ロキファミリアの白兎。 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ヘスティア・ファミリア (へすてぃあふぁみりあ)とは【ピクシブ百科事典】

ロキファミリアの白兎

16歳。 ベルの憧れの想い人であり、別の視点から同時期の物語を描いていく外伝「ソード・オラトリア」では主人公を務める。 金髪金眼の美少女で二つ名は「剣姫」、もしくは戦闘狂の一面からそれをもじって「戦姫」と呼ばれる。 物静かであまり感情を表に出さないため、美貌も相まって神秘的な印象を持たれがちだが、精神的にはむしろ幼い。 対人関係も苦手で、割と天然な行動が多い。 取り逃がしてしまったミノタウロスを追っていた際にベルと出会い、その後急成長を遂げていく彼に対して次第に興味を抱くようになる。 ベルの白兎を思わせる純朴な印象を気に入っており、当初会うたびに逃げられていた時は、怖がられていると思い、「愛らしい白兎が自分から逃げる」というイメージを幻視するほど激しく落ち込んでいた。 特訓を買って出た際には自分の教えでベルが成長していくことを喜び、彼を膝枕して癒されたいという欲求のあまり、彼を気絶させて思う存分膝枕に興じていた。 遠征に向かう途中でベルがミノタウロスに襲われていることを知ると、彼を死なせたくないと一目散にベルのもとに駆けつけ、彼が自らの力でミノタウロスに立ち向かい、激戦の末打ち勝ってみせた彼の姿に父親の背中を重ね、冒険者としてのベルの姿を胸に刻んだ。 その際みた彼のステイタスで全アビリティオールSであることを目撃し、ステイタスの限界突破という事実を突き付けられ、新たな強さの可能性を見出す。 その後も18階層で重傷を負ったベル達を介抱し、安全エリアでベルを連れまわしたり、アポロン主催のパーティで、ベルからのダンスの申し込みを受け入れるなど、好意的に接している。 両親になんらかの秘密があり精霊の血が流れているが、詳細はロキおよび一部の幹部しか知らない。 『 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(ダンジョンにであいをもとめるのはまちがっているだろうか)は、大森藤ノによる日本のライトノベル。 イラストはヤスダスズヒトが担当。 2013年1月からGA文庫(SBクリエイティブ)より刊行されている。 大森のデビュー作で、小説投稿サイトである「Arcadia」並びに「小説家になろう」にて投稿されていた『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』を『ファミリア・ミィス』に改題し投稿。 第4回GA文庫大賞「大賞」を受賞したのち、タイトルを『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』に戻して書籍化したものである。 (小説投稿サイトの作品ページは削除済)略称は『ダンまち』。 あらすじ:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。 英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、冒険者となった少年ベル・クラネルは、場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。 なすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。 その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつか彼女に釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。 (第一巻) スキル《憧憬一途》を発現させ「神のナイフ」を手に入れたベルは順調に実力を伸ばしていた。 「神のナイフ」目当ての冒険サポーター、リリとパーティを組むが、 リリは悪質な同僚に捕まってモンスターの群れに放り込まれてしまう。 ベルはリリを救い、彼女の信頼を勝ち取るのだった。 (第二巻) ベルはアイズとの稽古や魔法の修得など、更に自分を鍛えていた。 美の女神フレイヤに眼を付けられたベルは、特別に調教されたミノタウロスと戦う羽目になる。 苦戦の末トラウマを乗り越えて勝利したベルは、最速記録を打ち立ててレベル2にランクアップする。 (第三巻) 最速記録を打ち立てたベルは周囲からの注目の的だった。 そんな中、防具を新調しに行ったベルは、変わり者の鍛冶、ヴェルフとパーティを組むことに。 (第四巻) ベルたちはダンジョンの中で遭難し、安全地帯の第十八階層に逃げ込む。 救助に来たヘスティアなどとしばし穏やかな時を過ごすが、他の冒険者のやっかみからヘスティアがさらわれてしまう。 さらに変異種の階層主モンスターが現れるが、100人を越す冒険者たちの協力のもと、これを討ち取るのだった。 (第五巻) 恋多き神アポロンがベルに眼を付けた。 さまざまな策をめぐらせてベルを我が物にせんとするが、 ファミリア同士の総力戦「戦争遊戯」に敗れ、自分のファミリアと全財産を失ってオラリオから姿を消す。 (第六巻) ベルは娼婦の女神イシュタルの眷属、サンジョウノ・春姫と出会う。 彼女を救うべく奔走するベルはイシュタルの怒りを買うが、フレイヤの介入などもあり、春姫を助け出すことに成功するのだった。 (第七巻).

次の

ソードオラトリアの2話のネタバレ!アイズが落ち込む理由と問題とは?

ロキファミリアの白兎

16歳。 ベルの憧れの想い人であり、別の視点から同時期の物語を描いていく外伝「ソード・オラトリア」では主人公を務める。 金髪金眼の美少女で二つ名は「剣姫」、もしくは戦闘狂の一面からそれをもじって「戦姫」と呼ばれる。 物静かであまり感情を表に出さないため、美貌も相まって神秘的な印象を持たれがちだが、精神的にはむしろ幼い。 対人関係も苦手で、割と天然な行動が多い。 取り逃がしてしまったミノタウロスを追っていた際にベルと出会い、その後急成長を遂げていく彼に対して次第に興味を抱くようになる。 ベルの白兎を思わせる純朴な印象を気に入っており、当初会うたびに逃げられていた時は、怖がられていると思い、「愛らしい白兎が自分から逃げる」というイメージを幻視するほど激しく落ち込んでいた。 特訓を買って出た際には自分の教えでベルが成長していくことを喜び、彼を膝枕して癒されたいという欲求のあまり、彼を気絶させて思う存分膝枕に興じていた。 遠征に向かう途中でベルがミノタウロスに襲われていることを知ると、彼を死なせたくないと一目散にベルのもとに駆けつけ、彼が自らの力でミノタウロスに立ち向かい、激戦の末打ち勝ってみせた彼の姿に父親の背中を重ね、冒険者としてのベルの姿を胸に刻んだ。 その際みた彼のステイタスで全アビリティオールSであることを目撃し、ステイタスの限界突破という事実を突き付けられ、新たな強さの可能性を見出す。 その後も18階層で重傷を負ったベル達を介抱し、安全エリアでベルを連れまわしたり、アポロン主催のパーティで、ベルからのダンスの申し込みを受け入れるなど、好意的に接している。 両親になんらかの秘密があり精霊の血が流れているが、詳細はロキおよび一部の幹部しか知らない。 『 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(ダンジョンにであいをもとめるのはまちがっているだろうか)は、大森藤ノによる日本のライトノベル。 イラストはヤスダスズヒトが担当。 2013年1月からGA文庫(SBクリエイティブ)より刊行されている。 大森のデビュー作で、小説投稿サイトである「Arcadia」並びに「小説家になろう」にて投稿されていた『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』を『ファミリア・ミィス』に改題し投稿。 第4回GA文庫大賞「大賞」を受賞したのち、タイトルを『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』に戻して書籍化したものである。 (小説投稿サイトの作品ページは削除済)略称は『ダンまち』。 あらすじ:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。 英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、冒険者となった少年ベル・クラネルは、場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。 なすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。 その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつか彼女に釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。 (第一巻) スキル《憧憬一途》を発現させ「神のナイフ」を手に入れたベルは順調に実力を伸ばしていた。 「神のナイフ」目当ての冒険サポーター、リリとパーティを組むが、 リリは悪質な同僚に捕まってモンスターの群れに放り込まれてしまう。 ベルはリリを救い、彼女の信頼を勝ち取るのだった。 (第二巻) ベルはアイズとの稽古や魔法の修得など、更に自分を鍛えていた。 美の女神フレイヤに眼を付けられたベルは、特別に調教されたミノタウロスと戦う羽目になる。 苦戦の末トラウマを乗り越えて勝利したベルは、最速記録を打ち立ててレベル2にランクアップする。 (第三巻) 最速記録を打ち立てたベルは周囲からの注目の的だった。 そんな中、防具を新調しに行ったベルは、変わり者の鍛冶、ヴェルフとパーティを組むことに。 (第四巻) ベルたちはダンジョンの中で遭難し、安全地帯の第十八階層に逃げ込む。 救助に来たヘスティアなどとしばし穏やかな時を過ごすが、他の冒険者のやっかみからヘスティアがさらわれてしまう。 さらに変異種の階層主モンスターが現れるが、100人を越す冒険者たちの協力のもと、これを討ち取るのだった。 (第五巻) 恋多き神アポロンがベルに眼を付けた。 さまざまな策をめぐらせてベルを我が物にせんとするが、 ファミリア同士の総力戦「戦争遊戯」に敗れ、自分のファミリアと全財産を失ってオラリオから姿を消す。 (第六巻) ベルは娼婦の女神イシュタルの眷属、サンジョウノ・春姫と出会う。 彼女を救うべく奔走するベルはイシュタルの怒りを買うが、フレイヤの介入などもあり、春姫を助け出すことに成功するのだった。 (第七巻).

次の

ヘスティア・ファミリア (へすてぃあふぁみりあ)とは【ピクシブ百科事典】

ロキファミリアの白兎

16歳。 ベルの憧れの想い人であり、別の視点から同時期の物語を描いていく外伝「ソード・オラトリア」では主人公を務める。 金髪金眼の美少女で二つ名は「剣姫」、もしくは戦闘狂の一面からそれをもじって「戦姫」と呼ばれる。 物静かであまり感情を表に出さないため、美貌も相まって神秘的な印象を持たれがちだが、精神的にはむしろ幼い。 対人関係も苦手で、割と天然な行動が多い。 取り逃がしてしまったミノタウロスを追っていた際にベルと出会い、その後急成長を遂げていく彼に対して次第に興味を抱くようになる。 ベルの白兎を思わせる純朴な印象を気に入っており、当初会うたびに逃げられていた時は、怖がられていると思い、「愛らしい白兎が自分から逃げる」というイメージを幻視するほど激しく落ち込んでいた。 特訓を買って出た際には自分の教えでベルが成長していくことを喜び、彼を膝枕して癒されたいという欲求のあまり、彼を気絶させて思う存分膝枕に興じていた。 遠征に向かう途中でベルがミノタウロスに襲われていることを知ると、彼を死なせたくないと一目散にベルのもとに駆けつけ、彼が自らの力でミノタウロスに立ち向かい、激戦の末打ち勝ってみせた彼の姿に父親の背中を重ね、冒険者としてのベルの姿を胸に刻んだ。 その際みた彼のステイタスで全アビリティオールSであることを目撃し、ステイタスの限界突破という事実を突き付けられ、新たな強さの可能性を見出す。 その後も18階層で重傷を負ったベル達を介抱し、安全エリアでベルを連れまわしたり、アポロン主催のパーティで、ベルからのダンスの申し込みを受け入れるなど、好意的に接している。 両親になんらかの秘密があり精霊の血が流れているが、詳細はロキおよび一部の幹部しか知らない。 『 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(ダンジョンにであいをもとめるのはまちがっているだろうか)は、大森藤ノによる日本のライトノベル。 イラストはヤスダスズヒトが担当。 2013年1月からGA文庫(SBクリエイティブ)より刊行されている。 大森のデビュー作で、小説投稿サイトである「Arcadia」並びに「小説家になろう」にて投稿されていた『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』を『ファミリア・ミィス』に改題し投稿。 第4回GA文庫大賞「大賞」を受賞したのち、タイトルを『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか』に戻して書籍化したものである。 (小説投稿サイトの作品ページは削除済)略称は『ダンまち』。 あらすじ:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。 英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、冒険者となった少年ベル・クラネルは、場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。 なすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。 その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつか彼女に釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。 (第一巻) スキル《憧憬一途》を発現させ「神のナイフ」を手に入れたベルは順調に実力を伸ばしていた。 「神のナイフ」目当ての冒険サポーター、リリとパーティを組むが、 リリは悪質な同僚に捕まってモンスターの群れに放り込まれてしまう。 ベルはリリを救い、彼女の信頼を勝ち取るのだった。 (第二巻) ベルはアイズとの稽古や魔法の修得など、更に自分を鍛えていた。 美の女神フレイヤに眼を付けられたベルは、特別に調教されたミノタウロスと戦う羽目になる。 苦戦の末トラウマを乗り越えて勝利したベルは、最速記録を打ち立ててレベル2にランクアップする。 (第三巻) 最速記録を打ち立てたベルは周囲からの注目の的だった。 そんな中、防具を新調しに行ったベルは、変わり者の鍛冶、ヴェルフとパーティを組むことに。 (第四巻) ベルたちはダンジョンの中で遭難し、安全地帯の第十八階層に逃げ込む。 救助に来たヘスティアなどとしばし穏やかな時を過ごすが、他の冒険者のやっかみからヘスティアがさらわれてしまう。 さらに変異種の階層主モンスターが現れるが、100人を越す冒険者たちの協力のもと、これを討ち取るのだった。 (第五巻) 恋多き神アポロンがベルに眼を付けた。 さまざまな策をめぐらせてベルを我が物にせんとするが、 ファミリア同士の総力戦「戦争遊戯」に敗れ、自分のファミリアと全財産を失ってオラリオから姿を消す。 (第六巻) ベルは娼婦の女神イシュタルの眷属、サンジョウノ・春姫と出会う。 彼女を救うべく奔走するベルはイシュタルの怒りを買うが、フレイヤの介入などもあり、春姫を助け出すことに成功するのだった。 (第七巻).

次の