ご指導いただけますと幸いです。 ビジネスにおける「幸甚に存じます」の意味と使い方、例文、言い換え表現を解説!

みんなで考えよう!書写指導

ご指導いただけますと幸いです

いざ使うという場面で迷わないように、正しい意味をきちんと知っておくことが大切です。 いただきます 頂きます の意味 「いただきます」は、「もらう」の謙譲語+ますとなり、「もらいます」を丁寧な敬語表現にしたものです。 「〇〇いただきますようお願いいたします」のように使用し、へりくだってお願いするような場面で使われます。 「〇〇して欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。 いただけます 頂けます の意味 「いただけます」は、「いただけ/ます」と分割することができます。 上記と同様に「もらう」の謙譲語「いただく」と、可能形「〜できる」の「〜ける・れる」が付いた形で「いただけ」となり、さらにプラスして「ます」という文になります。 「〇〇いただけますか?」のように使用し、「〇〇できるならして欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。 「いただけます」がより丁寧 それぞれの意味からもわかるように、どちらも丁寧な表現であり、お客様や目上の方に向けた言葉として適切です。 微妙なニュアンスの違いですが、「いただけます」の方が「可能ならばお願いしたい」という意味のため、「いただきます」よりも、よりへりくだった表現であるといえます。 日常的に使用されている言葉ですが、ちょっとしたニュアンスの違いによって、受け取る側の印象が変わってくることもありますので、気を付けて使用するようにしましょう。 「メールをご確認いただけますか」 「メールを確認して頂くことは可能ですか」というお願いしたい時に使われる表現です。 ここでは「いただけます」を使っていますが、「いただきます」を使った場合は、「メールを確認していただきますようお願い致します」のように使用し、「いただきますよう~」という表現を使うことが多いです。 「お水を一杯いただけますか」 「お水を一杯もらうことは可能ですか」という意味で、上記の例文同様お願いしたい時に、より丁寧に柔らかい印象を与える表現です。 「いただきます」を使う場合、問いかけの文となりますので、「お水を一杯いただきたいのですが、よろしいですか?」のように使用します。 「書類の内容をご確認いただけますか」 「書類の内容を確認してもらうことは可能ですか」という意味で使われています。 「出来たらお願いしたい」という気持ちが表現されていて、とても柔らかで丁寧な文です。 「いただきます」を使った場合「書類の内容をご確認していただきますようお願いいたします」のようになります。 間違った使い方 接客や電話応対などで、よく耳にする言葉でも、敬語の使い方として間違っている場合があります。 間違っているのに使ってしまいがちな言葉の例文と、間違いの理由、言い換えについて例文を交えて見ていきます。 「〜いただけますでしょうか」 「いただく」と「でしょうか」に分解できます。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 「〜でしょうか」は「です」の疑問形です。 謙譲語+丁寧語の組み合わせは二重敬語と呼ばれており、日本語としては誤りです。 周りくどい表現のためできるだけ避けるのが無難です。 「〜いただけますかが正しい」 上記の「~いただけますでしょうか」を正しい文に言い換えると「~いただけますか」となります。 例文として「ご確認していただけますか」、「〇〇を一ついただけますか」のように「もらう」の謙譲語「いただく」を使い、語尾を「~ますか」にして疑問文にしています。 いただけますかの類義語 「いただけますか」の類義語にはどのようなものがあるでしょうか。 ここでは特に使用頻度の高い「くださいます」と「よろしかったでしょうか」について解説します。 なんとなく敬語を使うのではなく、意味や正しい使い方知っておくことが大切です。 「くださいます」 「くださる」は「与える」の尊敬語で、語尾を変化させて「くださいます」となります。 目上の方がしたことについて敬語で表現するときに使います。 「部長が〇〇をくださいました」「部長が〇〇をくださった」のように使います。 「よろしかったでしょうか」 「よろしいでしょうか」の方が正しい言い方であるとされていますが、過去にあった事柄について再確認する場合に使う言葉として誤りではありません。 レストランなどで、注文したメニューを再確認するような際には、現在の事実についての再確認となりますので「よろしかったでしょうか」ではなく「よろしいでしょうか」を使います。 まとめ 「いただけます」、「いただきます」について詳しく見てきました。 ちょっとしたニュアンスの違いで相手に与える印象が変わってくるということを認識することが大切です。 相手を敬う気持ちが強すぎて二重敬語になってしまわないように、敬語の意味と使い方を意識して使うようにしましょう。

次の

「ご検討いただければ幸いです」の意味と使い方・正しい敬語か

ご指導いただけますと幸いです

ご指導 = 指導すること• ご・お~いただければ = 「〜してもらえれば」の意味の敬語• すると「ご指導いただければ幸いです」の意味は… 「指導してもらえたら嬉しいです」 のように解釈できます。 「~してもらえたらと嬉しいです」としているため、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 そんなに丁寧にお願いする必要あるの?って思うくらい。 目上・上司にはもちろんのこと社外取引先にもつかえる丁寧な敬語フレーズですね。 敬語の解説 ややこしいので、これまでの敬語の解説をまとめておきます。 「ご指導いただければ幸いです」を敬語としてみていくと以下のとおりに成り立ちます。 もとになる単語「指導」• 仮定「たら・れば」で 「ご指導いただければ」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズになります。 なお「ご指導していただければ幸いです」は間違い敬語となりますのでご注意を。 「指導していただければ幸いです」とすれば正しい敬語ではありますが…長くなるため理由は省略。 それでは次項より使い方についても見ておきましょう。 使い方・ビジネスメール例文 こうして長々と読んでいてもイメージがつかみにくいかと思いますので、より実践的に。 ここでは「ご指導いただければ幸いです」の使い方をビジネスメール例文とともにご紹介。 どれも目上・上司・取引先にふさわしい丁寧な敬語にしています。 ご参考にどうぞ。 【基本の使い方】指導の依頼・お願いビジネスメール 「ご指導いただければ幸いです」の使い方 何かしら指導をお願いするときのビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧なフレーズですね。 たとえば、• 【例文】ご指導いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご指導いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 のようにして何かの依頼・お願いをともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。 もちろん結びでなく文章の途中でつかっても丁寧です。 まぁ、ようするに「指導してもらえたら嬉しいな!よろしく」という意味なのです。 なお「ご指導 をいただければ幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 今後とも一層のご指導をいただけましたら幸いです。 甚だ略儀ではございますが、 まずはメールをもちましてご挨拶申し上げます。 敬具 ——————————- メール署名 ——————————- ・「拝命する」は「任命されること」の意味。 「謹んで命をうける」という謙譲表現である。 通常は何かの役職にたいして「(役職への任命を)受ける」ことを意味する。 株式会社転職の転職でございます。 さて、私の営業部長就任にあたりましては、 温かいご祝辞と激励のお言葉をいただきまして、 誠にありがとうございます。 新たな立場となり多少の戸惑いもありますが、 これまでの経験を生かし、周囲の協力も得ながら、 尽力して参りたいと考えております。 今後ともご指導のほど 何卒よろしくお願い申し上げます。 甚だ略儀ではございますが、 まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。 言いたいことは結局のところ「指導してほしい」なのですが… 敬語の使い方に違いあり。 敬語としてはどちらも、これでもかというくらい丁寧なので使い分けする必要はありません。 お好みでお使いください。 ・幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 ビジネスメールではとかく「いただく」「くださる」ばかりになってしまい、文章が気持ち悪くなってしまうのですよね。 そこで活躍するのが「ご指導 のほど~」です。 使い方にはたとえば• 例文「ご指導のほどお願い申し上げます」• 例文「ご指導のほどお願い致します」 などあり。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 もともと、とくに深い意味はありません。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 ちなみに「ご指導の程」というように漢字をもちいてもOK。 あなたのお好みでお使いください。 長いうえに丁寧すぎて気持ち悪いですからね。 そこでビジネス会話・電話では…• 可能形にして「ご指導いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 ビジネスメール結びをより丁寧にするコツ あまり関係ないのかもしれませんが重要なので念のため。 ビジネスメールの文末・結び・締めとして使うことのおおい「ご指導」 ここでは、 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツをご紹介します。 メール結びに使うときは「よろしく!」を加えると丁寧 ビジネスメール結びをより丁寧にするためのコツ。 「ご指導いただければ幸いです」はそれだけではビジネスメール結び締めとしてイマイチ。 そこで、 うしろに「よろしく!」的なフレーズを組み合わせて、セットで使うとより丁寧なメール結びになります。 すでに例文にはしましたが…• 【例文】ご指導いただければ幸いです。 何卒よろしくお願い申し上げます。 【例文】ご指導いただければ幸いです。 よろしくお願い致します。 【例文】ご指導いただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 ビジネスメールの結び締めに使うときにはこんな感じにするとよいでしょう。 「ご指導」の前置きに添える丁寧なお願いフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」を使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 どうかご指導〜 「どうかご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます」 「どうかご指導くださいますようお願い致します」 「どうかご指導いただきますようお願い申し上げます」 「どうかご指導賜りますようお願い申し上げます」• 何卒ご指導〜 「何卒ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます」 「何卒ご指導くださいますようお願い致します」 「何卒ご指導いただきますようお願い申し上げます」 「何卒ご指導賜りますようお願い申し上げます」• 末永いご指導〜 「末永いご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます」 「末永くご指導くださいますようお願い致します」 「末永くご指導いただきますようお願い申し上げます」 「末永くご指導賜りますようお願い申し上げます」• 今後ともご指導〜 「今後ともご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます」 「今後ともご指導くださいますようお願い致します」 「今後ともご指導いただきますようお願い申し上げます」 「今後ともご指導賜りますようお願い申し上げます」• 今後とも変わらぬご指導〜 「今後とも変わらぬご指導のほどお願い申し上げます」• 「ご指導」の前置きには強調するフレーズ「どうか」「何卒(なにとぞ)」だけでなく、申し訳なく思う気持ちや、相手を気づかうフレーズをもってきても丁寧です。 たとえば「誠に勝手を申し上げますが」などと組み合わせ、以下例文のようにすると好感がもてますね。 上司や目上にはもちろんのこと、取引先のメールにも使える丁寧な例文にしています。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますがご指導〜」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますがご指導〜」 「たびたび恐縮ではございますがご指導〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご指導〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご指導〜」 「たびたび恐れ入りますがご指導〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますがご指導〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますがご指導〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますがご指導〜」• ご多忙とは存じますが=忙しいとは思うけど 「ご多忙とは存じますがご指導〜」 結局どれがもっとも丁寧? あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。 ここまで紹介した言い換え例文の丁寧レベルを整理しておきます。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。 ご指導ください• ご指導くださいませ• ご指導いただけますか?• ご指導ください• ご指導くださいませ• ご指導いただけますか• ご指導いただけますでしょうか• ご指導をお願い致します• ご指導いただきたく、お願い致します• ご指導いただきたく存じます• ご指導いただければと存じます• ご指導のほどお願い申し上げます• ご指導くださいますようお願い申し上げます• ご指導いただきますようお願い申し上げます• ご指導くださいませ• ご指導をお願い致します• ご指導いただきたく、お願い致します• ご指導いただきたく存じます• ご指導いただければと存じます• ご指導いただきますようお願い申し上げます• ご指導いただけますようお願い申し上げます• ご指導くださいますようお願い申し上げます• ご指導いただければ幸いです• ご指導いただければ幸甚に存じます• ご指導いただけましたら幸いです• ご指導いただけますと幸いです• ご指導いただけますと幸甚に存じます• ご指導いただけましたら幸甚でございます• ご指導いただけましたら幸甚に存じます 補)「お願い申し上げます=お願い致します」に言い換えOK 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 また、そのさま」 なお「ご指導 をいただけましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。 ご指導賜りますようお願い申し上げます• ご指導いただければ幸いです• ご指導いただければ幸甚に存じます• ご指導いただけましたら幸いです• ご指導いただけましたら幸甚でございます• ご指導いただけましたら幸甚に存じます• ご指導賜りますと幸いです• ご指導賜れますと幸いです• ご指導賜りましたら幸いです• ご指導賜れましたら幸いです• ご指導賜りますと幸甚に存じます• ご指導賜れますと幸甚に存じます• ご指導賜りましたら幸甚に存じます• ご指導賜れましたら幸甚に存じます なお「ご指導 を賜りましたら幸いです」というように「 を」を入れるケースもあります。 どちらを使っても正しい敬語です。

次の

ビジネスにおける「幸甚に存じます」の意味と使い方、例文、言い換え表現を解説!

ご指導いただけますと幸いです

「幸い」という言葉は、相手に何かを依頼する場合に使用する言葉で、相手にそれを叶えてもらえたらうれしいという意味を表わしています。 しかし、相手が目上の人や立場が上の取引先の担当者のような場合だと、失礼な物言いに受け取られることがあります。 相手によっては、「思います」の敬語表現の「存じます」を使って、「幸いに存じます」のように表現した方がいいでしょう。 また、「幸甚に存じます」という表現もありますので、押さえておきましょう。 ご多忙な折り、誠に恐縮ではございますが、皆様お誘い合わせの上、ご参加いただけましたら幸いに存じます。 」 という風に使用することができます。 このように、あらたまった集まりの場合には、敬語を使った方がいいでしょう。 贈り物をする際も「幸い」という言葉を使う 「幸い」の使い方ですが、何か依頼する場合以外に、相手に対して贈り物をする場合などにも使用され、プレゼントやギフトを贈る相手に喜んでもらうこと、相手の役に立つことを期待する気持ちを表わす言葉でもあります。 ただ、ごく親しい人に贈る場合は、敬語まで使う必要はないかもしれません。 場面に応じて、敬語表現を使い分けるようにしてください。 物を贈る場合の「幸い」の敬語表現の具体例 物を贈る場合の「幸い」の敬語表現ですが、 「ささやかな感謝のしるしとして、心ばかりの品をお送り致しました。 気に入っていただけましたら幸いに存じます。 」 などとし、プレゼントの品と一緒に、メッセージカードをつけるといいでしょう。 ただ、ごく親しい間柄の人に贈る場合は、あまり丁寧な文章で贈ると嫌味だと思われてしまうかもしれません。 贈る人の人柄に合わせて敬語表現や文章を考えましょう。 「幸いです」という表現の濫用に注意 「幸い」というのは、一般的におめでたいときに使われる敬語です。 あまりビジネスメールのようなものに多用しない方がいいでしょう。 人によっては「何が幸いなんだろう」などと疑問に持たれることがあります。 自分がうれしいと思ったときに使われる言葉ですが、ごく普通に語尾に「致します」を使用する代わりに、「幸いです」とつけてしまうとそぐわない場合が出てきます。 結婚式などおめでたい場では「幸い」という表現がしっくりくる 結婚式の案内状の文末には、「お返事をいただければ幸いに存じます。 」のように、「幸い」を敬語とする文章が使われています。 また、結婚式の贈り物をする場合なども、「お祝いの品をお送りしましたので、お受け取りいただけましたら幸いです。 」のように使われます。 ビジネスシーンとは逆に、結婚式のようなおめでたい席では、たいへんしっくりくる言葉です。 「幸いに存じます」という表現が敬語としてより丁寧 「幸いです」という言葉は、「幸いに存じます」「幸甚に存じます」という敬語表現にすることでより丁寧になります。 幸いが敬語として使われるケースには、相手に何かを依頼する場合、また贈り物をする場合などがあります。 幸いは、相手にそれを叶えてもらえたらうれしいという意味を表わしていますが、敬語として成り立つかというと微妙な言葉です。 人によっては何が幸いなのか、疑問に持たれることがあるようですので、使うときは状況をしっかり考慮するのがよいでしょう。

次の