緊急事態宣言 二回目。 文化服装学院通信講座 服装コース【学習報告第2回目】スカートまたはパンツの実物製作!

緊急事態宣言解除も第2波で再度発令?2回目の発令条件はなに?

緊急事態宣言 二回目

2020年06月11日 緊急事態宣言解除後のテレワークの実態について調査結果を発表 テレワーク実施率は全国平均で25. 4月に比べて2. 2ポイント減少 テレワーク継続希望は69. 4%と16. 2ポイント増。 出社再開者の18. 8%は「会社方針」が理由 テレワーク実施率の増減は、職種・業種・企業規模により二極化の傾向あり 株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渋谷和久)は、緊急事態宣言が解除された後のテレワークの実態について、2020年5月29日~6月2日に調査を実施し、結果を取りまとめましたのでお知らせいたします。 新型コロナとテレワークに関する大規模調査については、、でも公表しており、今回が3回目となります。 調査結果 緊急事態宣言が解除された後のテレワーク実施率• 緊急事態宣言が解除された後、正社員のテレワーク実施率は、全国平均で25. 7都府県に緊急事態宣言が発出された後の4月中旬は27. 9%であり、2. 2ポイントの減少(図表1)。 図表1.テレワーク実施率の推移• 調査の回答日別にテレワーク実施率をみると、5月29日 金 は30. 5%、6月1日 月 は23. 0%と、7. 5ポイントも減少。 緊急事態宣言解除後の翌週から出社する傾向が強くなり、テレワーク実施率は約4分の3へと減少 図表2。 上記の「回答日別」の数値は、この割合が調査対象者が回答した日によってどのように変化するかみたもの。 エリア別にみると、テレワーク実施率が高い「関東」や「近畿」では4月より2ポイント以上減少している。 東京圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)に限ってみると、テレワーク実施率は41. 1%(先月比2. 4ポイント減)。 (図表3)。 業種別・職種別・企業規模別のテレワーク実施率• テレワーク実施率について職種別・業種別にみると、両者ともに二極化するような傾向がみられた。 テレワークしやすいかどうかの業務上の性質により、テレワーク実施率が増大するか減少するか分かれていると考えられる。 職種別にテレワーク実施率をみると、コンサルタントは74. 8%、経営企画は64. 3%、商品開発・研究は56. 5%と、4月比で10ポイント以上増えた。 一方、販売職は5. 4%、理美容師は2. 6%、配送・倉庫管理・物流は6. 3%、医療系専門職は3. 6%と、4月比でおよそ半減した(図表4)。 業種別にテレワーク実施率をみると、情報通信業は63. 9%と4月比10. 5ポイント増、学術研究・専門技術サービス業は52. 0%と同7. 5ポイント増となったが、生活関連サービス・娯楽業は16. 0%と同8. 4ポイント減となった。 企業規模別(従業員数別)のテレワーク実施率をみると、3月と4月の調査結果と同様、 従業員数が多い企業ほど、テレワーク実施率が高い。 10~100人未満のテレワーク実施率は15. 5%、1万人以上は42. 5%と2. 7倍以上の差(図表5)。 図表5.企業規模別(従業員数別)のテレワーク実施率 会社の方針• 会社からテレワークが推奨・命令されている割合は35. 4月は40. 7%であり、5. 5ポイントの減少。 時差出勤の推奨・命令の割合は33. 9ポイント減)、対面会議を実施しないことの推奨・命令の割合は45. 6ポイント減)。 (図表6)。 図表6.会社の方針の推移 テレワークをしてない理由• テレワークをしていない理由の推移を見ると、「テレワークで行える業務ではない」が増加傾向にあり、業務の性質上、テレワークが難しいため、出社が増えていることが示唆される。 「制度が整備されていない」は減少傾向にあるが、未だに制度の整備ができていない会社も30%台いる(図表7)。 図表7.テレワークをしていない理由の推移• テレワークを行っていたが、現在していない(出社を始めた)人の理由をみると、「会社の方針」は18. 「制度が整備されていない」も30. 3%に上る(図表8)。 図表8.テレワークを行っていたが現在出社している理由 テレワーク継続希望• 新型コロナ収束後のテレワーク継続希望率は69. 4月は53. 2%だったため、大きく上昇。 「若い年代」や「女性」の継続希望率が高く、20代女性は79. 3%にも及ぶ(図表9)。 図表9.テレワーク継続希望• 職種別にテレワーク継続希望率を見ると、経営企画(継続希望率85. 3%)や総務・人事(同77. 5%)などで高い。 接客・サービスやドライバー、医療系専門職など、現場を持っている職種では低い(図表10)。 現在テレワーク実施率が高い職種は継続希望率も高く、職種による分化傾向はここでも見られる。 図表10.職種別のテレワーク継続希望 テレワークの不安・課題• テレワークの不安について4月と5月を比較すると、「上司からの公平・公正な評価」「成長できる仕事の割り振り」など、社内の評価・キャリアへの不安が高まっている(図表11)。 また、これらの不安は若い年齢ほど強い。 図表11.不安に関する4月と5月の比較• テレワークを実施している人で子どもがいる人に聞いたところ、困りごととして 「子どもの世話との両立」を負担に感じている割合は42. 1%と、4月より10. 2ポイント増加。 テレワークの長期化により、育児と仕事の両立について、女性を中心に4月よりも負担感が増している(図表12)。 図表12.働きながら子どもの世話をしなければならないことが負担である割合 分析コメント~テレワークは定着させるべき。 出社率のリバウンドやテレワーク長期化による課題に対応必要~ パーソル総合研究所 上席主任研究員 小林祐児 テレワーク実施率の全国平均は3月から4月にかけて2倍以上増えていたが、今回調査(緊急事態宣言の解除後)では早くも減少傾向が明らかとなった。 今後も新型コロナの感染者数の抑制が続きさえすれば、全体のテレワーク実施率は減っていくだろう。 新型インフルエンザ流行や東日本大震災など、過去のケースでもテレワーク実施率は一時的に増え、その後、減っている。 しかし、 今後もテレワークは定着させるべきだ。 なぜならば、労働生産性や働き方の多様性確保の面で、日本社会に中長期的なメリットをもたらすからだ。 新型コロナの感染拡大の継続的リスクを考慮しても、不必要な出社が増えていく事態は避けた方が良い。 そうした意味で、テレワークに関する会社の方針は重要となるが、残念ながら「特に案内がない」という回答割合は57. 1%に及んだ。 会社としてテレワークに関する基準やポリシーを示さず、「現場判断」や「任意」といった従業員の自主的な出社が行われていることが示唆される。 このような「なし崩し」のテレワーク解除では「皆が出社しているから、自分も出社する」という同調圧力が高まりやすく、不要な出社が増えてしまう懸念がある。 また、 今後、日本企業はテレワーカーと出社者が混在する「まだらテレワーク」におけるマネジメント課題を抱えることになる。 例えば、全員ではなく一部だけが遠隔のWEB会議では、情報流通やコミュニケーションの格差が拡大する。 「一斉テレワーク」が多かった4月より、評価面やキャリアに対する不安感も特に若年層で強くなっている。 テレワークの長期化に伴う課題もある。 育児と仕事の両立は女性を中心に負担感が増しており、十分なケアが必要だ。 出所の記載例:パーソル総合研究所 「第三回・新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査」 調査概要 調査名称 パーソル総合研究所 「第三回・新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査」 調査内容 新型コロナウイルス対策によるテレワーク(在宅勤務)の実態・課題について、緊急事態宣言解除後の時点での状況を定量的に把握する。 経営・人事の課題解決に資するよう、データに基づいた実証的な提言・ソリューションを提供し、人と組織の成長をサポートしています。 」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」をはじめ、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。 また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ ポスタス 」などのサービスも展開しています。 問い合わせ先 株式会社パーソル総合研究所 広報室 TEL:03-6385-6888 FAX:03-6386-9161 Mail:pr persol. s persol. jp宛ご連絡下さい.

次の

【重要】緊急事態宣言!?日本における発令が何度目かご存知ですか?

緊急事態宣言 二回目

JR北海道は国の緊急事態宣言による運休を予定していない(6日、札幌駅) 政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて緊急事態宣言に踏み切る方針を固め、北海道経済も難局に直面する。 北海道は緊急事態の対象地域に含まれない公算が大きいが、首都圏など都市部の需要に支えられてきた観光や食産業などに与える打撃は大きい。 東京に拠点を持つ企業は店舗の営業や職員の勤務体制の見直しに追われた。 政府は7日にも複数の地域を対象に住民の外出自粛などを求める緊急事態宣言を発令する方針。 対象地域は東京や大阪などが想定されている。 宣言の出た地域の具体的な措置は各都道府県知事が決めるが、住民の外出自粛や学校の休校、多くの人が集まる店舗への休業要請などが挙がる。 対象地域として想定される関東や関西地方に拠点を構える道内企業は対応を急ぐ。 は6日から、東京都内の店舗で行員20人による交代勤務を始めた。 感染リスクを避けるため、一部の行員は最大1週間程度の自宅待機にする。 北海道銀行も都内の店舗で17人の行員による交代勤務の導入を検討している。 家具大手のカンディハウス(北海道旭川市)は都内や大阪市内のショップを土日は臨時休業にしている。 今回は各知事による詳しい中身を注視しており、平日に来店客への対応を予約制にすることも検討している。 3、4月の新生活スタートの時期と重なるだけに「需要は確実にある」(染谷哲義専務)とみて、情報発信に腐心している。 【関連記事】• 本州からの人の移動は一部制限されるとみられ、北海道でも様々な影響が懸念される。 外出自粛の環境下で旅行需要は望めない。 すでに売り上げが落ち込んでいる道内のホテルや旅館は一層厳しい状況におかれる。 札幌市中心部のホテルの担当者は「道内向けのプランも動けなくなる。 客足がさらに減少する可能性がある」と話す。 緊急事態宣言による営業への影響も不透明で、対策を取りかねている施設も多い。 JRタワーホテル日航札幌(札幌市)はレストランの営業を短縮したり、休止したりしているが、中村正彦マーケティング部長は「今後の状況を見てさらなる対応を考える」と話す。 HATANO観光グループ(東京・渋谷)は3月末、北海道函館市の湯の川温泉で運営する「割烹(かっぽう)旅館若松」の休業を6月末まで延長することを決めた。 首都圏などの感染拡大で大型連休も集客が見込めず、4月を見込んでいた再開の判断を先送りしている。 宣言が出れば休業や廃業の判断を迫られる施設も増えそうだ。 JR北海道は北海道知事から特段の要請がないかぎり、運行を休止しない方針。 ただ緊急事態宣言による運休はしないとする一方、外出自粛などで利用者の減少が続けば減便には含みを残す。 2月28日に出された北海道の緊急事態宣言下で利用者が激減し、一部の列車を減便していた。 札幌市営地下鉄は減便すればかえって車内での乗客同士の密度が高まる恐れがあることから、6日午後時点で減便などは検討していない。 北海道でも外出自粛やテレワークの普及で家庭の光熱費が増加する一方、企業は店舗や拠点の営業時間を短縮している。 北海道内の3月の電力需要実績(速報ベース)は27. 緊急事態宣言で工場など大口向けの消費量が減れば、エネルギー各社の業績に逆風となりそうだ。 (塩崎健太郎).

次の

s3.izarbide.com:緊急事態解除後、「二兎を追い一兎も得ず」になりかねない危うさ

緊急事態宣言 二回目

安倍晋三首相は3月14日、新型コロナウイルスに関する2回目の記者会見を開いた(写真:ZUMA Press/アフロ) トランプ大統領の「国家非常事態宣言」も飛び出す中、安倍晋三首相が3月14日夜、新型コロナウイルス対応について2回目の記者会見を敢行した。 私権制限も含む緊急事態宣言については「現時点では宣言する状況ではない」と慎重姿勢を強調。 国民が注目する今夏の東京五輪・パラリンピックは「とにかく感染拡大を乗り越えて予定どおり開催したい」と述べ、内外で急速に広がる中止・延期論を否定してみせた。 安倍首相は2月29日の前回会見で、「全国休校要請」などで自らの政治決断をアピールしたが、14日の会見では「専門家の意見を聞いて」「国民の理解が大切」など、独走を自制する方向に軌道修正し、経済対策などでも具体的言及を避ける安全運転に終始した。 筋書きどおりの質疑時間延長 今回の首相会見は、13日に改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が成立(14日施行)したことを受けたものだ。 安倍首相の約20分間の冒頭発言と質疑で約53分間となった。 1回目より17分程度増え、質問者数も前回の5人から12人へ急増した。 これは、前回会見で「まだ質問があります」との声を無視する形で会見を打ち切り、「首相が逃げた」などの批判が沸騰したことへの反省からとみられる。 司会役の長谷川榮一首相補佐官(広報担当)は、会見時間が30分を過ぎた段階で前回同様に打ち切りの姿勢を示したが、記者団の猛抗議に押される形で質疑を続行した。 安倍首相も会見台に立ち続け、長谷川氏に「まあ、いいんじゃないの」と自ら記者を指名するなど、打ち切りを急ぐ長谷川氏にも柔軟対応を促してみせた。 その結果、官邸記者クラブ以外のフリー記者も数人が質問したが、「保守系の記者の指名も目立った」(ベテランフリー記者)こともあって、「質疑延長も含めて官邸側の筋書きどおり」(大手紙幹部)との見方も広がった。 会見を生中継したNHKは、事前のタイムテーブルに沿って質疑の途中で中継を打ち切り、担当解説委員による会見内容の分析で締めくくった。 質疑の終盤の約10分間はネット中継だけとなり、多くの記者が手を上げ続ける中での会見終了の場面はネット視聴者だけに限定された。 「それも官邸の作戦どおり」(同)とみる向きが多い。

次の