天草 ジオパーク。 日本ジオパークネットワーク

日本ジオパーク委員会

天草 ジオパーク

貴重な地質や地形を保全する自然公園「日本」に認定されている熊本県の「天草ジオパーク」(天草市、上天草市、苓北町)について、天草ジオパーク推進協議会(会長=中村五木・天草市長)は来年3月末で認定を返上することを決めた。 全国に44地域ある日本ジオパークの認定返上は初めて。 天草地域は大小約120の島々が点在し、風化や浸食による崖や斜面が現れる「ケスタ地形」が特徴。 国内最大級の恐竜の化石が出土した地域内の「御所浦島」が2009年に日本ジオパークに認定され、14年に2市1町全域に拡大された。 今年1月、4年に1度の再認定審査で日本ジオパーク委員会は「御所浦エリアの活動は活発だが、天草全体では不十分」と指摘。 2年以内の改善を求める「条件付き再認定」とした。 協議会によると、条件付き再認定をきっかけに「解説板の設置などの費用対効果が薄い」との意見が浮上。 今月11日に認定返上を決めたという。 中村市長は「10年間で計1億1千万円を投じたが、交流人口の増加などのメリットがなかった」と説明した。 今後はジオパークの経験を生かしながら、昨年登録された世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」とのタイアップなどで交流人口の増加を図る方針。 日本ジオパークネットワーク(東京)の斉藤清一事務局長は「と比べると地味な活動だが、継続すれば地質保全だけでなく教育や観光にもつながる。 地域で検討された結果は尊重するが残念だ」と話した。 が認定する世界ジオパークがあり、国内版は日本ジオパーク。 地層、地形、火山などの自然を保護し、地域振興に活用する目的。 日本ジオパークには「豊後大野」(大分)、「桜島・錦江湾」(鹿児島)など44地域が認定されている。 このうち「島原半島」(長崎)や「阿蘇」(熊本)など9地域は世界ジオパークにも認定されている。

次の

島原半島ジオパーク

天草 ジオパーク

日本ジオパーク委員会 Japan Geopark Committee (JGC) 日本ジオパーク委員会は、日本における ジオパークの認定機関です。 日本ジオパーク委員会は日本ジオパークの認定と世界ジオパークに申請する国内のジオパークを認定、推薦する機関です。 ジオパークがユネスコの正式事業になったことをうけ、2016年1月25日に、日本におけるユネスコ世界ジオパーク事業の、登録審査業務に関して権限を持つ機関であるナショナル・コミッティとして、日本ユネスコ国内委員会より正式に認証されました。 2020年06月08日 更新 最新情報 2020年06月08日 2020年6月1日に第39回日本ジオパーク委員会が開かれました。 ユネスコ世界ジオパーク国内推薦申請地域(白山手取川ジオパーク)のプレゼンテーションの後、現地審査の可否について審議されました。 プレゼンテーションの内容についてはこちらをご覧ください。 2020年01月21日 昨年(2019年)に実施されたユネスコ世界ジオパーク再認定審査の結果が公開されましたので、お知らせいたします。 洞爺湖有珠山ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 室戸ユネスコ世界ジオパーク(再認定) アポイ岳ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 詳細は、をご覧ください。 2019年12月25日 第38回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審査の結果、恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク、白山手取川ジオパーク、佐渡ジオパーク、三陸ジオパーク、栗駒山麓ジオパークが再認定。 磐梯山ジオパーク、ジオパーク秩父、男鹿半島・大潟ジオパーク、三島村・鬼界カルデラジオパークが条件付再認定。 詳細はをご覧ください。 2019年12月16日 2019年10月03日 第37回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審査の結果、Mine秋吉台ジオパークのユネスコ世界ジオパーク国内推薦見送り。 Mine秋吉台ジオパークが日本ジオパーク再認定。 桜島・錦江湾ジオパーク(エリア拡大)の日本ジオパーク新規認定は保留。 五島列島の日本ジオパーク新規認定は見送りとなりました。 詳細はをご覧ください。 2019年09月24日 2019年06月12日 2019年5月25日に第4回日本ジオパーク委員会調査運営部会が開かれました。 ユネスコ世界ジオパーク国内推薦申請地域(Mine秋吉台)、日本ジオパーク新規認定申請地域(桜島・錦江湾、五島列島の2地域)のプレゼンテーションの後、現地審査の可否について審議されました。 プレゼンテーションの内容については こちらをご覧ください。 2019年02月26日 昨年(2018年)に実施されたユネスコ世界ジオパーク再認定審査の結果が判明しましたので、お知らせいたします。 山陰海岸ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 阿蘇ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 詳細は、をご覧ください。 2019年01月18日 第36回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審査の結果、八峰白神ジオパーク、霧島ジオパーク、南紀熊野ジオパーク、苗場山麓ジオパークが再認定。 立山黒部ジオパーク、天草ジオパークが条件付再認定。 詳細はをご覧ください。 2018年09月20日 第35回日本ジオパーク委員会が開催されました。 ユネスコ世界ジオパーク3地域の国内再認定審査の結果、「洞爺湖有珠山ユネスコ世界ジオパーク」および「室戸ユネスコ世界ジオパーク」が再認定、「アポイ岳ユネスコ世界ジオパーク」が条件付き再認定となりました。 さらに日本ジオパーク新規申請をしていた2地域のうち、「萩」が日本ジオパークとして認定され、「土佐清水」は認定見送りとなりました。 詳細はをご覧ください。 2018年05月19日 第34回日本ジオパーク委員会・第1回JGC調査運営部会合同会議が開催されました。 審議の結果、日本ジオパーク認定申請を行った「土佐清水」と「萩」の2地域の現地審査を行うことになりました。 プレゼンテーションの内容については こちらをご覧ください。 2018年04月17日 2018年02月13日 日本ジオパーク委員会調査運営部会員を公募致します。 詳細については下記の資料をご覧下さい。 2017年12月22日施行 2018年02月02日 昨年夏に実施されたユネスコ世界ジオパーク再認定審査の結果が判明しましたので、お知らせいたします。 洞爺湖有珠山ユネスコ世界ジオパーク(2年間の条件付き再認定) 糸魚川ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 島原半島ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 隠岐ユネスコ世界ジオパーク(再認定) 2017年12月22日 第32回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審議の結果、新たに島根半島・宍道湖中海ジオパーク(申請時は「国引きジオパーク構想」)が新規認定。 下仁田ジオパーク、四国西予ジオパーク、おおいた姫島ジオパーク、おおいた豊後大野ジオパーク、三笠ジオパーク、とかち鹿追ジオパーク、桜島・錦江湾ジオパークが再認定。 佐渡ジオパーク、三陸ジオパークが条件付再認定。 茨城県北ジオパークが認定取り消しとなりました。 詳細はをご覧ください 2017年10月03日 今年度の再認定のための現地審査が始まりました。 12月22日に日本ジオパーク委員会を開催し、再認定の可否について決定し発表する予定です。 2017年09月27日 第31回日本ジオパーク委員会が開催されました。 「山陰海岸ユネスコ世界ジオパーク」および「阿蘇ユネスコ世界ジオパーク」の国内再認定審査の結果、両ジオパークとも条件付き再認定となりました。 さらに日本ジオパーク新規申請をしていた2地域のうち、「国引き」は認定保留、「十勝岳」は認定見送りとなりました。 詳細はをご覧ください。 2017年05月21日 第30回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審議の結果、ユネスコ世界ジオパーク推薦申請を行った立山黒部ジオパークについては、現地審査を見送り推薦しないことを決定しました。 また、日本ジオパーク認定申請を行った4地域の内、「国引き」と「十勝岳」の2地域は現地審査を行うこととしましたが、「土佐清水」と「那須烏山」の2地域は現地審査を見送り認定しないことを決定しました。 プレゼンテーションの内容については こちらをご覧ください。 2016年12月09日 第29回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審議の結果、洞爺湖有珠山、糸魚川、隠岐、南アルプス 中央構造線エリア 、白滝、伊豆大島、銚子、ゆざわが再認定され、島原半島、八峰白神が条件付再認定となりました。 2016年09月09日 第28回日本ジオパーク委員会が開催されました。 審議の結果、領域拡大して新たに申請した箱根と、下北、筑波山地域、浅間山北麓、鳥海山・飛島の5地域が日本ジオパークとして認定され、月山と萩が見送りとなりました。 2016年05月21日 第27回日本ジオパーク委員会が開催されました。 霧島および桜島・錦江湾のユネスコ世界ジオパーク推薦申請審査と箱根、下北、筑波山地域、浅間山北麓、月山、鳥海山・飛島、萩の7地域による日本ジオパーク加盟申請審査のためのプレゼンテーションが行われ、その後、現地審査の要否について審議が行われました。 その結果、ユネスコ世界ジオパーク推薦申請地域を除く7地域に現地審査を行うことが決定しました。 プレゼンテーションの内容については こちらをご覧ください。 2016年04月26日 第26回日本ジオパーク委員会が開催されました。 新委員の紹介および正副委員長の互選を行い、引き続き尾池委員長と中田副委員長が選出されました。 2015年12月14日 2015年12月14日に第25回日本ジオパーク委員会が開かれました。 今回の委員会では、恐竜渓谷ふくい勝山、磐梯山、下仁田、茨城県北、秩父、男鹿半島・大潟の6つのジオパークについて再認定審査が行われました。 審査結果については、 こちら をご覧ください。 2015年09月04日 Mine秋吉台、三島村・鬼界カルデラ、栗駒山麓の3地域が新たに日本ジオパークに認定され、全部で日本ジオパークは39地域になりました。 2015年09月19日 アジア太平洋ジオパークネットワーク(APGN)山陰海岸シンポジウムにおいて、アポイ岳が世界ジオパークに認定されました。 これにより、日本ジオパークのうち8地域が世界ジオパーク(同年11月17日よりユネスコ世界ジオパーク)として認定されています。 2015年09月14日 2015年9月04日に第24回日本ジオパーク委員会が開かれました。 今回の委員会では、世界ジオパーク(GGN)加盟を目指す1地域については推薦の可否が、新規に日本ジオパーク認定を目指す3地域については認定の可否が審査されました。 審査結果については、 こちら をご覧ください。 2015年07月10日 2015年5月23日に第23回日本ジオパーク委員会が開かれました。 今回の委員会では、白山手取川の世界ジオパーク推薦申請審査、Mine秋吉台、栗駒山麓、三島村の3地域の日本ジオパーク加盟申請審査が行われました。 プレゼンテーションの内容については こちら をご覧ください。

次の

天草ジオパーク認定返上が話題 │ 天草どっとこむ

天草 ジオパーク

メールアドレス: ご予約はこちら 電話番号: 0964530611 携帯: 09072910661 中野誠志 メール予約フォームはこちら 夏場は特にほぼ海に潜っていて、電話がなかなかつながらないかもしれません。 その場合はお手数ですがメールにて【 お電話番号を必ず明記の上】、御用件をお問い合わせください。 【スマホ・携帯の方は必ずお読み下さい】 返信は毎晩100%必ず行なっておりますが、携帯メール、それも特にSoftBankの方にはメールが全然届きません。 原因は、【迷惑メールフィルター】と【URLリンク規制】です。 こちらが返信するメールには、よかよかのホームページや現地集合のURLなどが記載されております。 フィルターを「強」にしてあるとURLが2つ記載されているメールは携帯会社に遮断されて絶対に届きません。 フィルター「標準」でも届かない場合があります。 URLリンク規制とは、URLが記載されたメールを受信しなくする設定です。 対処法は、こういった設定をスマホの携帯会社のHPにログインして、解除してから予約メールを送ってください。 でないと絶対にこちらから送ったメールが届きません。 こういった事情がありますので、メールで連絡をする場合は、なるべくパソコンなどのeメールやgmail、yahooメールなどから御連絡下さい。 もし、24時間経っても返事がない場合は、お手数ですが携帯にお電話にてお願いいたします。 電話応対8:30~21:30.

次の