レバノン 逃亡。 カルロスゴーン無断出国!現在地レバノンで保釈条件禁止もぶっちでハッピーニューイヤー

レバノン、デフォルト不可避に…ゴーン被告逃亡先 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

レバノン 逃亡

レバノンでは国民的人気者 レバノンはゴーン被告の祖父の出身地で、国籍も有している(ほか出身地のブラジル、フランス国籍を持つ)。 幼少期にも一時居住経験があり、ビジネス界で成功したのちには地元への投資や寄付にも力を注いだ。 そのため、現地では郵便切手にも採用されるなど尊敬を集めており、逮捕後もさまざまな支援を受けてきた。 「大統領に」との声さえあると報じられているほどだ。 犯罪容疑者が国外に渡ってしまった場合、逃亡先の国との間に犯罪人引き渡し条約があれば、一部の例外などを除き、その引き渡しが相互に義務付けられることになる。 しかし、日本が条約を結んでいるのは米国と韓国の2か国のみだ。 条約がない場合は、外交ルートを通じて引き渡し請求を行い、相手国が判断することとなる。 とはいえ、法務省の「犯罪白書」(令和元年版)によれば、引き渡しが実現したケースは年に多くて数件程度で、過去30年では合計37件に留まる。 レバノンの場合では、過去にイスラエル・テルアビブ空港乱射事件を起こした日本赤軍メンバー・岡本公三受刑者の送還を日本側が求めたものの、国民の反イスラエル感情に配慮してこれを拒否。 現在まで岡本受刑者はレバノンに暮らす。 「保釈を出した東京地裁の歴史的大チョンボ」 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏は31日、で、「レバノンと日本の間には、身柄引き渡し条約がないので、レバノン政府が拒否すれば、日本はゴーンを取り返せない」と指摘するとともに、「ゴーンは、フランス、ブラジル、レバノンと複数のパスポートを持っているが、三重国籍の利点をフルに活用。 日本の司法は、もっと国際化しなければ、こういう事態には対処できない」と、司法制度の改革を呼び掛けた。 元検事の落合洋司弁護士もで、 「カルロス・ゴーンはレバノン国籍もあるはずで、日本とレバノンの間には犯罪人引渡条約がない。 自国民は引き渡さないのが国際法上の原則。 レバノンを拠点にする限り、日本への連れ戻しは無理だろう」 とゴーン被告引き渡しの難しさを解説するとともに、「保釈を出した東京地裁の歴史的大チョンボ」と断じた。

次の

「ゴーンは我々の誇り」レバノン国民、逃亡どう見た?:朝日新聞デジタル

レバノン 逃亡

レバノンでは国民的人気者 レバノンはゴーン被告の祖父の出身地で、国籍も有している(ほか出身地のブラジル、フランス国籍を持つ)。 幼少期にも一時居住経験があり、ビジネス界で成功したのちには地元への投資や寄付にも力を注いだ。 そのため、現地では郵便切手にも採用されるなど尊敬を集めており、逮捕後もさまざまな支援を受けてきた。 「大統領に」との声さえあると報じられているほどだ。 犯罪容疑者が国外に渡ってしまった場合、逃亡先の国との間に犯罪人引き渡し条約があれば、一部の例外などを除き、その引き渡しが相互に義務付けられることになる。 しかし、日本が条約を結んでいるのは米国と韓国の2か国のみだ。 条約がない場合は、外交ルートを通じて引き渡し請求を行い、相手国が判断することとなる。 とはいえ、法務省の「犯罪白書」(令和元年版)によれば、引き渡しが実現したケースは年に多くて数件程度で、過去30年では合計37件に留まる。 レバノンの場合では、過去にイスラエル・テルアビブ空港乱射事件を起こした日本赤軍メンバー・岡本公三受刑者の送還を日本側が求めたものの、国民の反イスラエル感情に配慮してこれを拒否。 現在まで岡本受刑者はレバノンに暮らす。 「保釈を出した東京地裁の歴史的大チョンボ」 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏は31日、で、「レバノンと日本の間には、身柄引き渡し条約がないので、レバノン政府が拒否すれば、日本はゴーンを取り返せない」と指摘するとともに、「ゴーンは、フランス、ブラジル、レバノンと複数のパスポートを持っているが、三重国籍の利点をフルに活用。 日本の司法は、もっと国際化しなければ、こういう事態には対処できない」と、司法制度の改革を呼び掛けた。 元検事の落合洋司弁護士もで、 「カルロス・ゴーンはレバノン国籍もあるはずで、日本とレバノンの間には犯罪人引渡条約がない。 自国民は引き渡さないのが国際法上の原則。 レバノンを拠点にする限り、日本への連れ戻しは無理だろう」 とゴーン被告引き渡しの難しさを解説するとともに、「保釈を出した東京地裁の歴史的大チョンボ」と断じた。

次の

カルロスゴーンがレバノンへ国外逃亡!海外の反応は

レバノン 逃亡

カルロスゴーン、無断出国で現在地はレバノン 出典: カルロスゴーンの現在地が中東のレバノンであると明らかになったのは日本時間で2019年12月31日の事。 現在地は首都のベイルートであるとのこと。 近い地図ですとこちら。 広めの地図で日本とカルロスゴーンの現在地のレバノンがギリギリ入る距離。 レバノンと日本の時差は7時間。 日本のほうが7時間進んでいる計算になります。 カルロスゴーンはトルコを経由して プライベートジェットで29日夜にレバノンへ。 ちなみにカルロスゴーンの妻、キャロル夫人も4月に日本を脱出してパリへ。 現在はレバノンで合流をしているのでしょうか…。 現在の所カルロスゴーンのレバノンにある邸宅には「本人は居ない」と警備員が語っているとしています。 無断出国は保釈条件違反 カルロスゴーンは2019年4月に保釈をされましたが東京に住むことを求められており、 パスポートは弁護人に預けて海外渡航は禁止。 東京地検は 「保釈条件の変更は聞いていない」と語っているためカルロスゴーンが無断出国し、現在地がレバノンであることは保釈条件に 違反する要件。 カルロスゴーンの代理人弁護士の一人は 「何も知らない」「これから確認する」とコメントをしています。 法務省幹部も現在確認中とのことで経緯は依然として不明。 ただしカルロスゴーンが 数日以内に記者会見を開くという情報も。 レバノンと犯罪人引き渡し条約は締結しておらず 実は日本は犯罪容疑者の引き渡しの国際条約は ほとんど締結していません。 実はアメリカと韓国の2カ国のみ。 そのため海外逃亡をされると手出しができないことが殆ど。 ちなみに2019年12月21日には 鈴木馨祐外務副大臣が日本の外務副大臣として約3年ぶりにレバノンを訪問。 謎のタイミング。 カルロスゴーンはレバノンでハッピーニューイヤー! レバノンの新年はとても騒がしくお祝いをし、特にシュチのベイルートでは多くの家が大音量の音楽を流して騒ぎ、 日付が変わる頃には祝砲がとてもうるさくなるとのこと。 カルロスゴーンも新年を前に自由の身 どれほど続くかはわかりませんが。 新年を海外で迎えるということで心が軽くなっていそうですね。 カルロスゴーンの現在地に関するネットの反応.

次の