マイナポイント予約いつまで。 マイナポイントの予約は早め、申込みは遅めに!還元率25%を超えるおすすめキャッシュレス決済サービスは?

【最新版】マイナポイントはいつから!?|登録から使い方まで徹底解説!

マイナポイント予約いつまで

マイナポイントとは? マイナポイントは新しい決済手段や、マイナンバーカードにポイントが貯まるような新サービスではなく、既存のキャッシュレス決済サービスを活用したものです。 一度マイナポイントに申し込みしてしまえば、これまで使っていたキャッシュレス決済のチャージや購入で最大25%分(上限5,000円分)のポイント還元が受けられます。 マイナポイントはマイナンバーカードとキャッシュレス決済の普及を目的としています。 キャッシュレス決済を利用することで、国から直接ではなくキャッシュレス決済事業者を通じてポイントが付与されます。 マイナポイントの還元対象となっているキャッシュレス決済サービスにはPayPay、au Pay、WAONなどさまざまな事業者が登録されています。 その中から自分で好きな(付与を希望する)キャッシュレス決済サービスを選択します。 登録サービスは、下記のマイナポイント公式サイトで確認できます。 マイナポイントに参加するキャッシュレス決済サービスの中では、マイナポイントに合わせてさらにポイントを上乗せ還元するキャンペーンを行うサービスも出ています。 どこの登録サービスがお得か、自分の生活に合っているか…などを考えて選びましょう。 <関連記事>• マイナポイントは期間限定のサービス マイナポイントの施策は期間限定です。 申込みは2020年7月から開始しています。 ポイントの付与期間は2020年9月~2021年3月まで。 キャッシュレス・消費者還元事業が2020年6月に終了し、その後に始まったサービスです。 マイナポイントの予約方法 マイナポイントをもらうには、マイナンバーカードを持っているだけではなく、事前に手続きを行う必要があります。 この手続きは「予約」と呼ばれています。 手続きにはマイナンバーカードと、インターネットに接続できるスマホやパソコンが必要です。 基本的にはスマホがあれば登録可能です。 パソコンで登録する場合はICカードリーダーが必要なので注意しましょう。 予約方法の手順は以下のとおりです。 専用のアプリをダウンロードする 下記のようにそれぞれ専用のアプリをダウンロードします。 Android版「」アプリをインストール• iPhone版「」アプリをインストール• パソコン「」をインストール 2. まず「マイナポイントアプリ」の「マイナポイント予約(マイナーIDの発行)」をタップします。 そしてスマホの背面(NFCリーダー部分)をマイナンバーカードのICチップ部分に密着させ、しばらく動かないようにします。 スマホの上部を密着させると、読み取りやすいようです。 読み取ったら4桁の暗証番号に移行しますので、暗証番号を入力しましょう。 パソコンの場合はICカードリーダーを使用します。 読み取り後には同じく4桁の暗証番号を入力します。 予約完了 暗証番号が認証されると、マイナポイントの予約は完了です。 この予約で「マイキーID」が自動で設定されます。 マイキーIDとは、マイナンバーカードのICチップに含まれる電子証明書を利用して設定されるIDで、本人確認のために使用されます。 このマイキーIDは2020年7月以降に、マイナポイントを付与するキャッシュレス決済サービスを選択する際に必要です。 またマイナンバーカードを持っていない人早めに発行するのがおすすめです。 マイナカードの申込|キャッシュレス決済サービスを選択する 予約が完了すると、マイナポイントの申し込みができるようになります。 申し込み画面では、自分が使用したいキャッシュレス決済サービス(PayPayやau Pay、WAONなど)を選択します。 決済サービス選択画面の「キーワード」にサービス名を入力して、「検索」をクリックすると検索結果が出るので、そこから任意の決済サービスを一つ選びましょう。 ここで選択できるキャッシュレス決済サービスは一つだけです。 一度選ぶとあとから変更することができないので注意しましょう。 マイナポイントの利用方法 マイナポイントは付与されると、通常のポイントと同様にショッピングの決済に利用できます。 マイナポイントはあらかじめ選択したキャッシュレス決済サービスで還元されるので、それ以外の方法では利用できません。 マイナポイントの残高がいつまで利用できるのかは現時点では未定です。 マイナンバーカードを持っていない人はお早めに! マイナポイントは事前に予約が必要なので、ちょっと複雑な部分もあります。 この予約を済ませていないとポイントが還元されません。 事前に、マイナンバーカードを使って予約する必要があるので、マイナンバーカードを持っていない人は、まずカードの申請からしなければなりません。 こちらにも時間がかかるので、早めに手続きをすませるのがおすすめです。

次の

マイナポイントは全員もらえない?何が必要?申込から取得まで解説

マイナポイント予約いつまで

「…マイナポイントって何?」 この記事では、そんな方のために マイナポイントとは何かという基本的なことから、気になるマイナポイントを受け取る方法までをまとめて解説します! マイナポイントについて軽くまとめると、以下のようになります。 ・期間は2020年9月~2021年3月末まで。 ・総務省が管理している。 このように マイナポイントは、キャッシュレス決済を利用した人が最大5000円もらえるキャンペーンだということがわかります。 マイナポイントはいつ受け取れるの? マイナポイントの付与は、 2020年9月から2021年3月末までの期間限定で、約半年間にわたって実施されます。 ) 「次に マイナポイントの登録方法をまとめます。 」 マイナポイントの登録方法とは? 5000円分のマイナポイントを受け取るためには、以下の条件を満たしてマイナポイントに登録する必要があります。 この3つの手順について解説します。 マイナポイントの登録には『 マイナンバーカード』を事前に発行しておきましょう。 マイナンバーカードとは、マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付のカードのことです。 マイナンバーカードを取得するためには、 自分の住所あてに送られてきた「通知カード」が必要です。 以上のような通知カードを市役所などに持っていくことで、正規のマイナンバーカードの交付申請ができます。 詳しくは以下ので確認できます。 『マイキーID』の取得方法は、以下の3つから選ぶことができます。 スマホからの取得は、おサイフケータイ機能搭載機種のみ利用できます。 対応機種はのPDFで確認してください。 まずはスマホで 「マイナポイントアプリ」をダウンロードします。 詳細は以下の通りです。 それぞれのアプリのダウンロードができたら、マイナポイントアプリを起動します。 画面にオレンジに表示されている「マイキーIDの発行」をタップします。 マイナンバーカード発行時に設定した4桁の暗証番号を入力します。 (3回連続して誤入力するとパスワードがロックされます。 ロックの解除には市区町村での手続きが必要です。 ) マイナンバーカードをスマホで読み取ります。 マイナンバーカードの読み取りが完了したら、マイキーIDが自動で生成されます。 マイキーIDは忘れないように保存しておきます。 生成されたマイキーIDを確認し「発行」をタップして「はい」を選択します。 これでスマホからの『マイキーID』の取得は完了です。 『マイキーID』の発行ができたら、次はマイナポイントの付与を希望するキャッシュレス決済サービスを選択します。 マイナポイントで5000円を受け取るには、 指定のキャッシュレス決済を使う必要があります。 マイナポイントに登録するキャッシュレス決済は、QRコード決済や電子マネーなど、100種類以上の中から、好きなものを1つ選ぶことができます。 現在は39種のサービスが利用可能です。 現在のところマイナポイント対応のキャッシュレス決済は以上のようになっており、 スマホさえあれば誰でも利用できるPayPayなどのQRコード決済が使いやい印象です! また、各種キャッシュレス決済では、ユーザーの獲得のための登録キャンペーンが実施されています。 PayPayで総額1億円がもらえるキャンペーン中! 現在、 PayPayではマイナポイントの登録で総額1億円がもらえるキャンペーン中です! このように、マイナポイントにPayPayを登録するだけで、15万人以上の方に総額1億円が当たります! キャッシュレス決済系のサービスで、最大級のキャンペーンとなっています。 」 PayPay(ペイペイ)でマイナポイントをもらってみた! 僕は実際にPayPayでマイナポイントを受け取りました。 手続きはとても簡単だったので、興味のある方はご覧ください。 (最大5,000ポイント) ・期間は2020年9月~2021年3月末まで。 ・総務省が管理。 また、 マイナポイントを受け取るためには事前準備が必要です。 ここまで準備できればOKです! この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

次の

最大25%還元の「マイナポイント」とは?予約、申込方法も解説

マイナポイント予約いつまで

こんにちは。 れみです! 6月も最終日となり、明日7月1日からマイナポイントの予約申込が始まります。 2019年10月に消費税率引き上げに合わせて導入されたキャッシュレス決済のポイント還元制度が本日6月30日までです。 電子マネーなど現金を使わない決済で最大5%の還元が受けられるサービスでみなさんも沢山利用されたのではないでしょうか。 全国では約115万店舗が対象で制度が導入されて以降、キャッシュレス決済がの利用が今までより増えたという人が6割を超えたとも言われています。 昨年10月時点では来年の6月までで長期間だと思っていたキャンペーンが終了してしまうと考えると寂しいですが、明日からはマイナポイントの予約、9月から還元が始まるのでしばらく還元の恩恵は受けられそうですね! 話題のキャッシュレス決済事業 マイナポイントですが、いつからいつまでなのか、そもそもマイナポイントとは何か?具体的な内容がわからないという方も多いと思います。 そこで今回、 「マイナポイント|予約期間はいつまで?先着順で上限あり!」と題しまして、マイナポイントの予約期間や注意点についてまとめていきます。 Contents• マイナポイントとは? マイナポイントとは、マイナンバーカードを使ったポイント還元制度です。 国から25%分、上限5,000円分のポイントが貰える制度で、還元されるポイントは、各自選択したキャッシュレスサービスのポイントです。 予約期間はいつからいつまで? マイナポイントの予約は2020年7月1日から8月末(予定)です。 予約申込をした対象キャッシュレスサービスは、2020年9月〜2021年3月まで還元を受けることができます。 予約期間が2ヶ月間あり、予約をしてから実際に還元を受けられるまでに期間が開いているので、予約が終わったら9月まで待機です。 利用方法は? マイナポイントの利用にはマイナンバーカードが必要で、マイキーIDの発行が必要になります。 マイナンバーカードは無料で発行できますが即日発行ができるものではない為、申込から交付まで約1ヶ月かかると言われています。 なので、まだマイナンバーカードを持っていなくて今回のマイナポイントに申し込みがしたい!と考えている方は、まずはマイナンバーカードを発行しましょう。 ここで出てくる マイキーIDとは何かというと、マイナンバーカードのICチップ内の利用者証明用電子証明書(利用者が本人であることを証明する証明書)を活用して作成されたIDで、マイナンバーとは別の番号だそうです。 マイナポイント還元では、マイナンバーと特定のユーザーの決済を紐付ける必要がありますが、マイナンバーは公的機関以外は利用できない為、紐付け出来る様にマイキーIDを作成します。 マイキーIDと外部サービスを紐付けることで、マイナンバーと特定ユーザーの決済が連結できる仕組みだと思います。 先着順なの? マイナポイントは先着順とのことですが、具体的にはマイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合に予約を締め切る可能性があるとサイト上に記載がありました。 予算は2000億円超えとも言われており、先着約4000万人ということだそうです。 4000万人となると早期予約終了の可能性はそう高くなく、そこまで急がなくても良いかなという印象を受けました。 予約申し込みの注意点! マイナポイントは1度キャッシュレスサービスを決めてしまうと、以降は変更できません。 また、申し込み可能なサービスは7月1日より順次増えていくそうです。 変更できない点からも、慎重にサービスを選択する必要があります。 まとめ 「マイナポイント|予約期間はいつまで?先着順で上限あり!」と題しまして、マイナポイントの予約期間や注意点についてまとめていきました。 7月1日から予約は開始ですが、先着約4000万人と多くこれからキャッシュレス事業のサービスも増えていく予定なので、個人的にはそこまで予約を焦る必要はないのかなと考えています。 ただ、マイナポイントを利用するためにはマイナンバーカードが必要なので、マイナポイントを予約したいけれどまだ作っていない方は、お早めにマイナンバーカードを作成することをおすすめします。 そう考えると、10万円以上の金額の高いものを買おうと思っている場合、本日6月30日中であればキャッシュレスで購入すれば5%の還元があるので5000円割引になりお得です。 また、還元も9月からと少し間が開いてしまうので、お買い物は6月中にキャッシュレスである程度済ませることをおすすめします。 私も今後マイナポイントを利用したいと思い、先日マイナンバーカードの申し込みをしてきました。 今は発行待ちの状態ですので、その間にどこのキャッシュレスサービスを使用したらお得なのか調べてみたいと思います。 それでは、今回はここまでとさせていただきます。 ここまで読んでくださってありがとうございました!.

次の