イノベーション の ジレンマ 事例。 【解説】常に新しいものを考え続ける理由「イノベーションのジレンマ」

破壊的イノベーションにより大企業が滅びる理由

イノベーション の ジレンマ 事例

イノベーションのジレンマとは、業界トップになった企業が顧客の意見に耳を傾け、さらに高品質の製品サービスを提供することがイノベーションに立ち後れ、失敗を招くという考え方。 ハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセンが提唱した。 成功している企業がイノベーションのジレンマとよばれる失敗に陥る理由として、クリステンセンは、3つの理由を挙げている。 まず第1に、破壊的な技術は、製品の性能を低下させる。 そのため、既存技術で成功している大手企業の多くは破壊的な技術に関心が低いという点である。 例えば、デジタルカメラが登場した当初は、画質などで銀塩写真に比べて画像の質は低く、フィルムカメラのメーカーは、この技術に関心も注意も払わなかった。 しかし現在では、フィルムカメラはデジタルカメラに主役の座を追われている。 第2に、技術の進歩のペースは、市場の需要を上回ることがあるという点である。 技術が市場の需要を上回っているにもかかわらず、トップ企業はハイエンドの技術をさらに持続的に向上することを止められない。 そのため、新たに開発した技術に、市場は関心やプレミアムを得ることができない。 さらに、比較的に性能が低くても顧客の需要を満たす、新たな技術をもった新規企業に市場を奪われる隙を作ってしまう。 第3に、成功している企業の顧客構造と財務構造は、新規参入企業と比較して、その企業がどの様な投資を魅力的と考えるかに重大な影響を与える。 破壊的技術が低価格で利益率が低い、あるいは市場規模が小さいなど、既存の技術で成功してる企業にとって魅力を感じず、参入のタイミングを見逃してしまうという点である。 上記のコンセプトから、革新的な技術やビジネスモデルで従来の企業を打ち破った企業が、大企業になると革新性を失ってしまう状態や、さらに最先端の技術開発をしても成功に結びつかない状態などを、総じてイノベーションのジレンマと呼ぶ。

次の

イノベーションとは?定義・成功事例・リノベーションとの違いを紹介

イノベーション の ジレンマ 事例

Contents• 1997年にアメリカのハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授が提唱した考え方です。 イノベーションのジレンマに陥る5つの理由 クリステンセン氏は、イノベーションのジレンマに関する原則に以下の5つを挙げています。 顧客と投資家に資源を依存している おもてなし文化を重んじている日本では、過度な顧客至上主義が目立つケースが時たま指摘されています。 主要顧客の確保において、顧客のニーズに沿った高性能な製品や優れたサービスを常しえに生産し続けなければならないという風潮も伺えます。 顧客のニーズや既存株主の意向に耳を傾け過ぎて、過剰満足な製品やサービスを提供すると、自社のシェアを失うきっかけとなり、結果的にイノベーションのジレンマに陥りやすくなります。 小規模な市場では大企業の成長ニーズを解決できない イノベーションの初期段階では市場規模が小さく、大企業にとっては参入の価値がないように見えます。 そのため、優良な大企業が真剣に検討するようなビジネスではありません。 存在しない市場は分析できない 優良な大企業にとって、市場を分析して合理的な意思決定を行う能力が備わっています。 分析や予測が出来ない限り、新たな市場に踏み出そうとはしません。 その結果、破壊的技術へ取り組む機会を失い、イノベーションのジレンマにも陥りやすくなります。 組織の能力は無能力の決定的要因になる 「組織の能力=働く人材の能力」という図式はありません。 組織の能力を生み出すプロセスや価値基準も、状況が変わると組織の無能力の決定的要因となります。 スタートアップの時点では柔軟になんでも吸収できていたことが、企業が成長するに従って柔軟な対応が取りにくくなることがあります。 技術の供給は市場の需要と等しいとは限らない イノベーションは当初こそ小規模な市場でしか使われませんが、いずれは主流市場で競争力を持つようになり、製品やサービスの技術が顧客ニーズを上回る場合があります。 その結果、メーカーが提案した機能と、ユーザーが求める機能の不一致が生じる可能性もあり、例えば小型テレビが将来的に普及するとしても、画質が悪かったり値段が高かったりするとなかなか売れません。 また、「テレビは大きいものだ」という先入観が持たれていると、それが取り除かれるまで需要は伸び悩みます。 イノベーションのジレンマ事例 デジタルカメラ 日本のデジタルカメラ事業は、世界のカメラ市場に大きな影響を与えています。 高度な撮影スキルや経験がなくとも、簡単に綺麗な写真を撮ることができる高性能かつ高価格な一眼レフデジタルカメラは、持続的イノベーションの顕著な例として知られています。 ところが、カメラ機能の備わった携帯電話の登場によりデジタルカメラの売上は低迷し始め、当初こそ高画質・カメラサイズの大きさなどで差別化が図れていましたが、スマートフォンの登場により、画質・サイズともに優れた写真の撮影が可能となり、一気にカメラ市場は変化しました。 携帯電話という全く異なる製品がもたらす破滅的なイノベーションを予想することができず、まさにイノベーションのジレンマに陥ってしまった事例として知られています。 おかげで現在デジタルカメラはカメラ市場においても苦戦を強いられているようです。 居酒屋 リーズナブルな値段で豊富なメニューを提供できる居酒屋チェーン店の登場は、1980年代頃から急激に進化し国内の外食市場のシェアを一気に変えました。 ところが、高品質かつ低価格な食材やサービスを提供することで、顧客の要望は次第に上昇していき、さらに深刻な人手不足による長時間労働や過労死が社会問題化したことで、ブラック企業が多いというイメージが広がったことをきっかけに、企業の潤いが逆効果に働いてしまったと言われています。 その結果、これまで非効率と見なされていた手法により新たな価値を提供する新興居酒屋が好評となり、全国展開を前提としたチェーン店が一気に減るようになりました。 これも過去の成功体験による事業展開に終始してしまうというイノベーションのジレンマと捉えられるでしょう。 実際、代表的な居酒屋チェーン店として知られる「和民」は、2008年頃から外食事業の業績悪化に陥り、軌道修正の意思決定を行うまでの間、さまざまなイノベーションを実施しましたが、ブラック企業のイメージが根付いたり、巨額な赤字を繰り返したりして、2016年頃まではまさにジレンマに陥った期間となっていました。 イノベーションのジレンマに陥らないためには? イノベーションを行うには、不確実性とリスクが常につきまといます。 それらをしっかりとコントロールしなければ、イノベーションを含めた新規事業を立ち上げることはできません。 また、そうしたイノベーションを行うにあたる不確実性やリスクなどは、上司や経営陣に提案する際にきちんと説明することが大切です。 というのも、不確実性とリスクを把握した上で、どれほどの経営資源を投資できるかという判断にも繋がり、数ある不確実性に対して、可視化・検証という作業を繰り返すことで、確信につながり、イノベーションを生み出しやすい環境を構築することができます。 そのため、新たなるイノベーションを実施する際には、それにまつわる不確実性とリスクをあぶり出し、それを踏まえた上でどのような施策に打ち出せるかを考え、うまい具合にコントロールをしながら進めていく必要があります。 まとめ さて、今回はイノベーションのジレンマについて解説しました。 今の時代、企業の大きさに関わらず、イノベーションのジレンマを正しく理解しておく必要があり、次世代を担うような企業へと成長していくことが、企業経営として求められていることです。 今後、新たなイノベーションに取り組まれる予定の方は、ぜひこの記事を参考にして実践してみてください。

次の

和民がズルズルとハマったイノベーションのジレンマとは?

イノベーション の ジレンマ 事例

破壊的イノベーションとは? 破壊的イノベーションの何が脅威なのでしょうか。 大企業が見向きもしないイノベーションがなぜ、脅威となるのでしょうか。 経営者の方の間では、何かすごいイノベーションと認識している方が多いようですが、これは間違いです。 破壊的イノベーションは、驚くほど、大したことがない技術なのです。 しかしながら、その大したことがない破壊的イノベーションに、大企業がことごとく負けてしまうからこそ、脅威なのです。 これは果たしてどういうことなのでしょうか? この記事では、破壊的イノベーションの事例と、それが起こるシステムを解説します。 事例~HDDとSSDに見る~ 出典: 破壊的イノベーションは、既存技術に比べて、性能が劣る技術イノベーションのことです。 そのため、大企業は見向きもしません。 ここで具体的に、パソコンなどで使用される記憶装置である、HDDを事例にあげたいと思います。 HDDと言えば大容量の記憶装置で、多くのパソコンで使用されています。 1000GBものデータを保存できるので、とても便利です。 例え本体がどれほど大きかったとしても、データがたくさん入れるために、HDDは時代とともに大容量になってきました。 データ容量が大きいものの方がベターです。 そのため、持ち運びには優れているコンパクトのサイズであるものの、容量が小さいSSDは初めはPCには搭載されませんでした。 出典: しかし皆さんのスマートフォンは何GBでしょうか? 人によっては、16GBのiPhoneを使用している人もいますよね。 実際、HDDは人々のニーズ以上に、無駄に容量が大きくなったのです。 現在では、外出先で利用されているパソコンの多くが、SSDを搭載したものとなっています。 確かにSSDは容量という点ではHDDに性能が劣ります。 しかしながら、人々が求めるニーズを満たすだけの容量を兼ね備えるようになったので、HDDはかつてのようなポジションを失いつつあるのです。 この破壊的イノベーションの事例のように、既存製品に劣ってはいるものの、将来的に人々のニーズを満たすだけのスペックを備えるものがあります。 こういった潜在的な脅威となる可能性のある製品を最初は大企業は見向きもしません。 しかし、その性能が劣る製品に、結局は市場を渡してしまうのです。 現在ではクラウドに保存する新しい形が徐々に浸透しつつあるので、事例で扱ったHDDのポジションは徐々に追いやられることでしょう。 この事例のように、破壊的イノベーションに市場を受け渡してしまうメカニズムは、イノベーションのジレンマと呼ばれています。 破壊的イノベーションの進出は防げない? 出典: 破壊的イノベーションによる市場進出を防ぐのは困難です。 大企業はできる限り現在の市場を維持した方が、大きな利益を得ることができるからです。 そのため、新しい技術に先行投資をしようとしません。 先ほどの事例で、わざわざSSDを開発するというのは、自身のHDDで築き上げたポジションを台無しにする行為です。 そのためこの事例では、大企業は合理的選択として、既存技術の改良に取り組みます。 潜在的脅威となる可能性のある、性能が低い新しい技術への投資を行いません。 しかしその性能が低い技術の性能が人々のニーズを満たすに至ったときには、すでに手遅れです。 大企業は後から参入しようとしても、間に合いません。 見向きもしなかったその技術に関して、すでに他の会社がポジションを築いています。 この事例のように、経営合理的に経営判断をした結果、大企業は、見向きもしなかった技術にポジションを明け渡してしますのです。 それゆえに脅威なのです。 破壊的イノベーションはスタートアップの追い風となる 破壊的イノベーションは大企業にとっては、脅威となる技術です。 しかしながら、これはスタートアップにとっては追い風にもなります。 これから起業を考えておられる方々は、この事例のように、大企業の安定志向と破壊的イノベーションを利用し、ぜひ市場を獲得してください。 そして、決して自身が将来脅威となる破壊的イノベーションに食われないように。 『enfacスタートアップサイエンス』は、 世界で5万回シェアされたスライド「StartupScience」制作者の田所雅之氏が、書籍300冊、経営者のブログ500本、自身のシリコンバレーでの起業経験と1000人以上の起業家を取材する中で体系化した知識を、動画ラーニングのenfacが、いつでもどこでも学びやすくまとめた動画学習コンテンツです。 2017年6月より1年間をかけて企画・撮影した105本。 今後も、毎月2-3本新しいコンテンツをリリースし、学びを深めていくことをサポートします。 コンテンツを学習することで、「試行錯誤で時間を浪費する」「チーム内で噛み合わないコミュニケーションを続ける」などの無駄を省き、チームが本来の目的や使命に向かってより効果的に進むことができます。

次の