生理前 下痢ひどい。 ひどい生理痛、病院の受診タイミングは?内診が怖い。費用は?【医師監修】

[mixi]生理後、下痢…

生理前 下痢ひどい

月の一度のペースでやってくる生理はお腹や腰の痛みを引き起こすばかりでなく、急激なホルモンバランスの変化によって様々な不快症状に襲われます。 経血漏れなどの心配が尽きず、女性にとって生理期間は一か月の中で最も煩わしい数日と言っても過言ではないでしょう。 しかし、生理は性成熟期にある女性にとって大切なものですから、不快な症状と上手く付き合っていかなければなりません。 【目次】 ・ ・ 生理になると吐き気が起こる理由 そもそも、生理とはどのような現象なのでしょうか? 生理の正体は、剥がれ落ちた子宮内膜が血液と共に剥がれ落ちたものです。 子宮内膜は子宮の内腔を覆う細胞であり、増殖・成熟。 脱落を繰り返しています。 このような子宮内膜の変化を引き起こすのが女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンです。 生理が始まって子宮内膜が剥がれ落ちると、次の妊娠の機会に備えて子宮内膜は徐々に増殖していきます。 この作用を促すのがエストロゲンであり、同時に卵子の成熟も行います。 そして、生理開始から約二週間が経過すると排卵が生じるのです。 排卵が生じると、次は増殖した子宮内膜を着床に適した状態に成熟させるためにプロゲステロンが多く分泌されるようになります。 プロゲステロンの分泌は約二週間続き、着床が生じれば妊娠の成立となりますが、着床が生じない場合はエストロゲンとプロゲステロンの分泌が急激に低下して子宮内膜の脱落、つまり生理が引き起こされるのです。 c Shutterstock. com このように、 生理はエストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスに強く影響される現象の一つです。 また一方では、それぞれのホルモンは体内の様々な部位に働きかけて不快な症状を引き起こすこともあります。 まず、生理に向けて分泌が増加するプロゲステロンは 腸の運動を低下させる作用があるため便秘になることがあります。 そのため、生理が始まった頃には 腹部膨満感や吐き気などの症状が引き起こされることも少なくないのです。 また、生理痛が極端強い場合には痛みのために吐き気を感じることもあり、 「月経困難症」と呼ばれる病気が背景にある可能性も考えられます。 腸の運動を促すことが改善につながることも 生理中の吐き気に対しては、便秘を改善するために食物繊維や水分を多く摂ったり、 ストレッチやウォーキングなどの軽めの運動を行って腸の運動を促すと改善することがあります。 また、ひどい生理痛に伴う吐き気がある場合には生理痛にも効果のある市販の鎮痛薬を服用したり、 お腹を温める・湯船に浸かって身体を温める、などの対策がおススメです。 c Shutterstock. com 吐き気に胃薬を服用しても効果は薄い 吐き気と言えば市販の胃薬を服用する人の多いですが、生理に伴う吐き気は胃の荒れや調子の悪さが原因ではないため、効果は薄いと考えられます。 生理になると下痢が起こる理由 生理になると お腹を下しやすくなる人は意外と多いものです。 生理痛の痛みなのか下痢による痛みなのか判断できず、思わぬ場面で突然の便意に襲われるケースも少なくありません。 生理中の下痢も実は女性ホルモンの働きが関与 上述したように、生理に向けて盛んに分泌されるプロゲステロンは、腸の運動を低下させて便秘を引き起こすことがあります。 一方、生理が始まると脱落した子宮内膜を排出するためにプロスタグランジンという物質が産生され、 子宮の収縮が促されます。 プロスタグランジンは全身の様々な部位に作用する物質であり、腸にも作用して運動を促す働きがあります。 このため、 生理後は生理前とは逆に下痢になりやすくなるのです。 c Shutterstock. com とくに、生理中の下痢は、生理前に生じる便秘の影響で腸内に大量の便が溜まった状態で発症するため非常に強い腹痛を生じるのが特徴です。 妊娠中の下痢はプロゲステロンやプロスタグランジンの分泌が原因であるため、根本的な治療方法は少ないですが、日常生活ではお腹を温めるなどして子宮収縮を抑え、プロスタグランジンの産生を減少させる対策が有用です。 市販の下痢止めは控えよう また、下痢になると市販の下痢止めを服用する人もいますが、便秘になったり吐き気を生じたりするようなケースもありますので控えましょう。 また、ウイルスや細菌感染による下痢の可能性もありますので、下痢止めを飲むとかえって回復が遅れることもあります。 市販の整腸剤が効くこともありますが、下痢がひどいとときには無理をせず病院を受診して治療を受けるようにしましょう。 c Shutterstock. com.

次の

生理になるとひどい下痢をします…

生理前 下痢ひどい

原因となる病気がある場合を器質性月経困難症といいます。 器質性月経困難症は、• 子宮内膜症• 子宮筋腫• 子宮腺筋症 が原因となっていることが多いです。 子宮内膜症 ある時から、少しずつ生理痛がひどくなります。 生理でない時期にも腹痛や腰痛があることもあります。 性交時や排便時に痛むこともあります。 不妊も症状のひとつです。 年齢が高くなるにつれて、女性ホルモンの分泌が少なくなるとおさまります。 <発症しやすい人> 20代から40代の人がかかりやすい病気です。 生理がきている女性に発症する病気なので、妊娠回数の多い人はなりにくいと考えられます。 子宮筋腫 女性ホルモンの影響で子宮の内側、子宮の外側、子宮の筋肉の中にがんではない腫瘍ができる病気です。 生理の出血量が多くなり、生理痛が重くなります。 また、生理以外の時期にも不正出血や貧血、腰痛がある場合もあります。 尿をする回数が増える人もいます。 <発症しやすい人> 30歳以上の女性がなりやすいです。 子宮腺筋症 子宮の筋肉の中に、子宮内膜に似たような組織ができる病気です。 生理の出血量が多くなり、生理痛が重くなります。 出血量が増えることで貧血になることもあります。 痛みは生理が終わった後も続くことがあります。 <発症しやすい人> 30代後半から50代にかけて発症しやすいです。 早めの受診をおすすめする理由 病院では、隠れた婦人科系疾患を見つけて、早い段階で適切な治療をうけることができます。 不妊の予防や貧血の改善に繋がります。 早く治すためにも「生理痛がつらい」と思ったら早期受診しましょう。

次の

ひどい生理痛、病院の受診タイミングは?内診が怖い。費用は?【医師監修】

生理前 下痢ひどい

多くの女性が、生理前に肌荒れや体調不良を感じています。 女性は、生理の影響でホルモンバランスが乱れやすく、肌荒れや生理痛などの体調不良、胃腸の不調、精神状態の低下などが起こりやすいです。 症状には個人差があり、 ひどい肌荒れや体調不良を訴える人もいます。 女性は、50歳前後までは生理と付き合っていくので、生理によるホルモンバランスや肌荒れの仕組みなどを理解し、対策をしていきましょう。 生理の度に繰り返す、肌荒れの原因は? 通常、女性であれば月に一度やってくる生理ですが、毎月のようにひどい肌荒れや生理痛などの体調不良を繰り返していては、精神的にもかなりしんどいものがありますよね。 生理は長く付き合っていくものですから、肌荒れの原因を知って対策をしていきましょう。 ホルモンバランスの乱れ 生理によって起こる肌荒れは、2種類の女性ホルモンの分泌量の増減が大きく影響しています。 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。 エストロゲンは、お肌に潤いを与えるホルモンなので、活発に分泌するほど美肌へと導いてくれます。 一方で、プロゲステロンは皮脂の分泌を促すホルモンなので、過剰に分泌することで毛穴トラブルやニキビなどの肌荒れを引き起こします。 これから触れますが、プロゲステロンが活発に分泌する時期は、ひどい肌荒れを起こしやすいです。 食生活の乱れ 食生活の乱れも、肌荒れに大きく影響します。 食べ物次第でお肌を保湿して美肌に導くこともできますし、胃腸に負担をかけたり、お肌をボロボロにしてしまうこともあります。 現代人の食生活は、栄養に偏りがあります。 主に、食生活の乱れは腸内環境を乱す原因となるので、栄養の吸収率を低下させて、肌荒れを招くのです。 加えて、生理前は水分や栄養を溜め込みやすいので、さらに便秘やむくみに繋がりやすいです。 生理周期に合わせたスキンケアをしよう 生理周期を28日間とすると、この期間を以下の4つに分けることができます。 月経期…生理初日〜生理が終わるまで 1日目〜7日目• 卵胞期…生理が終わってから排卵日まで 8日目〜14日目• 排卵期…排卵日周辺の期間 15日目〜21日目• 黄体期…次の生理の準備期間 22日目〜28日目 それぞれの期間によって、お肌調子の良い期間や、肌荒れしやすい期間があるので、周期に合わせてスキンケアも工夫すると効果的です。 月経期 出血のある生理初日〜7日目までは、ホルモンバランスが乱れやすく、お肌は敏感で乾燥しやすくなります。 お肌を守るバリア機能が低下しているので、ちょっとの刺激でもお肌が反応して肌荒れに発展してしまう可能性があります。 この時期はスキンケアは、あれこれ手を加えずに、シンプルなケアが向いています。 メイクアップは薄めにして、クレンジングの負担を減らすといった工夫をすると良いです。 しかし、外的刺激からお肌を守るために紫外線対策は忘れずに行いましょう。 卵胞期 出血が終わった頃から卵胞期に入ります。 生理周期の4つの期間の中で、最もお肌状態が良い時期です。 美肌効果のあるエストロゲンの分泌量が多くなり、潤いに満ちてお肌も体調も良い常態を保ちやすくなります。 基本的のお手入れに加えて、美容液や角質ケア、炭酸パックなどのスペシャルケアをするのもおすすめです! 排卵期 この時期からお肌状態は徐々に下降していきます。 エストロゲンの量が減少して、お肌は乾燥傾向に。 保湿を重視したお手入れをしましょう。 保湿のシートマスクをして水分のケアを強化したり、保湿クリームで油分ケアを強化しましょう。 普段から使っているアイテムの使用量をいつもより少し多めに使って重ね付けをしてあげてください。 黄体期 黄体期は、生理前の一週間で、最も肌荒れしやすい時期です。 プロゲステロンが活発化し、皮脂の分泌量が高まります。 過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まりやすくなるので、そこから炎症を起こし、ニキビができやすくなります。 この時期は、毛穴の詰まりがニキビにならないように、いつもより丁寧なクレンジングや洗顔を意識してみてください。 化粧を落とさずに眠ってしまうのはアウトです!どんなに疲れていても化粧だけは落としてから眠るようにしましょう。 皮脂の分泌が活発な時でも、保湿ケアは、変わらず行いましょう。 ベタつくようであれば、皮脂を抑える収れん化粧水や美容液などを使ったり、さっぱりタイプのものを使うのもおすすめです。 油分の与えすぎがニキビの原因にもなるので、クリームは軽めの仕上がりでも良いでしょう。 肌荒れを改善する、基本の正しいスキンケア 生理周期に合わせたスキンケアについてお伝えしましたが、それらを実行する前に、基本の正しいスキンケアのステップを確認しておきましょう! スキンケアのやり方が間違っていては、肌荒れは改善できません。 肌荒れの原因の1つに「間違ったスキンケア」があります。 スキンケアは、皮脂や角質、メイク汚れなどを取り除く「落とす行為」と化粧水や乳液、クリームなどで水分や油分を「与える行為」があります。 クレンジング・洗顔 皮脂やメイク汚れを取り除く、クレンジングや洗顔は最も重要なお手入れです。 クレンジング不足は、落ち切らなかった汚れが炎症を起こし、肌荒れやニキビの原因になります。 汚れの残ったお肌に、化粧水などの基礎化粧品で潤いを与えてもうまく浸透しません。 また、ゴシゴシと力強く擦るように洗ってしまうと、お肌を傷つけるので肌荒れを悪化させる可能性もあります。 また、クレンジングや洗顔をするときは、水温も重要です。 熱いお湯はお肌に必要な潤いを奪ってしまうので、ぬるま湯で洗い流すようにしましょう。 すすぎ残しは肌荒れの原因になりますから、最低30回はすすぎましょう。 保湿は化粧水・乳液・クリームの3ステップが基本です。 水分を与え、潤いを逃さないようにクリームで蓋をします。 保湿は、「なじませ」がとても重要です。 手のひらに吸い付くくらい馴染んでから次のものをつけるようにするだけで、保湿の持続力がアップします。 メイクアップはお肌の負担になります。 しかし、最低限必要なものもあります。 それは紫外線 対策です。 日焼け止めや、日焼け止め入り下地などは、お肌を守るために毎日使うようにしてください。 紫外線がお肌に与える影響は非常に大きいので、これだけは欠かさないようにしましょう! その他のメイクアップは、肌負担の少ない石鹸で落とせるものや、保湿力の高いもの、重ね付けをしなくてもカバーができるものがおすすめです。 また、特に生理前は皮脂の分泌量が増えて化粧崩れしやすくなったり、生理中は紫外線などの外的刺激に敏感で、乾燥もするので化粧崩れしやすいです。 以下のような食生活をしている方は、乾燥やニキビなどの肌荒れが起こりやすいです。 コンビニ弁当など、味が濃くて脂質が多く、野菜の少ないお弁当が多い• パンやおにぎり、麺類など、炭水化物ばかり食べてしまう• レトルトやインスタントなどの加工食品が多い• 野菜をあまり食べない• 揚げ物をよく食べる• スナック菓子や甘いものをよく食べる• 人によって必要な睡眠時間は異なりますが、6時間〜8時間くらいを目安に眠るようにしましょう。 ストレス 生理の影響でホルモンバランスが乱れると、イライラしたり、いつも以上にストレスを感じやすくなります。 ストレスが原因で乾燥やニキビなどの肌荒れを起こすこともあります。 ストレスを溜めないというのは難しいので、うまく発散する方法をいくつかもっておくと良いですね。 激しい運動をする必要はなく、軽いウォーキングやストレッチなどでも効果的です。 例えば、ピラティスなどは、全身のもみほぐしを行うので、老廃物の排出を促し、血行促進によって、冷えやひどい生理痛の改善も期待できます。 運動を継続すると、肌代謝が上がり、結果的に肌荒れ改善に結びつきます。 ひどい肌荒れや体調不良が改善しない方は病院へ! スキンケアの見直しや生理周期に合わせたケア、生活習慣の改善をしても、生理前や生理中の肌荒れや体調不良が改善しない方は、一度婦人科を受診されることをおすすめします。 低容量ピルで肌荒れと体調不良を改善! 私は婦人科で低容量ピルを処方してもらっています。 低容量ピルは、避妊目的ではなく、生理不順や、生理による体調不良を軽減する薬です。 ホルモンバランスの乱れをコントロールし、生理不順も改善されたので、肌荒れも体調不良も起こりにくくなりました。 吐き気や、めまいといった症状が出る人もいるようです。 また、飲み始めの数ヶ月は血栓症のリスクが高まります。 血が固まって詰まると、最悪の場合、死に至ります。 そのため、ネットで処方箋不要のピルを継続して服用するのは絶対にやめましょう。 病院では、定期的に血液検査をするので、安心して服用することができます。 低容量ピルの種類や価格 低容量ピルは28日間飲み続けるものや、21日間飲んで7日間は休薬するタイプがあります。 価格も、ジェネリック医薬品を利用すれば、薬代だけで、3ヶ月分で4000円くらいです。 私は、症状が重かったので月々1300円程で、毎月の不調から解放されるなら、喜んで飲み続けたいと思いました。 生理不順の方は、生理周期に合わせたお手入れや対策もできないので、肌荒れや体調不良の改善の近道として、ピルをおすすめします。 まとめ いかがでしたか?生理のたびに繰り返す肌荒れや体調不良は、ホルモンバランスや、生活リズムが影響していることがわかりましたね。 生活習慣の改善や、生理周期に合わせたスキンケアやメイクの負担を減らすことも、対策の1つです。 また、この機会にスキンケアの正しい手順についても確認しておきましょう。 また、対策をしてもひどい肌荒れや体調不良が改善されない場合は、病院に行きましょう。 低容量ピルを服用することで、ホルモンバランスや生理不順、体調不良を軽減することができます。

次の