アメブロ ジャンル。 アメブロ公式ジャンルのランキングアップで大事なことをまとめました

【2020年版】アメブロランキングの仕組みを徹底解説

アメブロ ジャンル

アメブロで圧倒的な集客力を手に入れる 日本No. 1のブログサイトであるアメブロから圧倒的な集客力と知名度を手に入れることができるのが「 アメブロアクセスupサービス」です。 このサービスは自動的にあなたのブログのアクセス数を増やし、有名にすることが目的です。 一部上場企業や芸能人も多数利用している実績と安心あるサービスになっています。 アメブロランキングへ参加するメリット アメブロランキングとは「ジャンル分けして記事を見つけやすくする仕組み」です。 アメブロにはたくさんの方がブログで情報発信しているので、読みたい記事がどこにあるのか分かりづらくなってしまうのです。 ですが、この「ジャンル」で検索すれば記事がすぐに読めるようになります。 「読者」と「ブログ投稿者」でそれぞれのメリットがありますのでお伝えしていきます。 読者側のメリット 読者側から見れば「仕事術」「スポーツ観戦」「介護生活」など多種多様のジャンルがあるので、気になるジャンル選択することで、興味のあるブログを一覧で表示させることができます。 さらに、ランキング形式となっているので人気のあるブログを上から順に見ることもでき、読者にとって嬉しい機能だと言えます。 ブログ投稿者側の2つのメリット ブログの投稿者側から見れば、ブランディング化とターゲティングの2つの面でメリットがあります。 ブログが上位表示されていれば人気のブログだとユーザーに思われますので、ブランディング化も容易にできるようなります。 上位表示によって1日に10件以上の集客を見込むことができるでしょう。 他の側面から見ると、ターゲティングをしやすいということも言えます。 今現在あなたが販売している商品やサービスにあったランキングに参加することで、それに興味があるユーザーを見込み客として獲得することがでいます。 例えば、• 主婦向けの商品を販売しているなら「主婦・子育て・妊娠・婚活・OL」などに参加• 会社員向けの商品であれば「サラリーマン・起業・ビジネス・仕事術」などに参加• 企業向けのサービスを扱っているなら「企業・起業・30代・ビジネスマン・教育・スクール」などに参加• ファッション系のECサイトを運営している場合には「ファッション・コスメ」へ参加 このようにターゲットがいるランキングへ参加することで、ターゲティングしながらブログ発信をしていくことができるようになります。 アメブロランキングに掲載されるコツとは? アメブロランキングに掲載されるコツは参加するジャンルによって異なります。 ここでは「テーマジャンル」と「日記・企業ジャンル」に分けて解説していきます。 さらに、各ジャンルの推奨記事例やランキングが圏外になる理由などをお伝えしていきます。 アメブロランキングの基本となるところですので、必ず押さえておくことをおすすめします。 テーマジャンルの場合 テーマジャンルの場合には「公式ジャンルに合った記事を書くこと」が大切です。 例えば、料理ランキングに参加した場合には料理に関係にあるコンテンツを発信する必要があります。 調理の仕方• 5分クッキングなど調味料に関する話• 時短料理術 料理に関連するものならどのようなコンテンツでも良いとされています。 他にもファッションの場合• 季節のトレンドや流行りの小物• 着こなしコーデ• デートコーデ など、ファッションに関する情報を発信していていくことが大切です。 テーマジャンルの場合にはテーマとは異なる内容を書き続ければ運営側から別のランキングを提案されたり、ランキングに掲載されないこともあります。 一時的にランキングに掲載されている場合でも「圏外」という処置が取られますので気をつけておきたいところです。 日記・企業ジャンルの場合 「日記・企業ジャンル」はアメブロ側の条件等は一切ありませんので、好きなようにブログ発信していくことができます。 企業ジャンルの場合、お店のPRやお店の運営情報、クーポンの発行などを行なっていくことができるでしょう。 日記ジャンルの場合、日頃の出来事など自由に執筆していくことができます。 自由な形で投稿できる唯一のジャンルとなっています。 特に目的がない場合などはこのジャンル設定がおすすめです。 推奨記事例 アメブロランキングへ参加しコンテンツを投稿していく時に注意するべき点は以下の2つとなります。 <NGな記事>• 所属する公式ジャンルの内容について一切書かれていない記事• 店舗情報やセミナー情報 告知・入荷・空席情報など しか書かれていない記事 参加しているジャンルに沿っていない記事や宣伝ばかりの記事ばかり書いていると、記事が非公開にされたりランキング圏外になってしまう可能性もありますので、十分注意が必要です。 推奨記事例: アメブロランキングが「圏外」になる3つの理由 アメブロランキングが圏外になる理由は様々ありますが、ここでは以下の2つの理由についてお伝えしていきます。 公式ジャンル「テーマ」にてジャンルに合っていない記事の執筆• アメブロ利用規約違反• 他の人からの通報 これらについて具体的に解説していきます。 公式ジャンル「テーマ」にてジャンルに合っていない記事の執筆 公式ジャンル「テーマ」を選択した場合には、ジャンルに合った内容のブログを書かなければいけません。 「毎日のレシピ・料理・献立」というジャンルを選択しているのにも関わらず、記事の執筆が「恋愛」や「ファッション」だとランキング圏外になる可能性があります。 そして何度もジャンル違いの記事を書いていると、ランキング圏外にされてしまいます。 ですから、ジャンルに沿った記事を投稿していくことが大切と言えます。 <公式ジャンルに合わない記事を投稿するとどうなる?>• 記事ランキングに掲載されません。 5記事連続で記事ランキングに掲載されなかった場合、公式ジャンルから外させていただきます。 圏外に飛ばされてしまうとランキング上位を狙うことはできません。 ランキング入りするためには、あなた自身が書きたいものと一致するジャンルを選ぶことが大切です。 書きたいものが多数ある場合も、何をメインにしていくかという方針を立てておきましょう。 そうすればスムーズにランキングの入ることができます。 アメブロの利用規約違反 2つ目にランキング圏外飛ばしになる理由としてアメブロの利用規約違反が考えられます。 特に多いものとして考えられるのは禁止ワードや公認されていないASPの利用です。 禁止ワードはアメブロ内で投稿してはいけないワードのことです。 具体的には以下のようなものが挙げられます。 必ず稼げる• 投資元本保証• サプリを飲むだけで美肌効果・美肌再生効果がある など、さまざまなものが挙げられます。 また、ASPではアメブロ公認のASP利用が推奨されています。 公認以外のASPを多用している場合には記事の非公開化やアメブロランキングの圏外飛ばし、さらにブログの削除等の重いペナルティーもある可能性がありますので注意して取り組むことが大切です。 他の人からの通報 3つ目に他の人からの通報というものがあります。 アメブロには通報機能が備わっており、誹謗中傷や著作権の侵害、個人のプライバシーの侵害など様々な問題があるときに活用することができます。 他にもユーザーから通報されるケースがあり、この場合一時的に圏外になることもあるようです。 特に上位表示されている人が狙い撃ちされる場合もありますので、このことを把握しておくことが大切です。 アメブロランキング圏外飛ばしの対処法 アメブロランキングにて圏外飛ばしにあっても対処する方法はたくさんあります。 ここでは即効性で必ず効果がある方法をご紹介しますので参考にしてみてください。 1つ目の「公式ジャンル「テーマ」にてジャンルに合っていない記事の執筆」の場合、ジャンルに合ったコンテンツを投稿することです。 もしくは、ランキングを変更して記事内容と同じにするという選択もできます。 2つ目の「アメブロ利用規約違反」の場合、禁止ワードと非公認ASPの利用ですが、禁止ワードを使っている場合にはその部分を削除し再投稿することです。 これで記事が非公開にならなかった場合には修正されていると判断できます。 非公認ASPの利用については、推奨されているASPを利用するということです。 3つ目の「他の人からの通報」の場合、対象法は待つしかあります。 しかし、無差別に通報するユーザーもいるのでアメブロ側のチェックも厳しくなっています。 つまり、問題がないブログが通報された場合にはアメブロランキングの圏外飛ばしなど行わず、むしろ通報した側の運営ブログがペナルティーを受けるということもあるようです。 ですから、規約違反等していなければこの圏外飛ばしに意識を向けなくても良さそうです。 いずれにせよ、アメブロ圏外飛ばしになったとしても数日待てば元に戻る場合が多い一時的なものに過ぎませんので、上記の対象法を講じて待ってみることをおすすめします。 アメブロランキングの上位表示で10倍の集客効果 アメブロランキングはその名の通り、ランキング形式となっています。 そのため上位にランクインしていると、「公式ジャンル」で記事を検索した時にまっさきに読者が訪問してくれるようになります。 つまり、ランキング上位表示によって集客や認知度アップに繋がるということです。 アメブロアクセスupサービスの独自の調査によれば、アメブロランキングで上位表示されているブログとランキングが数百位のブログでは集客力(具体的には顧客リストの獲得数)が一定期間内で最大10倍もの差がつきました。 これは驚くべき結果ではありません。 なぜなら、ほとんどのネットユーザーは上位表示されているブログを読むということが確認されているからです。 アメブロランキングに限らずGoogleの検索エンジンやAmazon・楽天といったECサイト、食べログなどの飲食店検索サイト、ホットペッパービューティーなどの美容検索サイトなど全てのランキング形式サイトは上位表示されているサイトが最も見られるのです。 つまり、アメブロランキングでも上位表示をすることによって効率的かつ継続的に集客をしていくことができるようになるのです。 アメブロのランキング上位表示ではアクセス数を増やすことが必須であり、これを独自のAI(人工知能)システムにて実現できるのがなのです。 アメブロランキング1位を取るメリット 現在12,000人以上のブロガーが参加している「毎日のレシピ・料理・献立」という公式ジャンルで1位になれば、「この人のレシピは人気なんだ」と訪問してくれたユーザーは思うことでしょう。 その1位のブログ内で「この書籍から献立アイディアをもらっています」という形で本を紹介(アフィリエイト)することでアフィリエイト収入を得ることも可能になるのです。 これをビジネスにて応用することができます。 例えば、アメブロランキングの1位または上位表示によって、• ブランディング化できる• 無料媒体のアメブロで集客ができる• 商品やサービスの認知度を向上させることができる• お問い合わせやメルマガ登録など顧客リストを獲得できる• その公式ジャンルで名の知れたブロガーになれる• 人気ブロガーとして活動の幅が広がる など、そのメリットは計り知れません。 ランキングトップ10は非常に価値があります。 どのジャンルでも大きなリターンを得ることができるでしょう! 近年、広告業界にて新規見込み客リストを取るのに1500円〜3000円といった費用がかかります。 業界によっては1件あたり7000円などかかることもあるでしょう。 広告予算を毎月計上できない方にとっては非常に厳しい数字です。 しかし、アメブロを活用することで大量かつ継続的に新規見込み客リストを取ることができます。 ランキング上位に入ることが集客のコツです。 ランキング上位に入るためにはアクセス数をあげればいいというわけです。 アメブロ集客のまとめ 集客から売上を上げるまでをまとめると以下のようになります。 <アメブロ集客〜売上を上げるまで>• アクセス数を上げる• アメブロランキングの上位表示に入る• 多くのユーザーが法ものしてくれるようになる• 顧客リストを獲得できる• 獲得したリストへ対して商品やサービスをアプローチする• 売上が右肩上がりになる アメブロのアクセス数を上げるサービスとは? 一般的に知られているアメブロ集客の方法は適切なランキングへ参加して、良質な記事を継続的に発信していくということです。 「毎日のレシピ・料理・献立」というジャンルならば、• 必ず毎日のレシピを掲載する• わかりやすい写真を掲載する などが挙げられるでしょう。 ジャンルに添った丁寧な記事を書いていれば自然と見る人も増えます。 ただし、それだけではアメブロランキングの上位に入ることができません。 アメブロ集客のポイントは「アクセス数」を上げることです。 なぜなら、一定数以上のアクセス数がなければランキングの上位に入ることができないからです。 毎日、どんなに頑張って記事を更新してもアクセス数がなければランキング上位にはいることができませんし、あなたの記事を広めることができません。 そして、SNSや他の媒体からアメブロの誘導してもそれほど効果がないという事実も分かっています。 独自のシステムでアクセス数を増やすことができるのがなのです。 自動化ツールのいいねやフォローの利用や毎日記事を投稿してもブログランキングを上げることはできません。 アメブロアクセスupサービスを利用することで初心者でもランキングの上位に入ることができるのです。 現在、利用者数も増え公式ブロガーまでもが当サービスを利用しています。 あなたもランキングの上位に入り集客したいとか、知名度をあげたいとお考えでしたら利用することがベストだと思います。

次の

アメブロ公式ジャンルのランキングアップで大事なことをまとめました

アメブロ ジャンル

アメブロ公式ジャンルって、どういうものなの? アメブロに【公式ジャンル】というものができました。 これはどういうことかっていうと、あなたのブログをジャンル分けしましょうねーってことなんです。 エステに関するブログなら、 エステ関係のジャンル。 起業に関するブログなら、 ビジネス関係のジャンル。 という感じにジャンル分けすることで、 読み手にとって必要な記事がを探しやすくなるって仕組み。 読者さんからすれば、アメブロの中に沢山のブログがあって、その中から探すのが面倒になります。 そこで、ジャンルを分けることで、 まずそこをクリックする。 そうすると同じ関連の 記事が集められている。 あとは、読むだけになるので、 探す手間が省けるわけですね。 さてさて、今度は、 書く側の立場に立って考えて見ましょう。 ここで大事なのが、 自分のアメブロって、 そもそも何書いているの? って話です。 ちなみに僕のアメブロは、 アメブロ集客の話を中心に書いています。 ちょっと、嬉しいじゃなーーーーい!3つもランキング入り!今日はハッピーday^^ TAKESHIランキング入りすると順位で公表されるため、ランキング上位になればその分だけ多くの人に見てもらえる可能性が増えるわけですね。 結果、ブログへのアクセスが集まる。 ではでは、どうやったら、このランキングに入るのか?なのですが・・・最初に言っておきますね。 正直言って、絶対これだ!っていうのは今の所わかりません。 ただ、この可能性が高い!っていうのはお話できるのでその話をしようと思います。 公式ジャンルには、中身にあったブログ内容が必要 これはですね。 アメブロが公表しているページに書かれてます。 合っていると、番付けされます。 合ってないと、 「圏外」になります。 そして、5回ジャンルと内容の違う記事を書くとジャンルから、追放されます。 追放されると・・・ ゲーーームやん!!!それちゃうやん!!そらー、追放されるで!!! TAKESHIってことで、アメブロ側も一応チェックしているようです^^ただ、追放されても、ご安心ください。 追放後、同じジャンルに入り直すことはできるそうです。 ランキング入りする条件は、自分の書く記事の中身と合ったジャンルを選びましょう。 そして、ランキングに入るなら上位を目指したい!そのコツをお伝えしましょう。 まずは、ランキング種類3つを解説します。 まずは、ランキングの仕組みを知りましょう。 総合ランキング• 記事ランキング• 公式ハッシュタグランキング この3種類。 そして、どういう風になっているかというと 【記事ランキング】の順位や掲載回数に応じて【総合ランキング】が上がる。 なので、 【記事】や【ハッシュタグ】のランキングを上げていく必要があるんですね。 ハッシュタグランキングについて アメブロでも、ハッシュタグを設定できるようになりました。 そして、ハッシュタグの中には 「公式ハッシュタグ」というものがあります! 公式のハッシュタグはランキングになっているので、ランキング上位に載ることができれば多くの人にみてもらえる可能性が上がります。 公式ハッシュタグと、普通のハッシュタグとの違いは? 公式ハッシュタグには、ハッシュタグの前にマークがついてます。 このマークがついているハッシュタグを設定しておくことによって、 公式ハッシュタグの中でランキング付けされて表示されるようになります。 そして、公式ハッシュタグは、公式ジャンルの中にたくさんあります! 自分のエントリーしている公式ジャンルの中から探してもいいですし、他のジャンルから探しても大丈夫です。 公式ハッシュタグを設定しておけば、 自分の登録している公式ジャンル以外のものでも、ランキングに入ることができます。 ランキングを上げる方法って? では、これどーやったらランキング上がることができるのか。 ここで大事なのは、どういうことをしたらランキングを上げてくれるの?って考えるんじゃなくて、もし自分がアメブロ側の人間だったら「どんな人をランキング上位にしてあげるのか?」と考えてみましょう。 すると・・・• 中身とジャンルが合っている記事• キーワードを使って書いている記事• FacebookやTwitterなどのSNSから、つながりがある記事 今あげた記事を書いてもらえれば、ランキングをあげようと思います。 その理由は、もし自分がアメブロを運営していたら、Googleなどの検索エンジンで上位に表示させたい、そのためには、記事がしっかりと書かれていることが大事。 だからアメブロに貢献してくれる人をランキングに入れておく。 と考えることができます。 そして、逆にランキングから外される記事というのは・・・• 記事に統一感がない• 読者数が少ない• SNSとのつながりが見えない• キーワードが入っていない このような場合、ランキング入りは厳しい感じになります。 魔法使えません。 武器持てません。 特技ありません。 このような人をパーティーに入れたら、完全な戦力外。 レベルが強くて、魔法使えて、いい武器や特技持っている人を仲間に入れたいですよね。 繰り返しますが、公式ランキングに乗ろうと思ったら• 中身とジャンルが合っている記事• キーワードを使っている記事• FacebookやTwitterなどのSNSから、つながりがある記事 このようなことを大切にして、記事を書いていきましょう。 「アメブロ、どこをどうしていいかわからない」とお悩みの方はまずこちらへ Ameba公式ジャンルをアメブロ集客に活用する方法は・・・ アメブロ公式ジャンルを、 アメブロの集客に活用する方法 はもちろんあります。 公式ジャンルというのは、 そのジャンルの記事を書いている人が集まっているということになります。 例えば、「釣り」というジャンルがあれば そこは 釣りに関するブログの記事が集まっていることです。 他にも「子育て(ベビー)」というジャンルならば、 子育て中のママさんやパパさんが記事を書いていることになります。 ということは、 例えば、あなたが 赤ちゃんがいるママさんを対象としたリトミックの先生だった場合、 「子育て(ベビー)」、「子育て幼児」というブログジャンルの中に、お客様になりそうな人がいることになります。 また、 カウンセラーの資格やスキルがあり、仕事のストレスやうつ病などで悩んでいる人を探しているとしたら、「主婦」、「サラリーマン」、「ビジネスマン」、「OL」と行った職業のジャンルの中のアメブロを探してみるとお客様になりそうな人が見つかりやすいです。 つまり、 お客様になりそうなアメブロを探すために公式ジャンルを集客に活用することができるのです。 そして、お客様になりそうなアメブロを探したあとは、次は、 相手にあなたの存在を知ってもらう必要があります。 そのために相手のブログに対して、「いいねやコメント」をして 相手とまずコミュニケーションをとっていきましょう。 アメブロの中にはあなたのことを知らせる仕組みがある アメブロの中では、記事にいいねをしたり、記事に対してコメントをすることによって、誰がいいねをしてくれたのか、誰がコメントを残してくれたのか。 などがわかるような仕組みになっています。 で すので、アメブロから効率よく集客するためには、 どんどん相手に自分の存在を知らせて行く必要があるのです。 アメブロの中であなたのことを知らせて、そして積極的に交流することによって、 相手もあなたのブログを頻繁に読みに来てくれるようになりますよ。 ちなみに、記事にいいねができる回数は一日300人までです。 ですので、 お客様になりそうな人を探して 「いいね」をどんどんしていくことがアメブロから集客するためには必要になります。 アメーバキング2で、毎日いいねを楽ちんにしよう しかし、 「毎日、毎日、いいねをやるのは大変!」という場合は、自動いいねソフトのアメーバキング2を活用していきましょう。 アメーバキング2を使うことによって、 毎日300人にいいねすることができます。 いいねをする相手はもちろん公式ジャンルに登録しているのアメブロユーザーがオススメです。 公式ジャンルの中から、 自分の探したいジャンルを指定することもアメーバキング2のソフトで設定できます。 アメーバキング2は、無料で3回まで操作することができる体験版もありますので、ぜひ活用してみてくださいね。

次の

アメブロの公式ジャンルの選び方!2つのポイントとは?

アメブロ ジャンル

公式ジャンル総合ランキング 2. 全体ブログランキング 3. 人気記事ランキング 【公式ジャンル総合ランキング】は所属ジャンルの中のブログを対象としたランキング、【全体ブログランキング】はすべてのブログを対象にしたランキング(芸能人ブログは別)、【人気記事ランキング】は一つの記事単体でのランキングとなります。 ランキングの方法は以下を参照 公式ジャンルの注意点 公式ジャンルでの注意点は一つです。 テーマジャンルを選んだ場合、所属するジャンルに合った記事を書いているかのチェックがあるということです。 記事内容が合っていない場合はその記事はランキングから外されます。 以前は合わない記事を5回連続で書くとジャンルからも外されていたのですが、2018年12月27日以降はその除外ルールはなくなっています。 公式ジャンル設定 テーマジャンル以外の日記ジャンル、店舗・企業ジャンルには記事チェックはありません。 自由な内容でブログを書くことができます。 宣伝等も現在は制限がほとんど無くなったので自由に商用利用することが可能です。 商用利用はテーマジャンルであっても自由になっています。 ランキングの注意点 公式ジャンルに所属することでランキングに参加できます。 ジャンル設定した時点で即参加することができます。 ただし新しいジャンルの場合は参加者が最初は少ないためランキングそのものが表示されません。 ジャンルの参加者が最低30人に達しないと公式ジャンル総合ランキングが公開されないことになっています。 参加者が少ないと上位にランクされやすいため狙い目なのですが30人以上集まらなければジャンル順位自体が公開されませんので注意が必要です。 30人未満の場合は全体ランキングだけ順位が公開されます。 ランキング公開にはジャンル参加者が最低30人必要 2019年1月27日現在、1カ月前に追加された21ジャンルは参加者数も増えてきています。 一番増えたジャンルは「音楽活動・楽器」で800人を超えています。 逆にあまり参加者が増えていない30人未満のジャンルは「格闘技観戦」15人、「マリンスポーツ」24人となっています。 ジャンルはどれにすればいいのか どのジャンルに所属するかは重要ともいえますし、どれでも関係ないともいえます。 記事内容をテーマに合った内容で書くならテーマジャンルから選ぶのがいいでしょう。 いろいろな記事が書きたいなら日記ジャンルから選べばいいことになります。 でもアクセス数を伸ばしたいならテーマジャンルがいいと思います。 アメブロの場合、アクセスの半分はAmebaアプリやアメブロ内からのアクセスになります。 特にアクセス数の少ないブログではアメブロ経由のアクセスが大半になります。 そのときジャンルのページからアクセスを期待できるのはテーマジャンルです。 特に人気のテーマは訪問者も多いのでアクセス確率が上がります。 ランキングで上位に表示されていなくても新着記事ページには必ず表示されるため記事をアップしていれば目に触れる確率は上がっていきます。 公式ジャンルはいつでも簡単に変更や削除ができます。 どれがいいか迷っているなら、まずはどこかに設定してみて様子を見ながら変更していくのがいいと思います。 そしていいジャンルが見つかればそのジャンルに固定するべきです。

次の