就活 生 日記。 女子大生の就活日記

2021年、2022年卒の就活生向けの現場の一採用担当者としての参考情報

就活 生 日記

概要 [ ] 2020年度NHK就活生応援キャンペーン「コワくない。 就活」の一つとして制作された5分5夜連続のミニドラマ。 それぞれが就活を取り巻く最新キーワードを基にしたストーリーとなっている。 あらすじ [ ] 第1話 「ここ掘れガクチカ」 (2020年3月9日放送) 佐田華凛はその日の面接でも「ガクチカ」(学生時代に力を入れたこと)をうまく答えられずに気を落とすが、そんな華凛に友人の理沙は内定が出たこと話す。 ショックを隠せず落ち込む華凛に沙月はあるアドバイスを伝える。 第2話「就活逃避行」 (2020年3月10日放送) SNSや掲示板などの情報に振り回され就活疲れの吉川琢磨と神山俊樹は、スマホ断ちキャンプへと向かい「就活逃避行」するのだが、お互いの口から出る話は結局就活のこと。 そんな2人の前に現れたのは京極と名乗る奇妙な男… 第3話「0泊3日弾丸就活」 (2020年3月11日放送) 東北のある大学に通う山口さやは東京での就職を希望する地方就活生。 夜行バスで東京へ向かい、就活をしてまた夜行バスで帰る「0泊3日弾丸就活」することもしばしば。 ある日夜行バスで隣り合った菜津美から声をかけられる。 第4話「祈られすぎて神に近づく男」 (2020年3月12日放送) 通称「お祈りメール」(「今後のご活躍をお祈り申し上げます」で結ばれる不採用メール)をもらい続ける乾祥平は、内定の決まった友人たちにそのことを自虐的に話す。 その様子を見ていた友人の一ノ瀬蒼は祥平を神社へと連れて行き… 第5話「オヤカクまであと何歩?」 (2020年3月13日放送) 一ノ瀬蒼は志望していたベンチャー企業に内定が決まっており、会社からは「オヤカク」(親からの入社の承諾)を得た書類を提出するよう求められているが、大手企業への入社を望む父親になかなか言い出せずに悩んでいた。 佐田華凛 -• 佐田沙月 -• 理沙 -• 面接官 -• 就活生 - 今村京香• 就活生 - 小山莉奈• 宮木 - (第4話、第5話)• 一ノ瀬蒼 - (第2話 - 第5話) 第2話• 吉川琢磨 -• 神山俊樹 -• 京極 - 第3話• 山口さや -• 菜津美 - 栗林藍希• 店長 - だるま太朗 第4話• 乾祥平 - (第5話)• 杉山 - 福松凛• 彩 - 夏川アサ 第5話• 一ノ瀬蒼 - 泉澤祐希• 一ノ瀬健一 -• 一ノ瀬良子 -• 社員 - 湯浅浩史 スタッフ [ ]• 脚本 - 兵藤るり• 制作統括 - 小沢倫太郎• プロデューサー - 細川啓介• 音楽 -• タイトル画 -• 演出 - 脚注 [ ] [].

次の

【就活生必見】Gunosyの選考対策に必見の4つの事とは!?|就活市場

就活 生 日記

NHK「就活生日記」の再放送を希望!2020年3月9日月曜日から13日金曜日まで放送される、NHK総合チャンネルでミニドラマ「就活生日記」が時間帯は午後11時45分から11時50分まで放送されます。 「就活生日記」と「面接室へGO! 」 先日エコテキブログでは、同じくNHKで放送された就活応援番組「面接室へGO!シーズン1」に関する記事を書きました。 この記事でも述べたとおり個人的な考え方として、学校を卒業した学生さんが一斉に就職活動をする、いわゆる「就活」には懐疑的な立場です。 「大家さんと僕」のように「就活生日記」の再放送を希望 そうは言ってもすでに日常用語としても定着している「就活」は、視聴する立場によって考え方や感想が異なるでしょう。 もちろん平日に1回ずつ視聴する人と、土曜日にまとめて視聴する人では社会的立場が異なることも考えられます。 2020年3月2日月曜日から3月6日金曜日にかけて、同じような時間帯にが放送されました。 またこの「大家さんと僕」は3月7日土曜日にまとめて再放送されました。 2020年3月9日月曜日から13日金曜日まで放送される「就活生日記」も、土曜日にまとめて再放送をしていただき世の中に向かって「就活」のあり方に一石を投じてほしいと思います。 2020年3月17日火曜日追記 【あす夜、一挙放送です!】 ガクチカ、オヤカク、お祈りメール… 就活生も、未来の就活生も、就活生を見守る方々も。 本放送の視聴を見逃し方はぜひ!.

次の

21卒就活生の漫画日記

就活 生 日記

オススメ!2020. しかも「悩んでいるのは自分だけではないのか?」と不安に思う人も少なくありません。 そんな就活生の悩みに寄り添い、そっと励ますミニドラマシリーズ。 「学チカ」「0泊3日弾丸就活」「親カク」「お祈りメール」など、就活を取り巻く最新キーワードを織り込んだ、笑いあり涙ありの5つのストーリー。 タイトルのイラストはカラテカ・矢部太郎さんが担当! ドラマ「就活生日記」 【放送予定】 3月9日(月)~13日(金)[総合]後11:45〜11:50(全5回) 3月17日(火)[総合]後10:50~ 全5話一挙放送! 【作】兵藤るり 【音楽】渡邊 崇 【タイトル画】矢部太郎 【出演】泉澤祐希、富田望生、前田旺志郎、小平大智、吉田美月喜、上川周作 / 矢部太郎、綾乃 彩、栗林藍希、皆川猿時、田中要次 ほか 第1話「ここ掘れガクチカ」 佐田華凛(富田望生)は、入社面接での定番の質問「ガクチカ(学生時代力を入れたこと)」が、うまく答えられず内定をもらえないでいる。 しかし、キャンプ場でも2人は友人たちの就活の動向が気になってしまう。 すると2人は、隣でテントを広げる男性(皆川猿時)に声をかけられる。 第3話「0泊3日弾丸就活」 東北の大学に通う さや(吉田美月喜)は東京の企業を目指す、地方就活生。 学校やバイトを頑張るかたわら、夜行バスで東京に行き、朝から就活をして、また夜行バスで地元に帰る、「0泊3日弾丸就活」をすることもしばしば。 そんなさやを母親は「無理してない?」と心配しているのだが…。 第4話「祈られすぎて神に近づく男」 「今後のご活躍をお祈り申し上げます」で結ばれる不採用通知、通称「お祈りメール」。 友人たちが内定を獲得するなか、乾 祥平(上川周作)はまだ「お祈りメール」をもらい続ける日々。 「祈られすぎて神になりそう」と自虐的に言う乾を見かねた一ノ瀬 蒼(泉澤祐希)は祥平をある場所に連れ出す。 第5話「オヤカクまであと何歩?」 蒼(泉澤祐希)は、すでに志望のベンチャー企業に内定しているのだが、大手企業に入ってほしいという父親(田中要次)の期待を感じ、内定したことを言い出せずにいる。 僕が親のことを全く気にしてないというわけではないですけど(笑)。 就活生へのメッセージをお願いします! 就活は苦しいものじゃないと思うんですよ。 好きなことを仕事にすることが僕としては大前提なので、そこで苦しむのはもったいないと思います。 このドラマを見てもらって、自分と重なる部分や、こうしたらいいのかなという気づきがあったら嬉しいし、就活も楽しんでほしいですね。 難しいかもしれないけど、少しでも伝わればと思います。 佐田華凛 役・富田望生 さん コメント 華凛を演じた感想は? 就活の面接シーンは特にリアルだったので、就活生はこういう気持ちなのかと緊張しました。 映画やドラマのオーディションでもすごく緊張するんですが、好きな緊張なんです。 でも華凛の場合は焦るほうの緊張でした。 こういう状況の中で彼女が生きているということに、私も背筋を伸ばさなきゃと思いながら演じました。 就活生へのメッセージをお願いします! 力を抜いて、広く見て、自分が思っている以上にいろんな可能性や入り口があるということを頭の片隅に置いていただければと思います。 それから、自分の弱点と思っていた所が実はいい所なんだということに気付けることが絶対あるので、それをうまく見つけていってほしいと思います。 長所は短所で、短所は長所なんですよ。 自分の良い所も悪い所も見つめることが大事だと思います。 乾 祥平 役・上川周作 さん コメント 乾を演じた感想は? 二十代前半のころは、周りと比べることも結構あると思うんですよね。 一歩引いて周りがどう動いていくかを見ながらやっていこうとか。 でも一番手で切り込んでいく勇気はないのに、そうやって見ているとどんどん取り残されていく自分がいて。 その葛藤は乾という役にも僕自身にもあるものなので、ドラマを見てくれた人たちには、そういう部分で背中を押せたらいいなと思います。 善し悪しではなく、こういう人もいるんだなって思ってもらえたら。 就活生へのメッセージをお願いします! 就活中の方たちにどういう言葉をかけたらいいんだろうと迷うんですけど、この5分のドラマを見て、少しでもいろんなことに気を張っているところから精神的に楽になってもらいたいなと思います。 自分を大事にして、認めてあげられたら、きっと道は決まっていくと思うので。 確かめながら進んでいけば絶対に切り開けていくと信じてください。 イラスト&出演・矢部太郎 さん コメント.

次の