ギルガルド wiki。 ギルガルドの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ギルガルド wiki

シールドフォルムのときを選択するとブレードフォルムにしてから攻撃する。 ブレードフォルムのときを選択するとシールドフォルムにフォルムチェンジする。 説明文 せんとうモードで すがたが かわる。 戦闘モードで 姿が 変わる。 ・ こうげきわざを だすと ブレードフォルムに わざ キングシールドを だすと シールドフォルムに へんかする。 攻撃技を 出すと ブレードフォルムに 技 キングシールドを 出すと シールドフォルムに 変化する。 所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい 特性1 特性2 - - こんなときに使おう 選択時はフォルムチェンジしないため、防御力の高いシールドフォルムでなどを積み、その後攻撃力の高いブレードフォルムに転じて一気に仕掛けることができる。 単純なアタッカー構成の場合、相手が自分より早いときはののおかげで隙が無いが、相手が自分より遅いときは攻撃技を選択したターンにブレードフォルムで相手の攻撃を受けるため苦手とする。 非常に有用な特性でもあるのだが、キングシールドが変化技を無効化できないこともあり、行動を制限しうる・に滅法弱い。 状態ではキングシールドが使用できなくなるので低耐久を露呈しがちになる。 状態異常など何らかの原因で行動ができない場合、ではバトルスイッチが発動してから行動不能になるが、ではバトルスイッチは発動しない。 これはシールドフォルムならこちらが攻撃できなくてもシールドフォルムのまま攻撃を受けることができる強化とも、ブレードフォルムのまま行動できず低耐久を露呈したまま倒されることがある弱体化とも取れる。 状態のときブレードフォルムで自分を攻撃すると大ダメージを食らう。 第六世代では攻撃技選択時、第七世代ではキングシールド選択時に気を付ける。 場に登場したときはシールドフォルムだが、を選択するとブレードフォルムにチェンジしてから技を繰り出す。 シールドフォルムに戻る場合はギルガルドをか技を使用する必要がある。 最後に行動したためキングシールドがうまく決まらなかった場合でもバトルスイッチは発動する。 により出した技では、ではバトルスイッチは発動しないが、ではバトルスイッチは発動する。 の戦闘システムでは「 特性を発動してから行動の判定を決める」ため、、等で行動できなかった場合でもこの特性は有効。 攻撃技を選択して上記の理由で行動できなかった場合でもシールドフォルムからブレードフォルムに変わり、キングシールドを選択して攻撃できなかった場合でもシールドフォルムに戻る。 では「 行動の判定を決めてから特性を発動する」ように変更されたため、何らかの原因で行動できなかった場合、この特性は発動しない。 この特性を・・・・により変化させることはできない。 この特性は・によりにされない。 この特性は・・・によってコピーされない。 この特性を持つポケモンにしても、この特性の効果は発動しない。 シールドフォルムのギルガルドにへんしんした場合は常にシールドフォルム、ブレードフォルムのギルガルドにへんしんした場合は常にブレードフォルムのままであり、いかなる技を使用してもフォルムは変更できない。 しかし上記の特性を変更させる技や、特性をコピーする特性を受け付けない効果はある。 ・・でタイプを変えられてもフォルムチェンジすればタイプは元に戻る。 でを変えてもフォルムチェンジすれば元のおもさに戻る。

次の

ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ギルガルド wiki

ポケモン対戦考察まとめWiki 本サイトはポケモンの第八世代のバトルを考察するWikiです。 当Wikiはある程度自由奔放なWikiを目指しており、自由な編集を推奨しています。 原則的に新規ページ立ち上げ、編集など自由にしてもらって構いません。 また、シングルにかぎらずダブルバトルの考察も可能とします。 なお、本サイトは話し合いの結果、最新世代のみの考察に限定しており、ネタ型は作成禁止です。 対戦考察にふさわしくないような ネタ考察や マイナー考察および 対戦の考察をするほどでもない考察についてはに投稿をお願いします。 レッツゴーピカチュウ・レッツゴーイーブイの情報はこのWikiにまとめず、にお願いします。 ご利用は計画的に。 鵜呑みにすんなよ!自分で考えて勝ってこそのポケモン対戦だぞ! このWikiのコンテンツは永遠に未完成です。 皆さんの参加をお待ちしています。 重要なおしらせ ここには重要なおしらせを書くので、読んでおきましょう。 この対戦Wikiの目標は「対戦で勝つ」ことと「全てのポケモンの考察を載せる」ことです。 各ポケモンのページを参照する人は「実際に対戦で使っている人」と「実際に対戦で使おうとしている人」がメインです。 当Wikiで作成された型を削除する際、ネタポケWikiへ降格しないでください。 これはネタポケWiki管理人に降格NGを出されたことによります。 今後、実用性は低く削除相当ではあるが一考の余地はある型(つまり今までネタポケWikiに降格して削除してたような型)については、以下の様な取り扱いでお願いします。 () なんらかの要因や議論の末、やはり有用だということになったら正式ページに戻してください。 その型が使えるか使えないかはwikiを見る各個人が判断することです。 勝手に削除はしないようにお願いします。 型の実用性に疑問を感じたときはまず該当ページで議論を提起してください。 「問題が提起されている」という事実だけでも閲覧者にとっては有益な情報となります。 議論の中で新しいアイデアや修正案が生まれるかもしれません。 議論が長くなりそうな場合は運営版に誘導してください。 議論を提起してから十分な意見が集まらないままに統合・削除を実行しないでください。 十分な議論を経て統合・削除することが決まった場合、統合・削除された旨とその理由を必ずページに残すようにお願いします。 ダブル用の型について。 ダブルの型を作成する際は型名の頭に【(ルール名)】とつけてください 例:【ダブル】サポート型など• わかりにくい略称の多用は控えて下さい。 また読み手を不快にさせない言葉遣いは最低限のマナーです。 解禁されていない隠れ特性(夢特性)についての記載は禁止。 議論内でのダメージ計算式には常に理想個体値を用いて計算すること。 厳選難易度については議論中に一切言及しないようにして下さい。 パーティ鑑定、技採用、調整を尋ねるといった、個人的な質問は禁止。 Wikiは質問の場ではありません。 型の作成 煩雑な内容の型の分割は除く や削除、統合をする時は予めの提案や事前承諾が必須です。 誤字・脱字や記述されている内容の間違いを見つけた場合、指摘をするのではなく適宜修正してください。 現在の問題点を明確にするために、議論は定期的にまとめましょう。 他の編集人の編集方法やwiki全体の編集方針に対して意見があるときは、運営スレッドに移動して議論してください。 おねがい• わかりやすい文章で考察をしましょう• 解禁されていないポケモンは考察しないようにしましょう• 公式ルールに沿って考察しましょう• 未確認情報は記載しないようにしましょう.

次の

ニダンギル

ギルガルド wiki

シールドフォルムのときを選択するとブレードフォルムにしてから攻撃する。 ブレードフォルムのときを選択するとシールドフォルムにフォルムチェンジする。 説明文 せんとうモードで すがたが かわる。 戦闘モードで 姿が 変わる。 ・ こうげきわざを だすと ブレードフォルムに わざ キングシールドを だすと シールドフォルムに へんかする。 攻撃技を 出すと ブレードフォルムに 技 キングシールドを 出すと シールドフォルムに 変化する。 所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい 特性1 特性2 - - こんなときに使おう 選択時はフォルムチェンジしないため、防御力の高いシールドフォルムでなどを積み、その後攻撃力の高いブレードフォルムに転じて一気に仕掛けることができる。 単純なアタッカー構成の場合、相手が自分より早いときはののおかげで隙が無いが、相手が自分より遅いときは攻撃技を選択したターンにブレードフォルムで相手の攻撃を受けるため苦手とする。 非常に有用な特性でもあるのだが、キングシールドが変化技を無効化できないこともあり、行動を制限しうる・に滅法弱い。 状態ではキングシールドが使用できなくなるので低耐久を露呈しがちになる。 状態異常など何らかの原因で行動ができない場合、ではバトルスイッチが発動してから行動不能になるが、ではバトルスイッチは発動しない。 これはシールドフォルムならこちらが攻撃できなくてもシールドフォルムのまま攻撃を受けることができる強化とも、ブレードフォルムのまま行動できず低耐久を露呈したまま倒されることがある弱体化とも取れる。 状態のときブレードフォルムで自分を攻撃すると大ダメージを食らう。 第六世代では攻撃技選択時、第七世代ではキングシールド選択時に気を付ける。 場に登場したときはシールドフォルムだが、を選択するとブレードフォルムにチェンジしてから技を繰り出す。 シールドフォルムに戻る場合はギルガルドをか技を使用する必要がある。 最後に行動したためキングシールドがうまく決まらなかった場合でもバトルスイッチは発動する。 により出した技では、ではバトルスイッチは発動しないが、ではバトルスイッチは発動する。 の戦闘システムでは「 特性を発動してから行動の判定を決める」ため、、等で行動できなかった場合でもこの特性は有効。 攻撃技を選択して上記の理由で行動できなかった場合でもシールドフォルムからブレードフォルムに変わり、キングシールドを選択して攻撃できなかった場合でもシールドフォルムに戻る。 では「 行動の判定を決めてから特性を発動する」ように変更されたため、何らかの原因で行動できなかった場合、この特性は発動しない。 この特性を・・・・により変化させることはできない。 この特性は・によりにされない。 この特性は・・・によってコピーされない。 この特性を持つポケモンにしても、この特性の効果は発動しない。 シールドフォルムのギルガルドにへんしんした場合は常にシールドフォルム、ブレードフォルムのギルガルドにへんしんした場合は常にブレードフォルムのままであり、いかなる技を使用してもフォルムは変更できない。 しかし上記の特性を変更させる技や、特性をコピーする特性を受け付けない効果はある。 ・・でタイプを変えられてもフォルムチェンジすればタイプは元に戻る。 でを変えてもフォルムチェンジすれば元のおもさに戻る。

次の