ダブル ベット tbs。 『ダブルベッド』出演のロン・モンロウ、7日間の同棲「楽しかった」

TBS『ダブルベッド』エピソード3の第5話(最終回)ラスト結末ネタバレ!武田航平のソニアに対してのダメ出しが酷いと非難殺到!「胸糞悪い」「嫌いになる」

ダブル ベット tbs

グラドルのわちと、落語界のサラブレッドの同棲7日間が始まります。 2話はどんな風に進んでいくのか楽しみですね。 TBS「ダブルベッド」は、 エピソード1~現在放送中のエピソード4まで、 Paraviで 全エピソードを見ることができます。 TBS・テレビ東京・WOWOWの3社が提携した動画配信サービスであるParaviは、 月額1,017円(税込)で観れて初回登録でまずは2週間無料になっています。 もちろん!無料期間中でも過去のダブルベッドも見れます! そして、 有料になる前に解約しても1円も料金はかかりません! Paraviでは過去の動画や見逃してしまった動画を公式で安心に見れて、月額料金内でほとんどのコンテンツを見る事ができます。 『ダブルベッド』エピソード#4 今夜11:56〜のダブルベッド🛏は… 新たな2人の新しい生活がはじまる。 入居するのは落語家の林家たま平。 その相手となるのは? 落語界のプリンス、純朴男子の緊張の初夜。 初めましてと挨拶するが、2人は同じ空間で会ったことがある顔見知りだった。 それでも、基本は、お互いのことを知らない者同士の7日間の同棲生活がスタートしました。 1話では、どこかわちがリードするような空気感の中、たま平も甘えん坊な一面が早くも出ている様でした。 初めて迎える朝、先に目を覚ましたのは、たま平。 一度、ベッドから出るも、再びベッドに戻り、わちに話しかけるたま平。 今夜11:56〜のダブルベッド🛏は… 2日目の朝。 焼き魚、味噌汁を作るわちに、 たま平は「絶対良い女将さんになる」と語る。 一緒にリビングに行く。 二人でやれるストレッチを始める。 わちが朝ごはんの準備をする。 【副音声】 (化粧するわちをみて) 吉村「いい女だな…」 吉村「今日の恰好はかわいらしい」 犬飼「ほんとですか?珍しい吉村さんが…。 ギャップありますね」 吉村「ギャップありますよね。 わちがもらす本音は… わちが女友達と待ち合わせ。 合流してすぐ同棲生活の話しになる。 『めっちゃいい人だけど、無理しないかなって…』とたま平の事を語るわち。 そして『やさしいからいいなって思うけど、なんか、なんだろ…私からわりと、投げてる感じがする』 話しも私からしてた様な気がするというわち。 『向こうから来てくれる人の方が助かるというか…。 性格的に押しに弱いじゃないけど、なんかそーいうとこるよね。 今回は、あんまりむこうからないというか、だから胸のうちがわかんないっていうか』 『昨日、ストレッチするのに、向こうもグビーとかやってて、教えてもらえるかなって期待してたんだけど、「全部、教えてー」見たい感じで…』 『やさしいし、たのしいし、可愛いんだけど、頼りなさをこのままだったらかんじちゃうのかなみたいな…。 弟っぽい…。 』 『でも話してたらかわいい系よ』 『かわいい系の人すきよね』 【スタジオ】 小杉「いやね、僕ね思ってたんですよ。 わちさんがね、あのまま天真爛漫のままのはずがないと思ったんですよ。 やっぱ、私任せのところが多いのが気になるって話してたやんか。 実はわちさんも気つかってたんや。 たま平くんのばっか、気づかいって、言ってたけど、盛り上げなーあかんって、やったのは、わちさんも一緒で、そこに甘えてしまっていたたま平の部分があるんちゃう? ひっぱてってほしいってゆうてたもん。 レディーファーストもテーマでがんばってはんのかなっておもってしまうってゆってたやんか。 刺繍できるってなったときに、奥行きがあるなって。 この店奥行きがあるなって」 「入口、ポップな感じやったけど、奥行きがあるやんっていう…。 」 吉村「確かにそうかもしれません、ギャップ!」 犬飼「たま平さんもいいギャップをみせれる様にこっからしていけば」 小杉「裁縫ちゃうよ、刺しゅうやで」 吉村「だから俺、怖いんですよ」 小杉「なにそれ?」 吉村「俺は刺しゅうはひいちゃうんですよ、僕個人は、ごめんなさい」 小杉「怨念こめてるんちゃうやん」 吉村「奥行がありすぎて」 3.二日目の夜 夜はたま平が食事の支度をしている。 そこへ帰ってきたわち。 わちがもらす本音は… 合流してすぐ同棲生活の話しになる。 『めっちゃいい人だけど、無理しないかなって…』とたま平の事を語るわち。 そして『やさしいからいいなって思うけど、なんか、なんだろ…私からわりと、投げてる感じがする』 話しも私からしてた様な気がするというわち。 『向こうから来てくれる人の方が助かるというか…。 性格的に押しに弱いじゃないけど、なんかそーいうとこるよね。 今回は、あんまりむこうからないというか、だから胸のうちがわかんないっていうか』 『昨日、ストレッチするのに、向こうもグビーとかやってて、教えてもらえるかなって期待してたんだけど、「全部、教えてー」見たい感じで…』 『やさしいし、たのしいし、可愛いんだけど、頼りなさをこのままだったらかんじちゃうのかなみたいな…。 弟っぽい…。 』 『でも話してたらかわいい系よ』 『かわいい系の人すきよね』 【スタジオ】 小杉「いやね、僕ね思ってたんですよ。 わちさんがね、あのまま天真爛漫のままのはずがないと思ったんですよ。 やっぱ、私任せのところが多いのが気になるって話してたやんか。 実はわちさんも気つかってたんや。 たま平くんのばっか、気づかいって、言ってたけど、盛り上げなーあかんって、やったのは、わちさんも一緒で、そこに甘えてしまっていたたま平の部分があるんちゃう? ひっぱてってほしいってゆうてたもん。 レディーファーストもテーマでがんばってはんのかなっておもってしまうってゆってたやんか。 刺繍できるってなったときに、奥行きがあるなって。 この店奥行きがあるなって」 「入口、ポップな感じやったけど、奥行きがあるやんっていう…。 」 吉村「確かにそうかもしれません、ギャップ!」 犬飼「たま平さんもいいギャップをみせれる様にこっからしていけば」 小杉「裁縫ちゃうよ、刺しゅうやで」 吉村「だから俺、怖いんですよ」 小杉「なにそれ?」 吉村「俺は刺しゅうはひいちゃうんですよ、僕個人は、ごめんなさい」 小杉「怨念こめてるんちゃうやん」 吉村「奥行がありすぎて」 3.二日目の夜 夜はたま平が食事の支度をしている。 そこへ帰ってきたわち。 「なにしてるの?」 Bad Kids-Black Lips たま平「いまから、恵方巻をね」 わち「手伝う!おそくなっちゃってごめんね」 (出来あがり)  Love Is Everywhere Beware -Wilco たま平「難しいね。 ありがとう、サポートがなかったら、まじで出来なかった。 ほんとにみなにちゃんがいたおかげで」 わち「びっくりした、帰ったら作ってて。 」 (恵方巻を巻いて作り)二人で食べる わちが食べきれず、自分の食べかけをたま平に渡す。 たま平が食べる。 わち「楽しんだ」 たま平「楽しんでくれたらこっちは何も言う事はない」 明日は大阪、そして6日にドライブデートをすることに。 鎌倉に決まる。 ここでは、たま平がどんどん決めてくれる。 たま平「車乗るの好きでしょ、俺運転するの好きだし、全部いいじゃん!完璧じゃん!」 わち「でも…なんか、正直…」 たま平「はい…でも?おっと…」 わち「今、すごい決めてくれたけど、昨日とか、第一印象が、洋服買いに行ったりとかさ、なんでも決めてみたいな感じだったから、なんか私、あんまり決めれないタイプだけど、決めてほしいタイプなのかなって思ったり、」 「なんか夜のストレッチとか、教えてみたいな、してたから、ラグビーしてたから、教えてほしいって思てった自分がいたりして、教えてほしいタイプなのかな?って」 たま平「なるほどね~。 知らない分野については知りたいの」 わち「導いてほしいタイプ?なのかなと思って」 たま平「知らないから、すごい聞きたがるの」 わち「そういうことね。 超がんばらないといけないのかなって思ってたから」 たま平「ぜんぜんねそれはない。 俺はただ知らないから知りたいだけで。 知ってるr事は何でも聞いてって」 【副音声】 吉村「いいましたね」 小杉「ちょっといったね」 犬飼「早期解決」 小杉「たま平君、、決めたから言えたんやろね。 逆に今度、僕がリードしましょう、鎌倉!」 わち「ありがとうございます」 たま平「恵方巻もリードしたけどね。 」 わち「帰ってきて、あ。 そうなんだと思って」 たま平「なんかね、言い方変だけど、頼ってばかりいたからダメだと思って。 」 わち「ならよかった。 怒ってないよ、ぜんぜん(笑)」 豆まきをする二人  ピエロチック-さかいゆう たま平、落語の練習があるという。 わちは、洗い物をしたり、お風呂へ。 そして、たま平へのプレゼントの刺しゅうをする。 【スタジオ】 吉村「いいですね!」 小杉「いや~いいね」 犬飼「ちょっと見守って、さっと戻っていくのが…」 小杉「あれはいい~、寝るよくらい言おうと思ったけど、声かけたらあかんなって」 吉村「芸人の稽古している姿って、まぁあんまり見れないですけどね。 でもかっこよく見えますね。 」 犬飼「うん、かっこいいっす!」 4. 大阪へ行く日の朝 コーヒーを淹れてリビングで待ってるわち。 先に大阪へといくたま平。  つつみ込むように…-さかいゆう わちは、玄関でちょっと待ってといい、たま平に刺しゅうをしたハンカチを渡す。 【副音声】 (たま平「ハンカチとか?」) 小杉「あてんでええねん」 吉村「きびしっ 犬飼「生肉、タレにつけてた時と全然違う人…」(笑) 小杉「落ち着いてきた!(笑)」 吉村「急に男っぽくなってきましたよね」 小杉「なんかかっこよくみえてきた」 吉村「かっこいいですもん、あんなに最初、浮ついていたのに」 (出て行くたま平をみて) 吉村「かっこいいな」(笑) 「言われてから急に男だしてきたというか」 小杉「マッドデーモンに見えてきた」 わち「後で行きますから」と見送る。 わちは昨日の豆まきの後を掃除している。 わち、微笑んでいる。 「ダブルベッド」エピソード#4 、第2話の感想評価は? わちとたま平の7日間の同棲生活も二日目が終わりました。 SNSの評判はどうでしょう。 可愛いで溢れてる。 優しすぎる。 可愛い。 でも、頑張ってる感ありすぎて疲れちゃいそうで心配。 見ていてほほえましい場面もあり、やはり、わちのギャップも個人的にとても好感度アップです! 「ダブルベッド」の過去放送を観る方法 エピソード#1や、#2、#3を見逃した方! エピソード#3も初めから観たい!という方のために、過去放送の放送、すべての視聴が『 Paravi』 で可能です! ダブルベッドの過去放送が見られるのは、 Paraviだけです! TBS・テレビ東京・WOWOWの3社が提携した動画配信サービスであるParaviは、 月額1,017円(税込)で観れて初回登録でまずは2週間無料になっています。 無料期間で辞めてもOK! その場合でも解約金はかかりません。 有料後もいつ辞めても解約金などかかりません。 Paraviでは過去の動画や見逃してしまった動画を公式で安心に見れて、月額料金内でほとんどのコンテンツを見る事ができます。

次の

TBS『ダブルベッド』エピソード2の第5話(最終回)ラスト結末ネタバレ!バッドナイス常田が井口綾子に告白した結果は?

ダブル ベット tbs

3月26日、バラエティ番組「ダブルベッド」(TBS系)が最終回を迎えた。 番組内では、放送終了が伝えられなかったため、視聴者から驚きの声が相次いだという。 「『ダブルベッド』は、初対面の男女が7日間の同棲生活を送るという内容です。 今回の放送後、公式ツイッターは、出演者の花束写真とともに『半年間ありがとうございました!』と番組の終了を報告。 番組では最終回だと触れられていなかったため、SNSにて『え、終わりなんですか!?』『木曜夜の楽しみがなくなる!』と悲しむ声が殺到。 また、番組出演者の男女は毎日同じベッドで眠るため、新型コロナウイルスの影響が番組終了を早めたと予想する声もあがっています」(テレビ誌記者) そんな「ダブルベッド」の最終回では、落語家・林家たま平と、Hカップグラドル・わちみなみによる最後の夜を放送。 冒頭から、胸元の大きく開いたシャツを着たわちが、前かがみでお風呂掃除をするなど、サービスシーンが話題に。 さらに終盤、たま平とわちのベッドでの攻防にも大きな注目が集まった。 「最後の夜、これまでおとなしかったたま平が『1週間で(関係を)終わらせたくない』と、わちの体を何度も強く引き寄せ、ベッドの上で全身を密着。 それからしばらく、気持ちが抑えられない男と、眠りたい女の攻防が放送されました。 これには視聴者から『あのHカップを前にしたら仕方がない!』『頑張れ!勃ち平!』『好感度あがった』と、応援の声が殺到することとなりました」(前出・テレビ誌記者) 最終回にて「これからもまた会ってくれる?」と言うたま平に対し、「うん…、そうだね」とアイマイな答えを返したわち。 たま平の悶々とした気持ちは、しばらく続くことになるかもしれない。

次の

井口綾子、イケメン芸人・バッドナイス常田と“同棲”開始 すっぴん部屋着姿にも絶賛の声<ダブルベッド>

ダブル ベット tbs

小杉さんは、ポッチャリ、薄毛、を売りにしたつっこみキャラで活動されています。 相方の吉田さんは肌荒れを売りにしているので、その特徴をいじったりするなどのネタが多いです。 小杉さんが過去に活躍されていたイベントを主にあげるとすると、枚方パークのひらパーお兄さん、ほんまでっかの出演です。 まず、枚方パークのひらパーお兄さんについてです。 小杉さんは枚方にある遊園地のメインキャラを担当されていて、大阪のノリを前面に表現されています。 たとえば、枚方パークにあるパネルが面白いメッセージ付きで展示してあるなどです。 枚方パークは当初あまり有名なテーマパークではありませんでしたが、ひらパーお兄さんを小杉さんにしたことで世間の印象に残り有名になったな、と感じました。 大阪の遊園地なので、お笑いが大好きな人にはオススメなテーマパークです。 次にこすぎさんはほんまでっかにも出演されていることについてです。 ホンマでっか?!TVはあらゆる分野を研究されている専門家が事実を語るバラエティなのですが、専門家に分かりやすい質問をしたり、場を円滑に回すなど、小杉さんがいるからスムーズに番組が進んでいると普段見ていて感じます。 エピソード1では犬飼貴丈とガッキー似のロン・モンロウが出演され反響もあった番組ですが、今回からはモデルの井口綾子とお笑い芸人のバッドナイス常田でエピソード2を迎えます。 日常的に何も接点があまりない見ず知らずの男女を一つの部屋で暮らし、夜は二人が寝るためのダブルベッドが一つあり、そこで7日間を過ごします。 その男女の生態を半ばドキュメントに近い感じで放送していく番組が「ダブルベッド」で、リアリティを感じさせてくれます。 ただ美男美女が多いのが特徴的で、最初はたどたどしい感じから徐々にお互いに溶け込んでいく流れになると思われるので、7日間では男女の情が湧いていくことになるのではないかといつも予想されてしまいます。 7日間だけですので、喧嘩をすることはほとんどないのかもしれません。 もっとも将来的には、この番組をきっかけにお付き合いへと発展し、結婚まで至ってしまうこともあり得る可能性もあると予想されます。 ダブルベッドと聞くと、一人で寝るのに広すぎる、二人で寝るのに調度よいイメージもありますが、深夜に放送されていることもあり、若干ながらエロティックさを感じられる要素も無きにしも非ずです。 大抵は男性の方が意識してしまうことが多いのではないかと思います。 エピソード2でも、お互いに親愛の情なるものが湧き上がるのかという点でも興味深く感じることが可能です。 しかし、今回の企画で新しいのは、それが男女二人きりの関係のみで描かれるということだと思います。 さらに二人の関係性が親密にならざるを得なくさせる装置として、ダブルベッドに一緒に寝なければならないというのも、今までになく面白いと思いました。 もし自分がこのような状況に置かれなければならないと仮定した場合、個人的には絶対に嫌で途中で投げ出してしまうでしょう。 しかし、企画の対象に選ばれるているのはミス青山にも選ばれた今をときめく女子アナです。 さらに男性側の正体はまだ明かされていませんが、きっと彼女が気にせざるを得ないような素敵な方が配役されるのでしょう。 こうなった場合、すでにこの番組で用意された生活空間は、むしろドラマの中のような理想空間に変貌すると思います。 恋愛ドラマに一喜一憂できるように、この番組を見ながらもある種理想化された人物同士の恋愛ゲームを楽しめそうな予感がします。 たった7日間で二人の関係に何が起こるのか、なにか予想できないような物語が展開されそうで、これから番組を見てみたいと思いました。 スタジオキャストはブラックマヨネーズの小杉さんと平成ノブシコブシの吉村さんさらに犬飼貴丈3です。 スタジオキャストはパジャマを着てベッドの上でこのVTRを見ながらコメントをしていくと言う展開になっていくのですが、この番組の今までにない感じがとても気にいっております。 今回のVTR出演者は井口綾子さんとバットナイスの常田さんです。 私はバットナイスの常田さんの大ファンで、他の番組ですがさんまさんとの共演の際からずっと応援をしておりました。 バットナイス常田さんは大型のバイクを運転できいるので、今回のダブルベッドでは井口史子さんを後ろに乗せてツーリングをするシーンがあるそうです。 常田さんは坊主でありながらとてもイケメンですので、そのツーリングも非常に絵になるものにならないかなと思っております。 また、番組紹介を見ると写真がいくつか紹介されているのですが、非常に良い雰囲気で出ております。 また2人が部屋で一緒に夕飯を作ることになるシーンもあるそうで、2人がこの企画を通してどういう関係になっていくのか楽しみにしております。 そのため、若い人を中心にとても見たい内容なんだろうと思います。 カップルであっても、そうでない人でも楽しめる設定だと思います。 一週間という長すぎず短すぎずといった期間で恋人でもない男女が何をするのかという点が気になるところであり、特に七日間同棲で自由にできるため、互いが相手をどのような風に思っていくかなどの感情の変化が見られ、見るこっちもワクワク、ドキドキするところが一番の面白みポイントではないかと思います。 他にも、タイトルにある通りシングルベットではなく、ダブルベットにすることによりお互いの距離が近づきやすくなるという点でも見ている側が退屈しない展開を見せてくれるのではないかと思います。 その他にも、井口綾子さんはコメントにもあるように、家族ではない人と同棲したことがないとコメントしているため、またそこも七日間も知らない男性と同棲するという初体験をすると思うので、新鮮さや、初々しさなどが見られておもしいろいと思います。 出演者のスタジオレギュラーでは、いつもバラエティーに出ているブラックマヨネーズの小杉さんや、平成ノブシコブシの吉村さんなどが出て、良いコメントが出ると思うので、そこも面白いポイントだと思いました。

次の