大腸 検査 食事 制限。 大腸内視鏡検査前の食事はどうしたらいいの?

大腸内視鏡検査前の食事はどうしたらいいの?

大腸 検査 食事 制限

皆さん、こんにちは。 横浜市胃腸科のららぽーと横浜クリニックです。 「大腸検査前にどんなお食事したら良いのかわからない…」「こんな食事でいいのかな?」と心配な方が多いのか、のページを求めて検索をしてくる方が多いみたいです。 なので、今回は大腸内視鏡検査前の食事について、詳しくお話していこうと思います。 大腸内視鏡検査とは まず、大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡を挿入して大腸の粘膜を直接観察する検査です。 (大腸内視鏡検査についてさらに詳しく知りたい方は)そのため、検査の時には大腸内を空っぽにしなければなりません。 お腹を空っぽにするには食事制限と下剤の服用をします。 ただ、食事制限と言われると「そんなに大変なの?」「これは食べて大丈夫なのかな?」と検査が始まってもないのに心配になる事あると思います。 そんなときは下を参考にしてみてください! 何に気を付ければいいの? 大腸がきれいになりやすいように(大腸に便が残らないようにするため)、消化の良いものを食べます。 他にも気を付けることがあります。 1、食物繊維を多く含むものは食べない ・便を大量に作り出してしまう ・脂肪分の多いものは大腸に便停滞しやすくなる というデメリットがあるので避けます。 2、便秘がちの方・普段から大食いの方は食事制限の期間を増やすが吉 検査の2~3日前から消化の良いものを食べるようにしていると、検査当日になかなか大腸がきれいにならないというトラブルは起こりにくくなります。 自身の体質を理解し、必要があれば出来るだけ早めに対策をとることが必要な場合もあります。 どんなものを食べればいいの? 基本的に前日の夕食は腹八分目にして、夜8時半までには済ませるようにしましょう。 では、気を付ける所が分かったところで具体的にどんなものを食べるのが良いのか、さらに詳しく見ていきましょう。 低残渣食は便になりにくい特殊なお食事のセットなので、安心して検査前の食事を食べることが出来ます。 当院でも 3 食 1100 円でお渡ししています。 前日の食事を考えるのが大変な方や面倒な方はお声かけください。 当院のHPで紹介しているものよりも少しバリエーションを増やしてみましたので、ぜひ取り入れてみてください! 食べてもよいものだから、と大量に食べるのは控えましょう。 腹八分目、もう少し…というところでやめておくことも検査の前日には大切です。 もちろん下剤を飲むことも大切ですが、 腸の中が綺麗にならずに内視鏡検査で残渣があった場合は、折角頑張って下剤を飲んでも観察不良(残渣で隠れた腸の粘膜はうまく観察できない)となってしまい、再検査が必要に…なんてことも少なくありません。 食べられないものも多いですが、意外に食べられるものも多いです。 メニューを参考にして検査の前日もしっかり食事を摂って下さいね。 好きなものが食べられないのは少しさみしいですが、そこはグッと我慢して検査に臨みましょう。

次の

大腸内視鏡検査前日の食事と飲み物!注意することは?

大腸 検査 食事 制限

目次 -INDEX-• 内視鏡検査(治療)前の食事 内視鏡前日の食事 内視鏡検査を受ける際、前日の夕食は摂ることができます。 ただし、時間や食事の内容には制限があるため、注意が必要です。 内視鏡検査は朝に行われるのが一般的です。 検査時に胃や腸の中に食物残渣や多くの便があると、検査に支障をきたすため、一定の時間より後の飲食は禁止されます。 多くの病院で、夜5時~9時くらいまでの間に夕食を済ませるように指示があるようです。 検査を受ける病院によって食事が可能とされる時間は異なりますので、必ず病院からの指示を守りましょう。 また、大腸内視鏡の場合は、前日に下剤を飲む場合もあります。 前日は、朝昼晩ともに繊維質が多い食材や、油分が多いメニューは避ける必要があります。 できるだけ消化のよいものを少なめの量食べるように心がけましょう。 病院によっては、消化しやすく便になりにくい専用の「検査食」を提供している場合もあります。 なかには、内視鏡を入れる数日前から食事の制限を課す病院もあるようですので、事前にきちんと説明を受け、指示に従いましょう。 内視鏡当日朝の食事 手術当日の朝食は、基本的に摂ることができません(食道や胃の検査の場合、検査時間によりごく少量可の場合もあり)。 ただし、検査の2時間ほど前までは、飲み物に限り摂取できるとされている場合がほとんどです。 このとき、色が濃い飲み物や乳飲料などは禁止されるようです。 水やお茶などを飲むとよいでしょう。 病院にもよりますが、検査の何時間前までにコップ何杯の水を飲むようにと指示をされる場合もあります。 内視鏡検査(治療)後の食事 検査後食事ができるタイミング 内視鏡検査では、検査中の苦痛を和らげるために鎮静剤や麻酔を用いることがあります。 また、大腸の検査では、注射によって大腸の動きが抑制された状態になっています。 検査が終了した後も、麻酔や薬剤の効果が切れるまでは、食事をすることはできません。 病院により指示は異なりますが、多くの場合、検査終了から1時間ないし2時間程度経過後から、食事を摂ることが認められるようです。 検査後の食事制限 薬剤の効果が切れた後は、食事制限による低血糖や脱水を改善するために、食べ物や飲み物を意識して摂る方がいいとされています。 食事の内容は、なかにはいつも通りの食事に戻れるとしている病院もありますが、多くの場合は、刺激物は避けるよう指導されるようです。 また、検査後数日の間は生物や油の多いもの、アルコールなどを控えるように指示している病院もあります。 いずれにせよ自己判断はせず、医師に訊ねたうえで食事内容を決めるといいでしょう。 ポリープなどを切除した場合の食事制限 内視鏡検査では、より詳しい検査のために消化器の粘膜や組織を採取したり、ポリープなどの病変を切除する治療を行ったりする場合があります。 組織の採取や病変の切除を行った後の消化器は荒れやすい状態になっているため、特にアルコールや刺激物の摂取を控える方がよいとされています。 場合によっては、数日から1週間程度、胃腸に優しい食事を摂る必要があるようです。 また、大きなポリープを切除した場合などは、出血のリスクなどを考慮して、手術後は絶食となることもあります。 翌日以降、診察の結果によって、流動食から開始して、徐々に通常食へと戻していくことになります。 内視鏡検査前後に食べてよいもの・悪いもの 食べてよいもの 食べてよいものは、基本的に消化がよいとされているものです。 具体的には、以下のようなものがあります。 雑穀などを含まずジャムやバターなどを塗っていない(はちみつはOK)パン• 白米のごはん、おかゆ• うどん、そうめんなどのめん類(そばは病院により見解が分かれるようです)• 豆腐、豆乳• 肉類(ハム、ベーコン、ソーセージなどを含む)• 魚類(練り物を含む)• 味噌汁やコンソメスープなどの汁物 上のようなものを組み合わせて、量を控えめに、できるだけ早い時間帯に食べるようにしましょう。 飲み物は、以下のようなものがよいとされています。 緑茶、ウーロン茶などのお茶• スポーツドリンク• 炭酸飲料• コーヒー(ミルク不可、砂糖可) 食べてはいけないもの 反対に食べてはいけないものは、油脂や食物繊維を多く含む食べ物です。 消化しにくく便を増やす作用があるため、検査に支障をきたすとされています。 野菜類• 果物類• 豆類、ゴマ• こんにゃく• 海藻類• きのこ類• 刺激物(香辛料、薬味など)• 乳製品 また、一般的に健康によいといわれている雑穀米や玄米、胚芽パンなども、検査の前には避けるべき食材とされています。 飲み物では、• アルコール• 牛乳などの乳飲料• 100%ジュース などが控えるべきものとされています。 病院によって食材の可・不可の範囲や制限すべきとしている期間は異なります。 また、便秘や糖尿病などの既往症によっても制限の内容は変わってくるようです。 検査前の説明やパンフレットなどをよく確認し、医師の指示に沿った食事を心がけましょう。 術前の下剤を楽にする食事 大腸内視鏡検査の前には、下剤を用いて腸の内容物を排出します。 この下剤を使用した排泄が辛いという方は少なくないようです。 前日の食事で固形物を摂らず、ゼリーなどのごく柔らかいものと飲み物のみにすると、下剤の量を抑えられ、やや楽に排出が終わるといわれています。 医師の指示に従った正しい食事が大切 内視鏡検査を受ける前には、さまざまな食事の制限が課されます。 「油脂が多いもの」「食物繊維が多いもの」などの食材の制限はもちろん、食事を摂る時間にも制約が設けられるのが一般的です。 そのため、少々面倒に感じられるかもしれません。 しかし、食事の制限を守ることはスムーズな検査の実施のために必要ですし、より正確な診断へも繋がるものです。 検査の後にも、食事を摂るタイミングや食材の制限があります。 せっかく検査を受けて健康状態をチェックしても、検査後の食事で健康を害しては元も子もありません。 検査前も検査後も、食事について自己判断をせず、医師や看護師からの指示に必ず従うことが大切です。 疑問点があれば、些細なことでも事前に確認をとっておきましょう。 内視鏡検査をする前の食事の注意点についてですが、胃の検査は食べる時間さえ守っていただけばほとんど問題ありません。 ですが大腸の検査となると、腸の中がすっかりきれいにならないと検査ができません。 当院では、検査前に患者様とお会いして、下剤のお渡しと食事についてのご説明をしますが「ちょっと面倒だな」とおっしゃる方もいます。 確かに患者様は事前の準備や対応する時間も必要ですので、面倒に思われるかもしれません。 ただ、ほとんどの場合、前日のお食事に注意するだけで十分対応できますし、飲み物も水以外に、お茶など色がついたものでも底が見通せるものならば大丈夫ですよとお話しています。 施設によっては記事にあるような検査食を用意してくれるところも実際にありますので活用されてはいかがでしょうか。 ただし、便秘の方については前日のお食事だけではきれいにならないケースもありますので、検査を受けられる施設で、事前にしっかり医師からのアドバイスをお受けになることをおすすめします。 naruke-clinic.

次の

大腸内視鏡検査前後の食事はどうすればいいの?

大腸 検査 食事 制限

大腸内視鏡検査前後の食事制限について解説 大腸内視鏡検査は医学の発達により、以前に比べると苦痛や制限が少なくなってきています。 ただ、食物の消化に関わる大腸を検査する関係上、検査の前と後には医師から食事制限の指導があります。 食事制限は面倒なのでついおざなりになってしまいがちですが、食事制限をきっちりやらないと検査時に 痛みをともなったり、場合によっては検査不可となってあらためて来院したりしなければならなくなる可能性があります。 検査で嫌な思いをしたり、二度手間になったりしないよう、大腸内視鏡検査を受ける際は正しい食事制限を行うようにしましょう。 ここでは大腸内視鏡検査前後の食事制限についてわかりやすくまとめてみました。 なぜ食事制限が必要なの? 大腸内視鏡検査に食事制限が必要な理由は大きく分けて2つあります。 理由1. 痛みに配慮するため 大腸内視鏡検査では内視鏡を大腸に挿入した後、空気を入れることによって腸内を広げ、内部を検査しやすくします。 ところが腸内に便がたまっている場合、内視鏡が スムーズに入っていかないため、挿入の段階で空気を入れ、腸を押し広げながら進まなくてはなりません。 空気を入れると腸が張って若干痛みをともなうので、腸内をきれいな状態にしてスムーズに挿入したほうが検査も楽になります。 理由2. 正しい検査をするため 大腸内視鏡検査の目的はカメラを使って腸内に異常がないか確かめることです。 もし便がたまっていた場合、視界が悪くなって正しい検査結果を出せなくなるおそれがあります。 場合によっては検査不可となって後日やり直さなくてはならなくなるので要注意です。 大腸内視鏡検査日前の食事制限について 食物の消化・吸収には時間がかかるので、大腸内視鏡検査の食事制限は検査日の前日から始まります。 食事は遅くても 夜20時までに済ませ、以降は水分以外は口にしないようにしましょう。 また、食事の内容も腸内に老廃物が残らないよう、消化の良いものにします。 一方、控えたほうがよいのは消化に時間のかかる食べ物。 普段から便秘がちな人は腸内をきれいにしようと繊維質の食べ物を摂取しようとしますが、食物繊維は便のかさを増やして便通を促すものなので、大腸内視鏡検査前の摂取はNGです。 以下に消化の良い食品、悪い食品の一例を掲載したので参考にしてみてください。 検査日前に飲食していいもの おかゆ、白パン、うどん、じゃがいも、かぼちゃ、豆腐、鶏ささみ肉、白身魚、水、お茶、紅茶、コーヒー、スポーツ飲料などただし、おかゆやパンなどの炭水化物には若干繊維質が含まれているので、1日に1~2杯(枚)に留めておきましょう。 また、乳製品は腸内を白く濁らせてしまうので、コーヒーや紅茶にミルクを入れるのはNGです。 検査費前は控えたいもの れんこんやごぼうなど繊維質の多い野菜、とうもろこし、イカ、貝類、肉類、果物類、海藻類、豆類、こんにゃく類、チーズや牛乳などの乳製品、キノコ類など 検査当日の食事制限について 検査当日は検査が終わるまで一切の食事を摂らず、絶食となります。 お茶や水などの水分や、あめ玉はOKです。 検査後の食事制限について 検査が終わったら普通に食事をしてもかまいませんが、麻酔を使用した場合は効き目が切れるまで物を飲み込みづらくなるので、食事をする際は気をつけましょう。 また、検査後は胃腸が ほぼ空っぽの状態なので、いきなり重い物を食べると消化器官に負担をかけるおそれがあります。 最初の1食は検査前の食事制限にならっておなかにやさしい物を食べ、徐々に胃腸をならしていったほうが安心です。 組織を採取した場合の食事制限 大腸内視鏡検査後はお腹の調子を見ながら普通食に戻してかまいませんが、検査の内容によってはその場で組織を採取し、生検組織診断に回すこともあります。 その場合は当日消化に良い食事を摂取するとともに、飲酒は避けるようにしましょう。 アルコールを摂取すると血の巡りがスムーズになり、腸内で出血が起こる可能性があるためです。 また、検査内容によってはその場で高周波を使用してポリープを切除することもありますが、その際は1週間ほどお酒を控える必要があります。 大腸検査食を活用するのもあり 大腸内視鏡検査前後の食事制限について説明してきましたが、意外とNGな食品が多く、 げんなりしてしまった方も多いのではないでしょうか。 そんなときは手っ取り早く大腸検査食を活用するのも一つの方法です。 大腸検査食とはその名の通り、大腸検査を受ける人向けに開発された食事のことで、消化に配慮した食材を使用して作られています。 商品によっては間食もついているので、検査前日~当日までの空腹を和らげるのに役立ちますよ。

次の