シルク ロード ツイッター。 シルクロード

シルクレーシング

シルク ロード ツイッター

「道の駅かわまた オアシスinシルクロード」がリニューアルオープン! 道の駅の中心となるかわまた銘品館シルクピアは、平成4年に開設し、その2年後に建設省(現国土交通省)から道の駅として認定を受けています。 福島県内には34か所の道の駅がありますが、1番目の「つちゆロードパーク」の開設翌年に、2番目の道の駅として誕生しています。 今回のリニューアル内容は、五感を刺激する道の駅をコンセプトに整備し、2020年6月19日からオープンをしました。 川俣町と道の駅かわまた 川俣町は、県庁所在地の福島市から南東約20km、阿武隈山系の山間にある人口約13,000人の町です。 美しい自然と豊かな風土に恵まれ、古くから福井、群馬と並ぶ絹織物の産地で、「絹の里」として栄えてきました。 近年は合成繊維産業の影響を受けるなど様相も大きく変化してきましたが、伝統が息づく「絹の里」のシンボルとして、また、町の産業と伝統を紹介する施設として、国道114号鶴沢地内に整備したのが、この「シルクピア」です。 この施設は、全体を「シルクピア」と称し、織物の歴史、伝統技術、生活文化等を紹介する「おりもの展示館」、機織、染色に関する研修や体験学習ができる「からりこ館」、絹製品や川俣シャモなどの町特産品を販売する「かわまた銘品館シルクピア」、農産物の直売所の「愛菜館ここら」の4つの施設で構成されています。 周りには、イベント広場などが整備され、気軽に来て、じっくり見て、「絹の里」をしっかり感じられる施設になっています。 今回のリニューアルした内容は、からりこ館内に多彩な川俣シャモ料理を楽しむことができるレストラン「Shamoll(シャモール)」を増築、また雨天時に傘をささなくても道の駅内を歩けるように女性用のシルクハットをモチーフにしたセンターコアや屋外通路を新たに設置しました。 道の駅かわまた-施設案内 道の駅かわまたまでのアクセス バスを利用 福島駅東口バス停1番乗場 JRバス東北の「川俣高校前行き」で約30分(シルクピア前バス停) シルクピア前バス停から徒歩1分 車を利用 東北自動車道福島西IC、二本松ICからそれぞれ約22Kmで約40分 東北自動車道松川スマートICから約17Kmで約30分.

次の

シルクレーシング

シルク ロード ツイッター

マイルGIを2勝した 沿革 [ ]• 1985年(昭和60年) - 有限会社シルクとして創業• 1995年(平成 07年) - 500口募集を開始• 2003年(平成15年) - 阿部幸也が社長に就任• 2010年(平成22年) - の指導により、未出走・未勝利馬に対する補償制度を廃止• 2011年(平成23年) - と提携• 2014年(平成26年) - 法人名を 有限会社シルクレーシングに改称 、代表を阿部善武からに変更。 創業 [ ] 創業家である阿部家は福島県(現在の霊山町)で絹糸などを生産する阿部製糸株式会社を営んでいた。 有限会社シルクは福島馬主協会の会員 、有限会社シルク前代表の阿部善武は福島馬主協会の役員である(2019年8月現在)。 阿部製糸経営者の阿部善男は古くからサラブレッドのオーナーをしており、バリシニコフ(1982年オータムスプリントS優勝、種牡馬 )キッポウシ(1986年優勝 )、フレンチパッサー(1991年優勝 )、マチエール(中央4勝 )などの馬主である。 阿部善武はペガサス(1992年 GIII、1993年 GIII優勝 )、ルミネッセンス(1997年優勝 )の兄妹や(1996 GII・1997年 GIIほか優勝 )のオーナーである。 福島県伊達郡には大正時代に創業のがあり、その経営者である早田家の主治医は阿部家の人物だった。 その縁で、早田牧場が北海道に進出するにあたり、阿部家も支援した。 上述のフレンチパッサー、ペガサス、ルミネッセンスはの生産馬である。 クラブ法人としての有限会社シルクは、1985年(昭和60年)に創業した。 クラブ名や競走馬の冠名となる「シルク」という語は、阿部製糸が絹糸生産をしていたことから選んだ。 翌1986年(昭和61年)には早田牧場を代表する繁殖牝馬の産駒が重賞 GIIIを制し、クラブにとっても早田牧場にとっても初めての重賞勝ち馬となった。 以後、1997年(平成9年)に早田牧場新冠支場生産馬のがに優勝し、競走初勝利を果たす。 さらに2000年(平成12年)にも早田牧場新冠支場産のがに勝って、GI競走2勝目となった。 この間、クラブ法人でも変革が行われた。 1995年(平成7年)から募集口数を500口に拡大し、募集用のビデオやカラーパンフレットを作成した。 その初年度募集馬からシルクジャスティスが出て有馬記念に勝った。 これ以前には会員数は200名程度だったのが、2000年(平成12年)にシルクプリマドンナが優駿牝馬に優勝する頃には会員数16,000人にまで成長していた。 苦難 [ ] しかし、その頃すでに早田牧場の経営が危機に瀕していた。 1999年(平成11年)に福島県に開設した育成牧場の巨額の建設資金などの多くの負債を抱えており、日本経済の景気悪化やライバルのが導入したの大成功などにも圧されて経営が悪化、2002年(平成14年)に破産宣告を受け経営破綻した。 これに先立つ2001年(平成13年)には、の馬主として知られる福島県の伊東純一・半沢一磨と共同で、早田牧場支援のため天栄ホースパークを買収した。 以後、シルクの馬は天栄で育成・調教を行うようになった。 しかしクラブの成績は悪化し、会員数も減少していった。 この時期、倒産した早田牧場から購入した最後の世代であるが数年に渡ってトップクラスの競走馬として活躍、GII競走を3勝し、GI競走でも2着、有馬記念や(春)で3着になるなど4億7000万円あまりを稼ぎ、クラブの経営を支えたという。 クラブでは2003年(平成15年)に阿部幸也を代表に据えて改革に乗り出した。 と提携したり、北海道のにも進出するなどの試行錯誤を行った(ばんえい競馬は後に撤退)。 しかし、2010年にの指導で、それまで行われてきたクラブ会員への補償制度が撤廃されることになり、クラブを苦境に追いやった。 この補償制度は、クラブ会員が出資した競走馬が未出走や未勝利のまま引退した場合に、出資金の一部を還元し、次の競走馬出資に充当できる制度だった。 この制度はクラブ会員にとってはリスク軽減になるし、クラブ法人側にとっても会員離れを防ぐメリットがあった。 しかし、(クラブ法人馬主)は法律上の枠組みで成り立っており、の規制を受ける。 金融庁は未出走・未勝利馬の補償制度を、金融商品取引法で禁じられている「損失補填」にあたるとしたのである。 全てのクラブ法人は補償制度を廃止せざるを得なくなり、結果として会員募集がさらに困難になった。 さらに追い打ちをかけたのが翌2011年(平成23年)のである。 地震による直接的被害として天栄ホースパークの調教用坂路コースが破壊され、さらにの放射能の影響で、ここに競走馬を預託するのを忌避されるようになった。 当時、天栄ホースパークには約260の馬房があり、そのうち160室で外部からの競走馬預託を受け入れていたが、これが立ち行かなくなってしまった。 転機 [ ] クラブではこの年、天栄ホースパークをに売却、かつての早田牧場のライバルだったとの提携強化に踏み切った。 社台グループとは、早田牧場の破綻後から関係を築いており、クラブ募集馬として2008年から生産馬を購買していた。 こうして2011年から天栄ホースパークはとなった。 この年からはクラブ募集馬の主力がノーザンファーム生産馬となり、クラブは社台グループとの結びつきを一気に深めたのだった。 これはクラブ運営には大きなインパクトとなり、会員数は激増した。 この2011年のノーザンファーム提携初年度の募集馬からすぐにG1優勝馬が出た。 2012年 G1を勝ったである。 クラブにとってはシルクプリマドンナ以来12年ぶりのG1競走優勝となった。 「アベノシルク」 [ ] クラブはさらに様々な改革を行った。 この一連の改革は、「」をもじって「アベノシルク」と呼ばれているという。 手数料を引き下げて会員への賞金配分率を高めたり、優勝時の厩舎への祝儀金を廃止するなどして、会員への配当額の増加を図った。 福島を本拠としていたクラブ法人の東京移転もその一環である。 2013年には会員のための「ラウンジ」(赤坂オフィス・ラウンジ)を開設した。 2014年(平成26年)に法人名を 有限会社シルクレーシングに改称 、代表を阿部善武から米本昌史に変更した。 米本は2012年にノーザンファームに入社し、2013年からシルクレーシング取締役を務めていた。 この間、クラブの成績は右肩上がりに上昇、2012年40勝(獲得賞金による馬主順位9位)、2013年48勝(11位)、2014年78勝(6位)、2015年66勝(5位)、2016年96勝(4位)とし、2017年(平成29年)には年間102勝(JRA99勝、地方3勝。 4位)をあげ、過去最多勝利。 2018年には所有馬がを達成、にも選出された。 服色 [ ] 水色、赤玉霰、袖赤一本輪 冠号 [ ]• なし(かつては「シルク」「シルキー」を使用していた) 主な所有馬 [ ]• 重賞勝ち馬または総賞金1億円以上の馬。 馬名 生年 性 出 走 勝 利 総賞金 万円 重賞勝鞍(年・格) その他戦績 出典 230 1983 牝 22 3 07,516 1986年 GIII GI3着 230 1991 牝 16 4 08,036 1994年 GIII 220 1993 牝 25 5 17,650 1997年 GII 1998年 GII 400 1994 牡 16 2 09,490 1997年 GI2着 210 1994 牡 27 5 45,797 1997年 GI 1997年 GII 1997年 GIII GI2着 400 1996 牡 47 5 09,105 1999年 GIII 210 1997 牝 15 3 20,642 2000年 GI GI3着 220 1999 牡 43 9 47,391 2004年 GII 2004年 GII 2006年 GII G12着 220 2000 牡 13 3 06,714 2002年 GII 400 シルキーラグーン 2000 牝 24 7 15,467 2004年 2005年 120 2006 牡 28 8 30,731 2010年 G2 2010年 JpnII 2009年 G3 G12着 JpnI2着 130 2006 牡 46 8 29,157 2011年 G3 2012年 G3 2012年 G3 G12着 JpnI3着 110 2010 牝 20 3 17,231 2012年 G1 2014年 G3 120 2010 牡 36 7 44,358 2014年 G2 2014年 G2 2014年 G3 G12着 G12着 130 2010 牝 25 4 12,032 2014年 G3 130 2011 牡 36 6 14,816 2017年丹頂S 130 2012 牡 14 2 7,555 2014年 G3 130 2012 牡 24 5 20,437 2017年 G3 130 2012 牡 現役 8 19,593 2019年 G2 120 2013 牡 現役 6 19,151 2017年 G2 2016年 G3 130 2013 牡 13 4 16,384 2017年 G3 2016年 G3 130 2013 牡 現役 6 13,861 2018年 G3 130 2013 牡 27 7 17,327 2018年 G3 130 2014 牡 現役 4 11,146 2018年 G3 2017年 G3 001 2015 牝 現役 9 74,870 2018年 G1 2018年 G1 2018年 G1 2018年 G1 2019年 G1 2019年 G1 2020年 G1 2018年 G3 G13着 130 2015 牝 現役 4 16,253 2018年 G3 2018年 G3 2020年 G3 G12着 002 2015 牡 現役 7 43,850 2018年 G1 2019年 G2 2020年 G2 2018年 G3 2018年 G3 120 2015 牡 現役 4 16,253 2019年 G1 2019年 G2 G12着 110 2015 牡 現役 8 23,112 2019年 G1 2019年 G1 2020年 G2 2019年 G3 300 2015 牝 5 3 04,120 2018年 SI SI 2着 300 2015 牡 現役 7 09,617 2019年 G2 2020年 G3 120 2016 牝 7 3 09,859 2019年 G2 300 2016 牝 現役 5 08,547 2019年 300 2017 牡 現役 3 0 0700 2019年 G1 2019年 G3 300 2017 牝 現役 2 03,632 2019年 G3 300 2017 牡 現役 3 04,423 2020年 G2 300 2017 牡 現役 4 06,654 2020年 G1 クラブ競走馬の戦績 [ ]• 1986年• 09月 - ロイヤルシルキーがクイーンSに勝ち、クラブ初重賞制覇。 1997年• 12月 - シルクジャスティスが有馬記念優勝、クラブG1初制覇。 2000年• 05月 - シルクプリマドンナが優駿牝馬優勝、クラブ初のクラシック競走制覇。 2018年• 04月 - アーモンドアイが桜花賞 G1優勝。 クラブのG1優勝は6年ぶり。 04月 - プレストウィックがの G1に遠征するが、出走直前に取消。 故障により競走能力喪失と診断された。 10月 - アーモンドアイが牝馬三冠を達成。 11月 - アーモンドアイがジャパンカップをレコード勝ち。 この年の年度代表馬に選出。 2019年• 03月 - アーモンドアイがドバイターフ優勝。 クラブ初の海外G1制覇。 11月 - インディチャンプが春秋マイル制覇。 代表者 [ ]• クラブ法人 有限会社シルクレーシング• - の娘婿。 元不動産開発業。 愛馬会法人 有限会社シルク・ホースクラブ• 阿部幸也 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 伊藤純一は福島馬主協会の会長、半沢一磨は常務理事である。 両者は福島市に本社を置く月電工業の経営者(伊藤が代表取締役会長、半沢が代表取締役社長)で、シルクとは資本関係がある。 グラスワンダーの名目上の馬主は有限会社半沢。 シルクフェイマスの父はで、早田牧場を代表する母系モミジの牝系に社台グループのサンデーサイレンスを配合したものだった。 この間、クラブはG1競走で37連敗を記録していた。 出典 [ ]• 、owner(馬主情報)、。 2019年8月8日閲覧。 福島馬主協会、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、バリシニコフ、2019年8月17日閲覧。 、キッポウシ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、フレンチパッサー、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、マチエール、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ペガサス、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ルミネッセンス、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、スギノハヤカゼ USA 、2019年8月17日閲覧。 月刊『』1992年2月号、内「優駿」編集部、、p34-38「レオダーバンの故郷 北海道新冠・早田牧場」• 月電工業株式会社、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、グラスワンダー USA 、2019年8月17日閲覧。 『財界ふくしま』、株式会社財界21、29巻3号、2000年。 p62-66「新春特別インタビュー 伊東純一月電工業(株)代表取締役社長に聞く 怪物グラスワンダー 栄光と挫折、王者復活への道のり 「凱旋門賞」で国内最強馬から世界の頂点へ!福島で引退式の計画も」• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ローブティサージュ、2019年8月17日閲覧。 競馬ラボ、2019年3月27日付、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ロイヤルシルキー、2019年8月17日閲覧。 、ロイヤルシルキー競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクグレイッシュ、2019年8月17日閲覧。 、シルクグレイッシュ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクフェニックス、2019年8月17日閲覧。 、シルクフェニックス競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクライトニング、2019年8月17日閲覧。 、シルクライトニング競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクジャスティス、2019年8月17日閲覧。 、シルクジャスティス競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクガーディアン、2019年8月17日閲覧。 、シルクガーディアン競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクプリマドンナ、2019年8月17日閲覧。 、シルクプリマドンナ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクフェイマス、2019年8月17日閲覧。 、シルクフェイマス競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクブラボー、2019年8月17日閲覧。 、シルクブラボー競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルキーラグーン、2019年8月17日閲覧。 、シルキーラグーン競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクメビウス、2019年8月17日閲覧。 、シルクメビウス競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクフォーチュン、2019年8月17日閲覧。 、シルクフォーチュン競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ローブティサージュ、2019年8月17日閲覧。 、ローブティサージュ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 サンケイスポーツ、2015年11月10日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ラストインパクト、2019年8月17日閲覧。 、ラストインパクト競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 日本中央競馬会、2017年12月20日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シャトーブランシュ、2019年8月17日閲覧。 、シャトーブランシュ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 JBISサーチ、2015年11月25日閲覧• 日本中央競馬会、2016年3月11日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ブライトエンブレム、2019年8月17日閲覧。 、ブライトエンブレム競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 日本中央競馬会、2018年8月3日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ブライトエンブレム、2019年8月17日閲覧。 、ブライトエンブレム競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 日本中央競馬会、2018年8月3日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、グランシルク、2019年8月17日閲覧。 、グランシルク競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 日本中央競馬会、2018年4月28日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、モンドインテロ、2019年11月30日閲覧。 、モンドインテロ競走馬データ、、2019年11月30日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、グレンツェント、2019年8月17日閲覧。 、グレンツェント競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 日本中央競馬会、2018年8月3日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ゼーヴィント、2019年8月17日閲覧。 、ゼーヴィント競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 netkeiba. com、2017年7月9日閲覧• 日本中央競馬会、2018年10月10日閲覧• netkeiba. com、2016年7月4日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ヒーズインラブ、2019年8月17日閲覧。 、ヒーズインラブ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 スポーツニッポン、2018年3月31日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ストロングタイタン USA 、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、セダブリランテス、2019年8月17日閲覧。 、セダブリランテス競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 スポーツニッポン、2017年7月2日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、アーモンドアイ、2019年8月17日閲覧。 、アーモンドアイ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、プリモシーン、2019年8月17日閲覧。 、プリモシーン競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ブラストワンピース、2019年8月17日閲覧。 、ブラストワンピース競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、グローリーヴェイズ、2019年8月17日閲覧。 、グローリーヴェイズ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、インディチャンプ、2019年8月17日閲覧。 、インディチャンプ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、プロミストリープ、2019年8月17日閲覧。 、プロミストリープ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ダイアトニック、2019年10月26日閲覧。 、ダイアトニック競走馬データ、、2019年10月26日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ウィクトーリア、2019年8月17日閲覧。 、ウィクトーリア競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ディアンドル、2019年8月17日閲覧。 、ディアンドル競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、サリオス、2019年10月5日閲覧。 、サリオス競走馬データ、、2019年10月5日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、リアアメリア、2019年10月26日閲覧。 、リアアメリア競走馬データ、、2019年10月26日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、オーソリティ、2020年05月02日閲覧。 、オーソリティ競走馬データ、、2020年05月02日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ラウダシオン、2020年5月10日閲覧。 、ラウダシオン競走馬データ、、2020年5月10日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

道の駅かわまた 施設案内

シルク ロード ツイッター

6月23日、シルクホースクラブ2020年度募集馬情報が公開されました。 3行以上は文字を読めない私が頑張って案内を見てみます。 今最も勢いのある一口馬主クラブと言ってもよいでしょう、シルクホースクラブ。 そんな人気のあるクラブの募集情報ともなれば、注目している人も世界で5人くらいはいるはず。 今年はG1を何勝しているか忘れましたが、また会員が増えそうですよね。 アーモンドアイ、サリオス、ラウダシオンetc・・・私の出資馬が入っていないのは不具合でしょうか。 3年実績制ですが、もう一般庶民ではとてもじゃないけど無理という実績が必要な馬が毎年何頭もいます。 特に3歳世代は、その高実績が必要だった馬の活躍が目立っているだけに、一般的な会員のモチベーション低下も考えられるでしょう。 少なくても私 そうなんです、私もシルクへのモチベーションが低下中。 しかし、先週も出資馬が重賞を勝ってはいるので、浮き沈みが激しい感じでもあります。 沈んで沈んで少し浮かぶ、という感じです。 2020年度募集馬情報を見ていきましょう。 お知らせの気になる一文 早速、お知らせを見てみましたが、気になる一文がありました。 お一人様一冊へのご協力を重ねてお願い申し上げます。 既存会員はカタログ請求をしなくて良かったのですか! 毎年、カタログを請求していたのに!!! ・・・なんて会員はいるかは分かりませんが、少なからずいたのでしょうか。 それは良いのですが、 お一人様一冊へのご協力をこちらが気になります。 毎年、何冊も要求する会員がいるということですかね。 私もツアーに行く場合はカタログを現地で貰うこともあり、結果的に2冊になることはありますけど、将来シルク会員になりそうな人にサイン入りであげてます。 <口数制限> 1頭あたり10口まで 抽選枠での割り当ては5口まで <出資馬決定方法> 実績枠 300口 抽選枠 200口 実績枠は過去3世代 2016年産、2017年産、2018年産 の出資金額の合計順で口数割り当て。 抽選枠は抽選時優先 1頭のみ指定可能 を利用した申込みが優先されます。 口数制限、もっとキツくしてくれないかなーとは少し思います。 500口クラブなのですから。 より多くの会員と楽しめるようにしてほしいところ・・・低実績者の戯言なのかもしれませんが。 キャンセルが出た場合は、一次でハズレタ人優先は導入してほしいけど。 第一次募集 通常募集 インターネット 2020年8月18日 火 10時より先着順 会員 電話・郵送 2020年9月2日 水 10時より先着順 今年も通常募集では数頭だけ残る感じでしょうか。 スムーズにキャロットの募集に移行できますね・・・なんちって・・・。 募集馬動画は高画質・1頭あたりの時間が長いインターネット配信版をご覧ください。 会員へもDVDの配布は行わない、ということなのかな。 ツアーに代わる情報を含めての、youtubeチャンネルでの募集動画配信でしょうか。 募集馬検討会もやるみたいな事言ってましたよね、確か。 楽しみにしておこうと思います。 シルクは通常時も動画配信は充実していますので、毎回見ていて再生数が寂しいなと思うけど、会員の出資馬という性質上仕方がないか・・・という感じ。 この募集動画はどのくらい再生数が伸びるか・・・人気馬を占う上での重要な要素となるのではないでしょうか。 アテになるかは不明。 早くカタログの情報を見たいけど、実績がいくら必要なんでしょう、という不安も例年以上に大きいです。 や なんて今から不安しかない。 ラトーナ命の私ですから、 だけは取らせてください・・・この馬はあまり人気しないか。 桃がまた当たったらシルクについて考えます。 募集予定馬 この記事書いた後に価格と厩舎が出たようで、徹夜で寝ながらこの後更新します。 追記:更新しました。

次の