アフィリエイト 嘘ばかり。 ブログアフィリエイトで嘘ばかり書くと稼げない理由とは…

長谷川純のビットタウンは嘘ばかり | LSネットビジネスブログ

アフィリエイト 嘘ばかり

それも1人や2人ではないです。 SNSやブログでは何十人もの「 稼いでいるアピールをする人」を見かけます。 あまりにも稼いでいる人が多すぎて… まるで 稼いでいないのは自分だけ?といった錯覚に陥る人もいるでしょう。 でもまあ心配はいりません。 稼いでいるアピールをしている人のほとんどは嘘つきです。 ただ、一応誤解のないように伝えておきたいのですが… 本当にネットで稼いでいる人はいます。 (実際、私と同じくらいの時期にブログを始めて稼ぎまくっている人もいます) ですので、ブログやアフィリエイトで稼いでいる人を否定するつもりはありません。 が… あまりにも「 明らかに嘘をついている人間」が多すぎてうんざりするのです。 なぜ成功していると嘘をつくのか? そもそも、 なんでブログやアフィリエイトで稼いでいると嘘をつくの? と思われる人もいるでしょう。 答えは簡単です。 嘘をつき続ければ、いつしかそれが本当になるからです。 これは昔からある 詐欺師の常套手段です。 稼いでいると嘘をついて人が集まれば、ブログであれアフィリエイトであれ訪問者を稼ぐことができます。 言い換えれば、嘘つきでかき集めた訪問者を利用してアクセス数やアフィリエイト成果をたたき出し、稼いだ実績を得るためです。 一度でも稼いだあとはどうにでもなります。 その時点では既に稼げている事実が存在しますので、もはや「最初の嘘」なんて問題ではありません。 嘘も言い続ければ本当になる そのため嘘をつき続けるのです。 成功者が誰かにノウハウを教えるわけがない そもそも、 成功者が誰かにノウハウを教えるメリットはなんでしょう? 逆の立場で考えてみて下さい。 あなたがネットビジネスで月に100万円を稼げているとして、そのノウハウを誰かに教えようとするでしょうか? 10000人に1人くらいは「 とてもお人好しな人」がいるかもしれませんが、ほとんどは誰にも話さずにコッソリ稼ぎ続けようとするでしょう。 利益を得ている人が、わざわざ自分の首を絞めるような行動をするわけがないのです。 普通に考えれば変だとわかるのですが、ネットだと騙されてしまう人が後を絶ちません。 例えば、訪問販売にて… とっても儲かる話があります。 あなただけに特別に教えましょう! なんて人があらわれたら、ほとんどの人はお断りをするでしょう。 あるいは… そんなに稼げるのならあなたが実践してください! と突き放すことでしょう。 しかしこれがネットになると…なぜか信じてしまう人が多いのです。 その理由は、相手の姿が見えないからです。 相手の姿が見えませんので… 「 もしかしたら本当の情報かも…」 と思ってしまうのです。 対人での営業マンの営業トークに耐性がある人でも、ネットのセールスライティングには弱いこと…なんてことはよくあります。 成功者の話は本当に有益か? ではネット上の成功者の話はすべて嘘なのかといえばそんなことはありません。 ネットビジネスはうさんくさいので成功者なんていない と思うのはさすがに思い込み過ぎです。 本当に成功している人もたくさんいます。 ただ、 そういった人々が発信する情報って本当に有益でしょうか? 以前、「」といった記事でも書きましたが、成功者の話って本当の肝となるところは絶妙なぼかし具合であやふやにされている気がします。 いやほんと… ぼかしプロといえるほど絶妙なぼかし具合だと思います。 完全な嘘や作り話だと自身の信頼が崩れます。 かといってノウハウを包み隠さず話してしまうと自分の利益を脅かす存在が生まれてくるかもしれません。 絶妙な情報操作のバランスでファンを増やしていく。 その腕前はお見事だと思います。 実質的に役に立つアドバイスはほとんどないはずなのに「何かとても有意義な情報を聞いた」と思わされます。 ホント…さすがだと思います。 古い情報ならすべて公開しても影響がない 少し話は変わりますが、私は以前にパチンコのセミプロをしていた時期があります。 荒稼ぎしていたとは程遠いものでしたが、それでも月10~30万円は稼いでいました。 その当時は、やはり「 勝てるノウハウ」を確立していたため勝つことができたのです。 (もちろん、ゴトなどの違法行為ではありません) ですが、 そのノウハウにも旬があり、今ではまったく通用しなくなりました。 結局、成功者の話もコレと同じだと思うのです。 すべての情報には旬があり、旬の過ぎた情報には価値がありません。 しかしながら、それでも稼げた時期がある情報ですので、それらしく聞こえてしまうのが難しいところです。 まとめ とまあ長々といろいろ書きましたが、言いたいことは1つだけです。 ブログやアフィリエイトの世界は甘くありません。 稼げる情報は遮断され、そう易々と手に入れることはできません。 甘い言葉で勧誘してくる人はすべて詐欺師だと思いましょう。 あるいは、あなたを利用して権威性をつけようとする人間だと思いましょう。 ……… いやはや、自分で書いておきながらネガティブなことを書いているなと思います。 ブログでこういった内容の記事を書いても、実はあんまり意味がないんですよ。 なぜならば、 こんなことを書いてもウケが悪いからです。 夢がないんですよね。 こんなことを書くよりも「 ネットビジネスの世界には無限の可能性が広がっている」「 誰もががんばればチャンスがある夢のような世界」といった内容を書いた方がウケがよいのです。 ただ…何を書いてもよいのが個人ブログの良さでもありますので、たまにはこんなネガティブなことも書いてみました。

次の

ペラサイトの見本公開例あり!稼げないは嘘か作り方は初心者必見! | アフィリエイトに挑戦 〜私は稼ぐことができるのか〜

アフィリエイト 嘘ばかり

関連記事: 何か新しい商品を試してみたい、と思った時にネットを検索したことがある人は多いと思います。 あるいは、何か悩みがあってその解決をしたいときにネットを検索することもあると思います。 そして、検索結果には、レビュー記事や体験談、商品紹介付の体験記事など色々な情報がヒットします。 その時に、 「これ、嘘じゃん!」とか 「嘘っぽい」と思ったことはありませんか? 私はあります。 私が、ミニ特化型ブログとも言える、ある悩みの特化したブログを立ち上げるのに色々検索した時、まさに "嘘の情報" をまことしやかに書いているブログやサイトがたくさんありました。 その中で私は、ただ本当のことだけを書きました。 自分が実際に体験して、悩んで、色々調べた、本当のことだけを書きました。 もちろん、中にはアフィリエイトも入っていますよ。 関連記事: この時、嘘でないブログやサイトもありました。 だけど、残念ながら嘘で溢れているブログやサイトも散見しました。 嘘を書いているブログやサイトは、とにかく商品を紹介しまくっています。 後は、一つまたは数種類に絞った物販アフィリエイトサイトですね。 ネットでこんなサイトを見ると、 「アフィリエイトで稼ぎたい」と思ったら、 「嘘を書かなければいけないのか」と思ってしまうと思います。 "嘘を書いて稼ぐ"、そう思ったら普通の神経の人は後ろめたい気持ちになると思います。 これが、 "アフィリエイトは胡散臭い・嘘ばかり" と言われる原因なのですが。 ではなぜ、嘘を書いているブログ・サイトがあるのでしょうか。 それは当たり前ですが、「売らなきゃ!」という意識からですよね。 その内容は、買っていない・使用していないのに、買った・使用したことにして、内容はネットから拾ってつぎはぎしている、ということ。 また、中にはクラウドソーシングに依頼してレビュー記事を買い、それを使用している人もいます。 この場合、依頼時に「画像を添付して下さい」や「実際に使ってみた感想をお願いします」と条件をつけることが多いです。 でも、実際問題、そのライターさんが本当に使用して書いたかを確認することなんてできませんよね。 実物の画像の添付を依頼すれば間違いない、というのでしょうが、画像だっていくらでも拾ってこれますよね。 つまり、第三者に依頼している時点で、そのアフィリエイターも嘘か本当かわからないんです。 では、なぜそんな嘘か本当かもわからないのにレビュー記事を依頼するのか。 答えは簡単です。 「自分で全て購入し、使用するには無理があるから」 大体、こういった人は一つのブログでたまに商品の紹介をするんじゃないんですね。 商品を売るためだけのブログを作るんです。 そして、そういったブログやサイトは一つではなく、多い人では何百というサイトを作っている人も多くいます。 ただ、ここで問題なのは、買っていない商品を扱うことではなく、 買っていないし使ってもいないのに、買ったこと・使ったことにしているという点が問題なのです。 買っていない商品だって売っていいんです。 「こういう素晴らしい商品があるんですね」というように書けばいいんです。 そうやって書いて売るのはいいんですよ。 嘘は書いていませんから。 いけないのは、買っていない・使っていないのに、さも買ったように・使ったように書くことです。 では、 「アフィリエイトは嘘を書かなければ稼げないんですか?嘘を書けば稼げますか?」という質問の答えはどうなのでしょうか。 それは、アフィリエイター・ブロガーごとに違うかもしれませんが、私はこう答えます。 嘘を書かなくても稼げるよ!むしろ、嘘を書いて稼いだって、いいことないよ。 本当のことを書こう! と答えます。 なぜか。 理由は簡単です。 "嘘なんてすぐにバレるから" です。 例え、その嘘で最初は騙せて稼げたとしましょう。 でも、そこで「あのブログ・サイトは嘘だった」と思ったら、二度目以降、そのブログやサイトが紹介している商品を見ても信じないですよね。 そうしたら当然、そのブログ・サイトは避けられます。 だから、一つはそこで売れても、二つ目以降はあり得ません。 それに、今は、ネット上に嘘が溢れているのなんてみんな知っていますよね。 つまり、ユーザーも馬鹿ではないんです。 だから、嘘を書いたって、それが嘘か本当かバレてしまうんですよ。 逆に嘘を書いて得することはありません。 なぜなら、嘘を書くことによって、一番大切な "信用" という大事なものを失ってしまいますから。 ネットなんて情報が拡散するのは早いです。 それが嘘であれ本当であれ、ネット上での噂はすぐに拡散されます。 そこで損をするのは、誰なのか言わなくてもわかりますよね。 それに、「売らなきゃ!」という気持ちが全面に出過ぎると避ける人は多くいます。 自然体で、本当のことを書いていればそれはユーザーに伝わります。 アフィリエイトは、売って自分だけが得をするんじゃないんです。 良いものを紹介して、紹介して貰った人も喜ぶ。 Win-Winの関係になるものがアフィリエイトなんです。 Googleも変わってきている Google検索は年に何度かアップデートをします。 2018年も大小あわせて何回かアップデートがありました。 でも、Google検索で一番変わったと思われるのは、2017年の医療関連・健康系キーワードに関するアップデートです。 WELQという医療系キュレーションサイトが姿を消し、上位表示されていた医療関連・健康系アフィリエイトサイトが軒並み順位ダウンし、それまで検索上位に表示されなかった医院、厚生省などのサイトが上位表示されるようになりました。 このWELQ事件は、まゆつば情報をあたかも本当のことのように記事にしたりしていましたし、病気などに関して正確ではないことが素人の目から見ても散見されました。 つまり、「記事に正確性がない」ということです。 これを受けGoogleはアップデートをしたというものです。 これらは、意図的かどうかは別として「ユーザーをだましていた」とGoogleは判断したわけですね。 なので、もし嘘を書いて一時的に稼げたとしても、いつかはGoogleアップデートにより検索順位が大幅に下がるようになるでしょう。 ということは、「嘘を書かずに正しいことを書いていれば大丈夫」とも言えます。 これは、以前検索上位になるには被リンク数が大事と言われ自作自演のリンクを貼るという手法が流行ったことがありますが、今ではあまり通用しなくなっています。 こういったやり方を「ブラックSEO」というのですが、今もまだブラックSEOが通用することはあるけれど、時代はどんどん「ホワイトSEO」へと移ってきています。 以前と違って、手法などでは通じない時代になってきているのです。 だから、嘘を書いてGoogleアップデートに怯えるより、本当のことを書いた方がいいわけですよね。 もちろん、Googleも完璧ではありません。 それでも、アップデートを繰り返して「ユーザーのためになる検索」へと向かっているのは事実です。 嘘やデタラメはユーザーのためにはなりません。 ユーザーのためにはどんな記事を書くか? それは事実を書いた記事です。 スポンサードリンク 稼いでいるという実績は嘘?本当? そしてもう一つ気になるのが、実績と証拠。 放ったらかしで月1,000万円稼いでいます!• 一週間で100万円稼ぎました。 その間、遊んでいました• 今の月収はサラリーマン時代の年収を上回ります と言ってASPの実績画像を公開している人って少なくありません。 ではなぜ、そのように実績画像を公開するのか。 稼ぐ系の情報を発信している場合、このような実績画像を公開することで訪問者に「この人はこんなに稼いでいるんだ!すごい!」と思って貰えるからです。 そして、その実績画像がすごい数字だったら、「これだけ稼いでいる人が書いているんだから本当なんだ」って思っちゃいますよね。 それが罠なんです。 本当のところ、実績画像なんていくらでも加工できるんですよ。 では、通帳の画像をアップしているのは信じられるのか。 これは難しいけれど、私は信じません。 だって、その通帳は本当にその人のものなのでしょうか。 この全てが揃っていれば疑いようがないですね。 さいごに アフィリエイトが気になるものの、どうしても 「アフィリエイト=嘘」というイメージがついてしまっているな、と感じます。 前者の嘘も後者の嘘も、最終的には "売りたい" からなんですよね。 だけど、その「売りたい」という気持ちの持ち方自体がすでに違うし、何より嘘なんてすぐにバレるんです。 これは現実社会でもそうですよね。 でも、嘘なんてつかなくたって、やり方さえ間違えなければ稼げるんですよ。 もちろん、すぐに稼げる人、時間がかかる人それぞれだと思いますが、根気よく続ければ必ず稼げます。

次の

【本音】アフィリエイトのサイトはウザい!胡散臭い!嘘ばかり!

アフィリエイト 嘘ばかり

NHKにCMを入れて何か悪いのか 「インターネット時代といちばん相性がよいのはネット広告だと思います。 日本人の多くは『CMを入れてしまうと、公共放送としてのNHKが成立しなくなる』という洗脳にだまされているので、違和感を覚えるかもしれません。 しかし、これが『嘘』なのです」 近年、自らインターネット動画の番組を立ち上げて意見や情報を伝える専門家が増えている。 有識者が直接、発信するのが本物の「一次情報」。 人から聞いた話を伝えるテレビ番組や新聞記事は「二次情報」にすぎない。 記者が独自の情報をもたないがゆえに、NHKも民放も似たような番組が横並びになるのだ。 受信料と系列支配に依存し、惰性でニュースを流すテレビ・新聞の既得権を喝破! 嘘ばかりとは、大げさな言い分ではない。 未来がない業界は、劣化が激しいと云う別の表現である。 「報道」が過大評価されていただけの話である。 ところが、インターネットによりその虚実が明らかとなってしまった。 それだけの事である。 つまり、「個」対「個」の時代が到来しただけの話である。 マスの時代は、終わったのである。 マスの役割は、老齢層のためだけである。 人は入れ替わる。 未来はない。 新聞の時代は終わり、TVもインターネットに参入して生き残りを図るしかないだろう。 だが、熾烈な世界で加工された情報が生き残るのは難しい。 つまり、情報操作が極めて難しい時代が到来したのである。 情報戦としては、新次元の到来である。

次の