ヘルツ 西日本。 50ヘルツと60ヘルツはなぜ違いがある?地域で周波数が違う不思議とは

50 60ヘルツの違いとは?家電は変換が?引越しの時は注意!影響

ヘルツ 西日本

このページの目次• 50ヘルツと60ヘルツの違いがある日本 日本では50ヘルツと60ヘルツが存在しています。 これは何を指しているのでしょう。 これは家庭電気製品のために使われている周波数の数値です。 この周波数ですが、東日本と西日本では電気の周波数が違っています。 同じ国内なのに周波数に違いがあるのはとても不思議です。 世界でも珍しい事例なのです。 普段はあまり気にしないことかも知れませんが、 この、国内なのに周波数に違いがあるとはどういう状況なのか? それは、旅行などで海外に行くときに変圧器を持って行くことがあると思います。 そのように、国内でありながら電気の使い方が分けられている状態と思われてください。 なぜ2種類の周波数があるのか?その原因は? 日本で2種類の周波数が混在する原因ですが、 東西の電力会社が統一することをしなかったからです。 これは明治時代にさかのぼりますが、 発電を始めた時に、 東日本の電力会社は、ドイツから50ヘルツの発電機を仕入れています。 西日本の電力会社は、アメリカから60ヘルツの発電機を仕入れました。 これ以降、統一が検討されたことも何度かあったのですが、立ち消えになったまま現在に至っています。 この周波数は家庭電気製品に対応していますので、統一する案が出てきたのも当然のことでしょう。 使用する地域が違う場合には使えないものが出てきてしまうのです。 これは昔の話ですが、 電子レンジや洗濯機などの家電製品も東西のどちらか一方でしか使うことが出来ませんでした。 もし引っ越しでもしようものなら買い換えざるを得ない状態でした。 平成23年(2011)の東日本大震災による電力不足の際も、互いに電気を融通することができなかったという事例があります。 周波数の分かれ目となる境界線は? 周波数の境界線ですが、 新潟県の糸魚川と静岡県を流れる富士川を結ぶところになります。 その東側が50ヘルツ、西側が60ヘルツということになるのです。 同じ町の中でも周波数が違うという地域があります。 なお、最近の家電製品は東西両方の周波数で使用可能になってます。 なので、生活面で困ることはありません。 スポンサーリンク ヘルツが変わると影響するものはなに? 電気製品でもヘルツが変わると影響を受けるのは全てではありません。 影響があるものは、• 洗濯機• 衣類乾燥機• 電子レンジ• アナログレコードプレーヤー• 蛍光灯器具 といったくらいです。 この数が、家電製品がたくさんある中で多いと思うか少ないと思うか? これはみなさんご意見があるでしょう。 ただ、それらの製品でも、 「50/60Hz共用」であるとか 「サイクルフリー」・「ヘルツフリー」 と表記のあるものは直接使えるのです。 また、どちらかの周波数でしか使えないものも、変更用の部品と交換すれば使えるものが多いです。 気を付けないといけないのは、 一方の周波数のみ使用可能な電化製品の場合で、その違いを確認せずにうっかり使用しますと故障や機械の不具合といった現象が起きてしまいます。 周波数とは 1秒間に繰り返す振動(波型)の数のことです。 電気にはもともと 「直流」(ちょくりゅう)と「交流」(こうりゅう) の2種類があります。 今回ここで話題にしていますのは、広く家庭電気製品に使われている 交流のお話です。 交流の電気は、先程の振動が規則正しく大きくなったり小さくなったりしています。 この様子はまさに波のようです。 ちなみに、あらゆるものから周波数は出ています。 この世の物質全てからそれが出ているのです。 身近なものですと、音と呼ばれるものは周波数の中でも人間に聞き取れる部分になります。 また、ラジオのチャンネルを合わせるのは受信できるように周波数を合わせることです。 空間に流れている目に見えない振動をキャッチする行為ですね。 まとめとして 最近では、周波数が違っていても対応可能のものが増えています。 しかし、周波数が違う所に行くのであれば、事前のチェックをお勧めします。 さて、周波数の単位ですが、 ドイツの物理学者であるハインリヒ・ルドルフ・ヘルツ(Heinrich Rudolf Hertz)の名前から、単位にヘルツ(Hz)が用いられています。

次の

【楽天市場】★全品P5倍 6/30 20時〜4H限定★ 電子レンジ 18L フラットタイプ ヘルツフリー 東日本 西日本 フラット電子レンジ 簡単操作 新生活 一人暮らし ひとり暮らし キッチン家電 Abitelax(アビテラックス) ARF206

ヘルツ 西日本

「50ヘルツ」とか 「60ヘルツ」といった言葉を聞いた事のある方は多いと思います。 ですが、その意味や、どうして2種類があるのかについてはよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。 今回の記事では、日本の東西で分かれる電気の50ヘルツと60ヘルツについて、見ていってみることにします。 <スポンサーリンク> そもそも周波数(ヘルツ)とは? なにはともあれ、まずは「ヘルツ」という言葉の意味について簡単に触れておきます。 私たちの使っている電気には、AC(交流)とDC(直流)の2種類があります。 このうちヘルツが関係してくるのはAC(交流)の方になります。 AC(交流)は、広く家庭用のコンセントに送電されてきている電気です。 そして電流の向きと大きさが、周期的に変化するという特徴があります。 AC(交流)はプラスとマイナスの向きが周期的に入れ替わっているのですが、 その 1秒間に入れ替わる回数を、周波数(ヘルツ)といいます つまり50ヘルツであれば1秒間に50回、60ヘルツであれば60回、 電気の向きが入れ替わっているということになります。 電気のAC(交流)とDC(直流)の違いについては、以下の記事もご参照ください。 2018-12-27 22:09 50ヘルツと60ヘルツ 同じ国内にもかかわらず、日本の電気の周波数は、東と西で異なっています。 同じ国内でも周波数に違いがあるのは世界的に見ても珍しいことです。 どうして周波数が2つ存在しているのか?その理由 それではどうして50ヘルツと60ヘルツという2つの周波数が存在することになってしまったのでしょうか? これは東西の電力会社が、それぞれ独自の周波数のまま電気を作り続けてきたからです。 話は明治時代にさかのぼります。 それまでろうそくや油を燃やして灯りを点けていた日本も、近代化の波に乗り、電気を使うようになります。 ただし、当時の日本は、まだ自前で発電機を製造できるだけの技術力を持っていませんでした。 そこで、発電機に関しては海外から輸入する他なかったのですが、その輸入元が分かれていた事に原因があったのです。 東京の電力会社はドイツから発電機を輸入しましたが、この発電機は50ヘルツの電気を発電するものでした。 それに対して、 大阪の電力会社はアメリカから発電機を輸入しましたが、こちらの発電機は60ヘルツの電気を発電するものだったのです。 かくして日本は、同じ国に50ヘルツと60ヘルツという異なる周波数帯が併存することになったのです。 一応、周波数の統一という話は何度かあったようですが、統一には莫大なコストと時間がかかることから、現在まで統一はなされていません。 周波数が入れ替わる境界はどこ 東京の電力会社がドイツから、大阪の電力会社がアメリカから発電機を輸入しました。 そして、そのまま異なる2つの周波数で電気を発電するようになったために、日本では50ヘルツの地域と60ヘルツの地域が併存することになりました。 では、その50ヘルツと60ヘルツの境界線は日本のどの辺りに存在するのでしょう。 この2つの境界は、静岡県の富士川と新潟県の糸魚川を結ぶところになります。 その東側が50ヘルツで西側が60ヘルツということになるわけです。 ただし境界線の近くでは、50ヘルツと60ヘルツが混在している地域もあります。 周波数が変わると電化製品に影響する? 周波数が違うことで気になるのは、そのまま電化製品が使えるかどうかですよね。 まずは、電化製品をよく見てみましょう、そこには対応周波数が書かれているはずです。 50Hzと60Hzの両方が書かれていれば、その製品は日本のどこでも使うことができます。 しかし50Hzか60Hzが片方しか書かれていなかった場合は注意が必要です。 一部の電化製品は、異なる周波数帯で使えないものがあります。 また、仮に使えた場合でも、製品のパワーが落ちたり、消費電力が変わってしまったりする場合があります。 違う周波数帯の地域に引っ越しや旅行に行く際には、持っていく電化製品の対応周波数の確認が必須ですね。 <スポンサーリンク> 50ヘルツと60ヘルツ両方の区間にまたがる新幹線はどうしている? 電車の中にはDC(直流)を使用するものもありますが、新幹線はAC(交流)を使用しています。 それでは、50ヘルツと60ヘルツの区間をまたがって運行する新幹線は、どのようにしているのでしょう。 具体的には 「東海道新幹線」と 「北陸新幹線」の2つが問題になります。 東海道新幹線 東海道新幹線の区間は、静岡県の富士川を境にして周波数が変わっています。 しかしながら東海道新幹線では、50ヘルツの電気を60ヘルツに変換し、全て60ヘルツの周波数の電気を車両に供給するようにしています。 つまり東海道新幹線の車両は、全て60Hzの周波数に対応したものになっているのです。 もともと東海道新幹線が運行された当時は、車両を50Hzと60Hz両方に対応したものにするのが困難だったのです。 そこで、変電所で50Hzの電気を60Hzに変換し、全区間を60Hzに統一することにしたというわけです。 北陸新幹線 北陸新幹線は、50ヘルツと60ヘルツの境界線に近い箇所を走っていきます。 そのため北陸新幹線は東京と金沢の間で、実に3回も周波数が切り替わります。 とはいえ、北陸新幹線が開発されたのは東海道新幹線と時代が違います。 北陸新幹線は50Hzと60Hz、どちらの周波数の電気でも運行可能になっているのです。 今回は日本の東西で電気の周波数が異なる点について見てきました。 今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

西日本と東日本のヘルツ(Hz)が違うのはなぜですか?

ヘルツ 西日本

「50ヘルツ」とか 「60ヘルツ」といった言葉を聞いた事のある方は多いと思います。 ですが、その意味や、どうして2種類があるのかについてはよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。 今回の記事では、日本の東西で分かれる電気の50ヘルツと60ヘルツについて、見ていってみることにします。 <スポンサーリンク> そもそも周波数(ヘルツ)とは? なにはともあれ、まずは「ヘルツ」という言葉の意味について簡単に触れておきます。 私たちの使っている電気には、AC(交流)とDC(直流)の2種類があります。 このうちヘルツが関係してくるのはAC(交流)の方になります。 AC(交流)は、広く家庭用のコンセントに送電されてきている電気です。 そして電流の向きと大きさが、周期的に変化するという特徴があります。 AC(交流)はプラスとマイナスの向きが周期的に入れ替わっているのですが、 その 1秒間に入れ替わる回数を、周波数(ヘルツ)といいます つまり50ヘルツであれば1秒間に50回、60ヘルツであれば60回、 電気の向きが入れ替わっているということになります。 電気のAC(交流)とDC(直流)の違いについては、以下の記事もご参照ください。 2018-12-27 22:09 50ヘルツと60ヘルツ 同じ国内にもかかわらず、日本の電気の周波数は、東と西で異なっています。 同じ国内でも周波数に違いがあるのは世界的に見ても珍しいことです。 どうして周波数が2つ存在しているのか?その理由 それではどうして50ヘルツと60ヘルツという2つの周波数が存在することになってしまったのでしょうか? これは東西の電力会社が、それぞれ独自の周波数のまま電気を作り続けてきたからです。 話は明治時代にさかのぼります。 それまでろうそくや油を燃やして灯りを点けていた日本も、近代化の波に乗り、電気を使うようになります。 ただし、当時の日本は、まだ自前で発電機を製造できるだけの技術力を持っていませんでした。 そこで、発電機に関しては海外から輸入する他なかったのですが、その輸入元が分かれていた事に原因があったのです。 東京の電力会社はドイツから発電機を輸入しましたが、この発電機は50ヘルツの電気を発電するものでした。 それに対して、 大阪の電力会社はアメリカから発電機を輸入しましたが、こちらの発電機は60ヘルツの電気を発電するものだったのです。 かくして日本は、同じ国に50ヘルツと60ヘルツという異なる周波数帯が併存することになったのです。 一応、周波数の統一という話は何度かあったようですが、統一には莫大なコストと時間がかかることから、現在まで統一はなされていません。 周波数が入れ替わる境界はどこ 東京の電力会社がドイツから、大阪の電力会社がアメリカから発電機を輸入しました。 そして、そのまま異なる2つの周波数で電気を発電するようになったために、日本では50ヘルツの地域と60ヘルツの地域が併存することになりました。 では、その50ヘルツと60ヘルツの境界線は日本のどの辺りに存在するのでしょう。 この2つの境界は、静岡県の富士川と新潟県の糸魚川を結ぶところになります。 その東側が50ヘルツで西側が60ヘルツということになるわけです。 ただし境界線の近くでは、50ヘルツと60ヘルツが混在している地域もあります。 周波数が変わると電化製品に影響する? 周波数が違うことで気になるのは、そのまま電化製品が使えるかどうかですよね。 まずは、電化製品をよく見てみましょう、そこには対応周波数が書かれているはずです。 50Hzと60Hzの両方が書かれていれば、その製品は日本のどこでも使うことができます。 しかし50Hzか60Hzが片方しか書かれていなかった場合は注意が必要です。 一部の電化製品は、異なる周波数帯で使えないものがあります。 また、仮に使えた場合でも、製品のパワーが落ちたり、消費電力が変わってしまったりする場合があります。 違う周波数帯の地域に引っ越しや旅行に行く際には、持っていく電化製品の対応周波数の確認が必須ですね。 <スポンサーリンク> 50ヘルツと60ヘルツ両方の区間にまたがる新幹線はどうしている? 電車の中にはDC(直流)を使用するものもありますが、新幹線はAC(交流)を使用しています。 それでは、50ヘルツと60ヘルツの区間をまたがって運行する新幹線は、どのようにしているのでしょう。 具体的には 「東海道新幹線」と 「北陸新幹線」の2つが問題になります。 東海道新幹線 東海道新幹線の区間は、静岡県の富士川を境にして周波数が変わっています。 しかしながら東海道新幹線では、50ヘルツの電気を60ヘルツに変換し、全て60ヘルツの周波数の電気を車両に供給するようにしています。 つまり東海道新幹線の車両は、全て60Hzの周波数に対応したものになっているのです。 もともと東海道新幹線が運行された当時は、車両を50Hzと60Hz両方に対応したものにするのが困難だったのです。 そこで、変電所で50Hzの電気を60Hzに変換し、全区間を60Hzに統一することにしたというわけです。 北陸新幹線 北陸新幹線は、50ヘルツと60ヘルツの境界線に近い箇所を走っていきます。 そのため北陸新幹線は東京と金沢の間で、実に3回も周波数が切り替わります。 とはいえ、北陸新幹線が開発されたのは東海道新幹線と時代が違います。 北陸新幹線は50Hzと60Hz、どちらの周波数の電気でも運行可能になっているのです。 今回は日本の東西で電気の周波数が異なる点について見てきました。 今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の