ファナック の 株価。 ファナック株急落、中国経済減速が影響 「物言う株主」登場後の上昇分帳消しに

ファナック(株)【6954】:株式/株価

ファナック の 株価

ゴールドマン・サックスも投資判断を引き下げた! 産業用ロボット大手のファナック(6954)といえば、日本を代表するグローバルトップ企業として知られる。 近年、需要が爆発している「ファクトリーオートメーション(工場自動化)」の分野でトップシェア製品を抱えて、世界中からその製品は引っ張りだこ。 18年3月期決算では2296億円という巨額の営業利益を叩き出したばかりである。 山梨県に本社を置く「地方企業」ながら社員の平均年間給与が1347万円(41. 5歳平均)という高給ぶりでも知られ、これからの日本経済を牽引する存在としてメディアで脚光を浴びててきた。 そんなファナックが、ここへきて一転、沈んでいる。 同社の株価を見ればそれは一目瞭然で、今年1月に3万3450円の高値をつけて以来、ズルズルと下落。 6月に2万3000円台を割ると、それ以降は株価が2万円割れの瀬戸際に追い込まれる日が出るほどに、「株価暴落」の危機に直面しているのだ。 〔photo〕gettyimages ファナックはここ数年配当性向6割を維持するなど株主にも配慮してきただけに、これほどまでの株価暴落は想定外の事態。 マーケットに不安が広がるなか、背景として指摘され始めたのが「米中貿易戦争の激化」である。 ファナックの工作機械の「お得意様」は中国であったところ、その中国経済の先行き不透明感が高まってきたことで、ファナックの経営にも暗雲が立ち込めているというわけだ。 「中国での工場設備投資の減速懸念が高まっていることが、ファナックの経営への懸念材料として一気に浮上してきました」(財産ネット企業調査部長の藤本誠之氏) 実際、9月26日に日本工作機械工業会が発表した最新統計によれば、8月の中国向け工作機械受注額は前年同月比で約37%減。 米中貿易摩擦の悪影響はすでにビジネスの現場に波及しており、ファナックもその直撃を受け始めている。

次の

ファナックの株主優待と配当金権利確定日【長期の株価推移と配当利回りまとめ】

ファナック の 株価

ゴールドマン・サックスも投資判断を引き下げた! 産業用ロボット大手のファナック(6954)といえば、日本を代表するグローバルトップ企業として知られる。 近年、需要が爆発している「ファクトリーオートメーション(工場自動化)」の分野でトップシェア製品を抱えて、世界中からその製品は引っ張りだこ。 18年3月期決算では2296億円という巨額の営業利益を叩き出したばかりである。 山梨県に本社を置く「地方企業」ながら社員の平均年間給与が1347万円(41. 5歳平均)という高給ぶりでも知られ、これからの日本経済を牽引する存在としてメディアで脚光を浴びててきた。 そんなファナックが、ここへきて一転、沈んでいる。 同社の株価を見ればそれは一目瞭然で、今年1月に3万3450円の高値をつけて以来、ズルズルと下落。 6月に2万3000円台を割ると、それ以降は株価が2万円割れの瀬戸際に追い込まれる日が出るほどに、「株価暴落」の危機に直面しているのだ。 〔photo〕gettyimages ファナックはここ数年配当性向6割を維持するなど株主にも配慮してきただけに、これほどまでの株価暴落は想定外の事態。 マーケットに不安が広がるなか、背景として指摘され始めたのが「米中貿易戦争の激化」である。 ファナックの工作機械の「お得意様」は中国であったところ、その中国経済の先行き不透明感が高まってきたことで、ファナックの経営にも暗雲が立ち込めているというわけだ。 「中国での工場設備投資の減速懸念が高まっていることが、ファナックの経営への懸念材料として一気に浮上してきました」(財産ネット企業調査部長の藤本誠之氏) 実際、9月26日に日本工作機械工業会が発表した最新統計によれば、8月の中国向け工作機械受注額は前年同月比で約37%減。 米中貿易摩擦の悪影響はすでにビジネスの現場に波及しており、ファナックもその直撃を受け始めている。

次の

ファナックの株価はなぜ下落する?営業利益率25%超えの超優良企業に何が…?|投資の達人

ファナック の 株価

今回の記事の内容 ・ファナック(6954)の株価の状況は? ・ファナックの配当と株主優待は? ・ファナックの株価の推移(チャート)はどうなる? ・ファナックの株は買い時?株価は上がる?今後の株価の予想は? ファナックの株価がなぜ下落しているかに関して以下のツイートをしました。 産業用ロボットで世界トップシェアのファナック。 中国景気減速の影響で業績が悪化、株価も下落傾向です。 直近決算も純利益が対前年比48%減と振るわない状況で、 業績回復にはもう少し時間がかかりそうです。 中国景気減速の影響で業績が悪化、株価も下落傾向です。 直近決算も純利益が対前年比48%減と振るわない状況で、 業績回復にはもう少し時間がかかりそうです。 自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に1,000万円以上の資産を運用しています。 今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。 ファナック(6954)はどんな会社なの? ファナックは、日本の電気機器メーカーで工場の自動化設備に特化した会社ですね。 AI技術の進展や人手不足などもあり、工場のオートメーション化はますます進むことが予想されるので、ファナックの将来性は十分ですね。 今回はそんな工場の自動化設備で高いシェアを誇るファナックを取り上げます。 ファナックの株価の状況は? では早速ですがの株価データ(2019年10月18日現在)を見て行きましょう。 ファナックの株価データ• 株 価: 21075円• P E R : 67. 0倍(予想)• P B R : 3. 02倍(実績)• R O E : 4. 20%(予想)• 配当利回り:1. 37% 100株の購入に200万円必要と、かなりの値がさ株ですね。 配当利回りが低いですね。 配当利回りは1. 37%で、日本株の中では平均以下です。 将来の成長が期待される分野でもあり、研究開発への投資が必要ということなんですかね。 PERの目安は13~15倍ぐらいですから67. 0倍というのはかなり割安な水準ですね。 ただ他の電機機器メーカーのPERと比較してみると、• 安川電機:55. 日本電産:32. キーエンス:32. 5倍 となっていて、 ファナック のPERは同業と比べても割高ですかね。 平均レベルといったところです。 AIの発展や人手不足などもあり、工場用ロボットは大きなイノベーションや成長が見込める分野。 利益に対して株価が高く推移しているのでしょう。 ファナックの配当実績は? 続いて配当実績を見ていきますね。 以下がファナックの配当金の実績です。 あまり安定していないですね。 配当金は横ばいといったところです。 配当性向が引き上げられた2014年度の636円がピークで、特別配当を除くと400円〜560円で推移していますね。 ファナックの配当方針を見ると、 株主の皆様への長期的な利益還元をさらに充実させるため、連結配当性向を60% とする。 としているので、機械的に配当金を決めているんですね。 けっこう珍しい決め方です。 配当性向が60%は日本株の中では高い水準ですね。 これ以上の上昇余地はなさそうです。 配当金が増えるか減るかは業績次第ということなので、金額が安定しないですね。 減配される可能性が十分にありえるということでしょう。 ファナックの株主優待は? 工場の自動化設備で高いシェアを持つファナック。 株主優待はどうなっているのでしょうか? やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。 関連記事 >> しかし現在のところ、 ファナックは 株主優待を実施していません。 残念です…。 自社製品を優待にするわけにもいかないですからね。 まあ株主還元は配当金を中心ということですね。 ファナックの株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート 続いてチャートを確認していきましょう。 産業用ロボットで世界首位のファナックですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか? ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。 ファナックの長期チャート 以下は過去10年のチャートです。 2018年以降は調整局面ですが、長期的には着実に株価が上昇傾向であると言えるでしょう。 2010年ごろまで10000円程度だった株価が、アベノミクスもあり2015年半ばに28000円まで上昇していますね。 5年足らずで株価2. 8倍程度ですからまずまずのパフォーマンスをいえるでしょう。 その後2015年なかば以降は、チャイナショックもあり株価は20000円を切る水準まで下落。 2016年半ばごろから再び上昇し、2018年初頭には30000円にまで株価は上昇しているのがわかります。 ファナックの2年チャート 以下が直近2年間のチャートです。 短期的には株価は大きく下落していますね。 ・2018年1月19日:33450円 ・2019年1月 4日:15570円 となっていて 1年程度で50%以上減ですからわりと大きな落ち込みですね。 チャート的には、最近の株価の下落傾向は一旦止まっていて、15500円あたりがサポートラインになっていますね。 1月4日に15570円を付けて以降、株価の下値を切り上げています。 22000円あたりで2回株価が跳ね返されているので、この水準を明確にブレイクするようだと株価が上昇軌道に乗る可能性がありますね。 この状況はしばらく続くのか?次にファナックの業績を見ていきます。 なぜ株価は下落?ファナックの業績は? 続いてファナックの業績を見ていきます。 工場用機械トップシェアの ファナックの株価が下落傾向なのは、業績が振るわないからに他なりません。 以下が過去5年の売上高、経常利益、純利益の推移(単位:億円)。 売上高 営業利益 純利益 2014年度 7,297. 6 2978. 4 2076. 0 2015年度 6,234. 2 2155. 7 1597. 0 2016年度 5,369. 4 1532. 2 1277. 0 2017年度 7,266. 0 2296. 0 1819. 6 2018年度 6,355. 7 1633. 0 1541. 6 こうして見ると、 売上高に占める利益率が高いことがわかりますね。 10%に満たない企業が多い中、ファナックは25%を超える水準です。 やはり産業用ロボットという高い技術力があるので利益率が高いんですね。 小売業のように安売り競争に陥らなくてすむということでしょう。 他方、業績は 2014年度をピークに売上高も利益も減少傾向ですね。 安定していないです。 2016年度と2018年度に業績が大きく落ち込んでいるのは、 中国経済の減速の影響によるもの。 チャイナショックや米中貿易摩擦の影響ということでしょう。 通常、景気が悪くなると企業は工場への設備投資を控えるので産業用ロボットなどの売れ行きが悪くなります。 2019年1Q決算も絶不調ですね。 決算短信の抜粋は以下のとおりです。 非資源分野が好調だったうえ、鉄鉱石価格の上昇で金属事業なども伸びました。 米中貿易摩擦の影響により、中国企業などが設備投資を抑える動きが止まらないということですね。 スマートフォンに使う工作機械や自動車関連の工場向けロボットなどが、売れない状況が続いているようです。 通期の業績予想は据え置かれましたので、今後挽回できるかどうかですね。 株価が下落傾向のファナック。 株は買い時? 中国経済の減速、世界経済の減速懸念に株価が大きく影響を受けているファナック。 株は買い時でしょうか? 自分は景気動向に売り上げが左右される銘柄は好みではないということもあるのですが、 ファナック株は長期投資の観点から手が出しづらいと考えています。 最も大きいのは、配当利回りが低い上に、配当金が安定していないことですね。 配当性向60%を厳格運用しているので、業績次第で躊躇せず減配しているんです。 大半の企業は経営者失格の烙印を押される減配には、極めて慎重なんですけどね…。 業績や株価も景気動向に影響を受けやすいこともあり、成長期待は高いものの長期投資の観点からは少し手が出しづらい銘柄と考えます。 「ファナックの株価が下落」まとめ 今回はファナックの株価分析ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は買いかなどについて述べてきました。 産業用の工作機械やロボットで圧倒的強みをもつファナック。 景気の動向に影響を受けやすく、中国企業が設備投資をひかえるなか、業績悪化が続いています。 株価は短期的に下げ止まっているものの、2019年度1Q決算も減収減益であり、業績回復にはもう少し時間がかかりそうですね。 配当利回りも低く、業績次第で減配の可能性も高いことから、現在の状況ではファナック株はちょっと手が出しづらい銘柄と言えそうです。 それでは。 おすすめ記事です。 しかも 期待利回りは 3. 5%〜7. 5%!詳細は以下の記事へ。 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。 失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。 少額からリスク控えめに投資したいなら、で1株から少額投資を活用すると良いです。 ネオモバなら 格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。 ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。 しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、 信頼感もあり安心して利用することができます。 詳細は以下をクリック!.

次の