塗る グルコサミン 効果。 塗るグルコサミン グルコサミン コンドロイチン クリーム サプリ ヒアルロン酸 あゆみEX 100g 約30日分 MSM サプリメント :148011:ジェイ・メディックス

塗るグルコサミンに期待すべき効果はない!良い口コミが多い理由とは?

塗る グルコサミン 効果

これだけ新聞やテレビで大々的に宣伝しているんだから効くのだろう。 医学的根拠もあるに違いない。 そう信じて飲み続けてきたのに……。 メーカーが決して言わない、サプリの「不都合な真実」。 膝の痛みに効く? 階段の昇り降りの際、膝がズキッと痛む。 そんな変形性膝関節症を抱える中高年を対象に、「関節痛を和らげる」「擦り減った軟骨が再生する」と喧伝され、現在最も売れているサプリがグルコサミンとコンドロイチンだ(両方が配合された商品も多い)。 だが、武蔵国分寺公園クリニックの名郷直樹院長は「飲んでもほとんど効果はない」と語る。 「グルコサミン、コンドロイチンが軟骨の成分であるのは事実ですが、サプリメントとして経口摂取しても軟骨は再生しません。 グルコサミンやコンドロイチンは、糖やアミノ酸からできており、体内に入ると分解される。 それが、再びグルコサミンやコンドロイチンに再合成され、膝の軟骨になるとは考えづらい。 髪の毛の成分を飲んだからといって髪は生えないのと同じで、軟骨の成分を飲んだからといって、軟骨は再生されないのです」 その上、膝などの軟骨部分には血管が少なく、摂取したものが届くのかも不明だ。 '10年9月には英国医師会誌『BMJ』に「グルコサミン、コンドロイチンが関節や股関節の痛みに効くという明確な結果は得られなかった」という研究報告が掲載された。 また世界的権威のある医学総合誌『ニューイングランド・ジャーナル』('06年)でも「1583人を4グループに分け、コンドロイチン単体、グルコサミン単体、その両方、偽薬単体を6ヵ月間投与したが、はっきりとした差は出なかった」との報告が発表されている。 「本当にその症状に効くというデータが実証されれば、医薬品として承認されるはず。 しかし、グルコサミンやコンドロイチンのサプリに、今のところそんな気配はまったくありません」(名郷氏) サプリの広告やパッケージに謳われている効果は、医学的に実証されたものではない。 にもかかわらず、あたかも効果があるように宣伝するのは「誇大広告」と言われても仕方がない。 消費者庁も問題視 先頃、バストUP効果とダイエット効果を同時に叶えることができると謳ったサプリメント「B-UP(ビーアップ)」に対して、消費者庁は「景品表示法違反」に当たるとして措置命令を下した。

次の

[グルコサミン]1か月で効果出なければ中止も検討を : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

塗る グルコサミン 効果

まずは関節痛とグルコサミンの関係を説明します。 私が最初に気になったのは、 グルコサミンの何が関節の痛みに良いのか、ということです。 調べてみると、グルコサミンは関節や痛みを緩和する成分ではなく、軟骨を修復する成分なのです。 骨の先端には軟骨があり、骨同士のこすれ合いを防ぎ、関節の曲げ伸ばしをスムーズにしています。 この軟骨の中に存在し、軟骨の生成を促すと言われている成分がグルコサミンです。 グルコサミンは軟骨のすり減りや損傷を補修するだけでなく、軟骨の強化にも関係しています。 しかし年を重ねると体内で作られるグルコサミンの量は減少します。 そのため修復が追いつかず、強化も十分にできないため、関節痛がなかなか治らず、毎日の生活に支障が出るようになるのです。 肉離れにもグルコサミンが効く!? グルコサミンは肉離れに効くそうです。 肉離れとは、筋肉が部分的または完全に断裂した状態です。 このようなひどい怪我をしている時は、関節も同時に痛めていることも多いものです。 また、患部をかばっているうちに、関節を痛めてしまうこともあります。 グルコサミンは、このような関節の状態の改善、怪我の二次被害の予防によって、本来の怪我の回復を早める効果が期待できるということです。 関節痛に塗るグルコサミンが人気の理由 グルコサミンが膝関節に良いのはわかったけど、飲むタイプと塗るタイプだとどちらがいいんだろう? 結論から言えば、 痛みの緩和が目的なら塗るタイプのほうが良いようです。 サプリメントと比較すると塗るグルコサミンはとっても手軽!? 塗るグルコサミンのメリットは 「食べあわせを気にしなくてよい。 」 「貼り薬と違ってかぶれたりする心配がない」 「飲み薬と併用して使える」 などです。 注意する点が少ないということだけでも、塗るグルコサミンが手軽だと感じます。 また塗るグルコサミンはアメリカでも人気が高く、2100万個の販売実績があるそうです。 使われた方の内、7割の方がなんらかの効果を実感したと報告されています。 人気の秘密は使い心地! 塗るグルコサミンの口コミを調べてみると、 「ニオイが気にならない」 「さらっとしている」 「見た目を気にしなくてよい」 「塗ってすぐ温感効果がある」 といったカキコミが多く見られます。 特に女性は見た目が気になりますし、サポーターやシップを使うと急に年齢を感じてあまり良い気分がしません。 その点、塗るタイプは非常に優秀だと思われます。 またすぐに温かく感じるので、気分が落ち着くというのも評価のポイントでしょう。 そして使い心地の良さの他にも、 持ち運びがしやすいから、外出や旅行先でもすぐに手当てができるという安心感もあるようです。 ポイントは温熱効果 温熱療法という治療法をご存知でしょうか?炎症を鎮めるために必要な措置として行われる治療法で、膝関節の痛みの緩和にも、この 温熱療法が適しています。 膝関節が痛む直接的な原因は、関節内ですり減った関節軟骨の破片による滑膜の刺激と炎症です。 痛む膝関節を温めて、血流を改善することで、細胞の新陳代謝や痛み物質の排出を促進し、筋肉や靭帯の緊張をほぐすことで痛みを緩和することができます。 グルコサミンは塗っても直接作用しない!? グルコサミンが軟骨に必要なこと、塗るグルコサミンが手軽なことはわかりましたが、そもそも体内で生成される成分を塗ることで取り入れることができるのでしょうか? 結論からいうと、 塗るグルコサミンの成分で軟骨の修復はできません。 クリームやジェルを体内に浸透させるために、ダチョウの仲間であるエミューの脂を使ったものがあります。 エミューオイルはヒトとも親和力が高く、スムーズに関節軟骨まで浸透していくと言われています。 しかしグルコサミンの分子は肌に浸透させるのは極めて困難で、仮に浸透させることができたとしても、関節軟骨のすり減りを修復するには、濃度が低すぎるようです。 塗るグルコサミンによって関節軟骨の修復は理論的な根拠はなく、また効果があったという研究結果もありません。 本当の目的は痛い部分を温めること! ならば、「塗るグルコサミンを使っても意味がないじゃないか」、「効果があると言ってる人は嘘を言っているのか?」と思うでしょう。 しかし塗るグルコサミンの目的が関節軟骨の補修ではなく、関節軟骨のすり減りによって起きる炎症の緩和だとしたら、効果を感じている人が多いのも納得できるのではないでしょうか? 塗るグルコサミンの配合成分には、グルコサミンやコンドロイチンが配合されている一方で、必ずと言っていいほどショウガエキス、トウガラシ果実エキスなどの温感成分が配合されています。 また温感成分と同じように、ほとんどの商品に配合されているスペアミント、セイヨウハッカは鎮静効果を持っています。 つまり、塗るグルコサミンの本当の目的は、グルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸の軟骨修復効果ではなく、 鎮静や温熱作用による痛みの緩和なのです。 関節痛を和らげるためには減量も効果的!! 私自身、膝の痛みで受診した際、お医者様から「 痩せなさい」と言われました。 確かに若いころと違って、体重管理を怠って体重は増えました。 お医者様によると体重が増えた分、足腰への負担も増え、曲げ伸ばしする膝関節にはそれ以上の負担がかかる。 体重を減らせば負担も減るので、痛みに悩まされることは減るということです。 体重が5kg増加すると、瞬間的な足腰の負担は15kg余計にかかると言われています。 また、脊柱管狭窄症や変形性膝関節症の場合も、体重を減らすことは治療に大きな効果があるそうです。 膝の関節痛の緩和のために、適度な運動を取り入れ、筋肉を落とさずに減量すると高い効果が得られるかもしれません。 参考になった医療機関等のページ 独立行政法人 国民生活センター 独立行政法人 労働者健康安全機構 九州労災病院 整形外科 〔国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所〕「健康食品」の安全性・有効性情報 まとめ 膝が痛いと積極的に動く気になりません。 それって消極的な自分を作る事なんですよね。 生活を楽しむためにも膝の痛みはなんとかしたいものです。 ほとんどの塗るグルコサミンは膝の痛みだけでなく、肩こりにも良いようです。 これって一粒で二度おいしいってことですよね? もちろん塗るグルコサミンは温めて痛みを緩和するもので、根本的な関節軟骨のすり減りの対策となるものではありません。 一時的な痛みの緩和としては有効ですが、関節痛の予防や治療として継続使用するものではないでしょう。 逆にすり減り続ける関節軟骨を放置して、塗るグルコサミンだけに頼っていると症状が悪化する可能性もあるので注意が必要です。 関節痛が生じたら、塗るグルコサミンで 様子を見て、治りが悪い、治ってもすぐにまた痛みが起きるようなら、早めに病院を受診し根本的な治療に取り組みましょう。

次の

グルコサミン

塗る グルコサミン 効果

これだけ新聞やテレビで大々的に宣伝しているんだから効くのだろう。 医学的根拠もあるに違いない。 そう信じて飲み続けてきたのに……。 メーカーが決して言わない、サプリの「不都合な真実」。 膝の痛みに効く? 階段の昇り降りの際、膝がズキッと痛む。 そんな変形性膝関節症を抱える中高年を対象に、「関節痛を和らげる」「擦り減った軟骨が再生する」と喧伝され、現在最も売れているサプリがグルコサミンとコンドロイチンだ(両方が配合された商品も多い)。 だが、武蔵国分寺公園クリニックの名郷直樹院長は「飲んでもほとんど効果はない」と語る。 「グルコサミン、コンドロイチンが軟骨の成分であるのは事実ですが、サプリメントとして経口摂取しても軟骨は再生しません。 グルコサミンやコンドロイチンは、糖やアミノ酸からできており、体内に入ると分解される。 それが、再びグルコサミンやコンドロイチンに再合成され、膝の軟骨になるとは考えづらい。 髪の毛の成分を飲んだからといって髪は生えないのと同じで、軟骨の成分を飲んだからといって、軟骨は再生されないのです」 その上、膝などの軟骨部分には血管が少なく、摂取したものが届くのかも不明だ。 '10年9月には英国医師会誌『BMJ』に「グルコサミン、コンドロイチンが関節や股関節の痛みに効くという明確な結果は得られなかった」という研究報告が掲載された。 また世界的権威のある医学総合誌『ニューイングランド・ジャーナル』('06年)でも「1583人を4グループに分け、コンドロイチン単体、グルコサミン単体、その両方、偽薬単体を6ヵ月間投与したが、はっきりとした差は出なかった」との報告が発表されている。 「本当にその症状に効くというデータが実証されれば、医薬品として承認されるはず。 しかし、グルコサミンやコンドロイチンのサプリに、今のところそんな気配はまったくありません」(名郷氏) サプリの広告やパッケージに謳われている効果は、医学的に実証されたものではない。 にもかかわらず、あたかも効果があるように宣伝するのは「誇大広告」と言われても仕方がない。 消費者庁も問題視 先頃、バストUP効果とダイエット効果を同時に叶えることができると謳ったサプリメント「B-UP(ビーアップ)」に対して、消費者庁は「景品表示法違反」に当たるとして措置命令を下した。

次の