免許状・資格の取得に関すること 教育職員免許状 本学では、中学校や高等学校で教員として働くために必要な免許状(教育職員免許状)を得るための「教職課程」を設けています。 教職課程の単位を取得し、所定の手続を行った学生について、卒業(修了)時に教育職員免許状をお渡ししています。 免許状を取得するために必要な授業科目や単位数については、毎年ガイダンスで説明していますので、履修希望者は忘れずに出席するようにしてください。 博物館学芸員資格 本学では、美術館や博物館で学芸員として働くために必要な資格(博物館学芸員資格)を得るための「博物館学課程」を設けています。 博物館学芸員資格を取得するために必要な授業科目や単位数については、毎年ガイダンスで説明していますので、履修希望者は忘れずに出席するようにしてください。

次の