メル ペイ ポイント の 使い方。 【6月版】「メルペイ」のキャンペーン&クーポンまとめ

メルペイの使い方・やり方を完全網羅!チャージ・決済・送金方法【完全まとめ】

メル ペイ ポイント の 使い方

メルペイはメルカリの売上金やポイントを、通常の店舗(コンビニ、ファーストフード、スーパーマーケット、ファミレスなど多数)で日常的な買い物の購入に使えるというサービスです。 (売上金がない場合は銀行からチャージして、メルペイで使うこともできます。 ) 最近流行りのペイペイなどはバーコード決済ですが、メルペイの場合は「iD決済」を利用します。 (メルペイはバーコード決済も利用できます) 「iD決済」はバーコードをお店の人に見せるわけではなく、決済端末にスマホを近づけて決済するという方法になります。 メリット・デメリットなどは次の項目で詳しく見ていきましょう。 メルペイが使える店舗は? (出典:) コンビニだとセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラなどで利用できます。 その他かなり多くのお店で使えます。 上の画像に載っているのはごく一部なので詳しくは以下で確認してみてください。 (出典:) このようなiDマークやメルペイマークのある店舗で利用可能です。 メルペイの4つのメリット メリット1:メルカリの売り上げを利用できる メルカリで何かを売った時の売り上げ金はメルカリ内にストックされますが、これを銀行に振り込みしようとすると手数料がかかってしまいます。 知っていると知らないでは大きな差ですね。 個人的にメルペイの一番大きなメリットは現状ではこれかなと思います。 メリット3:使える店舗が多い 各スマホ決済サービスは利用できる店舗の拡大というところに課題があります。 サービスが乱立し、利権などの問題で使える店舗が少ないサービスが多いわけですね。 でもメルペイはバーコード決済だけでなく、「iD決済」も利用できます。 (出典:) この「iD」のマークを見たことがある人は多いでしょう。 iDはすでにかなり広まっていて、利用できる店舗数が多いわけです。 セブンイレブンで利用できるスマホ決済サービスは少ないですが、iDなら利用できます。 2019年3月時点で135万個所以上で使用できるので、多いのが分かると思います。 また更に LINE PAYとも提携して、お互いの利用店舗を使えるようにすると発表がありました。 実現するとかなりの範囲で使えるようになると思います。 便利になる一方でお店側の負担は大きいんですね。 でもメルペイは決済料金の1. (利用者側の手数料は無料です。 ) ですので お店としても導入しやすく、利用店舗が広がる可能性が高いと思います。 また「iD」だけでなく、バーコード(QRコード)決済にも対応しているので、小さなお店でも導入しやすくなっています。 メルペイのデメリット デメリット1:Apple Payかおサイフケータイの機能がないとiDを使えない メルペイにはバーコード決済とiD決済が用意されていますが、 iD決済の方はApple Payかおサイフケータイの機能がないスマホでは使えないんですね。 iD決済の店舗数が多いので、iDは使いたいところです。 iPhoneの場合、対応しているのはiPhone7以降になります。 (iPhone6もApple Pay対応ですが、日本と規格が違うので利用できない) Androidの場合は自分のケータイにおサイフケータイの機能がついているのか確認しておきましょう。 デメリット2:ポイント還元がない 例えばペイペイや楽天ペイなどは、それを使って決済したときに0. でも メルペイにはポイント還元はないんですよね。 メルペイは売上金を一度ポイントに変換してからメルペイで使用することになります。 またキャンペーンや友達紹介などでもポイントをもらえます。 そのため、メルペイ内にはポイントが存在していますが、 これはポイント還元とはまた別のものというわけです。 これがメルペイの一番残念な点かなと思います。 メルペイをお得に使いたいならクーポンをうまく利用することになりそうですね。 メルペイの使い方 古いバージョンのメルカリを使っている場合はメルペイは使えませんが、最新版にアップデートすると使えるようになります。 始めに設定が必要なのでまだ設定していない人は以下の記事を参考にして設定を済ませておきましょう。 iD決済の場合の使い方 「iD」マークのあるお店ではこちらの使い方になります。 支払いのタイミングで、お店の人に「 iDで」と伝えてください。 「メルペイで」ではダメなので注意してくださいね。 Androidの人はおサイフケータイに「メルカリ(iD決済)」が追加されていると思いますので、普通におサイフケータイとして使えばOKです。 それで決済が完了します。 iPhoneの人はひと手間かかりますが、それでも簡単ですね。 Touch IDもFace IDも必要なく、iPhoneを立ち上げなくても同様の決済ができるのはSuica モバイルSuica しかありません。 それ以外の場合は、必ずTouch IDもFace IDの認証が必要になるので、一度iPhoneを立ち上げる必要があります。 メルペイも上記のようにiPhoneを立ち上げる必要があります。 レジの支払いのタイミングで「 メルペイで」と伝えましょう。 するとこのようにバーコードとQRコードが表示されます。 これをお店の人に見せて、バーコードリーダーで読み取ってもらったら決済が完了します。 iD決済の方が圧倒的に店舗数が多いですが、小さめのお店の場合はコード払いもあります。 いずれにせよ簡単に使えますね。 (このスマホでは0円になっていますが、売上金があるときにはここに金額が表示されます) でもこの状態ではメルペイでは利用できないんです。 変換の手数料は無料です。 ちなみにですが、銀行口座をメルペイに登録すれば、この面倒な作業をする必要がなくなります。 銀行口座を登録してメルペイにチャージする方法 これは少し長くなるので以下の記事にまとめました。 まとめ メルペイを利用する価値のある人は以下のような人です。

次の

メルペイのiD決済が便利。設定と使い方を知って活用しよう

メル ペイ ポイント の 使い方

前提:ポイントでメルペイ残高のチャージはできない ポイントは、メルペイ残高へのチャージには利用できません。 また、する必要もありません。 というのも、 ポイントを所有している状態で、通常どおりiDやメルペイコード支払いをすれば、ポイントが自動的に消費されるからです。 ただし、ポイントはメルペイ残高よりも優先的に使われるので、使用するポイント数の指定はできないようになっています。 iD/メルペイコード支払いで実店舗で利用する 実店舗でポイントを使うにあたって、チャージや特別な設定は必要ありません。 ただ、 支払い方法が「スマート払い」の状態だとポイントでの支払いができないので、必ず「メルペイ残高」での支払いに切り替えておきましょう。 メルペイ残高支払いに設定されていると「ポイント優先利用」と表記される なお、購入金額に対してポイントが足りない場合には、ポイントとメルペイ残高の併用ができます。 メルペイコード払い メルペイコード払いは、ローソンなど上掲のマークがあるお店で利用できるQRコード/バーコード決済です。 iDのように初期設定は必要なく、また「メルカリ」アプリのインストールさえできていれば、どの端末でも利用できます。 使うときは購入金額分のポイントがあるかどうか確認し、メルペイ画面から[コード払い]をタップ。 パスコードやFace IDなどで本人確認をしてコードを表示します。 支払い方法がメルペイ残高とポイント支払いになっていることを確認したら、店員にコードを読み取ってもらえば完了です。 メルカリ内での支払いに利用する ポイントは、もちろんメルカリ内での買い物の支払いにも利用できます。 ポイントが金額分貯まっていればポイントだけでの購入もでき、足りない場合はメルペイ残高やクレジットカードなど、その他の支払い方法との併用もできます。 ただ、実店舗での利用と同じく、使うポイント数は指定できません。 購入したい品を選んだら、[購入手続きへ]をタップ。 支払い画面で「ポイントを使用する」にチェックを入れればポイントが使われます。 Suicaへのチャージに利用する(iOSのみ) 現状では iOSのみの機能となりますが、ポイントからApple Payを通して「モバイルSuica」へチャージが可能です。 メルペイ加盟店に加え、交通電子系マネーが使える店舗での決済や、普段の電車・バスの支払いにもポイントが活用できるので、iOSユーザーであればなにかとに便利に使えるでしょう。 メルペイポイントでチャージするには、Apple PayからモバイルSuicaを開き、残高の隣にある[チャージ]ボタンをタップ。 チャージしたい金額を入力し、[チャージ]を押します。 チャージ金額は1円単位で指定可能です。 なお、Suicaへのチャージするには、事前にiDの初期設定を済ませておく必要があります。 支払画面が表示されるので、カードの選択でメルペイ電子マネーを選びます。 あとはFace IDや指紋認証、パスコードなどで本人確認を済ませれば、Suicaへのチャージは完了です。 ポイントの有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:キャンペーンごとに設定• キャッシュレス・消費者還元事業で得たポイント:獲得日から90日間 有効期限を過ぎると、ポイントは失効して使えなくなってしまうので注意が必要です。 メルペイTOP画面の[ポイント]から、ポイントの獲得履歴と有効期限を確認できます。 ポイントは自動的に有効期限が近い順に消費されるようになっていますが、キャンペーンで獲得したポイントは特に有効期限が短いので、できるだけ早めに消費しましょう。 ポイントとメルペイ残高の違い ポイントもメルペイ残高も、iDやQRコードを通して実店舗で使えることに変わりありません。 ただ、「メルペイ残高=ポイント」というわけでもありません。 少々分かりづらいそれぞれの相違点を下表にまとめました。 ポイントとメルペイ残高の相違点 ポイント メルペイ残高 取得方法• キャンペーンでGETする• 還元事業の対象店舗でメルペイ支払いをする(2020年6月まで)• 売上金取得と同時に自動チャージされる• 銀行口座から指定した金額をチャージする 使い道• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算(キャンペーンで獲得したポイントのみ)• 銀行口座への出金• iD/メルペイコード払い• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ(iOSのみ)• あと払いの精算 利用条件 なし 銀行口座の登録もしくは本人確認を済ませる 有効期限• 売上金で購入したポイント:獲得日から365日間• キャンペーンで得たポイント:獲得日から180日間• 還元事業で得たポイント:獲得日から90日間 なし ポイントは有効期限があり、銀行口座への出金ができません。 ポイントは有効期限の近いものから優先的に使用されるようになっていますが、有効期限が切れると失効してしまうので注意しましょう。 売上金から購入したポイントとは メルカリの売上金を、出金せずにメルペイとしてiD決済やQRコード支払いで利用するには、売上金をポイントもしくはメルペイ残高に交換する必要があります。 左:「ポイント購入」ボタンをタップして購入ポイント数を入力する 右:ポイント購入に手数料はかからない 銀行口座の登録、もしくは「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金を「メルペイ残高」に自動変換させて実店舗の支払いに利用できます。 それに対し、これらの登録をしていないアカウントは、1P=1円として売上金でポイントを購入することで、メルペイ残高と同じように実店舗での支払いに利用できるようになるのです。 つまり、売上金から購入したポイントは、メルペイ残高を利用できない人のために用意されているものだといえます。 キャンペーンで付与されたポイントとは ポイント還元キャンペーンや、ポイントバックキャンペーンで獲得できるポイントは、銀行口座登録などの有無にかかわらず、キャンペーンに参加した全員に付与されます。 左:口座登録が済んでいないアカウント 右:口座登録済のアカウント ただ、銀行口座登録や本人確認を済ませたアカウントとそうでないアカウントで、ポイントの表示形式が若干異なります。 これらの登録を済ませたアカウントは、「メルペイ残高」と「キャンペーンで付与されたポイント」が別枠で表示されます。 一方、済ませていないアカウントでは、「売上金で購入したポイント」と「キャンペーンで獲得したポイント」が合算されたポイント数が表示されます。

次の

メルペイの仕組みやメリットデメリット!使い方やポイント還元の事も解説|資産運用や財テクを知って生活を豊かにする山斗のブログ

メル ペイ ポイント の 使い方

キャッシュレス化の波の中で、大人気フリマアプリ「メルカリ」もスマホ決済アプリ「メルペイ」を提供しています。 メルカリでの売上金をそのまま支払いに利用できますので、メルカリユーザーには、使い勝手のよいサービスです。 この記事では、メルペイの特徴・メリットと使い方を紹介します。 利用開始までの設定方法を画像(スクリーンショット)付きで解説しているので、これからメルペイを活用したい方は、ぜひ参考にしてください。 本記事内の各種情報については、メルペイの公式サイトから引用しています。 【引用元】 本記事内のスクリーンショット画像は、メルカリアプリから引用しています。 【引用元】 目次• 1.メルペイとは? (1)特徴 メルペイは、 株式会社メルペイが運営する、メルカリアプリを使った決済サービスです。 2019年2月13日にサービスを開始しました。 決済方法は「iD」を使ったIC決済と、QRコード決済をつかったコード決済の2本立てです。 メルペイの他の決済方法との一番の違いは メルカリで発生した売上金を使って買い物できるという点です。 通常メルカリで売り上げた金額を現金化するために振り込む場合は1万円未満だと手数料がかかるなど少し難がありました。 しかしメルペイなら手数料もかからず、すぐに使えてとても便利なのです。 もちろんメルカリで商品を買うことができるため、• メルペイにお金が貯まる というサイクルでお得に買い物ができそうです。 (2)メリット 通常iDを利用するときも、その他QRコード決済を利用する場合でも基本的にはクレジットカードの登録は必須であることがほとんどです。 しかし、メルペイならメルカリの売上金をそのまま利用する、もしくは銀行振込でチャージするという形になるので気軽にキャッシュレス決済に手を出すことが来ます。 GW中は「ニッポンのゴールデンウィークまるっと半額ポイント還元!キャンペーン」というキャンペーンを展開しています。 GW期間中は、メルペイをオトクに使う絶好のチャンスです。 merpay 下記記事で、キャンペーンの概要や注意点を簡単に紹介していますので、気になる方はご参照ください。 「PayPay」「LINEPay」「au Pay」「d払い」などで現在行われている、還元率の高いキャンペーンをまとめ… (3)チャージ・支払い方法 メルペイに金額をチャージする方法は2種類あります。 まず1つ目は、メルカリの売上金からポイントを購入する方法です。 メルカリで出品し、売り上げた金額を利用してポイントを購入しそれを支払いに利用するという形になります。 2つめは銀行口座と連携させて銀行口座からポイントチャージを行うという方法です。 一見難しそうですが登録はすぐできますし、登録してしまえば本当にスムーズに残高を気にせずメルペイを利用できるようになります。 (4)使える店舗 メルペイの使える店舗は「iD」マークがあるところ、もしくは「メルペイ」のマークがあるところです。 iD払いだけでも全国で80万箇所で使えるため、決済で「メルペイが使えない」と困ることは、あまりありません。 iDが使える主要なお店としては• コンビニ(ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン他)• ドラッグストア(ウエルシア、ツルハドラッグ、スギ薬局他)• イオン• マクドナルド• ビックカメラ など多種多様なお店で利用することができます。 さらなる詳細はメルペイのウェブサイトを参照ください。 2.メルペイの使い方 (1)メルカリを登録 メルペイを使うためにはまずApp Storeから メルカリのアプリをダウンロードしてください。 もしすでにメルカリのアプリを持っている方は最新バージョンかどうかを確認し、以前のバージョンだとメルペイに対応していない可能性がありますのでアップデートをしましょう。 コンビニなど店舗でのお支払い方法をタッチしてください。 迷う箇所はありませんので、画面に従って進んでいきます。 これで、コンビニなどで使えるようにするための設定が完了です。 (3)チャージ方法 ・銀行口座の登録方法 銀行口座の登録方法 チャージするためには、銀行口座の登録が必要ですので、まず、銀行口座を登録します。 指示に従って、4桁のパスコードを入力し、再度、同じものを入力します。 このパスコードは、ロック画面のパスコードとは異なりますので、忘れないようにしましょう。 チャージ方法 銀行口座が登録できたらお金をチャージします。 (今のところiOSアプリのみ) それ以前にメルカリアプリをインストールしている人は、アプリをアップデートしてください。 コード決済で支払う際には、お店側に 「メルペイで」と伝えます。 iDで支払う お店で支払う時は 「iD(アイディ)で」と伝えます。 「電子マネー(iD)を開く」をタッチします。 パスコードを入力して支払うか、もしくはTouch IDやFace IDを利用できます。 ここでは、パスコードで支払う場合を説明します。 パスコードを入力します。 そして、お店に置いてあるリーダーにかざします。 支払いが完了すると、店名、金額、日時が表示された完了画面が出ます。 (下記画面では店名を消しています。 ) (5)残高・履歴の確認方法 残高・履歴の確認は残高履歴で確認できます。 (6)口座への振込方法 メルペイに貯まっているお金を銀行に振り込む方法もあります。 (7)解約方法 メルペイは辞めたいときに解約方法などはありません。 ただ、銀行口座との連携を解除したい場合の操作方法はあるのでご紹介します。 ただし、銀行口座と連携しておけば大丈夫です。 また、メルペイは現状iD支払いなのでiD払いができないiPhoneの方(iPhone7より前の機種)はメルペイを利用することができないので注意してください。 PCでWEB版を利用できなくなることがあった PCでWEB版を利用してメルカリを利用している人は、要注意です。 メルペイの銀行口座の登録を行うと、次のようなメッセージが出て、2019年3月から4月にかけて、PCでWEB版を利用できなくなってしまいました。 「現在、メルペイ残高をご利用のお客様はWeb版のメルカリをご利用いただくことができません。 」 メルペイから銀行口座を削除し、ウォレットからメルペイ電子マネーを削除したとしても、WEB版を利用できるようにはなりません。 当初、「WEB版の公開は3月下旬頃を予定しております」と表示されていましたが、4月下旬まで延びました。 4月下旬に解除され、現在では、PCでも正常にWEB版を利用できています。 ただ、アップデートに伴って、また突然利用できなくなる可能性もありますので、いつもPC版で利用している人は、気をつけて利用したほうが良いでしょう。 まとめ メルペイはメルカリを利用している人も利用していない人も是非利用していただきたいです。 メルカリを利用している人は、身の回りで不要になったものを売って、売れた金額がそのまま日々のお買い物に使用できます。 現金としてお金を手にしていないのにアプリ上だけでお金の移動が完結するなんてお金のようでお金でない、メルカリが提唱するまさに「お金らしきもの」です。 そのような近未来的なお金をイオンや主要なコンビニなどで気軽に使える時代が、すでに来ています。 また、メルカリを利用していない人もクレジットカードなどを使用することなく簡単にメルペイを利用することができるので、他のキャッシレス決済よりも簡単に始めることができます。 そんなメルペイをこの機会に是非利用してみてください。 Ad Exchange.

次の