ネット ゲリラ。 ネットゲリラ

楽天ブックス: ビジネスで勝つネットゲリラ戦術詳説

ネット ゲリラ

タレントのが、15日深夜放送の『ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0』(毎週月曜 深3:00)に生出演。 何の前触れもなく、4月より放送中のテレビアニメ『波よ聞いてくれ』での名シーンを再現して、リスナーをざわつかせた。 アニメは、『アフタヌーン』(講談社)で連載中の同名漫画が原作で、漫画『無限の住人』の沙村広明氏による最新作。 アニメ放送を受けて、主人公のキャラクターとウイカとの類似を指摘する声が相次ぎ、ウイカも先月14日に自身のツイッターで「『波よ聞いてくれ』実写化するなら、ウイカさんやってほしい〜というツイートを良く見かけたので、調べてみたらとても面白そう!」そして言いたいことがわかる!笑」と投稿していた。 こうした流れの中、この日の放送中盤で、突如ラジオからノイズ音が聞こえると、ウイカと思しき声の女性が高笑いをしながら「人を刺すのは、まぁー怖かったよ。 こんなに怖かったのはピアスを開けた時以来かも」と語りだした。 実は、これはテレビアニメ第5話「生かして帰さない」で、主人公がゲリラ放送を行ったものの完全再現だったのだが、何の前触れもなかったため、リスナーたちからは、SNS上でざわつきが広がった。 ウイカの熱演中には、テレビアニメの公式ツイッターで「ファーストサマーウイカのオールナイトニッポン0(ZERO)で 波よ聞いてくれ「ゲリラ」コラボ企画実施中」とツイート。 音声は放送の直前ギリギリに事前収録したんです。 (放送中の動画を配信している)MixChannelでは、私がリスナーからのメールを読んでいる風にしている生の映像を流していました」と入念っぷりをアピールしていた。 放送を終えて、リスナーからは「再現率すばらしかった」「いきなり始まってびっくりしたけど、すごくよかった」といった絶賛の声が相次いで寄せられている。 この日の様子は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。 アニメの放送情報は下記の通り。

次の

「ネットゲリラ」はタチの悪いブログ _ 飯場は本当にラクチンな自己責任の天国か? 中川隆

ネット ゲリラ

【内容情報】(出版社より) 以下「はじめに」より 「「マーケティング」と聞くとビジネスの小難しい話を想像されるかもしれませんが、それは違います。 この本でお伝えしたいことは、別の表現をすると「ゲリラ戦」。 現代のビジネス界では、正式な軍隊(企業)同士が戦う「正規戦」の時代は終わり、私たちしょぼい個人でも主役になれる、ゲリラ戦の時代が始まっているからです。 ルールは変わりました。 強大な戦力を誇る正規軍たちを、私たちしょぼいゲリラが倒すことが可能になったのです。 この本は、「持たざる者」、すなわちしょぼいビジネスゲリラが成功する方法を書いた本です。 目的は社内での出世でも起業でもいいのですが、とにかく、金がない・能力がない・ツテがない……といったしょぼい人たちを対象にしています。 社会は、ごく少数の持てる者たちと、持たざる者たちに分かれています。 今の日本社会なら、大企業や大きな組織に属するエリートたちは前者、私たちは後者です。 持てる者たちや彼らの組織は、軍隊に例えると正規軍です。 大企業を想像すると分かりやすいですが、人・金・モノとたくさんのリソースを持っているわけですね。 要するに、とても強い。 一方の私たちには、人も金もモノもありません。 しょぼいですね。 でも、正規軍が幅を利かせている世界でなんとか成功したい。 それは、つまりゲリラです。 リソースは圧倒的に少ないけれど、正規軍を相手に戦わなければいけません。 しかし、心配はいりません。 第一に、歴史上、ゲリラが正規軍に勝った例はたくさんあります。 圧倒的に少ない兵力でも、使い方次第で勝つこともできるのです。 第二に、これが重要なのですが、今の時代はゲリラにとって有利になっているのです。 後で詳しく述べますが、インターネットの普及は正規軍よりもゲリラを利する結果になっています。 今は有名なyoutuberやブロガーがたくさんいますが、インターネットがない時代だったら、彼らは戦えなかったでしょう。 要するに、ネットはゲリラ向きの武器なのです。 もしあなたが一流企業の花形部署に勤める高学歴の有能なサラリーマンだったら、本書は読まずに、王道の方法で出世したほうがいいでしょう。 なぜなら、本書で私がお伝えする方法はゲリラの戦い方だからです。 しかし、あなたがしょぼい人なら……? 本書を読んで、ゲリラとして正規軍と戦い、勝ってください。 なぜか? 2章 しょぼい贈与論2. 効果的な贈与で人の心をつかもう。 今は、ゆるく、有機的なつながりが力を持つ時代なのだ。

次の

ネットゲリラ

ネット ゲリラ

ネツトゲリラさん 安倍の墓穴こんなやつが5年も10年も総理をやらせているから起きた混乱 ネットゲリラさんのサイトより <転載開始> 河合アンリ事件が山場で、アレが買収で逮捕されるとその買収資金を出した人も共犯で逮捕される。 買収資金は自民党から正式な手続きで出されているので、公式にも内実的にも責任者はアベシンゾーその人です。 検察は、やろうと思えば一気にアベシンゾー逮捕までやれる。 そういう動きもないわけじゃない。 だからこそアベシンゾーは必死に検察に飴玉しゃぶらせて逃げようとしているね。 で黒川弘務・東京高検検事長の定年が延長されたことを問題視。 今回の改正案との関連をただすため、森氏出席のもとでの衆院内閣委・法務委の連合審査を求めている。 しかし、与党側は野党の要求を拒否。 立憲民主党などの統一会派と共産党が委員会を欠席する中、自民、公明、日本維新の会の3党のみで質疑を強行した。 内閣委の大島敦・野党筆頭理事(国民民主党)は国会内で記者団に「検察庁法は法務省が作った法案だ。 連合審査で森氏としっかりした議論を積み重ねることが私たちの責任だ」と主張。 今井雅人理事(無所属)も「検察官の定年延長が法案に突然盛り込まれた。 経緯も不明瞭で恣意(しい)的だ」と批判した。 もっとも検察官というのは辞職したからって生活費稼ぎに困るわけじゃないので、これでアリガタイと思う人がどれだけ居るやらw 弁護士になってあちこちの会社の顧問弁護士やれば、天下りの座なんか要らないし。 普通の公務員とは違う。

次の