バランス ボード。 ジムに行かなくても体幹を鍛える!サーフショップが開発したバランスボードのキャンペーンが終了間近

足首のリハビリトレーニングにバランスボードがおすすめの理由。やり方は?

バランス ボード

健康機器メーカーから新感覚エクササイズマシン 『ルルドスタイル バランスボード』誕生。 「女性が、自分の部屋やリビングに置きたくなるマッサージャー」として、 2009年に登場したルルド マッサージクッション。 光と音で楽しむ新感覚バランスボード 運動やジムに通いたいけどなかなか時間が作れない、長く続かない… というエクササイズへの心のハードルをクリアするために、エクササイズ意識を高める先進的なデザインと、本格的な機能性を持たせることをモットーに開発ははじまりました。 使い方は簡単。 本体の電源を入れ、その上に腕を乗せてプランク姿勢をキープするだけ。 シンプルな使い方ですが、ただのボードではございません。 1セット60秒のバランスチャレンジ 電源を押すと同時に、リズム 音楽 が鳴りゲームスタート。 本体の外周をLEDライトが回り出します。 このライトは60秒で1周するようになっており、回りきるとゴール! それまでの間、 バランスを崩さずプランクポーズをキープしてみてください!! 筋肉を使っている事を実感いただけると思います。 さらに、本体は あえて不安定な構造に。 傾きを感知する水平センサーを搭載し、バランスを取りながらも自分では確認しづらい 正しいプランク姿勢へと導いてくれます。 途中でバランスを崩すとLEDライトが消灯しゲームオーバー。 スタートからやり直しになります。 色んな使い方 バランスボードは、1つの使い方だけではなく色んな使い方が可能です。 ストレッチ ボードを腰の下にセットし、背筋を伸ばすストレッチ。 運動前のウォーミングアップにも。 座りながらバランスエクササイズ ボードの上に座り、バランスをキープ。 ながらエクササイズにおすすめ。 その日のコンディションや気分に合わせて 無理なくエクササイズしたい方にもオススメです! 音声はOFFにすることが可能なので、静かにエクササイズしたい時もOK。 バランスを保つためのこだわり設計 安心して使用いただけるよう、お肌にやさしいシリコン素材。 持ち運びも楽々なコードレスタイプなので場所を選ばず、いつでもどこでも使用いただけます。 汚れが気になった場合は、濡れたタオル等で拭き取ってください。 5 kg 電源:単三型乾電池4本(別売) 材質:本体 ABS樹脂、 熱可塑性エラストマー 原産国:中国 リターン品について 本プロジェクトのリターン品として この『ルルドスタイル バランスボード』をご用意いたします。 皆様のエクササイズをサポートできるよう開発を進めております! ルルドスタイルバランスボード以外のリターン品につきましては 下記2点のどちらかを選択することができます。 『アテックス公式直販クーポン全商品〇〇%オフ』 アテックス公式直販URL: 2. 『ルルド シェイプアップリボンチャージ 3,980円(税込)クーポン』 本格EMSマシンになります! 仕様の詳細は下記URLをご確認ください。 しかしながら、開発中の工程において、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。 また、類似品が発生する可能性がございますのでご理解いただけますと幸いです。 製造スケジュールについて、現在プロジェクト成功を想定した数で調整しておりますが、想定を上回る応援購入のお申し込みがあった場合、製造工程上の都合や配送作業を伴う止むを得ない事情によりお届けが遅れる場合がございます。 上記のようにプロジェクトページに記載している内容に変更がある場合は、できるだけ早く活動レポートなどで共有を行っていく予定です。 最後に【ルルドスタイル バランスボード】を手に取ったみなさまに喜んでもらえるよう、チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、応援よろしくお願い致します。

次の

エレコムの「バランスボード」はシンプルなデザインでいい感じ。部屋の雰囲気に自然となじむよ~

バランス ボード

ダウンタウンのまっちゃんのようにアウターマッスルを鍛えれば、パンプアップしてすぐにわかります。 それに対して体幹トレはスタイルに変化が出にくい地味なトレーニングです。 実は、体幹を鍛えると 脊柱起立筋などの姿勢をよくする筋肉がつくので背が高く見え、スタイルがよく見えます。 僕が目指すのはまさにこのトレーニング!! 30歳過ぎてもスリムな体を維持することこそ、カッコいいオトコだと思います。 体幹とは体のコア(核)を鍛えるトレーニング。 クギがあれば細くて高い建物を造れます。 なければ重力でたわんだり、倒れたりしますよね? 体のコアを鍛えると猫背のような曲がった体ではなく、ピンっと背筋が通った真っすぐな体を作れるのです。 腹筋を割りたい人は・・・。 憧れのシックスパック。 毎日腹筋運動を頑張って挫折するよりは、まず お腹のぜい肉を落とすことが、最速で腹筋を見せる方法です。 腹筋はお腹にぜい肉がなければ必ず目に見えます。 可視化しやすくするために、腹直筋の筋肥大よりもぜい肉を落とすことが最重要です。 ぜい肉が落ちれば誰しも腹筋は割れています。 興味ない人は 固有感覚という言葉をご存知でしょうか? 部屋の電気のスイッチの場所は体で覚えていると思っても、真っ暗な状態だと手探りでスイッチを探しても自分の意識と手の位置のズレが大きくてなかなか電気をつけれない。 こんな経験ありますよね? 捻挫によるけがなどもそれと通じるところがあって、数週間足首を固定して過ごすようになるため、歩くときに行う足首を外側や内側にひねるといった動きが制限されます。 これにより 脳への足首の動きの固有感覚が鈍化してしまい、捻挫が治っても小さな段差で踏み外したりして捻挫を繰り返しやすくなります。 固有感覚を取り戻すトレーニングをしないと、いつもなら捻挫しないようなシチュエーションでも、立て直せずに再度捻挫を起こしてしまいます。 捻挫を甘く見る人が多いですが、捻挫は靱帯損傷です。 靱帯損傷はしっかりと靱帯の修復をしないといけないし、修復した靱帯でー固有感覚のトレニングを行わなければなりません。 固有感覚のトレーニングは、バランスボードの上で立つだけでも効果的。 慣れてきたら片足立ちや、片足を上げるなど、トレーニングを強化すると 体幹トレーニングだけでなく、固有感覚の上昇が見込めます。 結果、捻挫しにくい足が出来上がります。 僕は扁平足です。 扁平足の治療では、足の裏の筋肉をつけることが望ましいとされています。 それでは、僕がバランスボードの上で片足立ちをしている写真を見てください。

次の

【2020年】短時間で体幹が鍛えられる! 身体のプロが選んだ“バランスディスク”おすすめランキング7選|選び方のコツも伝授します

バランス ボード

バランスの重要性 やなど、不安定な物の上に立つ時、転倒しないよう、体は自然にバランスを取ります。 この時、お尻・太もも・おなかの筋肉を使います。 だからと言って、これらの筋肉を強化するだけでは、バランスはよくなりません。 太い筋肉があっても、バランス感覚がなければ、簡単に転倒してしまうでしょう。 バランスを保つには、鍛えた筋肉を上手に使う能力が必要です。 「上手に使う」とは、関係する筋肉、関節を調整・連動させるということです。 例えば、「腹筋」で考えてみましょう。 一般的なイメージでの腹筋は、「腹直筋」や「腹斜筋」で、体の外側の筋肉、アウターマッスルのことです。 「筋トレ」で腹筋をする時はこの腹直筋・腹斜筋を鍛えます。 腹直筋 その内側にある「腹横筋(ふくおうきん)」がインナーマッスルで、一般的なイメージでの「」はこの 腹横筋 アウターマッスルもインナーマッスルも、バランスとは関係なくトレーニングすることができ、継続してがんばれば、くっきり割れた腹筋を手に入れられるでしょう。 しかし、ほぼ全てのスポーツにおいて、腹筋だけ使うという動作は考えられませんね。 サッカーであれば、接触プレーでバランスを保つために、腹筋が役立ちます。 バレーボールであれば、強力な腹筋を使ったスパイクは、より強力なものになるでしょう。 これらの動作をスムーズに行い、鍛えた筋肉を効果的に使うために、バランストレーニングが役立ちます。 ここでは、バランスボードを使ったバランストレーニングを紹介します。 バランスボードの中級者(バランスボードに両足で乗って、バランスを取れる方)向けのトレーニングです。 木製バランスボード よりもっと簡単なトレーニングから始めたい方はをおすすめします。 バランスボードを使ったバランストレーニング(中級者編) 片足立ち• 片足をバランスボードの上に乗せ、反対足はバランスボードの前へ• ひざを曲げて、片足で立ち、そのままの状態をキープする• 反対足 片足立ち・上半身ひねり• 片足をバランスボードの上に乗せ、反対足はバランスボードの横へ• ひざを曲げて、片足で立ちバランスをとる• 上半身をゆっくりひねり、元に戻す• 反対側にひねり、元に戻す• 反対足 片足立ち・両手広げる• 片足をバランスボードの上に乗せ、反対足はバランスボードの横へ• ひざを曲げて、片足で立ちバランスをとる• 両手を広げてバランスをとる• 反対足 片足立ち・片手・片足あげ• 片足をバランスボードの上に乗せ、反対足はバランスボードの横へ• バランスをとりながら、• 右手(右足でバランスをとっている場合)を上げ、左足を伸ばしてバランスをとる• 反対足 片足立ち・片手・片足あげ2• 片足をバランスボードの上に乗せ、反対足はバランスボードの横へ• バランスをとりながら、• 左手(右足でバランスをとっている場合)を上げ、左足を伸ばしてバランスをとる• 反対足 片足立ち・前• 片足をバランスボードの上に乗せ、反対足はバランスボードの前へ• 左足でバランスをとりながら、• 右足を前方に伸ばした状態をキープ• 反対足 片足立ち・後ろ• 片足をバランスボードの上に乗せ、反対足はバランスボードの後ろへ• 左足でバランスをとりながら、• 右足を後方に伸ばした状態をキープ• 反対足 片足立ち・前傾• 片足をバランスボードの上に乗せ、反対足はバランスボードの横へ• 左足でバランスをとりながら、• 右足を後方に伸ばし、伸ばした足と胴体が真っすぐなるような状態をキープ• 反対足 片足立ち・ストレッチ1• 片足でバランスを保ったまま、足の甲をつかむ• 反対足 両足立ち・ストレッチ2• 両足でバランスを保ったまま、前傾、• 両手でバランスボードを触った状態をキープ• 反対足 両足立ち・ストレッチ3• 両足でバランスを保ったまま、• 後ろで手を組み、腕を伸ばす• 反対足 両足立ち・ストレッチ4• 両足でバランスを保ったまま、• 図のようにして背中で手をつなぐ• 反対足 その他、バランス・体幹トレーニングの関連記事.

次の