お布施 封筒 裏。 塔婆料とは?費用相場や封筒の表書き・中袋の書き方を解説

お布施の名前の書き方や裏書の書き方は?注意点は?

お布施 封筒 裏

郵便番号の欄がないもので、二重封筒ではないものを使います。 (不幸ごとが重なる、として二重封筒を避けるならわしがあります) 市販の白い封筒にお布施、御布施といった表書きが印刷されているものも使えます。 注意点としては、お布施のお金の入れ方やお金の向きは慶事の時の入れ方になります。 お寺にとっての不幸があったわけではないから、と覚えると良いでしょう。 厳密には、のしの無い水引きだけのタイプ(お祝い用ののし袋の場合の、水引きの右上にある飾りのような部分の「のし」がないタイプ)の金封を使うのですが、一般的な呼び名として、こういった袋全般を金封またはのし袋と呼びます。 (のしの部分がわかる見本イラストはこちら) ・本来は、「葬儀も法要もお布施はお寺にとってのご不幸事ではない」という考え方から、お布施には紅白の水引きのものを使うこともありますが、心理的に抵抗がある場合が多く、一般的にはお布施には上記の白い封筒や奉書紙が用いられるようです。 また、お墓の開眼供養などの法要の際には、紅白の水引きの金封も用いられることがあります。 このタイプののし袋・金封には中袋がついています。 (地方によっては裏面に金額を書く地域がありますが、本来は書く必要はなく、金額を記載しなくてもマナー違反にはなりません)。 ・住所氏名を書くケースというのは、基本的には「中包み・中袋」を「外包みや奉書紙」で包むような場合に限り、 中袋に書くものです。 この場合の住所・名前を書く墨の色は薄墨ではなく濃墨で書きます。

次の

お布施の名前の書き方や裏書の書き方は?注意点は?

お布施 封筒 裏

お布施に水引が必要かご存知でしょうか。 水引は慶事から弔事に至るまで広く用いられるものですから、なかなかその違いや内容を知っている方は少ないかもしれません。 そもそも水引とは、紙をくるくるとした紙縒り(こより)の状態にしたものに糊を引いて固められた飾り紐のことをいいます。 一般的に水引は贈答品の紙の上から包んだり、祝儀袋などの封筒の上から付けられます。 水引をそのように使うのは、水を引いたあとは清くなることに由来し、水引にも物事を浄化し邪気を払う力があるとされているためです。 そして、お布施の場合には 一般的には水引なしで良いとされています。 これはお布施はお寺に対して渡すものであり、不幸があったわけではないからと言われています。 一方で、不祝儀袋をお布施の袋として用いる場合には水引をつけることが一般的ですので注意が必要です。 もっとも、上記の場合であっても 地域によっては風習が違う場合もあり、お布施に水引がいる場合もありますので事前にお布施に水引が必要どうかは確認することをオススメします。 お布施を入れる袋の選び方 お布施を入れる袋の選び方についてはいくつかの種類があります。 まず、最も丁寧な形とされているのが 奉書紙で包む場合です。 ここで奉書紙とは、パルプで作られた白くてしっかりした和紙のことをいいます。 かつて、幕府の公用文書の紙として用いられていたことから奉書紙と言われるそうですが、現在では一般的な和紙とは大きな違いはありません。 奉書紙がない場合には白い無地の封筒を選び、自分で表書きをすることも可能です。 ただし、白い無地の封筒を選んだ際には白封筒が二重にならないように注意しましょう。 これは、二重になったものは不幸が重なることを意味するものとされていることに由来するためです。 お布施の水引の結び方 お布施の水引の結び方にはどのような種類があるのでしょうか。 そもそも水引の結び方に種類なんてあるのか、水引の結び方の種類は分かるけどその意味なよく知らないという方も多いかもしれません。 以下では、よく用いられる水引の結び方である 「あわじ結び」と「蝶結び」に分けてその形や意味について解説していきたいと思います。 あわじ結び あわじ結びの特徴は、結び目の部分がおめでたいとされる鮑(あわび)の形をしていることにあり、名前の由来とされています。 あわじ結びは結び切りと言われる結び方の一つで、結びを解くのが難しいことから 一度きりの祝いや弔事に用いられるとされています。 具体的には、結婚式や快気祝い、法事などの場合に用いられる結び方です。 蝶結び 蝶結びの特徴は、その名前の通り結び目が蝶の形をしていることにあります。 蝶結びの場合は、あわじ結びとは異なり結び目が簡単に解くことができるので、 何度も繰り返してよいお祝いごとの場合にしか用いられません。 具体的には、出産・入学・進学の場合に用いられます。 一方で、結婚や法事の場合には蝶結びの結び方にするのは不適切とされていますので注意が必要です。 お布施の水引は何色が良い? お布施に水引を用いる場合には何色にいたら良いのでしょうか。 上述の通り、一般的にはお布施には水引を必要はないのですが、お布施を不祝儀袋に入れる場合には水引が必要になります。 お布施に水引を用いる場合には、 一般的には双銀や白黒の水引が用いられます。 もっとも、地方や法要次第では双銀や白黒の水引以外が用いられることがあるので、以下で整理しておきたいと思います。 関西地方の場合 まず、関西地方ではお布施の場合であっても、 黄色と白の水引を使用することがあります。 これは、紅白の水引はかつて皇室献上用の水引として用いられており、染めた直後が黒白の水引に似ていたことから、その区別ができなかったことに由来するとされています。 すなわち、関西地方で黄色と白の水引を使用するのは、紅白と黒白の水引と間違えないように区別するためといえますね。 入仏法要・建碑法要の場合 入仏法要、建碑法要の場合には、お布施の 水引は紅白のものを使います。 ここで、入仏法要とは御本山から本尊様を新仏壇に迎え入れる法要のことをいい、建碑法要とはお墓を新設する場合の法要のことをいいます。 入仏法要と建碑法要はどちらも浄土真宗の法要をさし、浄土真宗では仏壇や本尊に魂を込めるという概念がありません。 したがって、真言宗などの他宗派における開眼供養や入魂式とは呼ばず、入仏法要や建碑法要は御本尊を迎え入れる祝い事にあたるとされています。 よって、両者はお祝いごととされているので水引には紅白のものを使うこととされています。 お布施の書き方は? お布施はどのように書けばいいかご存知でしょうか。 まず、お布施の表書きは薄墨ではなく、通常の黒墨で書きます。 これは、お布施はお寺に対して渡すものであり、お寺に不幸があったわけではなく薄墨で書く必要はないからです。 表書きをする場合には、 「お布施」「御布施」と記載し、中袋の裏面の左側には住所・氏名を、右側には御布施の金額を「金〇〇円」という形で記載します。 もっとも、以上の場合の他にも表書きについては空白のままで何も記載しなくて良いとされています。 以上の他にも、お布施の書き方について知りたいという方は以下の記事でより詳しく知ることができるので合わせて参照してみてくださいね。 以上では、お布施の水引や書き方などお布施そのものについてのマナーについて解説してきました。 しかし、法事の際にお布施を渡す場合には、お布施の袋や水引き、書き方だけでなく渡すことに関してもマナーがあります。 法事の際のお布施はお寺に法要をしていただいたお礼と感謝を示すものですから、渡し方についてもお寺の失礼にならないようにしたほうがよいといえます。 そこで以下では、法事で お布施を渡す場合の渡し方のマナーについて説明したいと思います。 具体的には、お札を入れる向きやお布施の渡し方についてのマナーがありますので以下で解説していきたいと思います。 お札の入れ方の注意点・上下表裏 お布施のお札の向きは、 お札の表側(顔が印刷された面)を封筒の表面にし、お札を取り出すときに福沢諭吉の顔が最初に見える向きでお札をいれます。 また、お布施はお寺に渡すものですからお札は新札・旧札のどちらでも構いません。 お布施の渡し方 お布施の渡し方は袱紗(ふくさ)から取り出して渡すか、 お盆の上に載せるのがマナーとされています。 まず、袱紗とは小さな風呂敷のようなもので、金封を包んで持ち運ぶための布のことをいいます。 袱紗に包む場合には、弔事の包み方をする必要があります。 具体的には、ダイヤ状に袱紗をおいた上で、金封を中央より右側におきます。 お盆の上にお布施を載せて渡す場合には、正式には切手盆、祝儀盆と呼ばれる黒いお盆を用意することとされています。 もっとも、お盆を急に用意する場合もありますからその場合には黒いお盆でなく通常のお盆でもかまいません。 また、葬儀社の方でお盆を用意してくれる場合もあるので事前に相談してみると良いかもしれません。 お布施の水引のまとめ• お布施の場合には基本的に水引は不要であるものの、お布施の袋に不祝儀袋を用いる場合には水引が必要である。 お布施をいれる袋は奉書紙か白い無地の封筒を選ぶべきである。 お布施の水引の結び方は、一度きりの弔事を意味するあわじ結びを選ぶべきである。 お布施の水引の色は、基本的には双銀や白黒の水引であるものの、関西地方では黄色と白の水引きが、入仏法要・建碑法要の場合には紅白の水引きが用いられる。 お布施の書き方は、通常の黒墨で表書きにお布施と書くか空白でよく、中袋の裏面に金額、住所、氏名を記載する。 お布施の渡し方としては、お札は封筒の表面にお札の表側が来るようにし、お布施は袱紗から取り出すかお盆で渡す。 地方によっては水引の習慣についても違いがり、水引の色や意味までも違ってくるなんて驚きですね。 水引は慶事から弔事に至るまで広く用いられるものですから、早めにおさえておくと今後のマナーとして身につき様々な場面で役立つかもしれませんね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 今では水引は一つの作品にもなっているようです。 下記のリンクを少し覗いてみてはいかがでしょうか。

次の

お布施の名前の書き方や裏書の書き方は?注意点は?

お布施 封筒 裏

葬儀や法事法要などで僧侶に渡すお布施。 今まで、法事や葬儀などに参加したことがあって、不祝儀を渡した経験は あっても、お布施を渡した経験がある人は少ないのではないでしょうか? 正直に話すと私自身、法事や葬儀に関しては親や親類が頼りで、 いざって取り仕切る立場になった時に困るだろうなと思っています。 法事や葬儀に出席するマナーは頭に入っていますが、お布施や 法事を取り仕切るためのマナーや礼儀、しきたりは分からないことだらけです。 お布施に関しては金額などの相場や、いつ渡せばいいのかなども気になるところも多いですね。 今回はお布施の基本、お布施を包む封筒の選び方や、 表書き、裏書などについて調べてみることにしました。 Sponsored Link お布施の包む封筒はどんなものがあるの? 出典 : store. shopping. yahoo. まずは、白い封筒にお布施をいれる方法です。 市販の白い封筒で構いません。 郵便番号欄が印刷されていない無地の封筒を用意しましょう。 市販の封筒には、お布施または御布施と印刷されているものもあります。 今はインターネットなどでも購入できますので、捜してみてもいいでしょう。 表面にお布施と書かれた封筒を使用する場合は、封裏面に、住所と金額を記入しましょう。 もう一つは、奉書紙に包むことです。 奉書紙も文具店などで売られていますが、インターネットなどでも販売されています。 中包みの紙とセットになっている場合もありますので、捜してみてもいいでしょう。 まず半紙でお金を包んで、中包みを作ります。 そして、お金を包んだ中包みを奉書紙(上包み)で包みます。 お布施そのものは、不祝儀でありませんので、上包みは慶事の上包みと同じ包み方で構いません。 この奉書紙でお金を包むのが、お布施の包み方で丁寧なやり方となります。 Sponsored Link お布施の表書き、裏書の書き方は? 葬儀の時のお香典の表書きは薄墨で書くのがマナーですね。 ですが、お布施はお香典ではありませんので、普通の黒墨で書きます。 まず、中袋の表面には金額を旧字体の漢数字で書きましょう。 出典 :fusyugibukuro. そして、表書きはお布施を、もしくは御布施と書き、その下に名前を書きましょう。 法要は家族で行うものなので、〇〇家などと記入しても差し支えありません。 お布施に水引は必要なの?他に気をつける点は? 市販のお布施袋を見てみると、水引が付いたタイプと付いていないものがあり、 どちらを選んでいいのか迷ってしまいますよね。 基本的にはお布施に水引は必要ないと言われています。 ですが、地位によっては水引が必要となる地域もあります。 女性の場合は、嫁ぎ先の地域で水引が必要な地域の場合もありますので、きちんと確認しましょう。 水引が必要な場合も、双銀のもの、白黒のもの、黄白のものなど、地域によって違いがありますので、注意しましょう。 分からない場合は、葬儀の時にでも葬儀社の担当に確認しておくと、今後の法事の時にも安心できます。 お布施を渡す時は、正式には黒いお盆に乗せて渡すことが正式だとされています。 葬儀の時は、葬儀社が用意してくれているケースもあります。 葬儀の場合は、急なことも多く、お盆が用意出来ないのであれば袱紗に包んで渡すようにしましょう。 まとめ いずれはやってくる大切な身内との最後の別れ。 今までは、任せきりでいたけれど、もしかしたらいきなり取り仕切る立場になるかもしれません。 突然の葬儀の場合は、分からないことも多いと思います。 そんな時は、葬儀社の担当に相談することも大切です。 ただ、いざという時に慌てないようにするためにも、一度、マナーや しきたりなどを確認しておくことも大切なのではないでしょうか。 Sponsored Link•

次の