あいつ死んだわ。 純烈・酒井一圭がメンバー脱退時の「あいつは死んだ」発言の心境を告白

霜降り明星・せいや 「あいつは死んだ!」のセリフ練習で警察に逮捕されかけた― スポニチ Sponichi Annex 芸能

あいつ死んだわ

みなさんこんにちは、そしてお久しぶりですオノケンです。 ぶちギレ投稿がちょうど3月末でしたので、3週間以上の時が立ちました。 以前でしたら、オノケンの章が一旦区切りがついた際も、トピックスなどでちょくちょく登場していました。 そのため、3週間以上もクレマニに登場しないのは、クレマニ始まって以来、初めてのことでした。 私がここまでのゆっくりと休憩を入れることができているのは、ポットさんが長編でクレマニに文章を寄贈していただいたからこそです。 しかも内容がいい意味でぶっとんでいるという... ポットさんには本当に感謝感謝です。 さて、24日にロックダウンが5月15日まで延長することが決定いたしました。 残念なニュースではありますが、日々の罹患者数を見ると、それも致し方ないかなと思っています。 ただ、隔離が緩和された地域もあり、少しずつ解除に向かっていくのではないかと思っています。 現在、セブの刑務所がクラスターとなり、とんでもないことになっていますが、それを省くと罹患者数は減ってきている印象です。 個人的な話ですが、私はGWの機会を逃してしまうと、早くとも7月末まではフィリピンに行くことはできません。 そのため、4月が始まったころは一縷の望みを持って日本とフィリピンの動向を伺っていたのですが、上旬には行くことを断念していました。 フィリピンに赴くためには、日本・フィリピンの両国の状況が良くならないと行くことはできません。 仕事に自由がかなりきくか、定年を迎えた方ならフィリピンの状況のみ良くなれば行くことも可能なのでしょうが、私のような一会社員には、そんな自由はありません。 となると、早くとも6月末まではどちらにしてもフィリピンに行くのは厳しいでしょう。 それから先のことはまだ誰にもわかりません。 とにかく早く新型コロナに対する薬が広く使用可能になり、この先の見えない不安な日々から解放されることを願って止みません。 フィリピン行きが絶たれている今、フィリピン旅行の価値が私の中でどれだけ大きかったのかを痛感しています。 今の私のやる気は、仕事も筋トレも遊びも8割といった感じです。 何をするにしても、どこかなにか足りない感じがしています。 一応、クレマニを立ち上げた頃からアカウントを持ってはいたんですが、ほとんど活用することなく2年以上の歳月が過ぎました。 遡ること3か月ほど前、ダイスケさんとフィリピンで飲んでいたとき。 「ダイスケさん。 実は最近、クレマニのビューがずっと横ばいなんです。 間もなく、明らかなビュー数の変化が出始め、今まで長きにわたって頭打ちしていたあの期間は何だったのかと思うほどでした。 しかし、それはあくまでこちらに興味を持ってもらえたらの話なので、今はとにかくツイートをたくさん行っているところです。 日々、私の身の回りに起こった出来事、感じたことなどをなるべくユーモアにお届けしています。 【オノケンツイート】 オノケン クレイジーマニラ 私、IPPONグランプリさんが出す大喜利参加が好きでして、頻繁に回答しています。 まだIPPONをいただいたことはありませんが、先ほど私をフォローしてくださいました。 嬉しすぎてそのフォローされた画面だけで酒がすすむ。 — オノケン クレイジーマニラ crazymanila 朝の散歩中…前方より自転車に乗った3人組の女子校生。 登校日か。 私とすれ違う直前。 悪戯な風が強く吹く。 ふわりとめくれるスカートと、見える白系色の布製品。 見たら絶対に目が合う。 見てはダメだ。 という思考が脳を経由せずに反射的に目はそちらに。 そして目が合う。 気まずっ。 — オノケン クレイジーマニラ crazymanila 薄毛の皆さん、知っていますか? 育毛の塗るお薬といえば、多くの方は リアップ! と答えるのでしょう。 しかもお高い。 さっき立ち読みしようとしたら、 袋とじだったので見れませんでした。 仕事もせずに何をしてるんだろう? と思いましたが、気になったら止まれません。 和歌山 Club Safari 全く行った事ありませんが、 コロナが落ち着いたら来店して、 レポートを書きたいと思います。 みんな外出控えて頑張ろーぜ!だからって感染するすした人を責めるのは絶対ダメだ。 本人が一番辛いはず。 お気を確かにw フィリピン行くなら一度は読むべし! — マシャ クレマニトピライター🇵🇭🇯🇵 YvLirKGm7B7HnHd 今日もフィリピン雑貨屋のママ忙しそうだったな。 情報も早く、現地に住んでいる日本の方が日本語訳と解説をいれてくれるので、本当に助かっています。 職場の先輩であるレンジの誘いからマニラ旅行へ。 趣味は筋トレ、筋肉こそ正義だと思っている。 旅行記や恋愛ネタをメインに、英会話の上達方法等もアップします。 オノケンの先輩、レンジ。 あるきっかけからマニラを訪れるようになり、後に現地法人を持つまでに。 実体験に基づいたフィリピンの闇、貧困と格差、現地ビジネスなどオノケンとは違う視点の記事をアップします。 ポットはアジアを駆け回るビジネスマン。 タイでの起業に成功し、続いてはフィリピンへ。 クレマニのカモ担当。 アラフォー。 日本じゃシャッチョさん、マニラじゃカモネギさん。 仕事より女性を優先してしまうダメ男。

次の

死ぬわアイツ (しぬわあいつ)とは【ピクシブ百科事典】

あいつ死んだわ

〈ぼく〉(井之脇海)は、〈あいつ〉の母親ルリコ(霧島れいか)に自分の心ない言葉が〈あいつ〉を自殺に追いやったのだと告白し、謝罪する。 詩織(池田エライザ)もまた、高校時代に〈あいつ〉の絵を密かに塗りつぶしたことを告白。 ルリコは詩織に一冊のスケッチブックを手渡す。 そこには、〈あいつ〉が描きためた詩織のスケッチが並んでいた。 自分に嫌気がさした〈ぼく〉は〈あいつ〉のLINEに「俺、そっち行ってもいいかな」とメッセージを送る。 そのメッセージを受け取ったのは詩織だった。 詩織は〈あいつ〉の自宅へと向かう。 〈ぼく〉は〈あいつ〉が飛び降りたと思われる屋上の金網によじのぼる。 雨が降り出し、見ると屋上の床一面に〈あいつ〉が描いたと思われるクジラの絵が。 〈あいつ〉が死ぬ直前に送ったメッセージの「見せたいもの」とは、この絵のことだったのだと気づく〈ぼく〉。 〈あいつ〉の死は自殺ではなく、事故だった。 雨の中、詩織がやってきて〈ぼく〉を抱き締める。 雨が上がり夜が明け、2人は〈あいつ〉の絵を見ながらタバコを吸う。 〈ぼく〉にはいつもと同じ日常が戻ってくるが、表情は晴れやかだった。 〈ぼく〉と詩織が夜明けの空の下でタバコを吸うシーンが最高でした。 そして〈あいつ〉の死が自殺じゃなくてホッとした。 死んだことにかわりはないし、お母さんにすれば、バランス崩して落ちたのだってやりきれないだろうけど。 でも「いつ死ぬかわからない」が口癖だった〈あいつ〉らしいというか。 屋上に描いたクジラの絵。 あの日、〈あいつ〉はそれを〈ぼく〉に見せようとしたんですね。 〈あいつ〉の死が自殺か事故か今日までわからなかったのは、この絵が誰にも見つからなかったから。 あの文化祭の看板と同じように、水に濡れたら浮かび上がる仕掛けになってたんだろうね。 見つけてあげられてよかった。 「通勤時間とかムダだしな」なんて、通勤の苦労もしたことない人にサラッと言われたら、わたしもたぶんムッとしてしまう。 そんなこと、自分がいちばんよくわかっているのだ。 でも、働かなきゃいけなくて、生きていかなきゃいけなくて、嫌なことも辛いことも必要だと無理やり納得させて、どうにかこうにか毎日乗り越えているのだ。 そして〈ぼく〉にとって〈あいつ〉は、八つ当たりできる=甘えられる存在だったのだと思う。 どうしようもなく鈍感な〈ぼく〉は、きっとこれからもたくさんの人を傷つけるだろう。 だけど、傷つき、痛みを知った彼の顔は、第1話とは別人のように見えた。 「忘れるなんて許さない」 「俺、殺されたんだ」 これ、詩織が送ってたのか……。 うーん。 詩織の気持ち、全くわからないわけではないけど、共感はしづらいなぁ。 わたしの学生時代は、青春とも恋愛とも無縁だったから。 でも池田エライザさんの演技には引き込まれました。 共感はできなかったど、詩織のことを嫌いにはなれなかった。 こういうドラマは本当に見ていて楽しいし、心が満たされます。

次の

日輪の龍 ~異聞、龍造寺隆信伝~ 7話 あいつらが死んだら、俺たちで貰おう

あいつ死んだわ

西部邁 「おまえ、西部邁を知ってるか?」談志が唐突に訊いてきた。 「『朝まで生テレビ』という番組を通じてですが」そう答えると、「そうか、知られた人なんだな。 話してみると理屈っぽくて面白えンだ。 で今度、番組を一緒にやることになった」 西部先生は初対面の様子を次のように語った。 「政治家のパーティーに義理で出たら、これが下らないこと夥(おびただ)しい。 とっとと帰ることにしたら、出口のところにもう一人退屈してる人がいてね、それが談志さんだったんだ。 西部邁と申しますと挨拶すると、おう、あんたのこと知ってるよと気さくなんだ。 一献献じたくと申し出るといいねえとなり、人形町で飲んだのが始まりなのさ。 質問が上手くてねえ、ずいぶん喋らされたなあ」 こうしたことがMXテレビの共演につながるのだが、二人の共通の話題は他にもあり、それは妻の病のことだった。 共に人後に落ちぬ愛妻家、談志は妻が通院しやすいように病院近くに引っ越したぐらいで、西部先生はあるとき、動けるうちにと愛妻を講演旅行に伴ったという。 先生はそれをニコニコと話した。 「僕の講演と談志さんの落語という二本立さ。 なかなか豪勢だろう。 確か九州だった。 で談志さんが控え室で妻に言うんだ。 いま席を前の真ん中に用意したから、奥さんそこへ座ってください。 他にも客がいるから奥さんばっかり見るわけにはいかないけど、今日の落語は奥さんに捧げますとね。 こういうことを嫌味なくサラッと言える人は少いよ。 僕は心遣いに胸が詰まってしまってね……」 結局、西部先生は奥さんを見送り、談志夫人は快癒し、当人が逝ってしまった。 西部先生は談志の晩年を彩ってくれた人だ。 ささやかな恩返しのつもりの書評を先生は大変に喜んでくれ、今にして思えば喜んだフリをしてくれたのだが、MXテレビの対談に呼ばれ、ギャラをいただき、のみならず荒木町の寿司屋に招いてくれたのだ。 そして新宿へ流れた。 成城のマンションに伺ったこともある。 話題は多岐に及び、大いに飲んだ。 同席した人によると、先生は「我が家であんな大酒を飲んだ男は初めてだ」と笑って言ったそうな。 そりゃないですよ先生、私が帰ろうとした時、ドンと一升瓶を置いたのは先生じゃありませんか。 忘年会の司会は思い出深い。 「僕は雑誌を発行しててね、その慰労の小さな会だったのさ。 ところが参加したいって人がどんどん増えて、中には呼んでない人まで来そうで、捌ききれないんだ」そう頼まれたわけだが「右も左も来るんだ」とのひと言は刺激的だった。 司会には黒紋付羽織袴の正装で臨んだ。 シーズンで忘年会を掛け持ちする人もいて、挨拶の順番が狂う事態も予想される。 その折にはこの正装に免じてお許しをとのつもりだった。 会の半ば頃フラリと鳩山由紀夫さんが現れた。 確か出席者リストには載っていなかった。 つまり呼んでない人がやって来たのだ。 場内がざわつき、右方面から「あいつに挨拶させるつもりじゃないだろうな」との強い視線が飛んでくる。 しかし元総理だ。 私は独断で紹介した。 鳩山さんは「えっ、いいの」と驚きつつ、嬉しそうに若干の野次を浴びつつスピーチした。 しばしして先生が傍らに来て「あれで正解」と笑って去った。 『保守の真髄』(講談社現代新書)を週刊新潮で書評した。 先生は頸椎からくる指の痛みでペンが持てなかった。 先生の口述を、いつも秘書のごとく支えるお嬢さんが筆記するという本だった。 口述なのに文体に変化はなく、いつもの西部節を堪能したが、最終章にギクリとした。 「また短銃の入手に失敗し」と記す個所に出くわしたのだ。 先生の謦咳に触れた人や著書に接した人は先生の自殺願望を知ることになる。 ごく普通にそのことを喋ったし、書いているからだ。 知ってはいてもやはりギクリとし、そして先生はその書評の載った週刊誌がまだ店頭にある週に突如としてこの世を去った。 死後、ある記者にこう語っていたと聞いた。 「オレの最後の願望は『当然死』だね。 ある年齢で、ある病状を抱え、いろいろとやり尽くした。 警察に若干の厄介をかけたようだがどう考えてもあいつは当然死んだと人は言うだろうね(笑)」 凄いなあ、本当にそのように死んだのだ。 「何とか止める手だてはなかったものだろうか」と、残された者たちは詮ないことを言うが、すぐに笑顔でいなされてしまうことを理解する。 「キミたちは僕が病院死と生命至上主義を否定していることを知っているはずだが」と。 先生はもういない。 忘れがたい思い出と膨大な著書が遺った。

次の