キャンプ ストーブ。 ソロキャンプと相性抜群!アルコールストーブを使ったレシピ紹介

アルコールストーブのメリット・デメリット!ソロキャンプでも本当に必要か!?

キャンプ ストーブ

冬キャンプで使える石油ストーブ GWキャンプで石油ストーブ(コロナSL-5117) キャンプの夜は思いのほか寒いものです。 場所によっては9月中旬あたりからGW過ぎまで夜や朝方は冷え込むので、そんなときに 石油ストーブの暖かさが欲しくなります。 石油ストーブはコードレスで灯油さえ入れれば火を点けるとすぐに暖かくなるので寒い時期のキャンプにとても便利です。 クリスマスキャンプのテント内で鍋料理 さらにお湯を沸かしたり鍋を煮込んだりとパワーのある 貴重な熱源としても利用することができるので今や冬キャンプには絶対に無くてはならない必須のアイテムになりました。 夜寝る時に使う 湯たんぽもストーブの上で温めています。 石油ストーブの暖房出力の目安 キャンプで使う石油ストーブの選び方は、価格で選んでも良いし見た目のおしゃれさで選んでも良いのですが、 ストーブの性能について少し気を付けておくと間違えずにすみます。 使ってるテントの大きさによってはストーブの能力が小さくて全然暖かくならず、もう1台追加しなくちゃいけないってことになったら大変なので暖かさの確認は大事です。 暖かさを確認するには石油ストーブの 暖房出力という性能に注目します。 わかりやすくいうと 火力のことで、どれだけ暖かいかを数値で表したものです。 スノーピークランドロック・・・約14畳 寸法だけを見たサイズなので実際は部屋と違って天井に丸みがあったり気密性に違いがあるため一概にこの目安をあてはめることはできませんが、ある程度の性能について目安になると思います。 実際に 約11畳のカマボコテント2内で 暖房出力5. 14kW(13畳)の コロナ石油ストーブSL-5117を使ってみました。 テントサイズと石油ストーブの暖房出力がおおよそ合ってるので、このストーブが1台あればテント内はインナーテントまでしっかり暖かくなります。 むしろちょっと暑いくらいになるので換気の意味も含めてドアを1枚だけずっと開けていたり、メッシュのままにしながら使ってます。 キャンプをしない時でも冬は家でリビング・ダイニング用として毎日使います。 冬キャンプで使う石油ストーブランキング そんな石油ストーブを 人気11種に対して 2018年最新版の 価格の安い順にランキング形式にしてみましたので、 暖房出力にも注目しながら購入する際の参考にして下さい。 (価格は2018年10月18日現在の税込参考値です) 1.コロナ石油ストーブSL-5118【2018年モデル】 販売価格 17,980円 暖房出力 5. 14kW タンク 6. 9kg 暖房器具の国内大手メーカーの コロナの対流型石油ストーブもキャンプで使えます。 遠赤外線効果で 木造戸建なら13畳までの広さをしっかり暖めてくれます。 2018年モデルとほとんど一緒な2017年モデルを実際にキャンプでも家でも使ってますがほんとに暖かいです。 対流型ストーブは上部ばかり暖かくなるイメージですが、これはサイドも暖かいです。 ツールームテントならこれ1台でインナー内まで十分暖かくなります。 耐震自動消化装置付きで乾電池を使った 簡単 つまみ点火にもなっていて タンクもこぼれにくく作られている等、機能性や品質はさすが国産メーカーといったところです。 灯油を満タンに入れてキャンプ場に持って行きますが、たしかに今まで一度も漏れたことがありません。 なのでキャンプに使いやすくて便利なストーブです。 2.アルパカストーブTS-77Aコンパクト より 販売価格 21,200円 暖房出力 3. 84kW タンク 4. 0kg キャンプで使う人気石油ストーブの1つが アルパカストーブです。 高さ40cmほどの コンパクトサイズながら暖房出力3. 84kWは 約10畳の広さを暖めるパワーがあるのでその使いやすさとおしゃれなデザイン性から一躍人気ストーブになりました。 別売りで 専用ケースがあるのでそれを使えば保管もしやすいです。 新型では 耐震消化装置が付くようになったり、燃焼筒や給油口キャップが改良されています。 販売価格としては今回紹介する中では最安になりましたが、 韓国メーカーということもあって本体価格以外に送料がかかるので送料込みならもう少し価格が上がります。 () また燃料満タンで横倒しにすると燃料が漏れるとあるので運搬時はタンクを空にしておくことをおすすめします。 3.トヨトミKS-67HW 販売価格 21,799円 暖房出力 6. 66kW タンク 6. 0kg 対流型ストーブの国内大手メーカー トヨトミの石油ストーブは品質に一定の信頼があって機能や性能も充実していて使いやすいストーブです。 消火時のにおいの発生を抑える ニオイセーブ消化やこぼれにくい 2重タンク構造に 耐震自動消火装置が付いていて 燃焼持続時間は10時間とされています。 乾電池をセットして点火つまみを回すだけの 簡単電子点火なところも便利です。 サイズが大きくて燃料の消費も早い方ですがそのぶんパワーがあり、木造なら 17畳まで暖める能力があるので大型幕でもこれ1台で暖めることができ、家でもリビング・ダイニング用として使えるでしょう。 4.トヨトミレインボーRB-250【2018年モデル】 販売価格 24,800円 暖房出力 2. 50kW タンク 4. 2kg キャンプで使える石油ストーブとして人気の高いトヨトミの レインボーストーブが2018年版となって新しく登場しています。 レインボーという名のとおり光の輪が7色に輝いておよそ 40Wの明るさになるので、明かりとしても使えます。 2018年モデルは点火レバーが無くなってつまみを回すだけの 電子点火に変更され、それに伴って正面のつまみ周りのデザインがスッキリしました。 ニオイセーブ消化や 耐震自動消火装置、 2重タンク構造といったトヨトミストーブの基本機能ももちろん兼ね備えています。 約20時間の連続燃焼時間があり燃費の良さも人気の理由の1つです。 暖房出力はおよそ 6畳ほどと小さく、ツールームテントにこれ1台だけでは足りないのでもう少し小さいテント向きになります。 5.フジカハイペットKSP-229-21C-J2-BL ㈱フジカより 販売価格 27,000円 暖房出力 2. 50kW タンク 3. 6kg 国内メーカーでキャンプ用石油ストーブとして絶大な人気を誇る フジカハイペットシリーズは、ネット販売は無く 電話注文のみというこだわり方です。 (フジカハイペット販売ページ) そのため早くても納品まで1ヵ月待ちといったことも多く、冬になってから買おうと思っても間に合わない場合があります。 トヨトミレインボーと比較するとフジカの方がより コンパクトになって暖房出力が2. 50kWの 6畳相当と変わりません。 タンクは小さくなっているので 連続燃焼時間が10~12時間とレインボーよりは短くなっていて、点火にはマッチやガスライターが必要になります。 基本の 反射板無しモデルに反射板付きモデル、整流リング搭載モデル、防風ガラス管付モデルと様々な機能を追加したモデルがあり、ホワイトカラーもあります。 6.トヨトミレインボーRL-250【2018年モデル】 販売価格 37,800円 暖房出力 4. 70kW タンク 7. 0kg トヨトミの 対流型ダブルクリーン ストー ブとして限定販売されているのがKR-47Aです。 カラーは落ち着いた雰囲気のベージュと明るいレッドの2パターンあり、どちらもインテリア性に優れたストーブです。 ダブルという名と見た目でもわかるとおり燃焼筒が上段と下段の2つに分かれていて、 消臭と低燃費を実現させています。 燃焼継続時間は15~19時間です。 ニオイセーブ消化や2重タンク構造、耐震自動消火装置といった基本機能ももちろん備えています。 およそ 12畳分 の暖房出力があるので、ツールームテントもしっかり暖かくなるほか家でもリビング・ダイニングなどに使うことができるおしゃれな石油ストーブです。 9.スノーピーク タクードストーブKH-002BK 小さいカセットストーブで乗り切る、湯たんぽで乗り切る、着込んで乗り切る、そもそも寒い時期にキャンプをしない ってことなら迷わず 石油ストーブをおすすめします。 燃料代が安い 灯油を使うことができて、点火もしやすく機能性や安全性も高い商品がほとんどです。 高額な石油ストーブを除けばお手入れも簡単です。 そして何といってもその暖かさはエアコン等の暖かさとは全く別物で、 遠赤外線の暖かさはほんとにからだの芯から暖まります。 石油ストーブを買う前はまだ冬キャンプなんて無理だなーって思ってましたが、ストーブを1台買っただけでこんなに冬キャンプが快適で楽しいものになるとは思ってもみませんでした。 寒い季節にストーブで暖まったテント内でゆっくり過ごすとほんとにキャンプに対する考え方が変わります。 まだ石油ストーブを持ってないなら1台買って寒い季節にキャンプに行ってみると良いと思いますよ。 テントや石油ストーブの取扱説明書をよく読んでおくことをおすすめします。 他にも石油ストーブ関連の記事を書いています。

次の

キャンプでピザが作れる薪ストーブ3選!

キャンプ ストーブ

寒い時期に外で過ごすなら焚き火で暖は取れますが、テントやシェルターなどの幕内で過ごすには暖房器具が必要。 キャンプで手軽に簡単に使えるのが、石油ストーブです。 サイトが電源サイトの場合でも、石油ストーブがあれば便利 電源サイトは電気の使用容量が決まっていて、ホットカーペットなど容量の多い暖房器具を使用すると、ブレーカーが上がり他の暖房器具が使えなくなることがあります。 石油ストーブがあれば、ホットカーペットと併用ができるのが良い所。 電源がないサイトでは、石油ストーブがメインの暖房器具になります。 石油ストーブは電源サイトや電源がないサイト両方で、便利に手軽に使うことができます。 今回は、キャンプで使う石油ストーブを詳しくブログで紹介したいと思います。 石油ストーブの購入を検討されている方は、ぜひ参考にして下さいね。 フジカハイペットの良い所は、使い勝手・暖かさ・燃費のバランスが良い石油ストーブ。 11月以降もキャンプをされるなら、 フジカハイペットが絶対おすすめ! フジカハイペットの価格は送料込で3万円以上しますが、決して高くはないと思います。 「石油ストーブは、芯の交換をすると一生使うことが可能」 フジカハイペットの値段は3万円以上しますが、芯交換をすれば何十年と使うことができるので、3万円は高くない値段だと思います。 我が家は、2000年製のトヨクニの石油ストーブを芯交換をして、今でも使用し続けています。 18年経っても、芯交換すれば問題なく使用ができます。 フジカ ハイペットの燃焼継続時間は、約12時間。 燃焼継続時間が12時間もあれば、1泊2日のキャンプなら自宅で灯油を満タンにして持っていけば空になることもありません。 灯油を満タンにして車に積載して運んでも、 フジカハイペットは絶対に灯油がもれません。 「フジカハイペットの良い所は、安心・コンパクト・暖かい」 石油ストーブの燃料は石油ですから、できるだけ信頼できる日本製が安全で安心できると思います。 フジカハイペットはコンパクトで安心の日本製 、11月以降もキャンプをされるなら絶対 フジカハイペットが良いと思います。 ただ、 フジカハイペットはすぐには買えず、予約して9ヶ月待ちになっています。 関連リンク: フジカハイペット 石油ストーブは、一酸化炭素が発生します。 石油ストーブを幕内で使用するなら、一酸化炭素警報器を使用して下さい。 アルパカ ストーブ: 燃焼継続時間:15時間 暖房出力:3. 84kw フジカハイペット: 燃焼継続時間 :12時間 暖房出力:2. 56kw アルパカストーブは、燃焼継続時間が15時間と長く、出力が3. 84kw。 フジカハイペットの出力が2. 56kwですから、アルパカストーブの3. 84kwは、かなりの出力が高く暖かいです。 暖かさと 燃焼継続時間だけで選ばれるなら、アルパカストーブがおすすめ。 ただ、アルパカストーブは日本製ではないので、安心感と信頼性にかけるような感じがします。 フ ジカハイペットは、アフターフォローもきっちりとされており、不具合が出てもすぐに対応してくれます。 長く使うなら安心の フジカハイペット、暖かさと 燃焼継続時間を重視するならアルパカストーブ。 アルパカストーブは、燃料計の動作不良や石油を入れて運搬する時、燃料漏れを起こす可能性もあり、当たりはずれがけっこうあります。 アルパカストーブは、耐震自動装置がついていないものもあります。 一部 のアルパカストーブの新製品には耐震自動装置が装備されていますが、その他は 耐震自動装置がついていないのが多いです。 安全面やアフターフォローは少し劣りますが、圧倒的な暖かさと燃焼時間が長いのが特徴。 トヨトミレインボー: 手軽に購入できて、日本製で安心なのがトヨトミレインボー。 トヨトミ レインボーは、ホームセンターや家電量販店でも販売されているので、気軽に購入できるのがメリット。 春や秋のキャンプなら幕内を暖めるに トヨトミレインボーでも大丈夫ですが、冬場に使用されるなら トヨトミレインボーだけでは寒いと思います。 我が家の実家でも トヨトミ レインボーを使っていますが、それ程暖かくはないので真冬のキャンプを考えておられるなら、アルパカストーブ・ フジカハイペット・ トヨトミKSシリーズがおすすめ。 冬キャンプはやらないという方は、トヨトミレインボーでも大丈夫。 トヨトミレインボーを購入するポイントして、冬キャンプをやるかやらないかで決められたら良いと思います。 「トヨトミレインボーは、圧倒的な 継続燃焼時間」 トヨトミレインボーは 継続燃焼時間が20時間もあり、灯油の補充をしなくてもキャンプをできるのがトヨトミレインボーを使用するメリット。 トヨトミレインボーはいろいろな種類があり、種類によっては1万円代で購入をすることができるので、コスパがかなり良いと思います。 継続燃焼時間と手軽さを考えておられるなら、トヨトミレインボーがかなりおすすめですね。 タンク分離型: 自宅で使われていることが多い石油ストーブは、タンク分離型の石油ストーブ。 タンク分離型の石油ストーブは、キャンプには向いていません。 持ち運びが大変で、灯油が入ったまま車に積むと、タンク部分から石油が漏れるおそれがあります。 灯油が漏れないように運ぶには、灯油を完全に抜き取るか、タンク本体から取り外して給油口を上に向けて運ぶしかありません。 石油ストーブ本体にある、油受けの皿部分の灯油も、スポイト等でぬく必要があるのでけっこう面倒。 これから長くキャンプをされるならタンク分離型より、フジカ・アルパカ・トヨトミKSシリーズ・トヨトミレインボーなどのタンクの一体型石油ストーブを購入されることをおすすめします。

次の

【ソロキャンプに最適】コンパクトサイズのおすすめストーブ10選

キャンプ ストーブ

ウッドストーブとは? ウッドストーブとは、金属で出来ている窯のような見た目をしていて、主に木の枝や落ち葉を燃やして料理に利用したり暖を取ったりするための物です。 ネイチャーストーブとも呼ばれます。 燃料が自然の中で手に入る物ですので、ウッドストーブに加えライターやメタルマッチなどがあるだけでキャンプに必要不可欠な火が手軽に手に入ります。 ウッドストーブはソロキャンプで簡単焚き火が可能! キャンプといったらやっぱり火が欲しくなるものです。 別に料理に使用する訳でも寒くて温まりたい訳でもないとしても、火があるだけで安らぎや非日常感を味わうことができます。 綺麗な星空の下で炎をぼんやりと眺めながらお酒を楽しむ時間は、最高のリラクゼーションと言えるでしょう。 それに一役買ってくれるのがウッドストーブなのです。 簡単に設営撤収ができる! 一人で使うのにちょうどいいコンパクトさと火を起こす時の手軽さ、さらに焚き火台だと少し手間のかかる撤収作業もウッドストーブだととても簡単に済ませることができるなど、使い勝手に関していえば良い事尽くしのソロキャンパー必携のアイテムなのです。 ウッドストーブと焚き火台の違いって何? 一般的にウッドストーブとして販売されている物と焚き火台として販売されている物は両方とも火を起こすための道具ですが、サイズや使い方が違います。 焚き火台は火を楽しむもの! 焚き火台はウッドストーブよりも大きく、火をおこしてその火を何かに利用するというよりも、火そのものを楽しむための道具となっています。 キャンプファイヤーを手軽に楽しむための物と言っていいでしょう。 ウッドストーブは焚き火兼調理も! 一方でウッドストーブは、火をおこしてお湯を沸かしたり料理をする事を考慮して作られています。 ウッドストーブの多くに付いているクッカーなどを乗せるためのゴトクは、焚き火台には無い物です。 ソロ向けウッドストーブの選び方 ウッドストーブには様々な商品がありますが、その中からどれにするか決める時に考慮するべき選び方があります。 この選び方をしっかりと押さえておく事で、自分の好みやキャンプのスタイルに合ったウッドストーブを手に入れることができます。 ウッドストーブには2つのタイプがある ウッドストーブには大きく分けて二つのタイプがあります。 全く違った特性を持っているので、まずはここから考えるようにしましょう。 箱型ウッドストーブの特徴 箱型は薄い金属のプレートからなる四角形や五角形などの多角形の形をしていて、収納する時にはプレートを折りたたむ、または全て分解できるようになっています。 そのため収納時には非常にコンパクトになる点が大きなメリットです。 円柱型ウッドストーブの特徴 その名前の通り、全体的に円柱状の形に成形されているタイプです。 箱型ほどコンパクトに収納することはできませんが、より効率的に燃焼する様に設計されている二次燃焼使用の物が多いです。 そのため燃え残りが出にくい点も円柱型のウッドストーブの特徴です。 ソロ向けのウッドストーブのサイズは? サイズに関しては、使用時のサイズと収納時のサイズの両方を見るようにしましょう。 ソロキャンプですと、使用時に直径または一辺の長さが10cm〜15cmの物で十分です。 使用時でそのサイズですと、収納時は箱型のウッドストーブだとポケットに入るくらいのサイズ、円柱型だと小さいクッカーくらいのサイズになります。 ウッドストーブのステンレスとチタンの違いは? ウッドストーブは一般的に熱に強いステンレスかチタンが使用されています。 どちらを選んでも間違いはありませんが、それぞれの特性を覚えておきましょう。 ステンレス製ウッドストーブの特徴 何と言ってもサビに強いのがステンレスの特徴です。 ですので水濡れや泥汚れも気にせず使用することができます。 ウッドストーブの多くがステンレス製となっており、チタン製と比べて安価なのが良い点です。 チタン製ウッドストーブの特徴 ステンレス製のウッドストーブより値段が高くなってしまいますが、ステンレス以上に優れた耐腐食性、軽量、さらに熱すると焼き色がつく性質を持っているので、荷物を可能な限り軽くしたい方やエージングを楽しみたい方、長持ちする物が欲しい方におすすめです。 ソロキャンプにおすすめのウッドストーブをソロサイズを厳選! それではここからソロキャンプをする方に特におすすめしたいウッドストーブを紹介します。 いずれも間違いのない商品ですので、自分が重視したいポイントに注目して理想のウッドストーブを探してみてください。 取っ手が付いているウッドストーブは珍しく、このおかげで薪を燃やして高温になっている状態であっても持って移動することができます。 さらに底面のメッシュが大量の酸素を供給するようになっているので、効率的な燃焼を可能にしています。 ゴトクも付属しているのでそれを利用して上にクッカーを乗せることもできます。 シンプルな箱型のウッドストーブの中でも非常に機能的と言えるおすすめ商品です。 付属品が多い事もあり、他のウッドストーブと比べて少々重いですが、とりあえず試しに円柱型のウッドストーブを買ってみたいという方におすすめします。 ウッドストーブがあれば、もっとソロキャンプが楽しくなる! ここまでソロキャンプをすることがある方やソロキャンプをしてみたいと考えている方に向けて、一人で使用するのに丁度いいウッドストーブを紹介してきました。 キャンプに火は無くてはならないものですから、それに関連する道具にはこだわりたいものですね。 普段はガスバーナーを使用している方も、一人用のウッドストーブはコンパクトに収納できてたとえ結果的に使用しなかったとしても邪魔になる物ではないので、ガス切れに備える意味でも1つ持っておく事をおすすめします。

次の