シフト制 シフト自由 違い。 どっちがバイトしやすい?メリットから分かるシフト固定と自由の違い!

バイトの自由シフト制ってどうなの?意外と予定がたてにくい件について!

シフト制 シフト自由 違い

シフト制の仕事が気になるけどきついのかな?• 休日の予定は立てずらい?休みの希望とかは出せるの?• シフト制の正社員の求人ってどうなんだろう… 求人情報を眺めながら、シフト制の仕事に対する興味持っている人は多いと思います。 実際そのスタイルを好んで働いている方も多い「シフト制の仕事」ですが、正社員の求人も見かけることも多いですよね。 転職にあたって 土日休みの仕事からシフト制の仕事を検討する人も多いので、休みのことなど気になることも多いはず。 僕自身シフト制の正社員をしていた経験があるので、シフト制の仕事に対する疑問にはかなり答えられる自信があります。 まず1つだけお伝えしておくとすれば、 シフト制の職業はその特性をきちんと理解した上で選ばないと必ず後悔するということ。 浅い理解で手を出せば、必ず辞めたいと思うハメになります。 シフト制に詳しくない方は、まずシフト制正社員の実態をここで学んでいって下さい。 この記事では シフト制の正社員で働いた人にしか分からない休日や実態、気になるメリット・デメリットなどについて解説していきます。 「ここだけはどうしても」という時だけ申請する シフトを作成する管理者には全員から色々な要望が寄せられるので、極力わがままは控えるのがベターなんですよ。 普段から協力的な態度を取っておくことで、いざ自分がどうしても休みたいときにすんなり休ませてもらえますからね。 いかにシフト制と言えど、正社員で毎週休みの希望を出すのは仕事上の評価を落とす原因になる可能性が高い。 自己都合の休日申請はほどほどに。 と覚えておきましょう。 休日に関してはこのくらいにして、ここからはシフト制正社員のメリットを見ていきます。 土日が休みの一般的な会社員の場合、 8時~17時などの形で仕事をしていると役場での手続きや病院などの公共機関に行けない状況が生まれる。 ただ これがシフト制の仕事であれば平日が休みになる確率は高いですし、早朝から始まるシフトなら仕事終わりにぎりぎり駆け込める可能性がある訳ですね。 なかでも一番助かるのは免許の更新。 基本的に免許の更新は平日なので、普通であれば有給休暇を取って更新に行くことも珍しくありません。 これが 平日に休みが取れるシフト制の仕事なら、シフトを調整してもらうだけで行けたりするのが良いところ。 こういった生活する上で必要な用事を溜めることなく、上手く消化していけるのがシフト制・正社員の1番のメリットと言えます。 少し遅めの時間から仕事が始まる日は通勤ラッシュを避けられますし、土日なら平日よりも平和な通勤が約束されます。 車なら渋滞を避けられますし、電車であれば座っていける確率も高いので通勤ストレスが軽減できるのがポイント。 僕の場合は電車だったので、通勤ラッシュに巻き込まれずに出社できるのが本当に嬉しかった思い出があります。 電車通勤の場合は往復の移動が楽になるだけで疲労感が全く違うので、案外馬鹿にできないメリットですね。 例えば下記のように週休二日制で土日休みの一般的な正社員を例にすると、通常5連勤の後に2日休むという形になります。 実際シフト制の仕事をしている方は、 この「適度に休みを挟んでいける」スタイルを好んでいる人も多いです。 疲れやすい人や体の弱い人など、連休よりも休みを分けて取りたい人にはピッタリかもしれない。 ただ注意して欲しいことが1つ。 これはきちんと休みが取れる企業の話です。 ブラックなところだと休日出勤や人手不足を理由に、平気で休みが取れないこともあるので要注意。 一般的な週休二日で時間固定の仕事の場合、就業時間も休日も決まっているので生活に一定のリズムが出来上がりますよね? これがシフト制の仕事であれば、早番と遅番という形で分かれる可能性が非常に高いです。 すると当然のごとく夜寝る時間や朝起きる時間、食事の時間は統一されない。 これによって生活リズムが不規則になり、体調不良を招く原因を作ってしまいます。 20代の若いうちは気になりませんが、年齢を重ねるにつれて生活リズムの乱れを「きつい」と感じることも多くなっていきます。 その過程で人員を偏りなく配置していくことが多いため、 基本的に連休になることはあまりないと思っていた方が良いです。 これは同じ人を2日連続で休みにしてしまうと、その人がいない穴をカバーするのに調整が必要になってしまうからなんですね。 そういったシフト制の事情を考えると、よっぽどの事情がない限り連休は存在しないというのがあなたにも想像できるはず。 ただそんなシフト制の正社員でも「連休を取る方法」はもちろん存在します。 シフト制の職場で連休を取る場合には、 元々ある休日に有給を足して繋げる傾向が多いんですよ。 休んでる側からすると「会社に捕まる」って感じかな・・・。 シフト制の仕事は決まった人員を配置があるため、非常時はどうしても穴埋めをしなければいけない傾向がありますね。 シフト制の正社員になる上で注意するべきポイント さてさて、そろそろシフト制の正社員について理解が深まってきたころじゃないかと思います。 せっかくなのでここから先は僕が実体験から得た、 「シフト制の正社員になる上での注意点」について的を絞って書いていく。 ただリアルな実態を書いていくだけなので、 シフト制の正社員へ転職を考えていない人は読まなくていいですよ。 職種自体がきつい・辛いと言われる職業に偏る点 シフト制・正社員の求人はあらかた見たよ、という人であれば気付くことが1つある。 それは、職種や職業が一般的に「きつい」とされている業界にかたよっているということなんですよ。 参考程度にシフト制・正社員の職業を並べてみます。 睡眠時間の確保• 栄養のある食事• 定期的なストレス解消 睡眠時間の確保、栄養のある食事、定期的なストレス解消。 シフト制の正社員を目指す場合には、これら基本的な事にいつも以上に気を付けて生活する必要があります。 後々のことまで考えた仕事の選び方をする 今は20代で勢いのある若者でも、必ず30代を迎え40代・50代と年齢を重ねていきます。 ここまで触れてきた不規則な生活や体調面への影響を考えると、 出来るだけ歳をとっても続けていける負担の少ない職種にしたほうがいい。 例えば「飲食業は年とってからキツそうだな。 やめておこう。 」とかそんな感じの自分基準でOK。 仕事を探す際は、誰しも今現在の自分を基準に職種を考えるものです。 ただ シフト制の仕事で正社員になるのであれば、後々のことまで考えた上で職種を選んでおくと結果的に長く勤められる要因にもなる。 そういった無用な転職を避けるためにも、仕事内容については時間をかけて考えておくほうがいいですね。 シフト制の仕事をしたい場合は会社選びを慎重にする ここまで書いてきた通り、シフト制正社員の仕事には「良い面」もあれば「悪い面」もあります。 そんなシフト制の正社員について理解を深めた上でなお、シフト制の仕事をしてみたいと思った方も多いはず。 そういう人はただ1つ、会社選びだけは慎重にやりましょう。 これは記事の中でも触れましたが、 休日や勤務時間が曖昧になりがちなシフト制の業界はどうしてもブラック企業が多い傾向にあるからです。 仕事は40代や50代になっても続けていくものですよ。 いつも求人情報を眺めながら「なんとなく仕事を探しているような人」は、特に注意して会社選びをしてみて下さい。

次の

【完全版】シフト制の正社員が語る3つのメリット・4つのデメリット

シフト制 シフト自由 違い

シフト制について 近頃は多くの企業で多様な働き方が認められるようになってきましたが、その中でも「シフト制」という働き方をご存知でしょうか。 バイトなどを行っている人はシフトと言う言葉に聞き覚えがあるかもしれませんが、ここではシフト制とは正確にどのような就業形態を指すのか、労働基準法での位置づけなどをご紹介します。 シフト制とは シフト制とは労働者が交代で勤務する就業形態のことを言います。 複数の勤務時間帯を設け、それぞれの時間帯ごとに労働者が入れ替わって業務を行います。 医療機関やコンビニエンスストアでは24時間従業員が対応できる環境を整えなければいけません。 その際にシフト制を導入することで従業員の負担を減らして、労働法規も遵守しながら業務を遂行することができるのです。 一般の勤務と異なるので、各人の労働時間、一月や週単位の勤務日時を管理者・勤務者にわかりやすく明示するために、シフト表というものを使う場合が多くあります。 このシフト表を使うことにより、各曜日の日中や夜間にどの種類の業務を何人の人員で従事出来るかわかりやすく明示することが可能です。 また、このようなシフト表の作成を支援するソフトウェアも複数あります。 労働基準法での位置づけ シフト制の場合にも、シフト制以外の労働者と同じように労働基準法が適用されます。 法定労働時間、休日、休暇、割増賃金、解雇制限、安全衛生などは同じように遵守が求められます。 またシフト制に関して、労働基準法では「労働者を2組以上に分けて交替に就業させる場合における就業時転換に関する事項(シフトに関する事項)」を雇入れ時に必ず明示するよう定められています。 シフト制の種類 シフト制には主に2種類あり、2交替制と3交替制が存在します。 3交替制は24時間を3分割して勤務時間を定めます。 一人あたりの勤務時間が8時間になるので、時間外労働が発生せず、労働者の疲労も少ないという利点があります。 2交替制は24時間を2分割して勤務時間を定めます。 2交替制では1シフトの勤務時間が長いためどうしても労働者の疲労を伴いますが、業務の引継ぎ回数が少なくすむという利点があります。 関連相談• 変形労働時間制について シフト制と似ている労働形態で、変形労働時間制というものがあります。 シフト制と変形労働時間制の違いを正確に認識できている人はあまりいないのではないのでしょうか? ここでは変形時間労働制の内容や目的、種類についてご紹介します。 変形労働時間制とは 変形労働時間制とは労働基準法に規定された、労働時間の運用を弾力的に行う制度のことです。 労働者が負担のないような形で労働時間の配分を行うことで、労働者が無駄に働く時間を減らすことをねらいとしています。 変形労働時間制を導入した場合、一定期間内の労働時間が法定労働時間をオーバーしない状態であれば、定められた特定日に一日の法定労働時間をオーバーしても「法定労働時間内である」とみなします。 変形労働時間制の目的 変形労働時間制が設定された目的は、多様な働き方に対応することです。 一定時間内で漫然と仕事をするのではなく、仕事の状況に応じて働き方を変えることで、業務の効率化につながることが期待されています。 たとえば忙しい日には長い時間働き、そこまで忙しくない日には勤務時間を短くするというような柔軟な勤務体制を構築することが可能になるのです。 変形労働時間制の種類 変形労働時間制にはおもに4種類の勤務体系があります。 「1か月単位の変形労働時間制」「 1年単位の変形労働時間制」「1週間単位の非定型的変形労働時間制」「フレックスタイム制」の4種類です。 1か月単位の変形労働時間制とは、法定労働時間を1か月以内の労働時間を平均し、1週間あたりの労働時間が40時間以内になるようにするものです。 1年単位の変形労働時間制は、法定労働時間を1か月以上から1年までの労働時間を平均し、1週間あたりの労働時間が40時間以内になるようにします。 1週間単位の非定型的変形労働時間制は、各日の労働時間を特定することが困難であると認められる厚生労働省令で定める事業(小売業、旅館、料理店、飲食店。 規則第12条の5)であって、常時使用する労働者の数が30人未満のものに従事する労働者について認められている勤務形態です。 1日あたりの労働時間は10時間までとなります。 よって1日10時間・1週間の労働時間が40時間を超えない範囲でシフトが作成されます。 フレックスタイム制は、日々の始業時間・就業時間を自分で決めて労働することができる精度です。 1か月以内の一定期間を「精算期間」と定め、その期間を平均し、1週間あたりの労働時間が40時間を超えない範囲内で労働します。 関連相談• 変形労働時間制とシフト制、それぞれのメリット 変形労働時間制とシフト制はそれぞれにいくつかのメリットがある制度です。 ここではそれぞれの勤務形態についてどのようなメリットが有るかをご紹介します。 シフト制のメリット シフト制を導入することで、従業員が誰もいないという状態を減らし顧客対応を行える時間帯を増やすことができます。 交代して従業員を勤務させることで、残業時間を減らすことにも繋がります。 残業時間を減らすことは、労働者の健康と会社の財政の両方にとって大切な要素と言えるでしょう。 残業時間が減って一人あたりの割増賃金が減ることで、社会保険料も同じく減少します。 社会保険料は賃金の額に連動するからです。 役所や病院、銀行は平日に働いていると昼休みに行ったり、早退したりあるいは休まなくては行きにくい場所と言えます。 シフト制の場合は平日に休みを取ることができることも多いので、平日の営業している時間帯に訪問することができます。 朝の通勤ラッシュに巻き込まれにくい点もシフト制のメリットと言えるでしょう。 朝の通勤時間帯以外の勤務時間帯であれば、快適に通勤することが可能となるのです。 また、休みのほしい日にしっかりと休みを取ることができる点も特徴です。 来月に外せない用事ができてしまったからその日を休みにしたい、という場合にも比較的簡単に休みを取ることができます。 さらには、シフト制で社員が別々に休むため有給を使いやすい会社も多い傾向にあります。 変形労働時間制のメリット 変形労働時間制のメリットは、なんといっても繁忙期と閑散期に適した労働時間で働くことができる点でしょう。 繁忙期に残業をする人が多くいれば、その分の割増賃金を支払う必要があります。 一方、閑散期でそこまで仕事が多くない場合でも、労働者と契約した労働時間分の賃金を支払わなければなりません。 変形労働時間制を導入することで労働者は忙しさに合わせた働き方ができ、会社も財源の有効な活用ができるようになるのです。 関連相談• 変形労働時間制とシフト制、それぞれのデメリット 変形労働時間制とシフト制にはデメリットも存在します。 導入する際にはメリットだけでなく、デメリットもしっかりと加味して検討する必要があるといえるでしょう。 ここではシフト制と変形労働時間制のそれぞれについて、デメリットをご紹介したいと思います。 シフト制のデメリット シフト制では勤務できる人材が確保しにくい時間帯や曜日があります。 土日の勤務や深夜帯の時間は、なかなか勤務できる人材を確保できない傾向があるのです。 また、深夜勤務の従業員は健康面のデメリットもあるでしょう。 不規則な生活になることも多いため、睡眠や休息のリズムが崩れ、疲労が蓄積しやすいと言われています。 シフト勤務は様々な疾患リスクを上昇させる可能性があります。 シフト勤務睡眠障害とは、不眠症、過眠症、またはその両方を特徴とする概日リズム睡眠障害であり、シフト勤務はこの疾患の主要な診断要素となっているという問題もあります。 さらに2型糖尿病リスクも増加し、シフト勤務従事者はそうでない人よりも健康面で脆弱であると言えるでしょう。 どの時間帯や曜日が繁忙期で、どの時間帯が閑散期なのかを正確に把握した上で制度を導入することが求められます。 また、導入後も制度に沿った勤務管理を正確に行う必要があるため管理が難しいという特徴もあります。 関連相談• 変形労働時間制でシフト制の場合について かなりレアなケースではありますが、変形時間労働性とシフト制を同時に導入する場合があります。 このようなケースについて、休日はどのように設定する必要があるのかをご紹介します。 休日の考え方 このような勤務形態の場合にも、休日の扱いに関しては基本的に同じと言えます。 労働基準法での「休日」は、原則として毎週1日を確保すれば良く、暦の休日である日曜や祝日を「休日」とする必要はありません。 また、法定休日が確保されていれば暦の休日に出勤したとしても、休日出勤手当は不要です。 この出勤日は通常の労働日として扱われます。 変形労働時間を採用する場合の就業規則への「休日」の記載は、基本となる共通の「休日」規定を就業規則に記載しておく必要があります。 そのうえで「勤務シフト表により事前に各人に通知する」などとすれば問題ありません。

次の

アパレル店員はシフト制と固定制どっちが多い?休日や出勤日の希望はどれぐらい通る?

シフト制 シフト自由 違い

だからパートさんが多いスーパーとか本屋さんとかは固定制を採用しているところが多いけど居酒屋とかカフェはほとんどがシフト制! 固定制のメリットは? 毎週決まっているから予定が組みやすい 35人 毎月収入の予想ができる 7人 毎週同じ日、時間だからルーティン 生活リズム が整う 8人 毎週同じ人だから人間関係が楽 1人 掛け持ちができる 1人 学業との両立がしやすい 1人 メリットを聞いたところ200人はこのように答えました。 個人的にも2年近く固定制のバイトで働きましたが・・・自己管理が苦手な人は毎週決まった曜日と時間働くことで収入が安定することが一番の魅力に感じます。 プライベートを充実させたい人にとったら固定制よりシフト制の方がおすすめ。 どうしても固定制のバイトはバイト中心の生活になりがちだからね あと人間関係が苦手な人は・・・嫌いなバイト仲間と同じシフトになってしまうと、バイトを辞めるまでorシフトが変わるまでずっと同じシフトで働かなくてはいけないのもかなり辛いですよ。 シフト制のメリットは? 好きな時に働けたり予定を入れられる 86人 融通が効きやすいい 20人 好きなときに休める 29人 平日に休める 7人 掛け持ちができる 1人 学業との両立がしやすい 2人 その他 2人 シフト制のメリットは、やっぱり プライベートが充実することです。 毎月決まった日 シフト提出日はバイトによって異なります。 にまとめて自分の希望を出せるのでプライベートを中心にバイトを考えることができます。 固定制は辞めるのが大変で・・・自分の曜日、時間に入ってくれる人が見つかるまではやめられないことが多いからね シフト制のデメリットは? シフトが決定するまで予定が入れられない 30人 頼まれることが多い 7人 毎月提出するのが面倒 19人 他の人と休みが被ると希望通り休めないことがある 25人 気を使って休みを調節しないといけないことがある 7人 急に休めない シフト提出した後にシフトを変えられない 2人 毎月収入が不安定 16人 シフト変更が多い 7人 なし 7人 その他 10人 シフト制のデメリットは シフトが決まるまでプライベートな予定を決定することができないということでした。 ただ・・・そういったバイトは少なく僕の経験上少なくとも1ヶ月前〜2週間前までにはシフトが張り出されていたためプライベートとバイトを両立することができていました。 旅行や用事などどうしても休まないといけないときはシフト希望のときに言えば大丈夫! 他にも高校生や大学生が多いので・・・シフト制にすると決まった時期にテストが被り大量に休むので、フリーターや主婦の負担が大きくなります。 負担が大きすぎるとシフト希望通りに休むことができずに・・・シフトに入れられるっていうことも少なくはありません。 あなたはシフト制?固定制?どちらが向いている? 過去のバイト経験を元にした200人のデータでシフト制と固定制それぞれのメリット・デメリットをご紹介しましたが、みなさんはどちらに向いていましたか? もしも自分で分からない人はそれぞれどんな人に向いているのかご紹介するので参考にしてください。 シフト制に向いているのはこんな人! シフト制に向いている人は、• プライベートが充実している• 自分で生活を管理できる・したい• バイトで出会いを探している の3つの条件に当てはまる人たちです。 まずプライベートが現時点で充実していて、あとは遊ぶため・飲みに行くためのお金が必要という場合は間違いなくシフト制で不満なくバイトができます。 また自分で予定を組みながら収入や支出をしっかりと頭で計算しながらバイトをすることができる人もシフト制で間違いありません。 そして・・・最後のバイトで出会いを探しているですが、シフト制は自分で好きな曜日・時間にシフトに入れることができるので気になっている人とシフトをかぶせたり、満遍なくたくさんのバイトと触れ合うことができます。 毎週予定が一緒• 自分で生活を管理できない• 自分にルーティンがある の3つの条件に当てはまる人です。 比較的主婦やフリーターの方に当てはまることが多く・・・学生で固定制で働く人はあんまり見かけません。 特に自分で生活を管理できない人やダラけてバイトに全く入らなくなってしまう人は固定制の方がおすすめでしっかり安定した収入を稼ぐことができるようになりますよ! 決めきれない場合は・・・シフト制で決まり どっちも自分に当てはまらない人は・・・シフト制で決まりです。 優柔不断な性格だったり飽きやすい性格の人はシフト制にしておくと 自分の好きなタイミングで辞められることが多かったり自分の好きな時間にたっぷりと時間を使うことができるのでシフト制にしておいた方が自分の生活を第一に考えることができるからです。 バイト探しはマッハバイトがおすすめ バイト探しは でするのがおすすめです。

次の