ワールド カップ バレー 女子 メンバー。 1981年ワールドカップバレーボール

【強豪中国】ワールドカップバレー女子メンバー2019の注目選手は誰?

ワールド カップ バレー 女子 メンバー

国際バレーボール連盟 FIVB が主催する女子のワールドカップバレー2019が、9月14日から日本で開幕。 ワールドカップバレーは、オリンピック、世界選手権と並ぶ世界3大大会の一つで4年に一度、オリンピックの前年に開催されます。 前回のワールドカップバレー2015では、女子の上位3チームが翌年のリオ五輪でも同順位となりました。 ワールドカップバレー2019は、東京五輪2020のメダル争いを占ううえでも、全日本女子には良い結果を残してほしいところです。 また、五輪のメンバー選考にも重要な大会となるので、代表内でどの選手がどれだけ結果を残すのかにも注目したいです。 長岡望悠選手がワールドカップに間に合うのかどうか…。 【開催国】 日本 13大会連続13回目 前回大会/5位 最高成績/優勝 1977 【世界バレー2018 女子 優勝国】 セルビア 4大会連続4回目 前回大会/2位 最高成績/2位 2015 【アジア】 2019年1月1日付のFIVB世界ランキングで、日本を除くアジア上位2チームが出場。 中国 3大会連続11回目 前回大会/優勝 最高成績/優勝4回 2015他 韓国 13大会連続13回目 前回大会/6位 最高成績/3位 1977,1973 【アフリカ】 アフリカ選手権の優勝と準優勝チームが出場。 カメルーン 初出場 ケニア 4大会連続6回目 前回大会/10位 最高成績/10位 2015 【ヨーロッパ】 2019年1月1日付のヨーロッパランキング上位2チームが出場。 ブラジル 2大会ぶり10回目 前回大会/- 最高成績/2位 2007他 アルゼンチン 3大会連続6回目 前回大会/8位 最高成績/8位 2015他 【北中米】 北中米チャンピオンズカップの優勝と準優勝チームが出場。 アメリカ 8大会連続11回目 前回大会/3位 最高成績/2位 2011 ドミニカ共和国 5大会連続5回目 前回大会/7位 最高成績/7位 2015 スポンサーリンク ワールドカップバレー2019 全日本女子メンバー ここでは、2019年9月6日に発表されたワールドカップバレーの全日本女子代表メンバーをご紹介します。 <No. 2> 古賀 こが 紗理那 さりな/アウトサイドヒッター 出身/佐賀県 身長/180cm 所属/NECレッドロケッツ 出身校/熊本信愛女学院高校 <No. 4> 新鍋 しんなべ 理沙 りさ/アウトサイドヒッター 出身/鹿児島県 身長/173cm 所属/久光製薬スプリングス 出身校/延岡学園高校 <No. 5> 荒木 あらき 絵里香 えりか/ミドルブロッカー 出身/岡山県 身長/186cm 所属/トヨタ車体クインシーズ 出身校/成徳学園高校 <No. 6> 宮下 みやした 遥 はるか/セッター 出身/三重県 身長/177cm 所属/岡山シーガルズ 出身校/大阪国際滝井高校 <No. 7> 石井 いしい 優希 ゆき/アウトサイドヒッター 出身/岡山県 身長/180cm 所属/久光製薬スプリングス 出身校/就実高校 <No. 11> 鍋谷 なべや 友理枝 ゆりえ/アウトサイドヒッター 出身/東京都 身長/176cm 所属/デンソーエアリービーズ 出身校/東九州龍谷高校 <No. 12> 佐藤 さとう 美弥 みや/セッター 出身/秋田県 身長/175cm 所属/日立リヴァーレ 出身校/嘉悦大学 <No. 13> 奥村 おくむら 麻依 まい/ミドルブロッカー 出身/山口県 身長/177cm 所属/ナコンラチャシマ タイ 出身校/嘉悦大学 <No. 14> 小幡 こばた 真子 まこ/リベロ 出身/熊本県 身長/164cm 所属/JTマーヴェラス 出身校/日本体育大学 <No. 16> 黒後 くろご 愛 あい/アウトサイドヒッター 出身/栃木県 身長/180cm 所属/東レアローズ 出身校/下北沢成徳高校 <No. 18> 山岸 やまぎし あかね /リベロ 出身/長野県 身長/165cm 所属/埼玉上尾メディックス 出身校/東海大学 <No. 21> 長内 おさない 美和子 みわこ/アウトサイドヒッター 出身/東京都 身長/175cm 所属/日立リヴァーレ 出身校/文教学院大女高校 <No. 22> 吉野 よしの 優理 ゆうり/アウトサイドヒッター 出身/青森県 身長/173cm 所属/埼玉上尾メディックス 出身校/由利高校 <No. 24> 芥川 あくたがわ 愛加 あいか/ミドルブロッカー 出身/熊本県 身長/179cm 所属/JTマーヴェラス 出身校/東九州龍谷高校 <No. 28> 石川 いしかわ 真佑 まゆ/アウトサイドヒッター 出身/愛知県 身長/171cm 所属/東レアローズ 出身校/下北沢成徳高校 スポンサーリンク.

次の

ワールドカップバレー2019/日本代表女子メンバーとテレビ放送日程は?

ワールド カップ バレー 女子 メンバー

国際バレーボール連盟 FIVB が主催する女子のワールドカップバレー2019が、9月14日から日本で開幕。 ワールドカップバレーは、オリンピック、世界選手権と並ぶ世界3大大会の一つで4年に一度、オリンピックの前年に開催されます。 前回のワールドカップバレー2015では、女子の上位3チームが翌年のリオ五輪でも同順位となりました。 ワールドカップバレー2019は、東京五輪2020のメダル争いを占ううえでも、全日本女子には良い結果を残してほしいところです。 また、五輪のメンバー選考にも重要な大会となるので、代表内でどの選手がどれだけ結果を残すのかにも注目したいです。 長岡望悠選手がワールドカップに間に合うのかどうか…。 【開催国】 日本 13大会連続13回目 前回大会/5位 最高成績/優勝 1977 【世界バレー2018 女子 優勝国】 セルビア 4大会連続4回目 前回大会/2位 最高成績/2位 2015 【アジア】 2019年1月1日付のFIVB世界ランキングで、日本を除くアジア上位2チームが出場。 中国 3大会連続11回目 前回大会/優勝 最高成績/優勝4回 2015他 韓国 13大会連続13回目 前回大会/6位 最高成績/3位 1977,1973 【アフリカ】 アフリカ選手権の優勝と準優勝チームが出場。 カメルーン 初出場 ケニア 4大会連続6回目 前回大会/10位 最高成績/10位 2015 【ヨーロッパ】 2019年1月1日付のヨーロッパランキング上位2チームが出場。 ブラジル 2大会ぶり10回目 前回大会/- 最高成績/2位 2007他 アルゼンチン 3大会連続6回目 前回大会/8位 最高成績/8位 2015他 【北中米】 北中米チャンピオンズカップの優勝と準優勝チームが出場。 アメリカ 8大会連続11回目 前回大会/3位 最高成績/2位 2011 ドミニカ共和国 5大会連続5回目 前回大会/7位 最高成績/7位 2015 スポンサーリンク ワールドカップバレー2019 全日本女子メンバー ここでは、2019年9月6日に発表されたワールドカップバレーの全日本女子代表メンバーをご紹介します。 <No. 2> 古賀 こが 紗理那 さりな/アウトサイドヒッター 出身/佐賀県 身長/180cm 所属/NECレッドロケッツ 出身校/熊本信愛女学院高校 <No. 4> 新鍋 しんなべ 理沙 りさ/アウトサイドヒッター 出身/鹿児島県 身長/173cm 所属/久光製薬スプリングス 出身校/延岡学園高校 <No. 5> 荒木 あらき 絵里香 えりか/ミドルブロッカー 出身/岡山県 身長/186cm 所属/トヨタ車体クインシーズ 出身校/成徳学園高校 <No. 6> 宮下 みやした 遥 はるか/セッター 出身/三重県 身長/177cm 所属/岡山シーガルズ 出身校/大阪国際滝井高校 <No. 7> 石井 いしい 優希 ゆき/アウトサイドヒッター 出身/岡山県 身長/180cm 所属/久光製薬スプリングス 出身校/就実高校 <No. 11> 鍋谷 なべや 友理枝 ゆりえ/アウトサイドヒッター 出身/東京都 身長/176cm 所属/デンソーエアリービーズ 出身校/東九州龍谷高校 <No. 12> 佐藤 さとう 美弥 みや/セッター 出身/秋田県 身長/175cm 所属/日立リヴァーレ 出身校/嘉悦大学 <No. 13> 奥村 おくむら 麻依 まい/ミドルブロッカー 出身/山口県 身長/177cm 所属/ナコンラチャシマ タイ 出身校/嘉悦大学 <No. 14> 小幡 こばた 真子 まこ/リベロ 出身/熊本県 身長/164cm 所属/JTマーヴェラス 出身校/日本体育大学 <No. 16> 黒後 くろご 愛 あい/アウトサイドヒッター 出身/栃木県 身長/180cm 所属/東レアローズ 出身校/下北沢成徳高校 <No. 18> 山岸 やまぎし あかね /リベロ 出身/長野県 身長/165cm 所属/埼玉上尾メディックス 出身校/東海大学 <No. 21> 長内 おさない 美和子 みわこ/アウトサイドヒッター 出身/東京都 身長/175cm 所属/日立リヴァーレ 出身校/文教学院大女高校 <No. 22> 吉野 よしの 優理 ゆうり/アウトサイドヒッター 出身/青森県 身長/173cm 所属/埼玉上尾メディックス 出身校/由利高校 <No. 24> 芥川 あくたがわ 愛加 あいか/ミドルブロッカー 出身/熊本県 身長/179cm 所属/JTマーヴェラス 出身校/東九州龍谷高校 <No. 28> 石川 いしかわ 真佑 まゆ/アウトサイドヒッター 出身/愛知県 身長/171cm 所属/東レアローズ 出身校/下北沢成徳高校 スポンサーリンク.

次の

ワールドカップバレー2019/日本代表女子メンバーとテレビ放送日程は?

ワールド カップ バレー 女子 メンバー

アウトサイドヒッター 古賀紗理那• アウトサイドヒッター 新鍋 理沙• アウトサイドヒッター 石井 優希• アウトサイドヒッター 内瀬戸真美• アウトサイドヒッター 熊谷友理枝• アウトサイドヒッター 黒後 愛• アウトサイドヒッター 今村 優香• アウトサイドヒッター 長内美和子• アウトサイドヒッター 吉野 優理• アウトサイドヒッター 東谷玲衣奈• アウトサイドヒッター 中川 美柚• アウトサイドヒッター 石川 真佑• アウトサイドヒッター 宮部愛芽世• ミドルブロッカー 岩坂 名奈• ミドルブロッカー 荒木絵里香• ミドルブロッカー 島村 春世• ミドルブロッカー 奥村 麻衣• ミドルブロッカー 渡邊 彩• ミドルブロッカー 入澤 まい• ミドルブロッカー 芥川 愛加• セッター 宮下 遥• セッター 富永こよみ• セッター 佐藤 美弥• セッター 田代佳奈美• セッター 関 菜々巳• リベロ 小幡 真子• リベロ 井上 琴絵• 【ワールドカップバレー2019女子メンバープロフィール】 アウトサイドヒッター アウトサイドヒッター 古賀紗理那選手 古賀紗理那選手 佐賀県神埼郡出身。 NECレッドロケッツ所属の23歳。 2015年1月NECレッドロケッツに入団内定。 翌2月途中出場し1得点を挙げるなどデビューを果たす。 2015年8~9月ワールドカップバレーで世界三大大会出場を果たし、ベストスコアラーランキング5位、ベストサーバー部門4位、ベストレシーバー部門1位など華やかな活躍を見せた。 目標としている選手元ロンドンオリンピック代表の木村沙織さん2世としてオリンピックまで走り抜けてください! アウトサイドヒッター 新鍋 理沙選手 新鍋理沙選手 久光製薬スプリングス所属の29歳。 2012年ロンドンオリンピックの代表メンバーに選出され28年ぶりの銅メダル獲得に貢献。 2014年のワールドグランプリや世界選手権ではレフトのウイングスパイカーとして起用されるが、2015年怪我のためエントリー辞退し、リオデジャネイロオリンピックにも選出されず。 2017年再び代表メンバー登録され、アジア選手権で10年ぶりの優勝に貢献し、MVPを獲得。 明日のオランダ戦も粘って繋いで勝利を!!! 選手 2019. 15 横浜アリーナ — てつ tetsu861972 日本代表に返り咲きです。 活躍を期待します! アウトサイドヒッター 石井 優希選手 久光製薬スプリングス所属の28歳。 2010年1月久光製薬スプリングス内定、同年11月開幕2戦目のデンソー戦がプレミアリーグデビューとなる。 2011年3月全日本女子チームメンバー登録、5月モントルーバレーマスターズ予選リーグの対オランダ戦で国際試合デビューを飾った。 敢闘賞を受賞。 イタリア代表カロリーナ・コスタグランデ選手を目標としている。 コートでチームを引っ張って! 明日も頼りにしています!!! 選手 2019. 15 横浜アリーナ — てつ tetsu861972 コースの打ち分けがうまく、得点につながるスパイクが打てる選手として日々貢献しています。 宮崎県延岡市出身。 2014年1月Vプレミアリーグ日立リヴァーレ内定選手となる。 同年1月対パイオニア戦に途中出場しデビューする。 同年4月Vリーグ20周年ニューヒロイン賞に輝き、同年4月日本代表に初選出。 同年5月モントルーバレーマスターズ予選リーグアメリカ戦で先発出場して全日本初出場を果たす。 同年8月ワールドグランプリで金メダル獲得。 2015年ワールドカップに日本代表として選出、出場。 2017年6月日立を退団。 同年9月イタリアバレーボールリーグセリエA2のヘルマエア・オルビアへの入団が発表される。 2018年6月現トヨタ車体クインシーズへの入団が決定。 選手 大学ではスパイク・ブロック・レシーブ賞を獲得 Vリーグでは20周年ニューヒロイン賞受賞 全日本でも大活躍!グラチャンではディグ部門世界一に — クマのすけ(体育) kumataiiku 海外で腕を磨いて日本代表に返り咲き、華を添えてくれることでしょう。 アウトサイドヒッター 黒後 愛選手 東レ・アローズ所属の21歳。 栃木県宇都宮市出身。 2017年1月Vプレミアリーグの東レ・アローズの入団内定。 同年3月全日本メンバーに登録される。 同年9月ワールドグランドチャンピオンズカップの出場メンバーに登録。 同年10月Vプレミアリーグ開幕戦対トヨタ車体クインシーズ戦にスタメン出場、13得点を挙げ、華やかなデビューを飾った。 2018年世界選手権の前哨戦ネーションズリーグで国際大会出場しチームトップの得点を挙げた。 ここの愛ちゃん可愛すぎる。 遥ちゃんも愛ちゃんにちょんちょんってするとこ可愛すぎる。 もう愛しい。 アウトサイドヒッター 今村 優香選手 久光製薬スプリングス所属の26歳。 2015年12月Vプレミアリーグ久光製薬スプリングスへの入団を発表。 2016年12月VプレミアリーグのPFUブルーキャッツ戦にリリーフサーバーとして出場しデビューを果たす。 2017年ユニバーシアード代表として、同年7月開催のVTVカップも出場し優勝に大きく貢献し、MVP及びベストスコアラーに選出。 2018. 2016年1月日立リヴァーレ内定選手となり、Vリーグに登録される。 同年9月全日本U-23代表メンバーに選出、タイで開催されたシニア大会となる弟5回アジアカップ・バレーボール選手権に出場し、決勝でタイに0-2から大逆転勝利した。 同年11月対岡山シーガルズ戦に途中出場しVプレミアリーグデビューを果たすと共に、20得点を挙げてフルセットの接戦を勝利した。 2019年シニア代表に選出。 同年5月のモントルーバレーマスターズでデビューし、ネーションズリーグ出場。 青森県弘前市出身。 埼玉上尾メディックス入団後、1年目から全試合に出場。 高い精度のレシーブや2段トスでチームを支えた。 今回全日本代表初選出。 憧れの選手は2012年ロンドンオリンピック銅メダルの新鍋理沙選手。 オールラウンドなスタイルを手本にしている。 アウトサイドヒッター 東谷玲衣奈選手 デンソー・エアリービーズ所属の20歳。 神奈川県座間市出身。 実父はガーナ人、実母は日本人のハーフ。 2017年12月デンソー・エアリービーズに入団内定。 2018年11月V. LEAGUE Division1・対埼玉上尾メディックス戦に途中出場、2得点を挙げデビューを果たす。 愛知県岡崎市出身。 東竜谷高校に進学し、当初はセンスはあったが自信がなかったが、相原昇監督の下でメキメキ上達し、サーブレシーブもできて、スパイクも打てる選手に成長。 可愛いながら最高到達点311cmのジャンプは圧巻です! アウトサイドヒッター 石川 真佑選手 東レ・アローズ所属の19歳。 愛知県岡崎市出身。 2019年1月Vプレミアリーグの東レ・アローズに入団内定。 LEAGUEデビューを果たす。 兄は石川祐希選手。 現役高校生で代表選出! 高校2年生の時に春高バレーでMVPを獲得。 日本代表選出歴のある神戸親和女子大学在籍の姉藍梨さんは姉。 背中をを追ってバレーを続けて今回日本代表に選出。 【2019. 同年4月全日本メンバーに登録された。 2010年全日本B代表として弟2回アジアカップに出場。 2011年6月モントルーバレーマスターズで初優勝に大きく貢献、ベストサーバー賞を獲得。 同年11月ワールドカップバレー第2戦のアルゼンチン戦以降スタメン出場。 ベストサーバー部門2位、ベストブロッカー部門5位にランクイン。 2017年の全日本でキャプテンに指名され、同年8月に開催されたアジア選手権では10年ぶりの優勝、自らもベストミドルブロッカーに選ばれる。 全日本キャプテンとしての重責を担いながらもさわやかにプレーできる岩坂選手、素敵な笑顔です! ミドルブロッカー 荒木絵里香 荒木 絵里香選手 トヨタ車体クインシーズに所属の35歳、最年長。 2008年北京オリンピック、2012年ロンドンオリンピックの2大会連続出場。 2013年結婚後引退し、2014年出産するが、同年上尾メディックスで現役復帰。 2015年に全日本に追加登録され復帰を果たす。 同年上尾メディックスより現所属のトヨタ車体クインシーズに移籍。 子どもさんに後ろ姿を見せて前に進んで下さい! ミドルブロッカー 島村 春世 NECレッドロケッツ所属の27歳。 神奈川県鎌倉市出身。 2010年1月NECレッドロケッツに内定。 2012年Vサマーリーグで大会2連覇に貢献しMVPを獲得。 2013年4月全日本メンバーに初選出され同年6月モントルーバレーマスターズで全日本代表デビューを果たす。 同年10月世界U23女子バレーボール選手権も出場し、銅メダル獲得。 従姉妹の影響で小学3年生の時にバレーボールを始める。 2009年嘉悦大学に進学。 2010年4月全日本代表メンバーに登録。 9月アジアカップ出場。 2011年7月ユニバーシアード代表に選出。 2012年4月全日本代表メンバーに選出。 同年12月JTマーヴェラス入部が内定。 2013年6月ユニバーシアード代表に再度選出され、エリツィンカップ2013でベストブロッカーに輝く。 2017年3月再度全日本代表メンバーに登録。 2018年4月JTマーヴェラスを退部。 2019年8月デンソー・エアリービーズの入団を発表。 宮城県塩竈市出身。 ママさんバレーをしていた実母の影響で小学校4年の時にバレーボールを始める。 2010年三洋電機レッドソアに入団するが、2012年5月にレッドソアが活動休止、その後仙台ベルフィーユに所属。 2017年6月チーム解散に伴い、トヨタ車体クインシーズに移籍。 同年10月Vプレミアリーグ開幕戦対東レ戦で先発出場、デビューを果たす。 2019年4月日本代表メンバーに初選出、モントルーバレーマスターズで代表デビューを果たす。 お母さんの存在は大きいのですね。 ミドルブロッカー 入澤 まい 日本リヴァーレ所属の20歳。 埼玉県三郷市出身。 父192cm、母170cmの高身長の両親に勧められ、小学2年よりバレーボールを始める。 2014年中学で全日本中学選抜メンバーに選出。 同年全国都道府県対抗中学バレーボール大会で埼玉選抜メンバーに選ばれベスト8と健闘しオリンピック有望選手に選出、オールスタードリームマッチメンバーにも選ばれる。 高校はバレー強豪校の春日部共栄高等学校に進学し、入部から引退までの3年間絶対的エースを務めた。 2017年8月高校選抜メンバーとしてタイ遠征に参加、中3から高2まで3年連続オールスタードリームマッチ選出。 2017年12月日立リヴァーレ内定を発表。 年明けのレギュラーラウンドにスタメン起用され、8得点をあげデビューを飾る。 2018年9月タイ開催のアジアカップに出場しU23の14人に選ばれ準優勝に輝き日本勢初のメダルを獲得。 選手 ! 2019. 11 深谷市総合体育館 — てつ tetsu861972 まだ20歳です。 伸びしろに期待大です! ミドルブロッカー 芥川 愛加 JTマーヴェラス所属の28歳。 熊本県宇土市出身。 全日本女子メンバーの試合をテレビ観戦したのがきっかけで中学1年からバレーボールを始める。 2007年東九州龍谷高校に進学、在籍時に2007年のアジアユース選手権優勝、2008年アジアジュニア選手権優勝に貢献。 また2008年、2009年と2年連続で春高バレー優勝とインターハイ優勝に大きく貢献。 2009年12月皇后杯全日本バレーボール選手権でプレミア勢を撃破し、旋風を巻き起こす。 2010年JTマーヴェラスに入部、全日本メンバーにも登録される。 2011年2月Vプレミアリーグで対久光製薬戦でデビューを果たす。 三重県桑名市出身。 小学1年からバレーボールを始める。 中学の時、アタッカーからセッターに転向。 2009年5月Vプレミアリーグ・岡山シーガルズに選手登録され黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会に出場。 この時、史上最年少の14歳8か月! 2009年11月Vプレミアリーグ開幕戦で途中出場、15歳2か月でデビューを果たし、同じチーム堀口夏実の史上最年少出場の記録を塗り替える。 2010年3月2010年度全日本女子チームに登録。 15歳で代表入りは全日本女子全体で4人目、セッターでは現監督の中田久美以来30年ぶり。 2013年3月大阪国際滝井高等学校卒業。 同年8月WGP2013の対タイ戦で全日本A代表デビューを白星で飾り、4位という成績を残す。 2014年6月東京オリンピック強化指定選手である「TeamCORE」のメンバーに選出。 負けてしまった昨日の試合後。 でもしっかり強い目。 選手 Haruka Miyashita — イニエス riothebackatk 史上最年少で数々の記録を塗り替え、早くも東京オリンピック強化指定選手とは素晴らしい! セッター 富永こよみ 埼玉上尾メディックス所属の30歳。 東京都狛江市出身。 姉の影響で小学3年からバレーボールを始める。 2008年パイオニアレッドウイングスに入団。 2009年モントルーバレーマスターズで国際大会デビューを果たし、ワールドグランドチャンピオンズカップにも出場。 2011年12月8日Vプレミアリーグ対岡山シーガルズ戦で左足アキレス腱断裂の重傷を負い、長期離脱を余儀なくされる。 2013年国民体育大会バレーボール競技で復帰、12年ぶりの優勝を果たす。 2014年5月パイオニア廃部のため、同年7月現埼玉上尾メディックスに移籍。 2017年3月再度全日本代表メンバーに登録。 2018年8月埼玉上尾メディックスよりLardini Filotrano ラルディーニ・フィロットラーノ へ海外レンタル移籍となり、2018年10月~2019年4月迄イタリアでプレー。 秋田県秋田市出身。 小学4年の時に友人に誘われてバレーボールを始める。 聖霊女子短大付属高等学校時代、春高バレーやインターハイで活躍。 2008年嘉悦大学へ進学。 2010年4月全日本代表メンバーに登録。 2011年12月Vチャレンジリーグの日立リヴァーレに入団内定。 2014年4月再度日本代表メンバーに登録される。 バレー女子日本代表のセッター 佐藤美弥可愛すぎん? — ヒムコ A8MD5124lBYRfI3 日本代表としての重圧に涙したとしてもそれが糧になります。 頑張って下さい! セッター 田代佳奈美 CSMブカレスト(ルーマニア)所属の28歳。 母親の影響で小学1年よりバレーボールを始める。 古川学園高等学校では春高バレー準優勝、2007年アジアユース選手権優勝などを経験。 2009年東レアローズに入社 2010年11月Vプレミア開幕戦対パイオニア戦でプレミアデビューを果たす。 2012年9月第3回アジアカップ女子大会の日本代表メンバーに選出。 2013年10月世界U23女子バレーボール選手権日本チーム主将として銅メダル獲得に貢献。 2016年5月リオデジャネイロオリンピック予選、オランダ戦に出場し勝利に貢献。 2018年東レの退団を発表。 熊本県上天草市出身。 母親の影響で小学4年でバレーボールを始める。 日本体育大学で4年次主将を務め、全日本インカレで21年ぶり優勝に大きく貢献、MVPとベストリベロ賞受賞。 2015年1月JTマーヴェラスに内定。 同年11月Vチャレンジリーグの対フォレストリーヴズ熊本戦でデビュー。 2016年5月の黒鷲旗大会で2連覇に貢献、ベストリベロ賞を受賞。 2017年3月全日本メンバーに登録され、同年7月ワールドグランプリでシニア国際大会デビュー。 同年8月アジア選手権でチーム10年ぶりの優勝に大きく貢献、ベストリベロにも輝く。 選手 2019. 15 横浜アリーナ — てつ tetsu861972 リベロ 井上 琴絵 デンソー・エアリービーズ所属 2019. 9月~)の29歳。 京都府京都市の出身。 年京都橘高等学校では、春高バレー準優勝や国体優勝の成績を残すとともに、200年アジアユース選手権・2008年アジアジュニア選手権優勝も経験した。 2008年JTマーヴェラス入部。 同年5月黒鷲旗大会で準優勝、個人で若鷹賞に輝く。 同年9月アジアジュニア選手権で優勝に貢献、ベストリベロ賞に輝く。 同年9月のアジアカップに出場した。 また第60回黒鷲旗大会との2冠達成。 2015年6月JTマーヴェラスの主将を務めた。 2017年3月再び全日本代表メンバーに登録される。 2018年5月JTマーヴェラスを退部、同年9月にルーマニアのCSMブカレストに移籍。 2019年9月デンソー・エアリービーズへの入団を発表。 日本のチームへの復帰と、ワールドカップバレーメンバーとしての活躍と期待されてますね! リベロ 山岸あかね 埼玉上尾メディックス所属の28歳。 長野県須坂市出身。 5歳の時に姉のバレーボールを見に行き小学1年でを始める。 東海大付属弟3高等学校では春高バレー・インターハイで活躍。 東海大学に進学し、インカレで2年次に準優勝、3年次には優勝を果たす。 2013年1月上尾メディックスに内定。 同年4月全日本代表メンバーに登録。 同年7月エリツィン杯で4位、第27回ユニバーシアード競技大会(カザン)5位。 同年10月東アジア競技大会では銀メダルを獲得。 2018年全日本代表メンバーに登録。 ネイションズリーグブラジル大会に出場。 2018. アウトサイドヒッター、ミドルブロッカー、セッター、リベロとそれぞれの役割をこなしながらも全体を見て勝利のために戦っているひとりひとりが光ってます。 勝っても、負けても、皆さんの努力を知っている人がいます。 悔いを残さず笑顔を忘れず、また次のステージへ進んで下さい。 東京オリンピック2020が待っています。

次の