コンフィデンス マン jp 映画 主題 歌。 映画『コンフィデンスマンJP』公式サイト

映画『コンフィデンスマンJP』公式サイト

コンフィデンス マン jp 映画 主題 歌

CONTENTS• 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の作品情報 C 2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会 【公開】 2020年(日本映画) 【脚本】 古沢良太 【監督】 田中亮 【主題歌】 Official髭男爵『Laughter』 【キャスト】 長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也、織田梨沙、滝川英次、MichaelKeida、前田敦子、江口洋介、竹内結子、広末涼子、三浦春馬、石黒賢、濱田マリ、濱田岳、滝藤賢一、デヴィ・スカルノ、生瀬勝久、北大路欣也、ビビアン・スー、古川雄大、白濱亜嵐、関水渚、柴田恭兵 【作品概要】 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は、2018年のドラマシリーズ放送から2019年のスペシャルドラマ、そして劇場版第一作『コンフィデンスマン ロマンス編』に続くシリーズの最新作です。 ドラマや前作から続投のキャストに加えて、北大路欣也、ビビアン・スー、千葉雄大、白濱亜嵐、関水渚、柴田恭兵が新たに登場。 監督は前作『コンフィデンスマンJP ロマンス編』で長編映画デビューを飾った田中亮。 脚本は「リーガル・ハイ」シリーズの古沢良太が続投、小ネタや楽屋落ちネタもふんだん盛り込みながら映画ならではのスケール感のある作品に仕上げています。 また、ドラマや前作の映画版主題歌に引き続き、Official髭男爵が主題歌 「Laughter」 を担当しています。 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』のあらすじ C 2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会 シンガポールを拠点に巨万の富を築いたフウ一族の三代目当主レイモンド・フウ(北大路欣也)がこの世を去りました。 レイモンドには、3人の子供の内の、ブリジット(ビビアン・スー)、クリストファー(千葉雄大)、アンドリュー(白濱亜嵐)という3人の子供がいました。 その遺産が3人の誰に渡るかということで世界の注目が集まりました。 ミシェルはレイモンドが晩年に残した隠し子と言うこと以外、詳細は分かりません。 それを利用してミシェルだと名乗りだす人間が押しかけますが、トニーによるDNA鑑定や経歴調査などでことごとく偽物だと判明し追い返されます。 しかし、そこには因縁深い日本の闇社会の大物赤星や、ダー子と複雑な過去をもつジェシーが現れて……。 映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の感想と評価 C 2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会 テレビシリーズから一貫して脚本を担当する古沢良太。 今、映画・テレビを通して屈指の売れっ子脚本家の一人といっていいでしょう。 古沢脚本は「ALWAYS3丁目の夕日」(2005)シリーズやミステリーでも、「探偵はBARにいる」(2011)シリーズのように比較的、物語に裏がなくストレートに起承転結の形になっているものと、原作を兼任した『キサラギ』(2007)などのように、前半に伏線たっぷりの風呂敷を拡げて、それを終盤に向かって回収していくパターンのものがあります。 「コンフィデンスマンJP」シリーズは後者のパターンで、ある程度のところでいったん事象が終わると、巻き戻しが始まって裏側が描かれ、ことの真相が明らかになるという構成になっています。 「コンフィデンスマンJP」シリーズが面白いのは、 物語の主体となる存在が詐欺師であることでしょう。 そのため、 表で描かれたことが最初から最後まで嘘・偽りでもいいという一種のアンフェアな状況を正当化させることができるのです。 コンフィデンスマンとは信用詐欺のこと。 犯罪者をヒーローとして描くことと犯罪を賛美しないことのバランスも絶妙に取られています。 脚本の捻られ具合以上にとてもクレバーな構造設計があり、それのもとにこのシリーズが作られていることを改めて知ることでしょう。 まとめ C 2020「コンフィデンスマンJP」製作委員会 『コンフィデンスマンJP』はドラマシリーズの時から、ダー子が相手から大金やお宝を奪い取って終わるだけの時と、それをしつつもターゲットの過去の苦い経験やトラウマを乗り越えさせて更生させるパターンで終わる時があります。 と言ってももちろん、ダー子がやることなので、規格外なうえに強引気回りない方法であるところは変わりませんが……。 今までいろいろな役を演じてきた長澤まさみですが、ダー子というキャラクターには格別の想い入れがあるようで、今後も大事にしていきたいと語っています。 長澤まさみとダー子の大暴走をまた見たい!と期待させてくれる『コンフィデンスマンJP プリンセス編』でした。 『コンフィデンスマンJP プリンセス編』は2020年7月23日 金 より公開です。

次の

コンフィデンスマンJP

コンフィデンス マン jp 映画 主題 歌

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の主題歌をOfficial髭男dismが手掛けることが発表された。 5月1日公開の同作は、古沢良太脚本のドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画版第2弾。 マレーシアにある「伝説の島」ランカウイ島を舞台に、世界有数の大富豪一族フウ家の当主レイモンド・フウの約10兆円の遺産を巡るコンゲームが繰り広げられる。 ドラマ版に引き続き、主人公の天才詐欺師・ダー子役を長澤まさみ、ボクちゃん役を東出昌大、リチャード役を小日向文世が演じるほか、関水渚、古川雄大、白濱亜嵐、柴田恭兵、北大路欣也らが出演。 『コンフィデンスマンJP』シリーズの主題歌を担当するのは、連続ドラマ、映画版第1弾に続いて3度目となる。 同曲のリリースに関して現段階では未定。 Official髭男dismのコメント この度、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の主題歌を担当させていただくことになりました。 どんな曲になっているのかは映画の詳細と一緒に楽しみに待っていてもらえたら嬉しいなと思っています。 長澤まさみのコメント 今までのOfficial髭男dismさんの曲にないような、しっとりしている曲調で凄く素敵な曲でした。 藤原さんの高音ボイスがのびやかで、映画を観終わった後、物語を噛みしめたくなるような気持ちになると思います。 今回の歌詞には難解なところがあり、深い意味がありそうです…。 映画の内容を歌ってくださっているのかなと感じました。 皆さまにお届けできるまで、楽しみにしていてください!.

次の

映画『コンフィデンスマンJP』新予告公開&主題歌が決定!

コンフィデンス マン jp 映画 主題 歌

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の主題歌をOfficial髭男dismが手掛けることが発表された。 5月1日公開の同作は、古沢良太脚本のドラマ『コンフィデンスマンJP』の映画版第2弾。 マレーシアにある「伝説の島」ランカウイ島を舞台に、世界有数の大富豪一族フウ家の当主レイモンド・フウの約10兆円の遺産を巡るコンゲームが繰り広げられる。 ドラマ版に引き続き、主人公の天才詐欺師・ダー子役を長澤まさみ、ボクちゃん役を東出昌大、リチャード役を小日向文世が演じるほか、関水渚、古川雄大、白濱亜嵐、柴田恭兵、北大路欣也らが出演。 『コンフィデンスマンJP』シリーズの主題歌を担当するのは、連続ドラマ、映画版第1弾に続いて3度目となる。 同曲のリリースに関して現段階では未定。 Official髭男dismのコメント この度、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の主題歌を担当させていただくことになりました。 どんな曲になっているのかは映画の詳細と一緒に楽しみに待っていてもらえたら嬉しいなと思っています。 長澤まさみのコメント 今までのOfficial髭男dismさんの曲にないような、しっとりしている曲調で凄く素敵な曲でした。 藤原さんの高音ボイスがのびやかで、映画を観終わった後、物語を噛みしめたくなるような気持ちになると思います。 今回の歌詞には難解なところがあり、深い意味がありそうです…。 映画の内容を歌ってくださっているのかなと感じました。 皆さまにお届けできるまで、楽しみにしていてください!.

次の