霊 装 シャ スティ フォル。 【テイルズ】ゼスティリアの装備品の元ネタを調べてみた【確証は無い】

【動画】七つの大罪考察 キングの霊槍シャスティフォルの知られざる形態がすごい

霊 装 シャ スティ フォル

概要 [ ] の名門アニムスフィア家の当主であり、の所長を務める女性。 略歴 元々はマスター候補の一人とされていたが、3年前に父親が没したことでカルデア所長の任を引き継ぎ、その重責を背負うこととなった。 カルデアを襲った謎の爆発の後、主人公やマシュとは別に冬木へのレイシフトに巻き込まれており、襲われていたところを助けられる形で合流。 現地で指揮を取ってファーストオーダーを実行することとなる。 順調に事は進むものの、セイバーオルタを倒した直後にレフと遭遇。 不穏な気配を漂わせているのにも気づかず彼に縋り付くが、彼が今回の事件を引き起こした張本人であること、爆弾は彼女の足元に仕掛けられていたため肉体的にはとっくに死亡しているという事実を突きつけられる。 そのことを受け入れられずにいる彼女に追い打ちをかけるように、レフによって現在カルデアがどうなっているかを見せられるが、そこには冬木での戦いの結果起こった未来予測の変化…一点の曇りもなく赤色に染まったカルデアスが映し出されていた。 「今回もまた、君のいたらなさが悲劇を呼び起こした」となじるレフに対して現実逃避を始めるも、彼によって時空を超えてカルデアスそのものの内部に放り込まれる。 ブラックホールや太陽にも例えられるソレに分子レベルまで分解され、最後まで誰にも認めてもらえなかったという無念を叫びながら、跡形もなく消滅してしまった。 もとより精神エネルギーのみで存在していた彼女にとって、カルデアへの帰還はそのまま死を意味するものではあったが… 人物 一言で言えばヘタレ。 気高く高慢に振る舞っているが怪物に出くわせば悲鳴を上げ、内心は誰かに頼りたがっている。 その為か、信頼するレフには実務的にも精神的にもかなり依存し、裏切られると何もできずにうろたえている。 紅茶より珈琲派。 また、過去の経験からか「自分は認めてもらえない」という劣等感を強く抱いている。 このような人間性になったのは、父であるマリスビリーの死と裏で非人道的な行いに手を染めていたことがきっかけであり、ショックで一ヶ月ほど拒食症に陥り、ヒステリーも普段の三割増しだった。 ノイローゼ一歩手前の状態で所長の仕事を引き継ぎ、英霊融合の唯一の成功例であるマシュに報復を受けると思い込み、その上に異常の発生、さらにはマスター適性を持たないというスキャンダルが発覚したりと悪いことが重なりまくり、本編開始時にはすっかり追い詰められている。 ロマニどころか会って間もない主人公にすら「落ち着いていれば頼りになる」と評される。 悪い意味でもその通りだが、実際落ち着いていられるような場面ではちゃんとしている。 また、怖がっていながらもマシュから目を背けず、外に対して真面目であり、どんなに嫌でも間違ったことはできない性分である。 能力 魔術回路は当然持っており、曰く「量も質も一流」らしいが、前述の通り何故かマスター適性はない。 そのため本来はレイシフトを行えないのだが、奇しくも死亡して肉体を失ったことで成功してしまった。 サーヴァントはともかくその他の怪物相手でも常に逃げ腰だが、キャスターからは「アンタなら 魔物に 狙われても自力で何とかできるだろ」と評されており、実際ドラマCD版ではマシュや達と共にシャドウ・アーチャーと交戦した際には単身の魔術によってシャドウ・アーチャーを追い詰めている。 11歳。 略歴 『case. 魔眼蒐集列車』で登場。 アニメ版では、マリスビリーが冬木の大聖杯が使い物にならないことを知ったのと同時に、オルガマリーは捨てられたとトリシャが語る場面が追加されている。 人物 「言動は気高く高慢、突発的事態には狼狽する」と『Grand Order』の源流となる部分は既にこの頃には完成されていたようである。 能力 魔力を高密度に凝集させた魔弾を放っている。 の素人目で判断してもライネスのそれを上回っており、次期君主としての片鱗を感じさせる威力を持つ。 『case. 魔眼蒐集列車』のクライマックスでは長い詠唱からの隕石群落下による広域攻撃という大魔術を披露した。 登場作品と役柄 [ ] 月姫 [ ] 霊体化して未来のカルデアに迷い込んだシオンと遭遇。 何故か唯一シオンのことを視認できるため、コンタクトを試みる。 『Grand Order』の頃より幼い姿の彼女が登場。 理由は不明だが「未来は変わらない」とシオンに訴えかけている。 Fateシリーズ [ ] 『case. 魔眼蒐集列車』にて11歳の姿で登場。 プロローグから登場し、序章で死亡。 オープニングでもちらっと出るが、流れる頃にはもういない。 メインキャラ。 FGOのシステムの解説を頑張って行おうとするが、からの扱いは非常に悪い。 時間軸が序章に固定されているので問題なく出演し続けることができていたのだが、終盤で何の前触れもなく第一特異点に進んでしまいあえなく死亡……と思いきや第2期にあたる『もっと~』で主人公にカルデアスからサルベージされて復活。 今度は18禁スレスレな言動の対象になっていった。 また、徐々にFGOにハマりこんで廃人になりつつある……。 その他 [ ] 高等部所属。 制服姿を恥ずかしがっているが、実年齢を考えるとそこまで壊滅的なわけでもない。 ……だったのだが、計画を無茶苦茶にされた上に2回殺されるという完膚なきまでの裏切りに遭う。 彼からは主に「オルガ」と呼ばれる。 ド素人な上に早速遅刻する問題児、にも関わらず自分と世界の運命を託す羽目になる。 何かにつけてこき下ろし、あちらからは何かにつけて弄られる。 後にレフを「所長の仇」と言ったり、少なくともあちらは悪く思ってはいない模様。 長い人理修復の旅を終えた後でも「助けられなかった人」として悔いており、を「見捨てる訳にはいかなくなった」と助けている。 漫画版「turas realta」では、冬木で共闘したことから、生涯で初めて「純粋に自分の事を認めてくれる相手」となったことが明確に描写されている。 本人曰く「悪党ではないが悪人」などとのことで、性格が悪いと評している。 勤続がそれなりに長いので見知った仲。 父親が行っていた非人道的な実験から一時期、オルガマリー本人は復讐されると思い込んでおり、「わたしマシュに殺されるの! トイレとかで惨く殺されるの! 当然だわ!」という悲鳴が口癖になっていたほど。 事情やその性格についてよく理解しており、気を遣われている。 しかし「悪人」については同意らしい。 彼からは主に「マリー(所長)」と呼ばれる。 前のカルデア所長であり、尊敬していた父。 それは逆を返せば、聖杯が彼の目的に沿うものであればオルガマリーにも(彼にとっての)価値がある、ということになるのだが。 次のカルデア所長。 と言っても面識も劇中での関係も全くないのだが、カルデア陥落に際して叫んだ言葉が偶然にもオルガマリーの遺した最後の叫びとそっくりであったため、彼は主人公たちによって見捨てられずに助けられる事になる。 そのことが象徴するように、数奇なことによく似た気質の持ち主である。 消滅した理由は忘れてた(スキップした)が。 そして『もっと』では第1話から半泣きで「所長の事が忘れられない」と消滅した事を嘆かれ、再会した際にも半泣きで「また会えて嬉しい」と喜んでいた。 回想のオルガマリーの姿はうろ覚えのシルエットだったが。 その後も登場し続けているが、の おしおきセクハラをよくうけている。 主人公が聖杯の泥とうどん粉で作ったサーヴァントの幼生3つのうち、オルガマリーが育成を担当したサーヴァント。 主人公とは打ち解ける一方でオルガマリーにはいきなり銃を突きつけるなど良い関係とは言い難いが、オルガマリーがマスターではあるらしく、オルガマリーの手に令呪が宿っている。 この令呪は令呪行使の直前のコマで赤ペンで自ら書き入れた適当なもので、紋様も「^o^」だが、命じられたアサシンはちゃんとしたがっている。 なお、オルガマリーは繰り返し記述されているようにマスター適性だけが欠落していてマスターになれない人間だったはずなので、この事についてはギャグマンガ補正の都合なのか、サーヴァントの誕生に聖杯(の泥)が関わっているからなのか、一度カルデアスに取り込まれてからサルベージされて変わったのかは不明。 登場後も振り回される事が多いが、「母親属性に弱い」ということを理解してからはある程度コントロールできるようになった模様。 主人公が聖杯の泥とうどん粉で作ったサーヴァントの幼生3つのうち、マシュが育成を担当したサーヴァント。 当初はマシュと行動していたが、『ますます』に入ってカルデア乗っ取りに失敗して制裁を受けていたところを助けてから懐かれている。 MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア [ ] カルデアに迷い込んだ謎の霊体。 未来のオルガマリーに危険が迫っている可能性を指摘されるが……。 ある程度「人の上に立つ自分」を演出しなければいけない同性の同世代同士ということで、普段は見せない砕けた面を見せる数少ない相手。 「努力して認められましたという感じ」「苦境にあっても立ち上がろうとする感じ」を自分と引比べてしまう為毛嫌いしていたが、彼に「オルガマリー」を認められたためにトリシャの敵討ちのためもあって事件解決に協力した。 魔眼蒐集列車に連れてきた自らの従者。 アニムスフィアの最有力分家であるフェローズ家の出であり、虚数属性と未来視の魔眼を持つ。 オルガマリーの家庭教師も務めていたようで、かなり厳しく躾けていた模様。 それでもマリスビリーから半ば見捨てられていた彼女にとってはかなり思い入れがあったようで、殺害された際には酷く取り乱し、立ち直るにはそれなりの時間を要した。 魔眼蒐集列車事件の後、交流を持つ。 ともに貴族主義派の君主の次期後継者であり、かつ年頃の近い少女であることからそれとなく意気投合した様子。 父親の名代として臨む冠位決議で、同じ貴族主義派に属する代表者として行動を共にすることとなった降霊科の君主。 貴族主義派の重鎮であり、歴史ある家門の実力者であることについては畏怖を覚えはするものの、魔術師世界の旧弊を凝り固めたような 為人 ひととなりに対しては微妙なついて行けなさを感じつつある。 マシュ「このポイントです、所長。 レイポイントは所長の足下だと報告します。 」 オルガマリー「うぇ!? あ……そ、そうね、そうみたい。 わかってる、わかってたわよ、そんなコトは!」 合流してすぐ、ベースキャンプの作成地点を決める際の会話。 早くも威厳ゼロ。 「バカ言わないで! 死んでさえいなければ後でいくらでも弁明できるからに決まってるでしょう!?」 「だいたい47人分の命なんて、私に背負えるハズがないじゃない……!」 「死なないでよ、たのむから……! ……ああもう、こんな時レフがいてくれたら……!」 が、犯罪行為である、本人の許諾なく凍結保存を行う事を即座に英断した事について、所長として責任を負う事より、人命を優先したと褒めた時の台詞。 彼女が所長としてまだ未熟である事が伺える。 「………ふん。 SOSを送ったところで、誰も助けてくれないクセに。 」 最期の台詞にも繋がる、彼女の内に秘められた感情が窺える呟き。 彼女の本心をこれ以上なく明確に示している。 第二部序章ではが敵に襲われている際の絶叫を耳にした主人公とマシュは彼女の無念を思い出し……。 「スターズ・コスモス・ゴッズ・アニムス・ホロウ・ヴォイド・アニマ・アニムスフィア」 『First Order』でルーンを刻む際の魔術の詠唱。 『ロード・エルメロイ二世の事件簿』での詠唱とは一部異なっている。 ロード・エルメロイ二世の事件簿 [ ] 「ここまでの検討がおおよそ間違いじゃないんだったら、あなたが魔眼蒐集列車に来たのは、あくまで聖杯戦争のための戦力補填じゃないの? 時計塔枠ででないならこっそりフリーで出るしかないし、だったら先代のロード・エルメロイみたいに堂々と魔術礼装を持ち込むわけにはいかないでしょう。 ええ、呆れたことにケイネス・エルメロイ・アーチボルトってば、当時のエルメロイの貴重な礼装を湯水のように注ぎ込んだんでしょう? 鉱石科 キシュアにふさわしい数多の宝石・鉱石はもちろんのこと、 降霊科 ユリフィスでも迂闊には手をつけぬような悪霊・魍魎の類、あげく君主専用に調整された魔力炉まで三基運搬していたとか。 それがビルごと爆破されたとかいうんだから、聞いただけでぞっとするわ。 それにしても、こう第三者の口から客観的に語られると、ケイネスの気の毒なくらいのやる気満々さと、それを一瞬で灰燼に帰した切嗣のひどさが非常によくわかる。 『星の形。 宙 ソラの形。 神の形。 我の形。 天体は空洞なり。 空洞は虚空なり。 虚空には神ありき』 「スターズ。 コスモス。 ゴッズ。 アニムス。 アントルム。 アンバース。 アニマ、アニムスフィア———!』 『case. 魔眼蒐集列車』の終盤、押し寄せる 腑海林 アインナッシュの仔に迎撃するために発動した大魔術の詠唱。 夜空の星より何十もの光の槍を降り落とす「星光の魔弾」は、絶大な威力を発揮した。 「お父様は、一度聖杯戦争に期待して、諦めた。 それは本当だと思う。 もしもあの聖杯戦争が期待通りの代物だったら、まるで違う結果になっていたのかもしれないけど……それは私の知らない時間で、私の知らない世界ね」 魔眼蒐集列車で起きた事件の後処理中のライネスに、自分の持っている情報を素直に開示しての台詞。 ライネスには「案外詩人だな」と評された。 マリスビリーは聖杯に頼る手段を諦め、オルガマリーはずっと側にいた人物が自分の力を信頼していてくれたことを知り、友人といえる存在も得た。 彼女がこれから辿る運命は、「 彼女の知らない時間と世界 Grand Order」とは全く異なるものとなるのだろう。 そんな余裕があるならメインシナリオの続きをはやく解放しなさいよ」 「どうせ限定カードがもらえたりするだけでしょ! どこにでもあるありきたりなイベントに決まってるわ!」 「うるさいわ!! あんたたちだけでイベントでも何でも楽しくやってればいいじゃない!! バーカバーカ!!」 無印13話にて。 終始解説役として頑張ってきたが、ここにきて説明拒否。 イベントは外伝的エピソードではあるが一応本編と繋がっている扱いなので、(先に本編で何らかの音沙汰がない限り)出番は全く期待できないのである…… 「ここでの生活にもだいぶ慣れてきたわ。 これからは身分にとらわれず自由に生きていこう」 『もっと』第1話にて。 カルデアスに放り込まれたオルガマリーであったが、 なぜかカルデアスの中には街があり、彼女はその中で元気にやっていた。 既に突っ込みどころがあるがカルデアにいた頃と違い、FGOのキャンペーンガールをやるなど自由に生きていた彼女であるが、この直後に力技でサルベージされる。 「ま 待って!! せめて電気消して!!」 『もっと』第1話にて、救出早々に下着姿となり魔力回路の移植を求めるに対して狼狽する。 電気を消せば女同士でもOKとも捉えることもできうる、若干危ないコメント。 「私からは無間の歯車と私の貞操を」 『もっと』第4話にて、女主人公に対してバスタオル一枚で微笑みながらさらっととんでもないことを言う所長。 …結局、夢オチであったが。 「それにしてもFGOはおもしろいわ」 「本当に心の底からそう思っているわ」 『もっと』第9話にて、1人で唐突にFGOへの感想を呟く。 とてもいいことを言っているし、 風呂に浸かりながらリラックスした状態でFGOをやりながらの発言なので他意はないはずだが、重ねてまで強調する意図は不明。 「かしこいでしょう? そこまでするか普通……って思ってるならはっきり言っていいのよ?」 『もっと』第12話にて、AP全回復の5分前にアラームを設定していることが判明。 ほんの数秒でもAP回復時間を無駄にしないための かしこい行動だが、それを聞いたマシュの微妙そうな顔を見て、笑顔のまま詰め寄るシーン。 「APがまだ残ってるでしょ、使いきらないで寝たらもったいないじゃない」 「あっ! しかもこれ! 経験値がギリギリまで!! もう1回バトルしたらレベル上がるじゃない!」 「上がったらAPが全回復するじゃない!」 「この状態で寝るなんて犯罪だわ! 貸しなさい私がバトルしといてあげるから!」 続く『もっと』第12話にて、APが残ったままプレイをやめて寝ようとしているマシュに対して。 凄まじい効率重視っぷりである だがマシュには拒否され、主人公にはそのFGO満喫っぷりを「ある意味うらやましい」と評された。 「私はいったい誰と戦っているの……?」 『ますます』第29話より。 押しかけサーヴァントのマンガで分かるライダーがリヨぐだ子打倒のための戦力を集めている一方、当のリヨぐだ子はマンガで分かるアサシンの宝具ですでに自分の下僕になっているという カオス極まりない状況に思わず漏れた一言。 「わ、わ、私の黒光り極太なすびちゃん。 トロトロでびちょびちょの煮びたしにして今夜のおかずに残さず頂いてあげるから」 『ますます』第31話より。 マンガで分かるライダーのスキル・SFXの特殊メイクによって主人公に変装したオルガマリー。 なおライダーは「アドリブで主人公に成りすまして」と言っただけで下ネタを言えなどとは言っていない。 なお、言われたマシュには効果覿面で顔真っ赤にして鼻血まで出しており、マンガで分かるライダーからは 「本物以上に卑猥でした」と褒め称えられている。 「ママの言うことがきけないの!?」 「…………あなたには失望したわ。 あなたにはもうなにも期待しないから」 『ますます』第93話より。 入手した情報を明かそうとしない自分のサーヴァントに対して。 最初の言葉では折れなかったが、二言目で「今回だけは教えてもいい」と妥協してくれた。 オルガマリー的には「自分の親に言われたくない言葉」の筆頭であると思われるが、大丈夫なのだろうか。 MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア [ ] 「たとえそうだったとしてもわたしは立ち止まるわけにはいかない 未来はわたしの肩にかかっているから 前に進むのをやめたらそこで終わりですもの」 とコンタクトを取った結果、未来に身の危険が迫っている可能性を指摘されて。 「私たちは間違いなく大きな偉業を成し遂げようとしている でも同時にどこかで何か致命的な見落としをしている気がする これは未来を保証するための仕事だけどそれは誰に対する保証なのかって ……未来を取り戻すと言うけれど 私たちはいったいどんな未来を 善 よいと思うのか ……私たちは のでしょう そう考えると何だかこわくて休めなくなって でも思ったんです 確かに未来を大きく変えるには大きな力 大きな才能が必要でしょう でも……未来を 善 よものに変えるのは何かもっと… ほんのちょっとしたどこにでもある 一般的なコトじゃなかったのかなって」 未来を変えることは可能か?とに問いを投げかけたあとの独白。 けれど、彼女は疑問や違和感に気づいた。 メモ [ ]• 彼女の家であるアニムスフィア家は時計塔の天体科を司るロードの一家である。 父を亡くしてアニムスフィア家の当主を継いでいるが、彼女が天体科学部長の地位に就いているかは作中では言及されていない。 3年前には学生だったらしいので、年齢は20歳前後と思われる。 2004年頃とされる『事件簿』で11歳なので、そこから逆算すると2015年では22歳くらい。 ぐだぐだオーダーに登場した際には「型月の名門だからたぶんヒドイ目にあいます」とコメントされている。 「個人的な印象なので信じないでほしい」ともコメントされていたが、結局事実になってしまった……• それでも、一度は原作同様消滅したもののオルガマリーの消滅を悲しんだ主人公の手で救出・復活を遂げているので、 現状間違いなくオルガマリーが一番幸せな世界だったりするが…• 奈須氏曰く「僕の考えた最愛のお嬢様キャラ」。 また、のリベンジをしたかったともインタビューで述べている。 ドラマCDにおける担当声優がソラウと同じなのもそれを意識したものか。 …そしてこんな扱いなのも。 曰く「今度こそ幸せにしてやろうと思っていたら、あんなことに……」だそうで。 なんでさ。 なお、アニメ版では米澤円氏に変更となったが、これは2016年9月末から豊口めぐみ氏が産休による休業期間に入ったための代役と思われる。 魔術回路について上記の通りキャスターからも太鼓判を押されるほどの物でありながら適性がない事を「何かの呪い」とさえ言われており、この事には他にも理由があるのでは?と推測するプレイヤーもいる。 また、その最期も印象的かつある意味仰々しいものであったことと、レフの「 生きたまま無限の死を味わいたまえ」という発言から、今後また何らかの形で再登場するのではないかと考えるプレイヤーも少なくない。 2016年を以てFGOメインシナリオ第一部は完結したが、所長については結局何も触れられず終わった。 それどころかロマニまで別の経緯で旅立ってしまった為、カルデアがより一層寂しくなる事態に。 大筋でひとまずはハッピーエンドであるのだが、ユーザーは地味に嘆いている。 そもそも、第一部シナリオ内において主人公を初めとするカルデアスタッフが彼女について触れる事がほとんどなく、月見イベントでの言動も「既に居なくなった過去の人」扱いである。 ダ・ヴィンチちゃんに至っては、自身の幕間の物語ではロマニの死を強く悼んでいるもののオルガマリーについては何一つ触れず、バレンタインイベントのお返しで貰える礼装テキストでは、「四人でバステニャンX号に乗って聖地の荒野を走る事を夢見ていたのかもしれない」とある。 つまり、第六章時点では既に死んでいるとはいえ、 オルガマリーの事は最初から勘定に入っていない。 とはいえ前述の通り、主人公やマシュにとっては未だに忘れ難き存在になっているようであり、第二部では序章から微かながら触れられ、部分的な描写からも良くも悪くもどう転がるかわからない状態が続いている。 一方で名実ともに彼女の後釜となる新所長が登場したことでポジション的にはなおさら危ぶまれる。 『MELTY BLOOD 路地裏ナイトメア』にて 月姫世界では2016年を待たずして既に死亡していることが判明した。 話題まとめ [ ] 新規オルガマリー所長ファン歓迎会 昨今、FGOユーザーの間で流行っているのが 「FGOを始めて序盤でオルガマリーに可愛い、好きになれそうとツイッター等で感想を漏らした新規ユーザーに対しその後の展開でどのような感想を漏らすかを誰もネタバレをせず淡々と見守る」というムーブメント。 始めた当人からすれば異様に人が自分の周囲に集まってくるのが一見「それだけ(このゲームやオルガマリーというキャラクターが)人気なんだな」とごまかせるため、ユーザー間ではその都度歪んだ楽しみが開催されている。 かお前ら。 商品情報 [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

武器索引

霊 装 シャ スティ フォル

概要 [ ] の内弟子。 フードを目深に被った色のないモノクロな風貌の少女。 略歴 ウェールズにある霊園「ブラックモアの墓地」の出身。 第五次聖杯戦争参加時の協力者として対霊の専門家を求めて村を訪れたと出会う。 その後、故郷でのとある奇妙な事件を経て彼の門下生となり、ロンドンの時計塔に入学した。 「双貌塔イゼルマ」ではライネスの護衛としてイゼルマの社交会に同行する。 「冠位決議」ではエルメロイ教室の仲間と冠位決議の準備を進めながら、II世とともにハートレスを追う。 人物 の内弟子で、身の周りの世話などを担当している。 一人称は「拙 せつ 」。 「剥離城アドラ」の時点で年齢は15歳ほど。 時計塔の学生だが、厳密には魔術師ではなく、魔術関係の知識にはあまり詳しくない。 性格は引っ込み思案で寡黙。 自分に自信がなく、やや自虐的なところがある。 周囲に人がほとんどいない環境で十数年間育ってきており、人の多い場所が苦手。 同時に大切に思う者が増えた影響で感情的になる事が多くなり、涙もろくなった。 常に目深に被ったフードで顔を隠しているが、フード下の素顔はがで対峙した英霊に瓜二つ。 その正体はアーサー王の再来を渇望する一族が作り上げたアーサー王の肉体。 縁の村に続くその一族は聖槍ロンゴミニアドを扱える人物を作り出すため、その使い手を模倣する試みを積み上げてきた。 グレイもその試みである程度使い手に似てはいたものの、子供の頃はあくまで似ている程度だったらしい。 しかし、本編の10年前、第四次聖杯戦争の時期を境に突如アーサー王そのものの容貌へと変貌してしまい、一定の適合率を獲得した結果アッドとの会話も可能になったという。 その影響で、元となった英霊に身体を乗っ取られるかのような思いに駆られ、鏡を見ることに対し恐怖感を覚えるようになってしまっている。 また、自分が別人へと変わっていく恐怖と同時に、母親を始めとする周囲の人々の自分を崇めるような態度に居心地の悪さを感じていた。 それに伴って銀の髪が一部金髪に変質し、身体の内面が組み変わって今までは聖槍解放時限定であった竜の因子らしきものや竜の心臓らしきものが常時起動し始める、呼吸するだけで膨大な魔力を産生するなどさらにアーサー王に近づいてしまっている。 故郷の村では、本編の9年前頃に「ブラックモアの墓地」の墓守の後継者として選ばれ、今代の墓守であるの元で技術を学んでいた。 本来は対霊戦のプロフェッショナルだが、あまりに素質があり霊の本質を捉えすぎるため、亡霊の類に強い恐怖心を抱いてしまう。 能力 魔術属性は「地」。 魔術礼装の「アッド」が変化する大鎌『死神の鎌 グリム・リーパー 』を武器とする。 武装の形態にはそれぞれ特性があり、大槌は英霊のスキルに換算してDランク相当の魔力放出、盾は防御だけでなくチャージに時間はかかるものの魔力による砲撃が可能といった特徴を持つ。 その他にもブーメランや槍 後述の槍とは別 弓矢などの形態を使い分ける。 死神の鎌 グリム・リーパー は霊体や魔力を補食し、持ち主の身体能力に変換する機能を持つ。 使用時のグレイの身体能力は魔術的な強化を大きく超えるほどに高まる。 しかし、その真の力は別にある。 アッドや死神の鎌 グリム・リーパー は本来の姿である『槍』を封印する機構にすぎない。 なお、周囲の魔力源を食べ尽くしてしまう特性上、条件が揃ったとしても基本的には一戦闘に一回こっきりの切り札である。 バリエーション [ ] グレイ Grand Order [ ] 『』の世界にとして現界した姿。 クラスは。 詳細は「」を参照。 [ ] 最果てにて輝ける槍(ロンゴミニアド) グレイの持つ武器の真の姿。 がを討ち取る際に使用したで、『約束された勝利の剣(エクスカリバー)』に次ぐもうひとつの宝具。 死神の鎌(グリム・リーパー)による魔力の蓄積が一定値を超えると封印が解除され、『槍』の形状に変化する。 螺旋状に捻れる紅蓮の光を放ち、大規模な破壊を引き起こす。 この状態でもまだ『十三拘束』という制限が施されており、真の力を発揮するには「生きるための戦いである()」「己よりも巨大な者との戦いである()」「人道に背かぬ戦いである(ガヘリス)」「真実のための戦いである()」「精霊との戦いではない()」などの条件を満たさなければならない。 条件を満たさなければ、本来の『力』の一部がしか行使できない。 それでも神霊級の魔術に届かんとするほどの威力で、剥離城で使用した際は天蓋から城壁までも貫き、山の斜面を打ち崩した。 なお、『十三拘束』の開放は封印礼装であるアッドに凄まじい負荷をかけ、最終的にはその破壊へとつながってしまう。 『Garden of Avalon』によると、現実世界に存在する槍は、世界に直接突き刺さり世界の表側と裏側をつなぎ止めている「本体」の影にすぎず、本体の封印が解けると世界全てが神代に逆戻りしてしまうとか。 『』では、の宝具として登場。 この槍の真名解放を行い、最果てにて輝く光の力の一端を放つためには『十三拘束』の半数までの解除を要するという。 小野大輔 グレイが所持する魔術礼装。 鳥籠のような檻の中に収められた、眼と口の付いた直方体の匣。 普段はマントの内側の右袖のあたりに固定されている。 自我のようなものを持って喋ることができる非常に珍しい礼装で、グレイにとっては幼少時から共にある友人のような存在。 性格は毒舌で皮肉屋でやかましく、余計なことを言っては折檻されている。 その人格は『槍』の神秘性を失わないための封印として与えられた擬似人格であり、『槍』の起動と同時に無機質で機械的な口調に戻る。 戦闘時には『死神の鎌』の名称通りの大鎌になるが、元々、決まった形状を持っておらず様々な姿に変化する。 アッドの人格はその『槍』を封印する為に円卓の騎士の一人、の精神モデルを元に形成されている。 その封印礼装としての正体は、アトラス院の七大兵器の一つのコピー「ロゴスリアクト・レプリカ」。 登場作品 [ ] Fateシリーズ [ ] 名前は出て来ていないが、口調(特に一人称)と立場から、彼女であると推測される。 フラットの出奔を知り卒倒したロードを医務室まで担いで行った。 物語後半に登場。 物語の主な語り手であり、この作品の「 助手 ワトソン役」と呼べる存在。 『ロード・エルメロイII世の事件簿』とのコラボイベントで配布サーヴァントとして登場。 その他 [ ] 所属不明。 「ずきんちゃん」の回では赤ずきんならぬ灰ずきんとして主役になった。 主に護衛役と身の回りの世話をしており、彼のだらしない私生活には呆れている。 初対面時はいけすかない人間と思っていたが、幾つかの事件を共にするにつれ強い信頼を寄せる様になり、彼のために献身的に行動する。 彼の葉巻の匂いを嗅いだ時や、久しぶりに彼の髪を梳かした時に安心を覚える等、やや依存気味な面も。 については長らく知らなかったようだが、ウロボロス機関の調査をした際に写真を見つけ、「かわいい」と盛大に母性を爆発させていた。 ……20歳くらいのはずなのだが。 師匠の義妹。 よく軽いちょっかいをかけてくるが、彼女の誇り高い在り方には憧憬を抱いており、やがて友達として認識するようになる。 仲はそれなりに良好で、一緒によく菓子店で食事をしたり、ホラー映画を観に行ったりしている。 後に同じエルメロイ教室の学生となる魔術師。 同じエルメロイ教室の学生。 フラットは友好的に接しているつもりなのだがスヴィンと並んで苦手度一位タイの相手。 エルメロイ教室の学生である金髪カールの犬系美少年。 スヴィンはグレイに対してシンパシーと恋慕の相半ばする熱い想いを向けているのだがちっとも伝わらず、グレイ本人は「自分のことを嫌いだからあんなに鼻息荒く威嚇してくるのだ」と誤解している。 外見は生き写し。 そうなるように一族は永い間、願いと努力を捧げ続け、グレイは生み出された。 師匠がかつて召喚し、契約を結んでいたという英霊。 内弟子として付き従う日々の中で師匠が大切にしている思い出と、彼方に向ける真摯でひたむきな想いを知り、「叶うものならばいつか再会させてあげたい」という願いをひそかに抱くようになる。 師匠のかつて召喚した英霊の部下であり、魔眼蒐集列車では三度交戦した。 彼女の見た夢を偶然共有しており、その境遇には複雑な感情を抱いている。 師匠の親友を名乗る男。 故郷にあるブラックモアの墓地の墓守。 グレイを次代のブラックモアの墓守に選んだのも彼であり、村で偶像扱いされていたグレイを「人間」として見ていた数少ない人物。 グレイにとっては先生の様な存在。 マグダレナ 母。 顔が変わってしまう前からグレイの事を愛し続けており、一つの重大な決断をする事になる。 しばらくの間共に行動し、互いについて言葉を交わした。 名台詞 [ ] 「……ただの、 グレイ どっちつかずです」 グラニド・アッシュボーンにお前は何者かと問われて。 霊園の生まれでありながら霊を恐れ、故郷で望まれていた者にも最終的になりきれなかったどっちつかずの存在、というグレイの卑屈な心情が表れている。 「 Gray 暗くて…… Rave 浮かれて…… Crave 望んで…… Deprave 堕落させて……」 「 Grave 刻んで…… me 私に……」 「 Grave 墓を掘ろう……、 for you あなたに……」 『槍』の封印を解き放つ詠唱。 彼女の意識は死に絶え、遠く失われた大いなる神秘を起動させる為の歯車と化す。 其れはかつて騎士王が振るった、世界を繋ぐ聖槍。 彼女にとってはその反応こそが嬉しかったのだ。 彼の苦労と彼の王への想いを傍らで見続けていたグレイが故郷を出てから初めて抱いた「願い」であり、彼の為に尽くす原動力の一つになった。 「クズですね」 腑海林の仔の中で倒れていたメルヴィンの浮ついた女性交友の呟きを聞いた後の一言。 「拙、は、師匠を、みんなを、守り、たい。 守れる、自分で、いたい」 迫りくるヘファイスティオンの宝具を前に不安に満ちていた所をカラボーに諭され、自分が望む在り方を必死に口にする。 その決意は遂に『槍』の十三拘束を解放させるに至った。 ずるい。 その言い方は、あまりにずるい。 ずるすぎる。 ついさっきまでの自分がどんな思いだったか、ちっとも分かってないくせに。 結果として二人とも記憶はそのままだったのだが、彼との半年以上の日々はグレイにとってかけがえのない時間となっており、そんな自分と同じ気持ちを抱いてくれていた師匠を涙を零しながらぽかぽかと叩き続けるのだった。 「……師匠は馬鹿ですね。 会ってまだ一年に満たない自分にこんな事を言う資格はない、と言う強い自己嫌悪に押し潰されそうになりながらも、それでも伝えたい気持ちを必死に吐露し続ける。 メモ [ ]• もはや型月作品のお約束になりつつある、いわゆる「セイバー顔」が事件簿にもまさかの登場。 しかもグレイは明確に作中でアーサー王の生き写しと語られている。 ただ髪は銀色であり、アーサー王そのものの姿をしているわけではない。 またもう一つ決定的な騎士王との違いとして、グレイ自身は自他ともに認める 小食である。 ちなみに「セイバー顔」では現状唯一の現代人である(のバリエーションキャラを除く)。 も解釈次第では該当する可能性もあるが。 事件簿最終話である「case. 冠位決議」において、冠位決議の本番が行われるのは。 運命の夜は再び、グレイの心身に深い影響を及ぼした。 …血筋と御家騒動で散々争ってブリテンが滅んだので、「実は子孫いました」は色々台無しになる感があるが。 もう一つの可能性として、「髪の色が銀」「子孫を残すことが出来た(=カムランでの戦いで生き残った)」「アーサー王が死する前に所持していた槍を回収することが出来た(=アーサー王の死を看取った)」事を考えると、の子孫と考えることもできるか。 アッドの人格モデルがケイである理由は、本人曰く、ほかの騎士達と違って武功や神秘に興味がないため、封印のはずが解除に積極的になるという様な事態にならないからとの事。 漫画版『』では連載中にコンプエースの折込ポスターにグレイの後ろ姿が、作者でありロンゴニミアドをデザインした石田あきら氏によって描かれている。 霊への感受性が強すぎるがゆえに、時には身動きもままならなくなるほど極端に亡霊を怖れている彼女だが、「物理的に実体があるものはノーカウント」らしくゾンビや白骨はそれほど怖くないとのこと。 また、明らかに作りものであることが解っているホラー映画などにも耐性があり、以前いっしょにその手の映画を観に行ったライネスには残念がられたという。 実はに真っ向勝負を挑んだ初めての人間。 シリーズ的には『stay night』の士郎が初めてだが、『事件簿』は第五次より前の時系列になるので、彼女の方が先になる。 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ].

次の

ルシャ・リ・ドルム

霊 装 シャ スティ フォル

災厄(ディザスター) 霊槍の力を最大限に引き出すことができる。 自在に槍を変化させることも可能で、 普段はクッション(第二形態の簡易版)に変えて携行している。 飛び回る蜂(バンブルビー) 通常の槍形態のシャスティフォルを 高速で操り相手を斬りつける。 第二形態 守護獣(ガーディアン) 巨大な熊のぬいぐるみの形態。 正体は神樹が外敵から身を守るため、自らに生える苔を形状化したもの。 苔から作られた体は、あらゆる攻撃をいなし、 水分を多く含む体は炎に強い耐性を持つが、凍結には弱い。 第三形態 化石化(フォシライゼーション) 先端が二股に分かれた形状の槍。 刃に触れたものを石化させる。 第四形態 光華(サンフラワー) 巨大な植物の形状。 花弁から無数の光線を放つ。 第五形態 増殖(インクリース) 切先のみの形状の槍を無数に出現させる。 飛び道具にしたり、防御盾にしたり、応用が可能。 第七形態 導苔(ルミナシティ) 土星のような形態。 光を放ち、明かり代わりに使用できる。 第八形態 花粒園(パレン・ガーデン) 薄い膜のようなもので対象を守る防御形態。 内部にいる者の怪我を癒す力も持つが、傷の治癒には何十年何百年とかかるため 即効性は無いが、傷の痛みは十分に和らぐ。 炸裂する刃雨(ファイトファイア・ウィズファイア) 増殖させた無数の槍を、上空から相手目掛けて降らせる。 新・霊槍シャスティフォル 第1形態 霊槍 暴君の嵐 霊槍がキングの周りを嵐のように駆け回り攻撃 その凄まじさと暴れっぷりに相応しいネーミングである。 新・霊槍シャスティフォル 第1形態 霊槍 裁きの槍 霊槍を上空高くから垂直に相手めがけて落下させる技 新・霊槍シャスティフォル 第六形態 霊槍 神樹の衣 ユグドラ・クロス 霊槍事態を鎧のように変化させ、まとう技、キングの攻撃が 霊槍の力と一体となり相手にダメージを与える。 七つの大罪FAN:人気記事• 瞬間移動 自身や周囲の人間を任意の場所へ瞬間的に移動させる魔術。 絶対強制解除(アブソリュート・キャンセル... 無慈悲な太陽(クールエル・サン) サンシャインの魔力球体に作った太陽のような灼熱の魔力の塊そばにいるだけで... 神千斬り (かみちぎり) 魔力と感覚を研ぎ澄まし放つ事のできる技。 使用魔力の量も多く、協力な技の一つ。 強奪(スナッチ) 実体・非実体を問わず、相手の所有物を我が物とし、手元に引き寄せる能力。 ドルイドの修練窟からアーサーに同行している正体不明の生物 鳴き声から〈キャス〉と名付けられた そ... 金剛塔 ダイアモンド・タワー 創造(クリエイション) 巨人族固有の、大地を自在に操る魔力。 週刊少年マガジン 25号の表紙にて <十戒>の全メンバーの名前が記載されていました メラスキュラ... 魔人王を倒して、混沌の一部 キャスも倒した七つの大罪はそれぞれの生活へ そこで バンとエレインの... 煉獄から脱出する際に真の魔力に目覚めたメリオダス。 それはエリザベスの死の呪いを打ち消すほどの力! 父上の魔人... 女神族のエリザベスは ヒーリング系魔法を得意とする 健やかになれ (すこやかになれ) 毒素を一瞬... 最近の投稿•

次の