陸上 自衛隊 職種。 陸上自衛隊で取得できる資格・免許と職種について

陸上自衛隊の職種とは?仕事内容の全容を一挙大公開

陸上 自衛隊 職種

陸上自衛隊の職種 陸上自衛隊には、たくさんの職種があり、各々の特性を発揮しつつ、様々な組み合わせにより、各種事態へ柔軟に対処します。 普通科 地上戦闘の骨幹部隊として機動力、火力、近接戦闘能力を有し、作戦戦闘に重要な役割を果たします。 機甲科 戦車部隊と偵察部隊があり、主に戦車の正確な火力、優れた機動力及び装甲防護力により、敵を圧倒するとともに、情報収集を行います。 野戦特科 火力戦闘部隊として大量の火力を随時随所に集中して広域な地域を制圧します。 高射特科 対空戦闘部隊として侵攻する航空機を要撃するとともに、広範囲にわたり迅速かつ組織的な対空情報活動を行います。 情報科 情報に関する専門技術や知識をもって、情報資料の収集・処理及び地図・航空写真の配布を行い、各部隊を支援します。 航空科 各種ヘリコプター等をもってヘリ火力戦闘、航空偵察、部隊の空中機動、物資の輸送、指揮連絡等を実施して、広く地上部隊を支援します。 施設科 戦闘部隊を支援するため各種施設器材をもって障害の構成・処理、陣地の構築、渡河等の作業を行うとともに、施設器材の整備等を行います。 通信科 各種通信電子器材をもって部隊間の指揮連絡のための通信確保、電子戦の主要な部門を担当するとともに、写真・映像の撮影処理等を行います。 武器科 火器、車両、誘導武器、弾薬の補給・整備、不発弾の処理等を行います。 需品科 糧食・燃料・需品器材や被服の補給、整備及び回収、給水、入浴洗濯等を行います。 輸送科 大型車両をもって部隊、戦車、重火器、各種補給器を輸送するとともに、輸送の統制、ターミナル業務、道路交通規制等を行います。 化学科 各種化学器材をもって 放射性物質等で汚染された地域を偵察し、汚染された人員・装備品等の除染を行うとともに、発煙を行います。 警務科 警護、道路の交通統制、隊員の規律違反の防止、犯罪捜査など部内秩序の維持に寄与します。 会計科 隊員の給与の支払いや、部隊の必要とする物資の調達等の会計業務を行います。 衛生科 患 者の治療や医療施設への護送、部隊の健康管理、防疫及び衛生器材の補給・整備等を行います。 音楽科 音楽演奏を通じて隊員の士気を高揚します。 このほか、警務科部隊の援助を行います。 各種職域(研究開発) 防衛装備庁などにおいて装備品の研究開発などを行います。

次の

音楽隊 (陸上自衛隊)

陸上 自衛隊 職種

今回は、自衛隊に入隊するなら知っておきたい取得可能な資格・免許を紹介します。 陸上自衛隊のそれぞれの職種で取れる資格・免許を紹介していきますので、 これから入隊を考えている方、自衛隊を受けるか迷っている方は、 参考にしてみてください。 そもそも資格目的で入隊する人はいるのか これは僕の体験談によるものですが、自衛官候補生の中には免許や資格の取得だけのために入隊する人は実際にいます。 たとえば自動車の大型免許です。 自衛官であれば、通常免許に必要な費用をかけることなく 無料で取ることができます。 しかも 給料も出ます。 普通自動車免許に平均して30万円前後かかることを考えてみても、かなりお得です。 いつから資格・免許を取得できるのか 基本的には、自衛官候補生にしろ一般曹候補生にしろ、教育隊(前期教育・後期教育)を終えて• 部隊配属になってから になります。 大型の免許に関して言えば、 輸送科が早いです。 僕のいたところでは、早くて一年以内、遅くて二年以内に大型の免許を取得していくことが多かったです。 ですが、これは部隊の人数や優先度によりけりなので一概には言えません。 その他の資格に関して言えば、2~4年勤めないと取れないものもあります。 この辺は実際に広報官、もしくは入隊後の教育隊の間に確認しておいたほうがいいです。 なぜ自衛隊では資格・免許を取るのか これはそもそも自衛隊の業務には 専門的なものが多く、任務を遂行していくためには、それぞれの資格がなければならないからです。 基本的に資格のタイプでは、 自衛隊内独自のものと、国家資格や民間の資格といった、 一般社会で通じるものとに分かれます。 では、そもそもこの陸上自衛隊とは、どのような編成になっているのでしょうか。 陸上自衛隊の編成 陸上自衛隊は、「わが国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し、わが国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じて公共の秩序の維持にあたる」ことを 目的としています。 この陸上自衛隊には、全国 約160の駐屯地(10の師団と2つの混成団、3つの旅団から構成される)があります。 師団とは、 各方面隊の基幹となる集団で各職種が集まった戦闘集団のことをいいます。 旅団は、師団に比べて規模は小さいです。 混声団は、地域の特性に応じて普通科・施設科・特科・機甲科の部隊をバランスよく編成した集団です。 方面部隊は、• 北部方面隊(北海道全域)• 東北方面隊(東北)• 東部方面隊(東海・関東・北陸)• 中部方面隊(近畿・山陰・山陽・四国)• 西部方面隊(九州・沖縄) の5つから成ります。 最大のものは北部方面隊です。 特に北海道では、雪国の特性を生かした職種(冬季職技教育隊など)があります。 では、実際にそこで取れる資格・免許を見てみましょう。 陸上自衛隊で取れる資格・免許 陸上自衛隊のそれぞれの部隊で取得できる資格・免許は下記のようになります。 機甲科:大型運転免許、特殊車両運転免許、自動車整備士 通信科:各種無線通信士、機内交換主任、各種無線技術士 航空科:パイロット免許 輸送科:大型運転免許、牽引運転免許 化学科:化学作業主任、公害防止管理者 施設科:電気工事主任技術者、電気事業設備主任、測量士、建築士、特殊車両運転免許、自動車整備士、大型・大型特殊運転免許 衛生科:看護師、歯科技工士、臨床検査技師、X線技師 特科:大型運転免許、牽引運転免許、クレーン免許、危険物取扱主任 需品科:大型/大型特殊運転免許、牽引運転免許、フォークリフト免許 武器科:危険物取扱主任、火薬類取扱保安責任者 会計科:税理士 思っていたより、けっこうあるのではないのでしょうか。 やはりそれぞれの職種に沿った資格を取得していく形になっていきます。 陸上自衛隊に入隊した場合、職種と勤務地がどのように決まっていくのかについては、 では次に、陸上自衛隊でこんなことをしてみたいんだけど、どの職種がオススメなの?って話をしていきます。 他にもさまざまな資格・免許・職種の仕事内容があります。 また、海上自衛隊、航空自衛隊で取得できる資格・免許を知りたいって方は、 を参考にしてみてください。 それから情報が最新のものではありませんが、 下記の書籍も入隊する前に読んでおくと、希望する職種がすんなりと決まると思います。

次の

陸上自衛隊の職種とは?仕事内容の全容を一挙大公開

陸上 自衛隊 職種

陸上自衛隊の職種 陸上自衛隊には、たくさんの職種があり、各々の特性を発揮しつつ、様々な組み合わせにより、各種事態へ柔軟に対処します。 普通科 地上戦闘の骨幹部隊として機動力、火力、近接戦闘能力を有し、作戦戦闘に重要な役割を果たします。 機甲科 戦車部隊と偵察部隊があり、主に戦車の正確な火力、優れた機動力及び装甲防護力により、敵を圧倒するとともに、情報収集を行います。 野戦特科 火力戦闘部隊として大量の火力を随時随所に集中して広域な地域を制圧します。 高射特科 対空戦闘部隊として侵攻する航空機を要撃するとともに、広範囲にわたり迅速かつ組織的な対空情報活動を行います。 情報科 情報に関する専門技術や知識をもって、情報資料の収集・処理及び地図・航空写真の配布を行い、各部隊を支援します。 航空科 各種ヘリコプター等をもってヘリ火力戦闘、航空偵察、部隊の空中機動、物資の輸送、指揮連絡等を実施して、広く地上部隊を支援します。 施設科 戦闘部隊を支援するため各種施設器材をもって障害の構成・処理、陣地の構築、渡河等の作業を行うとともに、施設器材の整備等を行います。 通信科 各種通信電子器材をもって部隊間の指揮連絡のための通信確保、電子戦の主要な部門を担当するとともに、写真・映像の撮影処理等を行います。 武器科 火器、車両、誘導武器、弾薬の補給・整備、不発弾の処理等を行います。 需品科 糧食・燃料・需品器材や被服の補給、整備及び回収、給水、入浴洗濯等を行います。 輸送科 大型車両をもって部隊、戦車、重火器、各種補給器を輸送するとともに、輸送の統制、ターミナル業務、道路交通規制等を行います。 化学科 各種化学器材をもって 放射性物質等で汚染された地域を偵察し、汚染された人員・装備品等の除染を行うとともに、発煙を行います。 警務科 警護、道路の交通統制、隊員の規律違反の防止、犯罪捜査など部内秩序の維持に寄与します。 会計科 隊員の給与の支払いや、部隊の必要とする物資の調達等の会計業務を行います。 衛生科 患 者の治療や医療施設への護送、部隊の健康管理、防疫及び衛生器材の補給・整備等を行います。 音楽科 音楽演奏を通じて隊員の士気を高揚します。 このほか、警務科部隊の援助を行います。 各種職域(研究開発) 防衛装備庁などにおいて装備品の研究開発などを行います。

次の