世界 最 高齢 出産。 リナ・メディナ

70歳のおばあさん体調不良を訴え病院で検査 → なんと妊娠が発覚 無事産まれたら世界最高齢出産

世界 最 高齢 出産

体外受精において40年以上の歴史を持ち、不妊治療が一種のブームとなっているインドで今月5日、74歳の女性が双子の赤ちゃんを出産した。 74歳での出産は世界最高齢となるが、「超高齢出産についてはなんらかの規制が必要」「非倫理的」「危険すぎる」などの批判が相次いでいるようだ。 『Hindustan Times』『Times of India』などが伝えた。 アーンドラ・プラデーシュ州イースト・ゴダバリ地区にあるネラパーシパドゥ村(Nelapartipadu)在住のエラマティ・マンガヤマさん(Erramatti Mangayamma、74)と農業で生計を立てている80歳の夫ヤラマティ・シタラマ・ラジャラオさん(Yaramati Sitarama Rajarao)の間に5日午前10時30分、双子の女の子が誕生した。 1962年3月22日に結婚した2人は子供を望み、これまでに数多くの病院を訪ねたり寺で祈りを捧げてきたが、57年間子供に恵まれなかった。 エラマティさんは74歳で双子を授かった喜びを、次のように語っている。 「子供ができないことで私は長い間、まるで罪を犯した人間であるかのような目で見られてきたのです。 近所の人には子供ができない女性を蔑む卑語(godralu)で呼ばれたこともありました。 でも夫は私をいつも守ってくれました。 」 「昨年、近所の55歳の女性が体外受精で子供を授かったのを知って、私にもまだチャンスがあるのではと思いました。 こうしてやっと双子を授かることができて、子供が産めない女と呼ばれることもなくなります。 私たち夫婦は世界で一番幸せです。 これからは産まれてきた双子をしっかりと育てていきます。 」 エラマティさんは昨年、同州グントゥールにあるアハリヤ病院(Ahalya Hospital)で行った体外受精に1回で成功し、.

次の

50代60代70代の出産事情!シニアでも妊娠出産は可能!?

世界 最 高齢 出産

高齢出産になる背景 女性の社会進出が盛んになり、結婚しても仕事を続けるケースが増えています。 高齢出産になる背景として、この社会的な変化が与えている影響は小さくありません。 働く女性のなかにはキャリア志向が強い人も多く、出産の優先度が高くないケースがよくあります。 キャリアを築いて企業の重要な戦力になっていく期間が出産適齢期と重なっており、キャリア形成を優先していると妊娠や出産を先延ばしすることになるのです。 キャリア形成より出産を優先したくても、仕事を長期にわたって休むと復帰しづらくなるように思えて、なかなか妊娠に踏み切れないというケースも多いです。 男性ばかりの職場や昔ながらの気風が漂う職場では、働く女性に対する理解がない場合もあり、産前産後の休暇を取得しにくいと感じることもあるでしょう。 保育園不足による待機児童の問題があるなど、社会的な体制も働く女性が出産しやすい状況になっておらず、その不安から若い年齢での出産を逃がす人もいます。 また、世界に視野を広げると、まったく別の事情で高齢出産が増加しているケースもあります。 中国では2016年に一人っ子政策が撤廃されたことにより、2人目以降の子どもを作りたいと考える人が増え、それに伴って高齢出産が多くなりました。 自然妊娠の最高齢の実例 自然妊娠できる最高齢は、医学的に厳密に定められているわけではありません。 そのため、おおまかな目安を知りたいなら、実例を参考にすると良いでしょう。 40歳を超えて出産している女性の数は年間で3万以上です。 この40歳という年齢を区切りとして考えがちですが、世界にはそれよりもずっと高齢で出産しているケースもあります。 たとえば、中国には67歳で無事に出産した女性がいるのです。 中国に古くから伝わる生殖療法を利用して自然妊娠し、2019年に帝王切開で出産を成功させました。 誕生した子どもの体温や脈拍などは正常な値を示し、体重も2560gだったので少し小さいという程度です。 ただし、これほど高齢で出産した事例は珍しく、厚生省の国内調査では、50歳代の女性が無事に出産した事例はわずか8件程度という年もありました。 また、自然妊娠の最高齢が公表されているわけではなく、50歳代での自然妊娠は困難という見方が強い点にも注意が必要です。 自然妊娠が可能かどうかは年齢だけでなく体力をはじめとして多くの要因が関係しますが、一般的な限界は45歳ほどであると考えられています。 高齢出産によるリスクとは? 日本には不妊治療費助成の制度がありますが、43歳以上の高齢出産に該当する場合は利用できません。 高齢になるほど自然妊娠が難しくなるので、不妊治療のニーズは高まっていきますが、43歳以上になると成果が出にくいとされているため、制度の対象外になってしまうのです。 したがって、高齢出産を前提とした不妊治療を続ける場合は、そのようなリスクがあることを理解して、自分たちで資金を工面していく必要があります。 経済的な面に関しては、出産を終えてからも苦労するかもしれません。 子どもを育てようとすると、教育費などの支出が長期にわたって生じることになります。 しかし、定年までに残された期間が短いと、子どもが幼いうちに収入が激減することになりやすいです。 そのため、収入がどう変わっていくのか予測して、しっかりと貯金をしておくのが理想といえます。 また、流産や難産のリスクが高まってしまいますし、出産が成功する場合でもダウン症の出生率が上がる点に注意が必要です。 母親に妊娠高血圧などの症状が現れるケースも増え、そのせいで胎児に与える栄養が不足すると、胎内で十分に成長させられない場合もあります。 日本における高齢出産の背景 時代とともに、高齢出産といわれる年齢は変わってきました。 それには、女性の初婚や第1子出生時の年齢に関する傾向の推移が影響しています。 具体的には、1980年代の女性の平均初婚年齢は25. 2歳だったのに対し、2015年には29. 4歳まで上がりました。 第1子出生時の平均年齢も、1980年代は26. 4歳でしたが2015年には30. 7歳にアップしています。 つまり、1980年代は20歳代半ばで結婚して出産するのが普通でしたが、2015年までの間でいずれも4年以上も遅くなるように推移してきたのです。 1980年代は30歳以上が高齢出産とされていました。 しかし、その基準で判断すると、2015年に第1子を出産した女性の半数ほどが高齢出産に該当する計算になってしまいます。 そのような事情もあるため、実際にはこの推移に合わせる形で、高齢出産といわれる年齢も上がっており、2019年時点では35歳以上がそう見なされるようになりました。 また、女性の初婚や第1子出生時の平均年齢が上昇する限り、それに応じて高齢出産とされる年齢も上記より上がっていく可能性があります。 高齢で妊娠するまでに気を付けたいポイント 高齢の女性が妊娠を目指すなら、日々の過ごし方に気を付ける必要があります。 基本となるのは妊娠する体づくりのために十分な栄養を取ることです。 食事の準備が面倒だからといって、レトルト食品やファストフードばかり食べていてはいけません。 暴飲暴食を避けて、できるだけ規則正しい食生活を維持することがポイントになります。 妊娠に必要な栄養というと葉酸が有名ですが、ビタミンDも卵巣などの機能に関係しているので、サプリなども使って積極的に摂取すると良いでしょう。 健康でいることが妊娠の重要な条件であるため、身体面や精神面に過剰な負荷を与えないことも大事です。 たとえば、仕事に関しても無理をせず、帰宅後や休日はしっかり体を労わらなければなりません。 また、ストレスを解消することも大切なので、生活に適度な運動も取り入れていきましょう。 運動すると骨盤内の血行が良くなって、生殖器官が活性化することも期待できます。 このようなスタンスを意識しつつ、生理に変化が現れる36~37歳ぐらいのタイミングを目安として、それまでに妊娠することを目指すのが望ましいです。 高齢で妊娠したときの注意点 妊娠した後は、胎児の成長や高齢出産に向けての体づくりのために、しっかり栄養を取らなければなりません。 ただし、2人分を食べれば良いという単純な話ではないので気を付けましょう。 太りすぎると体に負担がかかりやすくなるので、食事の量を増やしすぎないように配慮する必要があります。 食事の量だけでなく質も見直して、栄養バランスの優れたメニューを考えることが重要です。 つわりの影響などで食欲が減った場合は、味付けを変えたりして食べやすくする工夫をしましょう。 胎児がいる腹部に負担がかからないように注意することも大事です。 不用意にしゃがんだり前かがみになったりすると、圧迫することになってしまいます。 そのため、家事は家族に手伝ってもらい、仕事で力仕事がある場合は他の人に代わってもらったほうが安全です。 体が冷えるのも良くないので、空調や衣服などにも気を配らなければなりません。 また、高齢になってから妊娠した場合、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群にかかりやすく、それが常位胎盤早期剥離のような命に関わる症状を招くこともあります。 それを理解したうえで、出産までなるべく安静に過ごすことがポイントです。 高齢出産における分娩時の注意点 高齢出産は難産になりやすい傾向があり、その理由として、分娩時に会陰や腟が柔らかくなりづらいことが挙げられます。 子宮口が広がりきるのにも長時間を要することが多く、出産を終える頃には母親が極端に疲労しているケースも珍しくありません。 分娩がなかなか進まずに母子の状態の悪化が懸念される場合、緊急帝王切開などの処置を施すことも多いです。 また、出産に伴う出血量も多くなりやすいので、分娩中に貧血になってしまう恐れがあります。 このような事情を踏まえたうえで、医師と相談して十分な対策をしておくことが大事です。 出産後は体力が低下している状態で、不慣れな育児をこなす必要があります。 さらに、ホルモンの分泌量が著しく減ることも影響して、とても疲れやすくなっているのが一般的です。 そのため、精神面が激しく落ち込んで、産後うつと呼ばれる状態になってしまうケースがあります。 本人の努力だけでは回避や回復が難しいので、家族にフォローを頼むことも忘れてはいけません。 高齢出産をするメリットとは? 若い年齢での出産とは違ったメリットがあることも高齢出産の特徴です。 人生経験が豊富な分だけ精神面にゆとりがあり、働いている場合は経済的な余裕があることも多いため、落ち着いて出産に臨めるケースがよくあります。 20歳代から30歳代前半にかけて、旅行などの趣味に時間を使えることも大きなメリットです。 自分のしたいことを堪能して満足した状態で母親になれるので、その分だけ育児に時間と情熱を注ぎやすくなります。 出産と育児の前に人生設計をしっかりと行えるため、子どものいる新生活をスムーズにスタートさせられるでしょう。 高齢出産でも日頃の運動などにより体力が十分なら、安産できる可能性が高くなりますし、出産後も早く回復することを見込めます。 そこどころか、海外の大学では、高齢出産した女性は長寿である傾向が見られるという報告もなされているのです。 さらには、子宮体がんのリスクが低下するという研究結果もあるなど、今後生きていくうえで心強く感じられるメリットもあります。 高齢出産という健康面への悪影響を心配する人も多いですが、このようなポジティブな要素があることも覚えておきましょう。

次の

【5歳で出産】いまだ残る史上最年少出産記録。その少女の真実の物語!

世界 最 高齢 出産

インド在住の70代女性が今月12日、帝王切開により妊娠30週で超低出生体重児を出産した。 女性は75歳と伝えられており、年齢が証明されれば世界最高齢で出産したことになる。 インド北部ラージャスターン州コーターの私立病院「キンカー・ホスピタル(Kinker Hospital)」で12日夜、自称75歳のプラバ・デヴィさん(Prabha Devi)が体重約600グラムの女児を出産した。 プラバさんは妊娠30週だったが、肺の1つが虚脱状態で身体も衰弱しており、医師らは帝王切開による出産に踏み切った。 『The Sun』によると、プラバさんの夫は80歳で2人の間には養子がいるが、どうしても血の繋がった子供が欲しいと体外受精を選択したそうだ。 プラバさんの担当医であるアブヒラシャ・キンカー産婦人科医は、プラバさんの出産について次のように語った。 「プラバさんは老齢で持病を抱えていたため、出産の4〜5日前に入院しました。 検査の結果、妊娠による合併症が見られ、このまま妊娠を継続すると母子ともに危険であったため帝王切開に踏み切りました。 プラバさんの肺の1つは虚脱しており、手術はリスクが大きかったのですがなんとか乗り切ることができました。 」 「赤ちゃんは誕生後すぐ呼吸器に繋がれ、新生児集中治療室に移されました。 その後の経過は順調ですが、体重が約1500グラム(3. 3ポンド)になるまで病院でのモニターが続けられます。 」 「プラバさんは自称75歳と話していますが、今のところ彼女の年齢を証明する書類は提出されていないようです。 見た目は72歳から75歳といったところでしょうか。 年齢や体調を考えれば、プラバさんが6か月以上も赤ちゃんを身ごもっていたことさえ驚きです。 」 プラバさんは15日に退院しており、赤ちゃんにも今のところ目立った問題はないようだ。 インドでは出生証明書がないことは珍しくなく、年齢が確認できないことが多い。 プラバさんの年齢が確認できればギネス世界記録となるが、同記録の年齢確認には出生証明書、国勢調査記録、病院の書類が必要で、情報の真偽を確かめるためにインタビューも行われるそうだ。 ちなみに先月5日には、同じインドでエラマティ・マンガヤマさん(自称74歳)が双子の赤ちゃんを出産し注目されたが、エラマティさんの年齢も未だ確認できていないという。 『Insider』は、エラマティさんが出産直後に体調を崩し、肺の感染症に罹ってしまった夫のヤラマティ・シタラマ・ラジャラオさん(80)と一緒に集中治療室で治療を受けていたことを明かしており、双子の世話は親族に託されていたと伝えている。 現在の世界最高齢出産のギネス記録は、66歳と358日で双子の男の子を産んだマリア・デル・カルメン・ボウサダ・デ・ララさん(Maria del Carmen Bousada de Lara)で、2006年12月のことだった。 マリアさんは当時シングルで、自身の年齢を偽ってアメリカの病院で体外受精を受け、スペインの病院で帝王切開により出産したが、2009年7月にはがんで亡くなっている。 相次ぐ高齢出産のニュースを受けて、SNSには「体外受精には年齢制限を設けるべき」「子供がかわいそう」「子供が歩く頃には、親はいないんじゃないの?」「医者は名声と金のために危険を冒すのか」「最近の高齢出産はインドばかり。 社会的プレッシャーなんだろうね」「親の都合。 子供の将来は考えていない」といったコメントがあがっている。 画像は『The Sun 2019年10月16日付「LABOUR OF LOVE Woman, 75, gives birth to her first baby weighing just 1lb 8oz after undergoing IVF treatment」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 A. ) 外部サイト.

次の