ナルガライト。 【MHWI】ムフェトジーヴァ水速射ライト装備の紹介:徹甲榴弾運用も可能

【アイスボーン】徹甲榴弾ライトのおすすめ装備【モンハンワールド(MHW)】

ナルガライト

ナルガクルガは、腕を部位破壊するとダウンする。 以降は 破壊した腕にダメージが蓄積する度にダウンを取れるため、覚えておこう。 地面の棘に注意する ナルガクルガが尻尾から飛ばす棘は、地面に残る。 これに 触れると裂傷状態になるので注意しよう。 棘飛ばしの頻度が少ないため常に意識する必要はないが、念の為アステラジャーキーを持ち込むのがおすすめ。 棘を逆立てる時に音爆弾が効く ナルガクルガは、稀に尻尾の棘を逆立てる行動を取る。 アイスボーンのナルガクルガは、この行動時でしか音爆弾が効かない。 滅多に取らない行動かつ一瞬なので、実戦で音爆弾が役立つ機会は少ない。 棘が逆立っていなければチャンス この行動は尻尾の棘が逆立っていない時に行う。 そのため、 尻尾がなめらかな状態の時に注意深く観察してみよう。 怒り時にも効くので、身構えていれば成功しやすい。 通常時は落とし穴が効かない ナルガクルガは、通常時は落とし穴を回避する。 無駄になってしまうので、怒り時を狙って仕掛けよう。 ナルガクルガの主な攻撃と回避方法 ナルガクルガの主な攻撃パターン 【注意】 尻尾叩きつけ 尻尾を回転させたあと、前方に叩きつける。 怒り時は2回連続で行うこともある 【注意】 回転攻撃 その場で回転する。 怒り時は2回連続使用する。 特徴的な鳴き声をするのでよく聴こう 噛みつき突進 噛みつきながら大きく突進する。 かなりの距離があるため、ただの噛みつきだと思って油断しないこと 飛びかかり 翼の刃で斬りつける。 使う前には姿勢を低くして構える予備動作がある 棘飛ばし 尻尾の棘を飛ばす攻撃。 地面に残る棘には裂傷が付与されるため近づかないこと 尻尾振り上げ 飛びかかって噛みついた後、尻尾を振り上げながらバックステップする。 わずかに上体を起こす予備動作がある。 尻尾叩きつけは距離を取る 象徴的な攻撃の尻尾叩きつけは、 直前に尻尾を立ててシュルシュルと音がする。 前転1回分の距離があれば回避できるので、音がしたら冷静に避けよう。 怒り時は2回連続することがあるので、そのつもりで回避に専念しよう。 攻撃チャンスにもなる この攻撃のあとは、 尻尾が逆立っていると地面に刺さる。 抜けるまではナルガクルガがしばらく動かないため、チャンスを逃さず攻撃したい。 回転攻撃は威嚇が予備動作 その場で回転する攻撃は、 一瞬威嚇するような動きと特徴的な鳴き声が予備動作。 しかし接近していると、分かっていても緊急回避は困難。 尻尾に突っ込むように前転回避するのがおすすめだ。 怒り時は2連続する この攻撃は、怒り時は立て続けに2回発生する。 1回目とは逆方向に行うため、ガードを維持するか連続回避で対処しよう。

次の

【MHX】貫通弾LV1連射ライトボウガン装備 (見切り+2/連撃の心得/貫通弾・貫通矢UP/弾導強化)

ナルガライト

強化パーツ• 反動が少ないほど次の弾を撃つまでの感覚が短くなり、その分ダメージ増加が期待できるので、反動抑制パーツは優先的に装備しましょう。 また、リロード補助パーツを1つ取り付けることで水冷弾のリロード速度を「やや遅い」から「普通」に短縮することが出来ます。 カスタム強化• 会心率強化II EXシルバーソル防具のシリーズスキル「銀火竜の真髄」を覚醒能力で発動。 スキル発動のために会心率も強化しています。 覚醒能力の「会心率強化V」とカスタム強化の「会心率強化II」を合わせると、武器の基礎会心率が40%まで上昇。 会心率がそれほど必要ない場合は「攻撃力強化V」を積みましょう。 攻撃で会心が発生した際に、与える属性ダメージが高くなります。 武器の基礎会心率と見切りLv7の効果で、どの部位に攻撃が当たっても 80%の確率で会心が発生します。 覚醒能力で「攻撃力強化」を積むスタイルでは、ムフェトジーヴァの「翼」破壊を狙う際に「弱点特効」の効果があまり期待できなかったので、武器の会心率自体を上げてみました。 攻撃力の低さはフルチャージで補っています。 弱点部位に関係なく高い会心率が期待できるので、ムフェトジーヴァの部位破壊を狙うのに最適です。 EX龍紋シリーズの水速射ライト装備 EX龍紋シリーズ用のカスタマイズ カスタム強化• 回復能力付与II• 属性・状態異常強化I ムフェトジーヴァ防具のシリーズスキル「龍脈覚醒」が発動していると、攻撃時に自傷ダメージを受けるようになるので、その対策として武器のカスタム強化で「回復能力付与」を積んでおきましょう。 回復能力付与を積んでおけば受ける自傷ダメージ分を回復させることが出来るので、シリーズスキルのデメリットなしに安定して立ち回ることが出来ます。 自傷ダメージを利用して「 逆恨み」を発動させつつ、カスタム強化の「 回復能力付与」で体力を回復するスタイルです。 ただし、攻撃を外してしまうと自傷ダメージを受け続けてしまうので、体力の量には充分に注意して立ち回りましょう。 自傷ダメージがきついと感じた人は「精霊の加護」を「体力回復量UP」に変更して、回復する量を調整してください。 徹甲榴弾運用の装備 徹甲榴弾ライトのカスタマイズ カスタム強化• 回復能力付与• 攻撃力強化 EXゾラマグナ防具のシリーズスキル「熔山龍の真髄」を覚醒能力で発動。 その他の覚醒能力やカスタム強化に関しては「攻撃力強化」で埋めています。 徹甲榴弾運用では会心率を上げる必要はないので、ひたすら攻撃力を強化していきましょう。 スキルの発動確率は約25%ということなので、4発に1発の割合で発動。 非常に弾持ちが良いので、ムフェトジーヴァのような同じエリアで長時間戦うモンスターに効果的です。 覚醒能力を「 迅竜の真髄」に変え、ナルガ2部位とゾラマグナ3部位で運用しても同じシリーズスキルが発動します。 手持ちの覚醒武器に合わせて装備を組んでみてください。 KO術を5まで積むと気絶威力を1. 6倍まで上げることができ、モンスターをスタンさせやすくなります。 ムフェトジーヴァをスタンさせて部位破壊の手助けをするのがこの装備の狙い。 1回のクエストで4回くらいスタンが取れます。 頭の部位破壊を狙うことも出来るので非常におすすめ。 ただし、上で紹介したナルガ&ゾラマグナ装備よりは弾持ちが良くないので注意が必要です。 水速射ライトでの立ち回り方 水速射ライトを担ぐ場合、ムフェトジーヴァ戦では基本的に「 翼」の部位破壊を担当することになります。 部位破壊できていない箇所を優先的に攻撃• エリア3では「腹部」を攻撃• 徹甲榴弾、麻痺弾、睡眠弾の使用はエリア3から クエスト2週目では「部位破壊できていない箇所」や「腹部」を優先して攻撃します。 ムフェトジーヴァが臨界状態になるエリア3で攻撃を集中させたいので、モンスターの動きを止める徹甲榴弾、麻痺弾、睡眠弾の使用はエリア3まで控えましょう。 まとめ 以上、ムフェトジーヴァの水速射ライト「赤龍ノ狙ウ弩・水」用装備の紹介でした。 「水速射ライト」と「徹甲榴弾ライト」、どちらで運用しても強力です。 徹甲榴弾でスタンが狙える他に、麻痺弾や睡眠弾で味方のサポートも行えるので、水速射ライトが1人でもいてくれればクエスト周回が非常に楽になります。 ムフェトジーヴァ周回の際は、是非「水速射ライト」を担いでみてください。

次の

【MHXX】貫通速射のブシドーライトボウガン【装備】

ナルガライト

今回の闘技大会、エグいですね。 どのクエも割ときついんですが、野良で全武器種S攻略をやっている最中、特にきつさを感じたのがナルガクルガのクエ。 このクエ明らかにタイム設定ミスってますわ。 とりわけきつい武器はライトボウガンだと思います。 ぼっちの私としてはライトボウガンSの壁が全武器S制覇で立ちはだかって、想像以上に躓いたのでちょっとした攻略を述べようと思います。 ライトボウガンでソロSは物理的に不可能だなと思うぐらいの火力とタイム設定です。 一番の攻略は… 上手い笛使いをひたすら待ち続ける。 正直これしかありません。 とはいえ、これではあまりに他力本願な部分が否めない。 ライボウ側が足を引っ張ってチャンスを逃してもアレなんで、必要最低限の準備はしておいてチャンスを逃さない必要があります。 火力が無いうえにライトは傷つけ2回なんで、もはやこのクエに関してはお荷物状態。 そこで自分は何で貢献できるのかと思慮した結果…最低限しなければいけないことが分かりました。 ぶっ飛ばしなどの雑務 こういった雑務は積極的にライトがこなすべきです。 笛様は演奏やスタン、響周波、傷つけなどやることが多いのでこういった雑務はライトがやるべきだと思います。 ナルガを毒状態にする ライトの毒スキルが充実しているので、確実に3回毒状態にするべきです。 毒ダメージも意外と侮れません。 1回32ダメが19回入るので、細かい計算はアホなんで出来ませんが約600ぐらい入ります。 増強剤と毒弾レベル1で5個分調合も出来るため、初期12発+調合5発で計17発毒弾レベル2を撃てます。 毒弾レベル2換算で1回目の毒までに3発。 2回目は5発。 3回目は7発必要です。 そのため、2発は外す余裕はあるので、落ち着いてやればこのクエスト中に3回毒状態にできると思います。 最低限の火力を出し続ける 電撃弾をひたすらスライディングリロードで撃ち続けるだけです。 調合することも忘れずに。 余裕があれば起爆榴弾をカウンターで合わせると280ぐらい与えられます。 装衣を上手く利用すると300越しますが、如何せん私のPSでは諸刃の剣で最悪60ダメ、もしくは0になるうえに体力削られるので私は使用しませんでした。 やり直しが効く場合はバンバン使えばいいんですけど、野良マルチでやり直しもきかないのでちょっと安定性に欠けるという理由からやめときました。 プレイ動画 一応S達成時のプレイ動画を載せておきます。 結構ミスも多いですけど、参考になれば幸いです。 とはいっても結局上手い人に寄生するしかないんですが。 野良で相当上手いハンマー使いや双剣の人達と組んでもなかなかクリア出来なかったので、正直二度とやりたくありません。 もう二度とこのクエでライトを担ぐことは無いでしょう。 1戦目ハンマー担いで、2戦目笛をわざわざ担いでくれた野良で出会ったとうふさんには感謝しかありません。 本当にありがとうございました。

次の